出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > おもちゃや食器などの出産内祝いギフトに関する情報
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

おもちゃや食器などの出産内祝いギフトに関する情報

おもちゃや食器などの出産内祝いギフトに関する情報

これから出産内祝いを贈りたいと考えている方のために


出産祝いをいただいた方に、感謝の気持ちを込めてお返しするおもちゃや食器などのギフトのことを、出産内祝いと言います。これから出産内祝いを贈るにあたっては、あらかじめマナーやコツについて理解を深めておくと良いでしょう。特に、初めて出産祝いをいただいた時には、お返しのしかたについて、さまざまな疑問や不安が湧いてくるものです。そのような場面でも失敗することのないよう、事前の情報収集をしっかりと行なっておくことが大切になります。
女性が出産した後、体調が万全に戻るまでには、ある程度の期間が必要となります。また、産後は、赤ちゃんの世話で忙しい日々がスタートします。さらに、出産に関する行事も数多く存在します。そのような事情を考慮に入れると、体調が比較的安定している、出産前の時期に内祝いの準備を進めておくのがおすすめの方法と言えます。
これから内祝いの準備をするにあたっては、まず、カタログなどを利用して、贈る品物の目星をつけておくと良いでしょう。そのような場面では、気になる品物にチェックをつけたり、お気に入りの商品リストを作成したりしておくと、後になって役立つことでしょう。また、内祝いを贈るためには、送り先の住所を整理する必要があります。そのような場合には、年賀状や引っ越しの連絡などを元にして、住所を整理しておくと良いでしょう。

内祝いを贈るにあたってのチェックポイントはこちら


産後は、赤ちゃんの誕生を知った人たちから、お祝いの品物が届きます。出産のために里帰りしている場合には、自宅にいる夫などに連絡して、出産祝いについて確認しておきましょう。それから、出産祝いをいただいた人の名前や、内祝いのギフトとするおもちゃや食器などの商品リストを作成しておくと良いでしょう。こちらのステップでは、お祝いをいただいたのにお返しを忘れてしまうことがないよう、しっかりと確認作業を行なっておくことが大切です。そして、内祝いをするタイミングは、産後1か月前後が目安となり、大幅に外れた時期に贈るとマナー違反になるので、注意する必要があります。また、その時期を過ぎてからお祝いをいただいた場合には、随時お返しすると良いでしょう。
また、内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた場合には、3日以内を目安としてお礼のあいさつをしておきましょう。こちらは、相手に対する感謝の気持ちを伝えるために、手紙や電話で行なうあいさつになります。ただし、正式なお礼には、手紙を使用するのが一般的なので、お祝いをいただいたのが目上の人であれば、なるべく手紙であいさつしておきましょう。
次に、内祝いの品物を選定するにあたっては、値段もチェックポイントになります。こちらは、出産祝いとしていただいた品物の値段の半額を目安とすれば良いでしょう。ただし、お祝いをいただいたのが親せきや目上の人である場合や、高額な品物である場合は、3分の1程度の金額でも問題ありません。いずれにしても、相手に対して感謝の気持ちが伝わることが一番大切なので、金額にこだわり過ぎず、心を込めて品物を選ぶようにしましょう。

贈る品物の選び方などについて知りたい方へ


内祝いを贈るにあたっては、おもちゃや食器など、ラインナップされている商品の中から、何を選ぶかという問題が生じてきます。出産内祝いのギフトとして定番となっているのは、石鹸やタオルのセット、食器などの日用品、菓子やコーヒーなど、日持ちのする食品などです。
贈り物は、品物の種類にかかわらず、相手に対する感謝の気持ちは伝わり、喜んでもらえますが、せっかくなので、相手の趣味・趣向や家族構成に合ったものを選びたいところです。プレゼントする相手が、日ごろから付き合いのある人であれば、日常的な生活シーンの中で相手の好みをリサーチしておくのも良いでしょう。そのようにして、相手の好みや家族構成が分かったら、ライフスタイルをイメージし、それに見合った品物を選んでみると良いでしょう。また、普段の付き合いがない親せきや仕事関係の人などにお祝いをいただいて、相手の好みなどが分からないという場合には、定番とされている品物を選んでおくのがおすすめの方法です。
また、最近では、個人の自由を重んじる風潮が高まり、内祝いとして贈るのにタブーとされている品物は減少する傾向にあります。ただし、地域によっては、「日本茶は弔事に結びつく」「刃物は縁を断ち切る」という考え方をする人も存在します。
次に、内祝いを贈るにあたっては、「のし」やメッセージカードに関する情報も収集しておきたいところです。のしは、古い時代から、わが国の伝統的な贈答シーンの中で、婚礼や出産などの贈答品に添えられてきたものになります。のしについては、水引や表書きなどのマナーがチェックポイントとなります。マナーをきちんと理解して、お礼の品物を贈るようにしましょう。

次の記事へ
0120-820-688