出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > お子様の誕生を名前入りギフトでお披露目
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

お子様の誕生を名前入りギフトでお披露目

お子様の誕生を名前入りギフトでお披露目

名前入りギフトの特徴とメリット


心のこもった贈り物をしたいと考えたとき、名前の入ったギフトを贈るというのもおすすめの方法の一つです。というのも一般的なギフトと比較すると、名前の入ったギフトには多くの利点があるからです。この章では、名前入りギフトの特徴をお話ししていくとともに、そのギフトを贈ることにはどのようなメリットがあるかについても詳しく検証していきます。
名前入りギフトは、プレゼントをする相手の名前が刻まれているので、贈られた方にとってオリジナルの品になるのが最大のメリットです。サプライズとしても、抜群に効果的な一品となります。ただし、一般的なギフトと比べて、名前入りギフトはすぐに手に入れるのが難しい面があるので注意が必要です。しかし、時間をかけて作っているものだからこそ、相手に気持ちを伝えることができるという点も見逃せません。
贈り物に相手の名を刻むだけではなく、お祝いのメッセージや記念日を入れるのも一考です。贈られた方にとっては、相手へのはなむけやねぎらいが込められたメッセージ、または記念日を刻んでおくことで、プレゼントとともにいつまでも心に残ることでしょう。大切な人の誕生祝いや結婚式、ご贈答などさまざまな場面で、用途に合わせて名前入りギフトを贈ってみましょう。
補足ですが、製品に名前を入れるのは、プレゼントに限ったものだけではなく、自分の持っている愛用品に入れてみるのも価値があります。自分の名前が入っているので、他の人の所有物と間違えなくてすみます。あなた自身の名が入っているオリジナルの製品は、一層愛着が湧くものになるでしょう。ごく平凡な品物でも、名前を入れると一味違うものに変わります。それが、名前入りギフトの大きな魅力でもあります。

出産内祝いには、名前入りギフトは最適


名前入りギフトは、老若男女問わず幅広い世代に喜んでいただけます。ただ名前が入っている贈り物として、最も喜ばれるのが赤ちゃんの出産内祝いではないでしょうか。
出産内祝いのポピュラーなものとして生活雑貨、その中でもタオル、そして食品が思い浮かびます。そこでタオルと食品の二つの出産内祝いについて、コツを交えながらお話をすすめていきます。
タオルは、家にいくらあっても支障がないので贈り物として定番になっています。しかしその分、ありきたりになる点も否めません。内祝いを贈る方に喜んでもらうために、赤ちゃんに名付けられた名前にちなんだもの、例えばお子さんに花の名前がつけられていた場合、出産祝いのお返しのタオルに名付けられた名前と同じお花がデザインされたものにするといった方法もあります。
出産内祝いには食品関係が多いのですが、その中でも特におすすめしたいものがお米袋です。出産内祝いの米袋は一般的な米袋とは違い、産まれてきた赤ちゃんの体と同じ重さのお米が入ってるのが特徴的です。お米を持ち上げる度、赤ちゃんの重みが感じることができるので、このような商品は特に遠方に住んでなかなか小さなお子さんに会えないという方にとって最高の内祝いになります。さらにお米の袋のパッケージに、赤ちゃんの写真、産まれてきた時の体重、お礼のメッセージなどを一言添えておくとより感謝の思いが伝わるでしょう。
名前入りギフトの出産内祝いを贈って、出産祝いを贈った下さった方へのお礼の気持ちを表してみませんか。

名前入りギフトをオーダーする時に、気をつけておきたい点


名前入りギフトをオーダーする時に、気をつけておきたいいくつかの点について詳細に説明していきます。名前入りギフトが、名前のない一般的なギフトとしてある程度仕上がりに時間がかかるということに加えて、さらに商品の発送は宅配サービスになるため、指定した日に必ず品物が届くとは限りません。
特に年末年始お歳暮の時期、またクリスマスシーズンには、当日に贈り物が届けられる可能性が低くなってしまいます。そのためお届けものが最も混むだろうと予測できる時期には、余裕をもって10日ぐらい前に注文を終えておくのが賢明です。特に贈りたい商品が食品だった場合は、さらに早めに対応する必要があります。
時期以外に宅配に困難を要するのは、遠距離や交通の便が不便な地域に住まれている方々のケースです。交通の不便な場所のお住まいの方にお届けする場合は、時期と同様に業者に余裕をもって注文するように心がけましょう。
お祝いものを贈ることで気をつけておきたいのが、お祝いを贈る相手の方の好みや生活習慣に合うかどうです。もし相手の好みに合うか不安な場合は、相手からどのようなものが良いか聞くのも一案です。他には、カタログギフトを送って、商品の選択権を委ね、希望している商品に名前を入れて贈る方法もあります。直接希望をしている商品を聞くのに抵抗があるという場合は、ネットの名前入りギフトの人気ランキングを見て調べてみるのも良いでしょう。大切な人に世界で一つだけしかない名前入りギフトを届けることで、祝福の気持ちがより伝わります。

次の記事へ
0120-820-688