出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > お祝いに四季を感じるオリジナルの和菓子を贈ろう
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

お祝いに四季を感じるオリジナルの和菓子を贈ろう

お祝いに四季を感じるオリジナルの和菓子を贈ろう

お祝いに和菓子を贈る


昨今ではネットの普及により忙しくてお店に買い物に行けない方、遠方に住んでいて近くに買い物する場所がない方でも気軽に買い物を楽しめるようになりました。そのため、お祝いに贈り物をしなくてはという場合でも、つい送りそびれてしまうというようなことを避けることができます。また、通販サイト限定のオリジナルギフトセットを取り扱っているところもあり、利用者が増えています。
お祝いにお菓子を贈る場合は、贈り先の相手の好みや人数などが分かればより的確に贈り物選びをすることができます。お菓子だけでなくカタログや小物がセットになった贈り物もあります。お子さまがいる家庭の場合、家族みんなで楽しめるいろいろなお菓子が詰め合わせになったセットを贈ると喜ばれます。少しずつ種類の違うお菓子なら家族の団欒の際に楽しんでもらうことができます。会社の上司やお得意さまに贈ってもよいでしょう。小分けになっている小さなお菓子を開ける瞬間はほっと一息つく憩いの瞬間です。仕事の休憩の時間などに重宝します。贈る相手が家族が少ない場合や一人暮らしの場合には、お菓子と小物が少しずつセットになった詰め合わせも喜ばれます。
お菓子に和菓子を選ぶ人も多くなっています。普段あまり縁がないという方への贈り物としても最適です。きれいな箱に丁寧に詰められた和菓子は色合いも美しく、眺めているだけで華やかな気分にさせてくれます。食べれば洋菓子とは違った魅力があり、新たにファンになることもありえます。贈る方の好みが分からない場合はお菓子とカタログのセットなどもあり、気に入った商品を選んでもらえます。気の置けない友人から親戚、ご近所の方まで和菓子の贈り物は喜んでもらうことができます。

贈り物として喜ばれる和菓子


出産祝いをいただいた方々へ感謝のお礼として贈るギフトとして、出産内祝いがあります。タオルや食品類が定番ですが、昨今では名前が入ったお菓子を贈る方も増えてきています。その中でも特に人気のお菓子がカステラです。職人が丹精込めて作った高級感のあるカステラに、子どもの名前を焼き入れたりホワイトチョコレートで書いたりしているので、お祝い事にはピッタリのオリジナルのギフトになっています。バリエーションも豊富で、名前のみが記載されているシンプルなものもありますが、おめでたい鶴などのイラストが記載されたものもあります。
和菓子というと子供よりも大人のための食べ物というイメージもありますが、実際は子供から大人まで喜ばれ親しまれています。何よりも色や形が綺麗で小さなお子さまでも一口で食べられるような小ぶりのサイズも多いので、家族全員で楽しめます。また、名前が入っているものの場合は、長期使用できるものより消耗品でもある和菓子が喜ばれています。
お菓子を贈る際は、お菓子に合わせたきれいな箱や風呂敷など、小物も和でそろえると素敵です。洋風のリボンやラッピングとは違った和の美しさを贈ることができます。きれいな箱に入れられている場合は開けた瞬間にぱっと和の世界が広がります。和菓子は何よりも美しく食べておいしいことから老若男女、昨今は外国人の方への贈り物としても喜ばれています。

和菓子を贈る時の注意点


お祝いにもよく贈られる和菓子は、四季を感じられる美しい色合いやデザインであったり、美しい名前だったりから、私たちのインスピレーションをかきたてます。上等なものは職人が丹念に心を込めて作った、まさに芸術品のようなものがたくさんあります。しかし、直接相手にお祝いとして手渡す場合をのぞいては、なるべく日持ちするものを選ぶと相手により喜ばれます。特に通販サイトで注文をする場合には、カステラやおせんべいなどの焼き物が良いでしょう。
出産祝いや出産内祝いなどで名前が入ったオリジナルのものを贈る場合、オリジナルの贈り物をしたいというだけでなく名前を覚えてもらいたいという気持ちもあるでしょう。しかし、名前が大きく記載してあるバッグやコップなどは、最近ではおしゃれなデザインの物も増えてきましたが物によっては相手側が使いづらいことがありますので注意が必要です。和菓子の場合であれば、食べれば後には残らない消耗品のため大きく名前が入っていても問題はありません。あわせて出産内祝いの場合は、名前間違いにも注意しましょう。自身が発注の際に間違えていなくても、店側で誤ってしまうことも想定されます。漢字の間違いだけでなく振り仮名まできちんと確認をしましょう。
マナーの一つとして、のしにも気をつけましょう。お祝い事の際には、のしをつけるのが一般的です。また、出産祝いや出産内祝いには蝶々結びの水引を使用します。送り主の名前は、一人の場合や会社や友人の連名、夫婦の連名などの時々で異なります。不安な場合は専門のギフトショップや通販サイトにお願いしてみたり、聞いてみたりすると良いでしょう。

次の記事へ
0120-820-688