出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > お祝いやお返しとしてカタログギフトを贈るメリット
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

お祝いやお返しとしてカタログギフトを贈るメリット

お祝いやお返しとしてカタログギフトを贈るメリット

お祝いのお返しとして


1980年代後半から広まり始めたカタログギフトは、いまや贈り物の定番となりました。結婚式の引き出物や出産内祝いの他、お中元やお歳暮としても利用する人が増えています。また快気祝いや新築祝いなどのお祝いをいただいた時のお返しとしても贈ることができるので、便利で使いやすいアイテムとして人気を集めています。
カタログギフトを贈る場合、最初に考えるのは予算です。カタログは予算に応じて何種類も用意されているので、贈る相手先によって価格帯の違うカタログを使い分けることができます。例えば出産内祝いは、いただいたお祝いの3分の1から半分程度の金額のものをお返しするのがマナーとされています。マナー違反にならないように、いただいた人によってそれぞれ予算の範囲を決め、それに合う価格帯のカタログを選びます。
次に、贈る相手の趣味や家族構成を考慮してカタログを選びます。カタログは価格帯以外に、いろいろなカテゴリーに分かれています。グルメやファッション、キャラクターグッズなどに特化したものや、それら全部をまとめた総合カタログなどがあり、相手先のニーズに合わせて選ぶことができます。例えば赤ちゃんのいる家庭にはベビーグッズやおもちゃなどが多く掲載されているもの、お酒が好きな上司にはワインに特化したものなどを贈ると喜ばれるギフトになります。
最近では、体験型ギフトと呼ばれるものも人気になっています。温泉旅行や豪華なディナーなど、スケジュールに合わせて行きたい場所に行けるので、贈られた側にも好評です。旅行に行ってリラックスした休日を過ごしたいと思っていても、自分で調べて行き先や日程を決めるとなると面倒に感じることもあります。しかしカタログの中から選ぶだけなら、あまり手間がかからずゆったりした旅行を満喫できます。

カタログギフトが選ばれる理由


引き出物やお祝いでいただいた品物の中には、扱いに困るものも時々あります。例えば自分の趣味に合わないファッション小物などは、送り主に申し訳ないという気持ちがありながらも、タンスに片づけたままになってしまうこともあります。ダイエット中にスイーツをもらったり、多忙でなかなか宅配便が受け取れない時に賞味期限の短いものを送られたりするなど、タイミングの悪さが困惑の原因になることも少なくありません。その点カタログギフトなら、都合のいいタイミングで好きな品物を選ぶことができます。
結婚式の引き出物や、法事のお返しなどとして使用する場合、コンパクトで軽いということが最大のメリットです。わざわざ足を運んでくれたゲストに重くてかさばるものを渡してしまうと、持ち運びが負担になることもあります。しかしカタログなら邪魔にならず、重くもありません。電車などの公共交通機関で帰宅する場合は特に、軽くて持ち運びやすいというのは大きなメリットです。また結婚式の場合、上司や友人、親戚などによって引き出物の内容を変えるのは普通のことです。渡す相手によってカタログを変えても、化粧箱の中などに入っていれば気付かれにくく、渡された側が不審に思うということも避けられます。
デメリットとして、カタログをもらった人はハガキやインターネットで申し込みをしなければならないという点が挙げられます。普通のギフトに比べて手間が一つ多いので、高齢者にはシステムが理解しにくいということもあります。しかし好きなものを選べるので、趣味に合わない不要な物をもらうというリスクは避けられます。少し手間がかかっても、納得できる品物を受け取る方が、贈る側と贈られる側にとってのメリットになります。

内祝いにもおすすめ


カタログギフトは、結婚式の引き出物としても選ばれていますが、出産内祝いとしても最適です。生まれたての赤ちゃんは、まだお腹の外の世界に慣れていないため、むやみに人ごみに連れ出すのは赤ちゃんにとって大きなストレスになります。しかし赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた人に、内祝いという形で感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。体調などが原因で内祝いが遅くなる時は、仲の良い友人ならメールや電話で伝えれば問題はありません。上司や恩師など目上の人には1カ月以内に贈ればマナー違反にはなりませんが、内祝いの品物を買うために赤ちゃんを連れて外出するのは大変なことです。
そんな時はインターネットが便利です。いろいろなお祝いや内祝いの品を専門的に扱うネットショップもあり、カタログギフトも幅広い価格帯のものを取り扱っています。カタログの種類も豊富で、贈る相手にピッタリのものを簡単に見つけることができます。家で赤ちゃんのお世話をしながら内祝いが贈れるというのは、赤ちゃんだけでなく忙しいママにとっても嬉しいことです。
ネットなら24時間いつでもショッピングができるので、時間が不規則な赤ちゃんが寝ている時にカタログを選ぶこともできます。たくさんあるカタログを比較しながらゆっくり検討ができるのもネットを利用するメリットの一つです。またネットショップによっては、内祝いには必ず付けるのしや包装紙を無料でサービスしてくれるところもあります。赤ちゃんがまだお腹の中にいる間に、ネットショップの比較をしておくと育児の時間に余裕ができるのでおすすめです。

次の記事へ
0120-820-688