出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > ご近所から出産祝いをもらったときの出産内祝い
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

ご近所から出産祝いをもらったときの出産内祝い

ご近所から出産祝いをもらったときの出産内祝い


贈るタイミングを間違えないことが重要


都会のマンションで暮らしていると、近所の人にはあいさつくらいしか行わないことも多いかもしれません。
しかし地域によっては、近所づきあいを割とまめに行っているエリアもまだまだたくさんあります。例えば出産した時に近所の人から出産祝いを受け取ることもあるでしょう。
もし出産祝いを受け取ったのであれば、やはりお返しとして出産内祝いをすることになります。

この時重要なのは、いつまでに贈るかという点です。
通常出産内祝いは、出産祝いを受け取ってから1、2カ月後といわれています。
赤ちゃんが生まれて徐々に一緒の暮らしに慣れ始めたころ、落ち着いた時期で問題ないでしょう。
近所づきあいをするにあたって、しっかりとマナーを守っておかないと後々関係がこじれることもあるので注意が必要です。

しかし中には初めての赤ちゃんで慣れないことが多く、お世話にいっぱいいっぱいで気が付いたら先ほど紹介した1、2カ月が過ぎてしまっていたということもあります。
そのような場合でも出産内祝いは送るようにしましょう。

そして手紙もしくはメッセージカードを使って、遅くなって申し訳ありませんといった陳謝のメッセージを加えれば、それほど相手も不快には感じないはずです。
その他にも赤ちゃんの最近の様子なども伝えるとほほえましい文面となります。

このような手紙ですが、期日通りに贈る場合でも、添えると喜ばれるのでおすすめです。
近所ではあまりないかもしれませんが、中にはかなり立派なお祝いの品物をくれる人もいるかもしれません。
そのような時には、内祝いとは別にお礼状を用意するのがマナーであることも忘れないようにしましょう。
ちなみにお礼状は、内祝い品が届く少し前を見計らうのがおすすめです。


予算はどのくらいが相場になるか


出産内祝いを近所に配るにあたって、多くの家庭で問題になるのはどの程度の値段の商品を渡せばいいかという点です。
一般的に出産内祝いの場合、半返しといいます。
これは出産祝いとしていただいた品物の価格の半分程度を指します。

これをベースにして商品選びをすれば、失礼には当たらないでしょう。
もしも立派なお祝いの品物を受け取ってしまった場合には、半返しでも家計的に厳しくなるかもしれません。
赤ちゃんが生まれると、これから出ていくお金もどうしても多くなるはずです。
そのような場合にはいただいた品物の価格の3分の1程度のものでも問題にはならないでしょう。

中には、せっかくいただいた商品の値段をあれこれ詮索するのは失礼ではないかと抵抗がある人もいるかもしれません。
一見するとお金のことをいろいろと探るのは失礼なように見えます。
しかしお互いに気持ちよく品物のやり取りをするためには必要な情報ですから、マナー違反にはなりません。

近所の人が何人かグループになって、お金を出し合って出産祝いをくれることもあるでしょう。
その場合でもお祝いをくれた人それぞれに出産内祝いを出すのが一般的です。
この時、まずグループ全体でくれたギフトの値段をチェックして、それの半額を出します。

それをメンバーで頭割りにして、1人当たりの予算を決めるのがセオリーです。
この場合、金額は1人当たり少なくなるので、プチギフトのような簡単なものを贈るようにするといいでしょう。


出産内祝いはどのような品物を贈るのがベストか


近所への出産内祝いの具体的な商品のチョイスに悩んでいる夫婦は多いです。
その場合には、内祝いの中でもオーソドックスなものから選ぶのがおすすめです。
近所にはいろいろなタイプの人がいるので、万人に喜ばれるプレゼントとなると定番のものが無難です。

例えば消えものは比較的選びやすいです。
具体的にはお菓子やお茶のようなものはあって困るようなものではないですし、いずれ食べたり飲んだりすればなくなりますから、部屋の中でかさばるような心配もありません。
その他には日常生活で使用する洗剤なども昔からの定番のプレゼントです。

贈り物を出すにあたって、タブーとされるものがいくつかあります。
代表的なのは縁が切れることを意味する刃物や割れる恐れのある食器のようなものです。
しかし今ではそれほどタブーではなくなっていますから、あまり気にする必要はありません。
ただし近所で年配の人がいて出産祝いを出してくれた際には、少し慎重になった方がいいかもしれません。

もし心配であれば、先ほど紹介したメッセージカードの中でなぜその品物を選んだのか、簡単に説明しておくといいでしょう。
例えば割れやすいグラスを贈るのであれば、毎年子供の誕生日にこのグラスでお祝いしていただけたら嬉しいです、といったコメントをつければ、相手も喜んでくれるでしょう。

近所の場合、手渡しをすることもあるでしょうがその時は紙袋や風呂敷など、品物をくるんでいるアイテムは外して差し出すようにします。
あくまでも紙袋などは品物に傷や汚れをつけないためのものだからです。

次の記事へ
0120-820-688