出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 内祝いの贈り方とは
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

内祝いの贈り方とは

内祝いの贈り方とは

内祝いとは


出産祝いなどのお返しとして贈る内祝いですが、マナーがとても大切になっています。いただいたお祝いへのお返しはとても重要なことで、マナー違反をしてしまうと人間関係に亀裂が生じてしまうなど、良好な関係が築けなくなる原因になってしまうこともあります。親戚や上司、先輩などへ贈る時は特にマナーが重視されることもあるでしょう。そこで今回は内祝いとは何かということと、そのマナーについてご紹介します。
内祝いとはいただいたお祝いへのお返しではなく、本来はおめでたいことがあった家族が、その喜びを一緒に分かち合ってもらおうというものです。昔は結婚祝いや出産祝い、年祝いなど家族だけではなく親戚や近所の人たちを呼んで一緒にお祝いしていました。当時は物を贈る風習はなく、みんなで食事をすることが中心でした。しかし、時代と共にそのお祝いを家族だけで済まそうと考えられるようになったため、食事をする代わりに物を贈ったことが今の内祝いの始まりとも言われています。最近ではお祝いのお返しとして使用されることが多くなった言葉ですが、本来は赤ちゃんの誕生をみんなで喜んでください、ということを意味していたのです。意味が分かるとマナーも理解しやすくなるので、覚えておくととても便利です。そして贈る時には感謝の気持ちを持って贈ることも大切なことです。

内祝いのマナー


次はそのマナーについてご説明します。初めて内祝いを贈る時はいつ贈ったらいいのかタイミングに迷ってしまうものです。贈るタイミングですが、出産の内祝いの場合は出産後1カ月から2カ月を目安に贈るようにします。ちょうどお宮参りの頃になります。その報告も兼ねて贈るようにすると最適です。ただし、産後1ヶ月程度はママの体調が元に戻っていないので、体調が悪い中慣れない育児と平行で準備することはとても大変です。贈る時は出産前から少しずつ準備しておくととても楽になるので、早めの準備をおすすめします。住所のリストや、商品の内容などをカタログやインターネットなどを活用して確認しておくとスムーズに準備することができます。いくつか商品の候補を用意しておくと、いただいたお祝いや相手に合わせて用意することができるのでとてもやりやすくなります。産後1カ月以降にいただいたお祝いにはその都度贈るようにします。
商品を選ぶ時はたくさんの種類があるので、どんなものを選んでいいのかとても難しく感じてしまいます。選ぶ時にもいくつかのマナーがありますが、選びやすくするための基準は金額です。贈る商品の金額の目安は、お祝いとしていただいた金額の約半分になります。いただいたお祝いよりも高価なものをお返しすることは相手にとってとても失礼になりますので注意が必要です。逆に少なすぎる金額も失礼に当たりますので何をもらったかによって金額を変える必要があります。誰から何をいただいたのかメモをしておくと産後のバタバタしている時でも不安になることもなく、確認することができるので安心です。金額を基に商品の候補を上げていくととても選びやすくなります。

選び方とは


相手に喜んでもらえる商品の選び方は、自分の好みを押し付けすぎないことです。自分の好きな物や、好きな雑貨、キャラクターなど、相手が好きだと分かっている場合を除いてはあまり喜んでもらえないことがあります。内祝いとして適しているものはタオルや日用品などの消耗品、スイーツや食品など食べるものなどです。形として残らないものの方が誰でも喜んでもらえると人気になっています。相手に子供がいる場合は子供が喜びそうなもの、同僚など複数の人へまとめて贈りたい時は個包装になっている分けやすいプチギフトにするなど、相手の状況に応じて選ぶことも大切です。しかし、自分の両親など近い親族へ贈る場合は、記念品として形に残るものや、名前入りの商品の方が喜んでもらえることもありますので、相手に合わせて選ぶようにします。何にするか困った時はカタログギフトなどもあります。このような商品を選ぶと自分で選ぶ楽しみもありますのでとても便利です。
商品を購入するための業者選びですが、商品の種類が多いことや、のしや赤ちゃんの顔や名前、メッセージなどを入れることができるサービスがある業者を選ぶととても便利です。内祝いと一緒に赤ちゃんの顔や名前を紹介できるので、なかなか会うことができない遠方の方などには喜ばれるサービスです。そしてインターネットなどで商品を選ぶことができる業者であれば手軽に注文することができるので、自宅にいながらゆっくりと商品を選ぶことが可能です。贈る相手や予算によって選びやすいようになっていたり、迷ったときに参考になるアドバイスが書いてある業者はさらにおすすめです。送料などたくさん購入すると無料になるところや、包装紙を選択できる業者などにすると選ぶことも楽しくなります。おめでたいお祝いのお礼ですので、ぜひ楽しみながら選ぶようにしてください。

次の記事へ
0120-820-688