出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産の内祝いについて
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産の内祝いについて

出産の内祝いについて

内祝いとは


内祝いとは、何かしらのお祝い事があったときに、その幸せを近所の人や親族親類と分かち合うために贈るもののことを指します。お返しと混同されやすいですが、お返しは物を貰った人に返すという意味ですから、少し趣が異なります。ただし現在では、ほぼ同じ意味で使われることが多くなっています。
内祝いを贈るのは結婚をしたときや家を建てたとき、あるいは出産のときが一般的です。あとは病気の回復のときに贈ることもあります。品物を贈ることが多いですが、代わりに料理を振る舞うことなどもあります。特に新築の家を建てた時は、新しい家に招いてお披露目をするとともに料理を振る舞う、という風習が見られます。品物を贈る場合は結婚のときは夫婦両名の名前を、出産内祝いならば赤ちゃんの名前とのしをつけるのがマナーとされています。
内祝いで贈るものは、地域によって伝統的にある程度決まっていることもあり、例えば関西地方ではお祝いを持参してもらった際にその場で現金を返すなどの習慣がありますので、地域に合わせたお返しを考えることも必要になるでしょう。地域の特産品などがお返しの定番となっている場合も多いです。また、現代では定番の品にアレンジを加えたものなどが広まっていることもあるので、前々から決まっているような結婚・出産、新築祝いなどであれば、きちんと計画を立てて品物を選んでおく必要が出てきます。
地域的な習慣を特に気にするようなところでは、家族や親類に相談することも必要になってくるでしょう。新しい地域で転居や出産を迎える場合であれば、その地域特有の風習がないか下調べも必要になるので特に注意が必要です。ただ、現代では多様化していることがほとんどですので、神経質になりすぎる必要はありません。

出産の内祝い


出産の内祝いに関しては、産前や産後に体調の変化があったり、ばたばたすることも多いため、特に前準備が重要になると言われています。産後100日目までは行事も多く、産後に考えようと思っていては難しい場合も多いでしょう。大事な我が子の幸せのお裾分けですし、生まれて間もないうちからマナーがなっていないと言われるのは赤ちゃんのためにも良くないので、早め早めにスケジュールを決めてきちんと対応することが望まれます。
内祝いを考え始める時期としては、安定期に入った頃、出産の3か月ほど前がいいとされています。現在はカタログなどがありますので、取り寄せたり、地域による特色はあるのかどうか情報収集をしたりします。贈るものをゆっくりと考えつつ、お祝いを贈るであろう相手の住所の整理などをしておくと後々慌てずに済むでしょう。内祝いを贈るのは、もちろん赤ちゃんが生まれてからになります。出産が終わったら一週間ほどでお祝いの品が届くことが多いです。里帰り出産をするという人も多いでしょうが、その際も普段の住所に届くことが多いので、旦那さんなどに管理をしてもらい、贈ってくれた人を元に内祝いを贈る人のリストを作成していきます。これは産後1か月後くらいに贈るようにするのがマナーになっていますから、遅れ過ぎないように注意しましょう。遅くとも2か月後くらいまでがいいとされています。
出産祝いが遅れて届く場合も、随時対応していきます。産後1か月は丁度お宮参りの時期でもありますから、これに合わせて贈る、と覚えておけば忘れにくくなります。贈り漏れがないようによく注意して、赤ちゃんが誕生した幸福をぜひ祝ってくれる方々に分けてあげましょう。また、お返しとは違うので、のしにお返しなどの文言を使わないことには注意が必要です。

出産の内祝いの選び方


特に迷う出産のときの内祝いの選び方ですが、地域による伝統や決まりなどがない場合は、人気のものを選んでもいいでしょう。伝統にこだわらないお返しには、主に赤ちゃんの名前の入ったお米やお酒などの名入れギフト、場所を取らず万人受けしやすいお菓子の詰め合わせといったものがあります。定番のタオルのギフト、その他食器なども人気が高いです。
また、最近では贈った相手が自分で欲しいものを選べるカタログギフトもあります。こちらは自分たちで内容を悩む必要がなく、相手としても不要なものを受け取る必要がないので人気が出ている傾向にあります。どの商品にしてもさまざまなセットがあるので、予算に合わせて選ぶことができるでしょう。
さらに、グループからまとめてお祝いをいただくというケースもあります。この際には小分けにできるものの詰め合わせがおすすめです。相手によって品物を変更する必要があるのも難しいポイントです。
そして内祝いでは、相手からいただいたものの金額を上回らないようにしてものを贈ることがマナーとされているので注意しましょう。親族などからのお祝いの場合は随分高額なものを貰うこともありますが、絶対に相応のものを返さなければならないということはありません。相手への気持ちが大切ですから、相手のことを考えて贈るようにするといいでしょう。

次の記事へ
0120-820-688