出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産内祝いで気にしたいマナー講座
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産内祝いで気にしたいマナー講座

出産内祝いで気にしたいマナー講座

内祝いのマナー


お返しとよく混同される内祝いですが、本来はおめでたいことのお裾分け、身内で起こった喜びのお裾分け、といったものです。日頃お世話になっている人や近所の方、親族にも贈ります。結婚や出産に用いたり、家を新築した際やお店の開店の時にも用いたりします。ただし、現在ではお祝いをもらっていない人に贈るということはあまりしません。なぜならそれをすることでかえってお祝いをしなければならないという気持ちにさせてしまう可能性があるからです。
初めて行うのであればマナー講座を見てみましょう。内祝いはいろいろな際に行いますが、共通点としてお返しという言葉は使いません。お礼状やのし書きについ記載してしまいがちですので注意しましょう。いただいた金額の半額程度の品物を贈ることが一般的であり、食品類や日用品など気軽に利用することができて、好き嫌いがあまり出ないものを選ぶ人が多いです。例えば親族からなど、場合によっては半額返しが高額になるような金額をもらう場合もありますが、この際は気持ちを受け止め3分の1などに抑えて贈ることも多いです。
現在ではタブーとされるものは少なくなったと言われますが、それでも地域によっては贈り物に適さないものもあります。例えば、緑茶は仏事を連想させるとして避けられることがありますし、靴や靴下は足で踏むために目上の人には向かないという意見もあります。お祝い事によってどんなものがいいのか、いろいろなマナー講座を参考にした上で相手の気持ちも考えて選ぶようにします。

出産内祝いのマナー講座


初めての内祝いになりやすいのが出産時の内祝いです。意外と知らなかったということも多いので、ぜひともマナー講座を確認してから送るようにしましょう。出産の前後は忙しくなりやすいため、まずは早めにスケジュールを知っておきます。出産の3カ月前にはカタログなどを取り寄せて気になる品はリストアップしておくと便利です。この時点でだいたいの目安は決めてしまいます。1カ月前には送付先に困らないように年賀状などで住所の整理をしておくといいでしょう。生後一週間ほどでお祝いの届くことが多く、里帰りしている場合は自宅に届くこともあるためチェックが必要です。内祝いは産後1カ月前後、入院が長引いても産後2カ月までには発送するのがマナーとされます。お宮参り頃と考えると覚えやすくなります。
贈り物の金額はもらった額の半額程度ですが、両親からなど高額なお祝いに対しては半額以下でもいいとされています。その際には子どもの写真をマメに送るなど、気持ちでのお返しをすると喜ばれます。品物は相手に合わせて選びますが、出産の内祝いであれば定番のギフトだけでなく名入れギフトや生誕時の体重に合わせたお米など特有のものもありますのでよく選びましょう。付き合いの深い人であれば家族構成などから考えたり、リサーチをしたりしておくと喜ばれます。あまり付き合いがないのであれば、一般的なものを選択するのが無難です。
のしは表書きを内祝、子どもの名前とするのが一般的です。子どもの名前はふりがな付きが望ましいとされます。お祝いは親の名前宛てにもらうので、子どもの名前で返すという点には注意しましょう。水引は喜びが何度も繰り返し訪れるように結び直しのできる紅白蝶結びを用います。一緒にメッセージカードを添える場合もあります。

出産内祝いで気になるポイント


マナー講座を参考にしていても、特に初めての場合には気になる点はいくつか出てくるものです。よく引っかかるポイントはあらかじめ押さえておくといいでしょう。まずは出産内祝いのタブーの品ですが、他の内祝いと同じく緑茶や足に履くものは避けた方がいいと言われます。他にも縁を断ち切るとされることから刃物は避けた方がよく、目上の方には肌着もよくないとされているので別のものを選ぶ方が無難です。また、地方による違いが少なくないためお互いの実家に一度確認しておくと安心です。どちらか一方の実家だけでは他方と異なる場合もあり得ます。
喪中の方からお祝いをいただく場合もあります。この際も内祝いを贈って構いませんが、四十九日が開けていないようならいったん控えて過ぎてからにしましょう。日付が遠くなるようならその旨伝えておくとより丁寧です。
半額程度で返すことが多い内祝いですが、現金でなく品物でいただく場合もあります。この場合も3,000円までのもので内祝いを贈るか、あるいはお礼状などを送付しましょう。連名で受け取ることもあるでしょうが、この際は代表の方に個包装になっていてみんなで分けられるものを贈るか、ささやかな金額のものを個々に贈るようにします。後者の方がより丁寧です。
他の方よりも遅れて出産祝いをいただく場面もあり得ます。この場合でも3週間から1カ月程度できちんとお返しをしましょう。内祝いが到着するのには時間がかかるので、まずは電話か手紙で先にお礼を述べておきます。

次の記事へ
0120-820-688