出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産内祝いで気を付けるべきマナー
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産内祝いで気を付けるべきマナー

出産内祝いで気を付けるべきマナー

出産内祝いに必要なマナー


結婚祝いや出産祝いなど、お祝い事にかかせないのが内祝いです。もともとは親しい人や親族に対して、幸せをおすそ分けするという意味で、贈り物を贈ったり、宴会を開いたりするものでしたが、現在の内祝いは贈り物をもらい、お返しをすることが主流になっています。そんな内祝いですが、お返しをする際気を付けるべきマナーがあります。このマナーを知らずに贈り物を贈ってしまうと、場合によっては贈った方に不快な思いをさせてしまう、ということもあります。そこで、今回は出産内祝いに必要なマナーについて説明します。
まず、タイミングです。お祝いごとの後は大抵忙しいことが多いですから、ある程度期間が経ってから贈ることが一般的です。例を挙げると、結婚内祝いなら一カ月後、出産内祝いなら一カ月後から二カ月以内に送りましょう。次に「のし」についてです。通常のプレゼントなどとは違い、内祝いは「のし」が必ず必要になります。ですので、ネットなどで注文される場合はのし付きの物を選ぶようにしましょう。また、宅配で送る場合は「外のし」だと、配送中にのしが傷ついてしまう場合があるので、「内のし」がおすすめです。
さらに、「のし」同様にあいさつ状も必要です。プレゼントを贈ること自体が感謝の気持ちを表すものですが、実際どういったことを感謝したいのかということが相手に伝わらないので、挨拶状は必要といえます。
最後に金額です。金額は相手より高い物を贈ってしまうと、失礼にあたりますから、価格としてはいただいた物の半額以下を目安に選ぶようにします。高額な品物を頂いた場合は3分の1程度にする場合もあります。以上のようなマナーがありますので、出産内祝いを贈る場合はマナーに注意して、贈りましょう。

出産内祝いで人気のある商品


出産内祝いで、お返しに贈る物を選ぶ際に迷ってしまう方は多いでしょう。せっかく贈り物を頂いたのですから、相手にも喜ばれる物を贈るためにも、どういった物が主流なのかは知っておくべきです。そこで、今回は人気のある贈り物を紹介します。
まず、出産内祝いなどで人気がある物が、名入れギフトです。名入れギフトは贈り物に文字を入れることができるので、生まれてきた赤ちゃんの名前を入れることにより、贈り相手に赤ちゃんの名前を知ってもらうことができます。次に、家族や会社など人数が多い場合は小分けされている、分配のできる贈り物が適しています。お菓子やジュース、ゼリーなどが定番です。
最後に、日常で使える物です。これは、タオルや食器などの日用品が人気があります。ただ、デザインが贈る相手の好みに合わない場合があるので、好みがわからない場合は無地を選ぶことをおすすめします。また、これらを選ぶうえで相手が苦手だったり、趣味に合わなかったりする物を避けるためにも、相手の好みを把握し、受け取ってもらっても困らない物を選ぶことが大切です。もし、そういった情報がない場合はカタログギフトなど相手に選んでもらうタイプの贈り物がおすすめです。
以上が出産内祝いで人気のある贈り物です。せっかくの贈り物ですから、マナーを守って相手に喜ばれる物を選ぶことを意識してみてはいかがでしょうか。

出産内祝いのメッセージカードの書き方


出産内祝いでのマナーはギフトや贈り方だけではなく、その中に入れるメッセージカードにもマナーがあります。このメッセージカードは品物への感謝や赤ちゃんの名前についてなど書くべきことが多く、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで、注意すべきマナーやメッセージカードに書くべきことのポイントについて解説します。
まず、書く上で必要なマナーがあります。気を付けるポイントとしては文章にお返しと思わせる内容を入れないことです。こういう文章を書いてしまうと、相手に、お祝いを受け取ったから義務的にお返しをしていると思われてしまう可能性があるので控えましょう。さらに、送る相手のことも考慮する必要があります。相手の方が子宝に恵まれていない場合だと、文面に配慮する必要が当然あります。生まれてきた赤ちゃんのことをメインに書くのではなく、出産祝いに対するお礼をメインに書くと良いでしょう。
次に書く内容についてです。基本的に自分の思っていることを書きますが、ある程度ポイントを抑えておくと相手に気持ちが伝わりやすくなります。その内容としては、いただいた出産祝いに対する感謝、赤ちゃんの名前、由来、誕生日などの赤ちゃんに関する情報、日頃のお礼や思いなどを書くことが一般的です。もし、内容が思いつかな場合はインターネットなどに例文などがたくさんありますので、参考にしてみましょう。以上のことを気を付けて書くことで、相手に失礼なく、思いを伝えられますので、意識してみてはいかがでしょうか。
内祝いは、結婚、出産、初節句、長寿まで意外に多く、私たちに欠かすことはできないものです。そのシーンによって、必ずマナーはありますのでしっかり調べておきましょう。

次の記事へ
0120-820-688