出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産内祝いの喪中マナーなどを詳しく解説
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産内祝いの喪中マナーなどを詳しく解説

出産内祝いの喪中マナーなどを詳しく解説



これから出産内祝いをしようと考えている方はこちらをチェック


私たちの日常的な生活シーンの中では、出産内祝いをしたりされたりするケースが存在します。
そのような場面では、喪中の場合の対処法など、内祝いのマナーをあらかじめ理解した上で実際のアクションを起こすことが大切です。
こちらのポイントに気を配らないと、せっかく感謝の気持ちを込めて贈った内祝いギフトであるにも関わらず、相手に対して失礼に当たり、気分を害してしまうことにもなりかねません。

出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝福してくれた人たちに対して、感謝の気持ちを込めて贈るものです。
こちらのお祝いをするにあたっては、まず、出産前後のスケジュールをチェックすることが大切になります。
出産後の女性の身体は、妊娠する前の状態に戻ろうとすることから、調子が良くないケースが少なからず存在するようです。
その上に、赤ちゃんの世話をするために、忙しい日々が始まることとなります。
さらに、出産してから100日目までは、出産にまつわる行事が数多く存在します。
それらの事情を考慮に入れると、内祝いの準備は体調が比較的安定している、出産前に行っておくことをおすすめします。

一般に内祝いは産後1カ月前後の時期、ちょうどお宮参りのころに贈られます。
入院が長引くなどした場合にも、遅くとも産後2カ月前には相手方に届くよう、手配しておきたいところです。
また、お祝いの贈り先を整理した住所録などを作成し、贈り漏れがないようにすることも大切です。
そして、実家に帰って出産する場合にも、自宅にお祝いが届くことがあるので、気をつける必要があります。

出産内祝いをするにあたって心得ておくべきマナーについて


出産内祝いは、喪中のマナーなどに気を配って贈ることが大切です。また出産内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた場合には、なるべく3日以内ぐらいにお礼のご挨拶をしましょう。

お礼のご挨拶は、お祝いをありがたく頂戴するという感謝の気持ちを、手紙や電話で伝えることとなります。
正式にお礼をするには、手紙を使用するのが一般的なので、お祝いをいただいたのが目上の人の場合、なるべく手紙でお礼することをおすすめします。
次に、内祝いの贈り物を選ぶにあたっては、商品の価格も気に掛かるところです。

基本的には、いただいたお祝いの2分の1という慣習があります。
ただし、いただいたお祝いが親せきや目上の人からのものだったり、高額な品物であったりする場合には、3分の1程度でも問題ありません。
あくまでも、感謝の気持ちを伝えることが大切なので、金額にこだわり過ぎず、心のこもった品物を贈るようにしましょう。

また、同じように内祝いを贈るのであれば、せっかくなので、できるだけ喜んでもらえる品物を選びたいところです。
内祝いとして定番となっているのは、日々の暮らしの中で使用する機会が多いタオルのセット、食器などの日用品、日持ちの良い焼き菓子やコーヒーなどです。

お祝いを贈る相手の趣味、趣向や家族構成が分かっている場合には、それらの条件にマッチした喜ばれそうな品物を選ぶと良いでしょう。
お祝いのお返しには、何を頂いてもうれしいという気持ちに変わりはありませんが、自分の好きなものや欲しいものを頂いた場合には、喜びも大きくなります。

常日頃から付き合いのある人へのお返しをする場合、そのあたりの事情を踏まえて、相手の好みなどを事前にリサーチしておくのも良いでしょう。
また、普段付き合いのない遠方の親せき、ビジネス関係の知人など、相手の趣味、趣向などがよく分からない場合には、定番の品物を選ぶのが無難です。

品物を選ぶ時のチェックポイントや、「のし」にまつわるマナーに関する情報


これから出産内祝いを贈るにあたっては、喪中の対応などに気を配ることが大切になります。
また、内祝いを贈る際には、品物の選び方も気に掛かるところです。
最近では、贈る側も贈られる側も、価値観が多様化し、タブーとされる品物が少なくなってきています。
とは言うものの、人の考え方や地域によっては、贈答品として弔事を連想させる日本茶や、縁を断ち切るとされる刃物は適さない、現金や金券は失礼にあたることもあります。
せっかく感謝の気持ちを込めてお祝いの品物を贈っても、相手に喜んでもらえなければ意味がありません。
したがって、お祝いの品物を選ぶにあたっては、自分の価値観や趣味、趣向を押し付けるのではなく、相手の身になって考えてみることも大切です。

次に、内祝いを贈る上では「のし」に関するマナーもチェックしておきたいところです。
こちらは、古い時代から、婚礼や出産などの際の贈答品に添えられてきた、わが国の伝統的な贈答マナーの1つになります。
内祝いによって、相手に感謝の気持ちを伝えるためには、水引や表書きなどの基本的なマナーを理解しておくことが大切なファクターです。

次の記事へ
0120-820-688