出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産内祝いを贈る前に知っておきたいマナーとおすすめギフト
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産内祝いを贈る前に知っておきたいマナーとおすすめギフト

出産内祝いを贈る前に知っておきたいマナーとおすすめギフト



出産内祝いの基礎知識とマナー


赤ちゃんの誕生はとてもおめでたいことです。赤ちゃんが生まれると、親戚や友人、日頃お世話になっている方などから出産祝いを頂くことがあります。
そのお返しに贈るお礼の品が、いわゆる「出産内祝い」です。
出産内祝いとは、もともとはお世話になっている方々を招いて開く、赤ちゃんをお披露目する宴のことでした。

現在では、赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた方たちに感謝の気持ちを品物でお返しするのが一般的になっています。
出産内祝いをお返しする時期ですが、赤ちゃんが生まれてからだいたい一ヶ月、ちょうどお宮参りの時期を目安にするとよいでしょう。
ですが、産後すぐの時期は体調の変化や赤ちゃんのお世話などがあるため、比較的心身の余裕がある出産前から、何を贈るかを決めるなどの準備をしておくのがおすすめです。

また、お祝いを頂いた方のリストを作っておくと、忘れずにお返しを贈ることができます。
その際、年賀状や引っ越しのお知らせなどを参考に、あらかじめ親戚やお世話になっている方々の住所を整理しておくと、スムーズに手配することができます。
それと、出産祝いを頂いたときには、出産内祝いとは別に、お礼の挨拶を忘れないことが大切です。

できれば受け取ってから三日以内には、感謝の気持ちを伝えたいところです。電話でも構いませんが、おすすめは手紙を書くことです。
特に、目上の方からのお祝いには、正式なお礼として手紙で気持ちを伝えるのがよいでしょう。

出産内祝いの贈り方


出産内祝いの品物を選ぶとき、まず気になるのが「どれくらいの値段のものを贈ればいいのか」ということです。
一般的に、お礼の品は頂いたお祝いの二分の一程度の金額のものがよいとされているため、出産祝いに頂いたものの半額ぶんを目安に選ぶことが多いです。

ただし、親戚や目上の方からのお祝いや、高価なものを頂いた場合には、三分の一程度でも問題ありません。
出産内祝いでなによりも大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。
あまり金額にとらわれずに、相手に喜ばれる心のこもった品物を選ぶようにしましょう。
また、覚えておきたいのが「のし」のマナーで、日本の贈答品には欠かせないものです。

まず、水引は「紅白蝶結び」を選びます。
出産のような何度あってもおめでたいことには、繰り返し喜びが訪れることを願って、ほどけても何度でも結び直せる蝶結びの水引を使います。結婚などの「一回きり」がよいとされるお祝い事に使う「結び切り」との区別が大切です。

表書きについては、のし上に「内祝」のし下には赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。
出産内祝いには赤ちゃんのお披露目という意味合いもあるので、名前にはふりがなを添えるのが一般的です。
このほか、感謝の気持ちや赤ちゃんの名前の由来などを伝えるために、贈り物にメッセージカードや挨拶状を添えるのもよいでしょう。
親戚など親しい方には、赤ちゃんの写真が入ったメッセージカードでも喜ばれます。

相手別・おすすめの出産内祝い


贈り物の中身に関してですが、大前提は「相手が喜ぶもの」であることです。
自分の価値観を押し付けずに、お祝いを下さった方の立場になって選ぶことが大切です。
品物を選ぶ際に知っておきたいのが「避けた方がいい品」についてです。

昔に比べると、贈り物に関するタブーは減ってきましたが、例えば、刃物は縁を断ち切るので贈答品にはふさわしくない、現金や金券を贈るのは失礼にあたるといった考え方もあります。自分は気にしないことでも、相手もそうだとは限りません。

そのため、こういった品は避けた方が無難でしょう。出産内祝いの定番ギフトといえば、いくらあっても困らない石鹸やタオルのセット、日持ちのするお菓子やコーヒーといった食品などです。自分ではなかなか買わないけれど、あったらいいなと思うものを基準に、上質なものを選ぶとよいでしょう。

また、最近では相手に好きなものを選んでいただくカタログギフトも一般的になってきました。
こういった定番ギフトは、いわゆる万人受けする品物なので、普段お付き合いのない遠方の親戚や会社関係の方などには特におすすめです。
これとは逆に、相手の好みや家族構成といったライフスタイルがわかっている相手には、どんなものが喜ばれるかを考えながら贈るものを選ぶとよいでしょう。

最近では、お返しをする相手によって出産内祝いの内容を変える「贈り分け」が一般的になってきています。
例えば、親しい女性の友人への内祝いであれば、日頃から好みを把握しやすい間柄なだけに、相手が喜びそうなものを選ぶのが一番です。
特に、スイーツなどグルメの詰め合わせや、高級ハンドクリームやヘアケア用品などの美容グッズも喜ばれることが多いです。
また、男性の上司や同僚、友人などへのお返しであれば、センスある上質な品物を選ぶのがおすすめです。

よく飲まれる方にはお酒やグラスなどを贈ると喜ばれますし、コーヒー好きの方にはこだわりのコーヒーなどもいいでしょう。さらに、ママ友などご家族向けに贈りたいのが、家族で使えるギフトです。
何かと必要になるタオル類やみんなで楽しめるスイーツやジュースなどがおすすめです。

もしご近所さんや馴染みの方から連名で頂いたお祝いには、お菓子の詰め合わせのような大勢でも分けられるギフトが便利です。
代表者に一括で届けるか、手渡しで配るかは、下さった方の住所や相手に合わせて臨機応変に対応しましょう。
このように、一口に出産内祝いと言っても、相手によっておすすめの品はさまざまです。
ですが、何よりも大切なのは感謝の気持ちです。迷ったときには、どうすれば相手にお礼の気持ちが伝わるかを基準に検討するとよいでしょう。

次の記事へ
0120-820-688