出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産内祝いを選ぶなら通販が便利でお得!その3つの理由とは?
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産内祝いを選ぶなら通販が便利でお得!その3つの理由とは?

出産内祝いを選ぶなら通販が便利でお得!その3つの理由とは?



産後のママはとても忙しい


出産内祝いとは、この世に生まれてきてくれた赤ちゃんの誕生をお祝いすることで、もともとは家族や親戚など親しい人との間で行われていました。
最近では、出産祝いのお返しとして贈り物を贈るというイメージが定着しています。
本来は赤ちゃんの名前を披露して、おめでたい家族の幸せを共有するというものですので、相手が喜ぶようなものを贈りたいものです。

しかし、丁寧に相手への贈り物を選びたいと思う一方、そんな時間がなかなか取れないのが産後のママの悩みです。
2時間か3時間おきの授乳に、1日に10回を超えるおむつ替え、さらに上のお子さんがいる場合は幼稚園などの送迎や、洗濯や炊事などの家事など、産後のママは休む暇がないほど忙しいのが現実です。

さらに産後は出産内祝い以外にも様々なお祝いのイベントがあります。
まず病院から退院してすぐに行うお七夜参りがあります。
さらに生後約1カ月後に行うお宮参りに続き、生後100日目に行うお食い初めなど、産後のママには準備しなくてはならないイベントがたくさんあります。

そのため、家に居ても空いた時間に贈り物の品物を選び、注文することができる通販で出産内祝いを選ぶことには大きなメリットがあるのです。
限りある時間を有効に活用するためにも、小さな赤ちゃんを連れて一軒一軒お店に足を運ぶ手間を省き、自宅で時間があるときにネットやスマホから注文する方法を選択してみてはいかがでしょうか。

通販にはお得なサービスがある


出産内祝いを通販で選ぶと、通販ならではのうれしいサービスがたくさんあります。
例えば、出産内祝いで喜ばれるサービスは写真付きメッセージカードです。
自分で作るには少し手間がかかるメッセージカードなので、写真と言葉を入れるだけで作れるようなシステムは産後のママに喜ばれています。

そもそも出産内祝いとは、産まれてきてくれた元気な赤ちゃんとその赤ちゃんの名前をみなさんにお披露目するという意味があります。
しかし核家族化が進む現代では、家族や親戚に会いたくても簡単に会いに行けない距離でお互い生活をしているという家庭も少なくありません。
写真付きのメッセージカードは名前が分かるだけでなく、相手が赤ちゃんの写真を見ることができるので会えなくても愛着が湧いてきます。

最近スマホでの写真付きメールが普及していますが、スマホでなく実際に手に取って写真を見ることができるので、思い出の品にもなります。
さらに通販では送料が無料になることもあります。
これは最近荷物宅配サービスが徐々に値上げしているなかで、とてもうれしいサービスです。
送り先が10件、20件と多くなればなるほど悩ましくなるのがこの輸送コストです。

一般的に贈り物の送料は大きさや重さにもよりますが平均して1000円ほどかかります。
それが無料になるので、その分のコストを贈り物に充てることができます。
また買い物をしたときにあるとうれしいのがポイントサービスです。
いまや、コンビニやスーパー、百貨店などで買い物をしたときにポイントが付きます。

ポイントを貯めて、現金に還元したりギフトと交換したりする楽しみは、今や買い物の付加価値にもなっています。
出産内祝いは送るサイトによってポイント制度を導入しているショップがあれば、活用したいところです。

多彩なギフトから選ぶことができる


出産内祝いは元来、産まれてきてくれた赤ちゃんの誕生をお祝いしてお赤飯などを配るというものでしたが、最近では頂いた出産祝いのお返しとして位置づけされることが多くなりました。
そのため、相手の方が喜んでもらえるようなプレゼントを選ぶことが大切になります。しかしここで問題になるのが、送る相手の好みがその方によって違うという点です。

お祝いを贈る相手は、友人やいとこの同世代、親世代、祖父母世代と年齢層が広いのが特徴です。
そのため送る相手に応じて出産内祝いを選ぶことは、今やスタンダードになってきています。
その点で有利なのが通販です。
通販なら幅広い年齢層が喜んでいただけるような多種多様なギフトから、送る相手に応じたものを選ぶことができます。
例えば、祖父や祖母など比較的高齢の方には、素材が良いタオルや生活必需品のお米などが喜ばれています。

また、両親世代へは日本酒や焼酎、ワインなどのお酒や好きなものを選ぶことができるカタログギフトなどが人気です。
そして友人や同僚の方には、スイーツセットや自分好みのものが選ぶことができるカタログギフトが圧倒的に高い支持を得ています。
いずれにしても、ギフトを開いた瞬間に相手の笑顔が浮かんでくるようなものを思い浮かべて選ぶことが大切です。
そのため事前から好みをリサーチしておき、相手が喜ぶギフトを選びましょう。

最後に、多彩なギフトから相手に喜んでもらえるギフトを選ぶときに気をつけたいのが、名前入りのギフトにできるかどうかです。
カステラやチーズケーキなどのスイーツに赤ちゃんの名前を印刷できる名入れギフトは、出産内祝いでも人気のサービスです。
名前を入れるだけでオリジナリティーが出るので、相手の心に深い印象を与えることができます。
また名前入りのギフトを贈ることは、その後の話題作りにも役立ちます。

次の記事へ
0120-820-688