出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産祝いのお返しに贈る内祝い
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産祝いのお返しに贈る内祝い

出産祝いのお返しに贈る内祝い



親しい人へ贈る内祝い


内祝いは、元々家でのお祝いごとの際に親戚や友人など近しい人や親しい人に対して喜びや幸せを分かち合うために贈るものとされています。
昔はお祝い事があった際にお祝いをもらったかもらっていないかに関わらず、親戚や友人・近所の人などに対して贈っていました。

近年、本来の内祝いとは少し変わってきており頂いたお祝いへのお返しという意味が大きくなっています。出産内祝いや結婚内祝い・快気内祝いなどがあります。
出産祝いの内祝いを贈るタイミングは、出産祝いを出産してすぐに頂いた場合は出産後1か月から2か月ごろに贈ります。
遅れてお祝いを頂いた場合は、1か月後に贈ることが一般的です。
お祝いを郵送でもらった場合は3日以内を目安になるべく早く電話や手紙などでお礼を伝えます。
金額については、頂いた物や金額の2分の1から3分の1ほどの金額相当のものを贈ります。
会社関係の人たちなど複数の人たちから連名でお祝いを受け取った場合も、内祝いは一人ひとりに贈ることが望ましいです。
この場合の予算は2分の1から3分の1には当てはまらなくなることが多いですが、お祝いは連名で頂いた方全員に準備します。
もしまとめて贈る場合には、分け合えるものを選ぶと良いです。

親しい人へ贈る内祝いですが、自分自身の知り合いだけではなく旦那様や奥様の知り合いや会社の方、お母様やお父様の知り合いや会社の方などたくさんの方からお祝いを頂く場合が多いです。
誰から何をもらったのか、何を内祝いとして贈ったのかを簡単でも良いのでメモを取っておくことがおすすめです。

贈り忘れを防ぐことはもちろんですが、2人目や3人目が生まれたときや相手の方が出産したときにお祝いを贈る際にも役立ちます。
ギフトショップでもチェックリストが用意されている場合が多いので利用すると簡単に管理することができます。

内祝いの贈り方


日本では、贈り物の際に熨斗と水引が入った熨斗紙と呼ばれるものをかけることがマナーとされています。
熨斗にはお祝いごとやお悔やみごとに合わせて種類があり、お祝いごとの中にも紅白蝶結びや結びきりの熨斗があります。

紅白蝶結びの熨斗は何度でも繰り返したい喜びごとに使われる水引で、結びきりの祝い熨斗は結婚や快気祝いなど一度しかあってはいけないお祝いごとに使われます。
出産は何度あっても喜ばしいことなので出産祝いの内祝いでは紅白蝶結びの熨斗を利用します。
熨斗の表書きには熨斗上に「内祝」や「出産内祝」と書き、熨斗下には生まれた赤ちゃんの名前を書きます。
名前はさまざまな読み方があるためふりがな付きで入れと分かりやすいです。

名字のみを入れることもありますが、近年は赤ちゃんの名前を入れるのが一般的になっています。
喪中の方へ贈る場合は、「内祝」ではなく「お礼」と書くのが望ましいです。
また、内祝いを贈る際にメッセージカードを入れることが多いです。数年前までは命名札が多く利用されていましたが、近年はメッセージカードが主流となっています。

メッセージカードには、赤ちゃんの名前と誕生日・出生時の体重などにメッセージをひとこと添えたものが多く利用されており写真付きのものもあります。
熨斗やメッセージカードは、ギフトショップなどで無料でつけてくれる場合が多いです。
手渡しでお祝いを頂いた場合は、手渡しでお返しすることが望ましいですが赤ちゃんがいることは知られているので郵送でも問題はありません。
両親や祖父母・兄弟などへもお祝いをもらった人には贈ることが望ましいです。

内祝いに人気のプレゼント


出産祝いの内祝いで人気が高いのが、赤ちゃんの名前を入れたオリジナルギフトです。
名入れギフトにはカステラやチーズケーキなどお菓子類が多く利用されており、名前を覚えてもらうこともでき、家族で食べてもらえることや後に残るものだと置く場所などに困ることから人気を得ています。
お米を赤ちゃんの出生時の体重に合わせてギフトにしたものや、ワインのラベルに名前を入れられるものなどもあります。

次に人気があるものはカタログギフトです。近年結婚式の引き出物などにも利用されているカタログギフトは、贈られた方が好きな物を選ぶことができるので男女や年齢などで悩むことなく送ることができます。

金額も幅広く用意されており、食べ物だけのカタログギフトやお子様向けのカタログギフト・キャラクターに特化されたものなどそれぞれの好みに合わせて贈ることもできます。
このほか、タオルやフードボックス・コーヒーや紅茶のセットなど誰でも使う物やあって困らないものが定番とされています。
タオルギフトでは、大人だけの家庭であれば有名ブランドのものや触り心地や吸収性に優れたもの、お子様がいる家庭であればキャラクターものが人気です。
複数の方からの連名で頂いたお返しには、お菓子やハンドタオルなどのプチギフトや個包装になったクッキーなど焼き菓子のアソートが人気です。

次の記事へ
0120-820-688