出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産祝いのお返しの相場はいくらぐらい?
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産祝いのお返しの相場はいくらぐらい?

出産祝いのお返しの相場はいくらぐらい?


出産祝いのお返しに適した贈り物の種類を知りたい方へ


赤ちゃんが生まれてからしばらくは、忙しい毎日を送るのでなかなか気が回らないこともあります。
だからこそ出産祝いのお返しは、赤ちゃんが生まれる前にある程度考えておく必要があります。

例えば、受け取る側が何をもらったら嬉しいかという点で人気がある商品を選びましょう。
特に喜ばれるのが洗剤などの日用品や、消耗品としていくつあっても困らないタオル、そのほか日持ちするお菓子のギフトなども喜ばれます。
贈ってくれた相手にそれぞれ別の内祝いを用意するのはちょっと大変という場合は、カタログギフトも人気があります。
好きな商品を選ぶことが出来るので受け取った側にとっても、これをもらって困ってしまったということがないので大変喜ばれます。
それから地域によって内祝いの風習が残っていることがあります。
赤飯や紅白饅頭を贈る習わしが残っていたり、贈り物に挨拶状をつけることも常識となっている地域もあります。

身内などが集まって食事会をすることがある方は、自分達が暮らす地域にどんな風習があるのか年配の方々に話を聞いておくといいです。
そして、意外に分からないことが多いのが熨斗です。
普段お中元やお歳暮などでも買ったお店にすべて任せているという方も少なくありません。
贈るときも受け取るときもそれほど気にしていないというのが現状でしょう。
そのため、いざ出産祝いのお返しを贈ることになったとき、どんな熨斗が正しいのか分からない方もあります。

熨斗の水引きは紅白の蝶結びを選びましょう。
蝶結びの上に「内祝」「出産祝い」と書きます。
蝶結びの下に生まれたお子さんの名前を書くのが一般的です。
お店で包装をお願いしたときはこれらのマナーをしっかり熟知しているので安心ですが、どうしても自分達で用意しなければいけない場合は、これらの一般的なマナーを知っておくと必ず役立ちます。

やっぱり知っておきたい相場のこと


ちょっと気になる相場のことですが、出産祝いをいただいたお返しに何を贈ったらいいのか迷うところです。
結婚式の引き出物でも悩んだ方も多いと思いますが、やはり出産祝いのお返しも同様で、いただいた方との関係や、いただいた物によって贈るものを選ばなければいけないのはとても難しいところでしょう。

出産祝いをいただいた品物の金額に合わせて選ぶことが、一般的な常識になっています。
金品の場合も同様です。品物の金額の2分の1から3分の1ぐらいが相場です。
高額な場合は後者が当てはまります。実際にその贈り物がいくらだったのか聞くことはできませんから、あくまでも相場でいくらぐらいしたのかを調べ、そこから換算しても大丈夫です。

両親や職場の上司からいただく場合、金額が高い品物の場合がありますが、そのときは金額にとらわれずに心をこめた贈り物を選ぶといいでしょう。
このとき感謝の気持ちを伝えるためにメッセージを添えると受け取った相手も喜んでくれるはずです。
赤ちゃんが生まれて嬉しいのは家族だけでなく家族や身内のほか、幅広い知人まで該当します。

あまり相場のことを気にしすぎると逆に相手が気を使いますから、あくまでも一般的な目安として覚えておいてください。
妊娠中の空いた時間にカタログをチェックしておいたり、関連書籍を参考にしたりすると便利です。

いつごろ出産祝いのお返しをしたらいいのか


赤ちゃんが生まれてから届けられる出産祝い、そのお返しをいつ贈ったらいいのか時期もマナーのひとつとして覚えておく必要があります。
一般的に赤ちゃんが生まれてから様々な習わしがありますが、例えば生まれてから7日目にはお七夜があります。
生まれてから30日後にはお宮参りがあります。
生まれて100日が経ったときにはお食い初めがあります。
この時期はパパもママも赤ちゃんのお世話でめまぐるしい毎日を送っています。

次々にやってくる赤ちゃんの行事も準備に追われて忙しい時期です。
生まれてから1カ月後ぐらいまでに出産祝いを受け取ることが多いですから、お宮参りを済ませた後ぐらいから随時お返しを渡すのがおすすめです。
一般的な常識として、赤ちゃんが生まれてから100日ぐらいまでと言われていますが、これはあくまでも一般的なお話です。

例えば赤ちゃんが未熟児でなかなか退院が出来ず、家に戻ったのは100日を超えていたという場合は、特にマナーにとらわれる必要はありません。
そこまでお返しにうるさい人もいないでしょう。
お祝いをいただくごとにお返しを準備したのでは手間も時間もかかりますから、出来れば一度にすべてを準備できるよう、赤ちゃんの誕生から1カ月後~100日をめどにお返しを準備しましょう。

赤ちゃんが生まれたあとは忙しくて準備にてこずる可能性もあるので、生まれる前に知り合いや身内の住所や連絡先まで、まとめておくこともおすすめします。このように、大体の時期を知っておくことも大切です。

次の記事へ
0120-820-688