出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産祝いのお返しを贈るなら
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産祝いのお返しを贈るなら

出産祝いのお返しを贈るなら

出産祝いのお返しを贈るときの注意事項


出産祝いをもらったら感謝の気持ちを込めてお返しを贈ることが一般的です。通常はお宮参りが終わった生後1ヶ月頃に出産内祝いとしてお返しを贈ります。生後1ヶ月までに出産祝いをいただいた方にはまとめて生後1ヶ月頃に内祝いを贈りますが、それ以降にお祝いをいただいた場合はその都度内祝いを贈ります。内祝いを贈る時期にかかわらず、お祝いをいただいて、なるべく数日以内にお礼の気持ちを電話や手紙で先に伝えるのはマナーです。
出産内祝いののしは紅白のちょう結びを使用し、ちょう結びの上の方に「内祝い」または「出産内祝い」と書き、下の方に生まれた赤ちゃんの名前を記入します。子どもの名前のお披露目をする機会でもあるので、難しい読み方の場合はふり仮名をふります。またお礼状を一緒に添えるのも良いです。直接手渡しの際は包装の上から付ける外のしがありますが、のしを付けてから包装する内のしも内祝いではよく利用されています。宅配で贈る時はどちらでもかまいません。
のし以外に「命名札」を付けて贈る場合もあります。命名札は本来は短冊状で大きいものですが、最近は小さいものやカジュアルな形ものもあります。命名札を省略して、名前や子どもの写真、誕生日を載せたカードを送る方も増えています。

出産内祝いの金額と品物


出産内祝いのお返しは出産祝いにいただいた金額のおよそ2分の1から3分の1くらいの金額が目安となります。これは目安なので、それぞれの家庭の事情や親せき間の慣例があればそちらを考慮します。特に高額なお祝いをいただいた場合や目上の方からいただいた場合は3分の1程度の金額でもかまいません。感謝の気持ちを伝えて子どもの名前のお披露目をするためなので、高価なものを送る必要はないのです。出産後は何かと出費が重なります。出産内祝いの送料無料サービスやまとめ買い割り引きなどをうまく利用する方法もあります。
出産内祝いの定番の品物は、昔は砂糖や紅白まんじゅうなどでしたが、今は多様化しています。タオルやお菓子の詰め合わせ、コーヒーや紅茶のギフトなど日用品や食品などの消耗品を多くの方が送っています。ひと昔前は贈る品のタブーがありましたが、現在は少なくなり自由になりつつあります。しかし、現在でも縁を切ることを連想する刃物やお葬式の時によく贈られていた日本茶は良くないと考えられているので、避けた方が無難です。また最近は子どもの写真入りの品物もありますが、もらった側は他人の写真の扱いに困惑することもあります。また写真入りなどの品物は処分にも困るので、別添えの写真入りのメッセージカードにする方が無難です。写真入りのメッセージカードを贈る場合も、もらった側がその後負担になる場合もあるのでなるべく両親や親しい人のみにする方が良いです。

相手によって選ぶ出産祝いのお返し


出産内祝いを贈る時に、とても大切なことは贈る相手に合わせて品物を選ぶということです。出産祝いをいただいた感謝の気持ちとして、なるべく相手の喜びそうなものを選ぶことが最適です。そのためには事前に相手の好みを調べておくことも大切です。全く好みがわからない場合も、相手の年齢や間柄を考慮して定番の品を選ぶのが良いです。
仲の良い友人や同世代の女性にはトレンドの物やセンスが光る実用品やグルメを選ぶ方が多いです。ママ友には子供や家族向けのギフトが向いています。普段家事や子育てに追われているので、キッチンまわりの品物や、子どもとほっと一息つけるスイーツも選ばれています。カップルにはおそろいのペアグッズや二人で過ごす時に使う食器やタオルなどの日用品、ワインなども良いです。
実家や両親からお祝いをもらった時も感謝の気持ちを込めて内祝いを送りましょう。メモリアル感のあるものや両親の好物、赤ちゃんの写真を入れたアルバムや写真立てなども喜ばれます。親戚への内祝いは、昔から知られていて知名度の高い上質なブランドを選ぶと良いです。
男性の友人や上司へのお返しは、ハイセンスで実用的なものを選ぶと良いです。職場の同僚から連名でお祝いをいただいていた場合は、小分けができて日持ちもするお菓子などが無難です。丁寧にお返しするなら、1人1人に小さなお茶やお菓子のセットやタオルなどの日用品のささやかな金額のものにすると良いです。
最近の人気の内祝いは名前入りのギフトです。オリジナリティーがあるので多くの方に喜ばれていますが、名前入りは後に残るものではなく、食品などの消耗品が無難です。両親や遠くの親戚などに、生まれた赤ちゃんの体重と同じ重さのお米を名前入りで贈ることも、赤ちゃんの重みを実感できると喜ばれています。また名前入りのカステラなどのお菓子とタオルやカタログなどのギフトの組み合わせ商品も人気です。子どもの名前も覚えてもらえて、品物も贈れるというセット商品は幅広い世代の方へのギフトとして選ばれています。カタログギフトも相手の好みがわからない場合や、こちらの予算に合わせて相手が好きなものを選んでもらえるので、贈る相手の年齢や性別を問わず人気です。

次の記事へ
0120-820-688