出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 出産祝いや出産内祝いのギフトにおすすめのタオルとは
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

出産祝いや出産内祝いのギフトにおすすめのタオルとは

出産祝いや出産内祝いのギフトにおすすめのタオルとは



もらって嬉しい出産内祝い


我が子の出産に心からのお祝いをいただいたお返しには、感謝の思いを込めるだけでなく、できるだけ相手が喜ぶ実用的でセンスのあるギフトを選びたいものです。
昔に比べると贈る側、贈られる側の発想が自由なものとなり、贈るのを控えた方がいいギフトというものも少なくなってきました。

地域によっては、縁を断ち切ることをイメージさせる刃物や弔事に結びつきが多いとされる緑茶などを敬遠する傾向の強いところもあるので、留意するようにしましょう。
いただき物であれば何でも嬉しいというのが本音でしょうが、普段から欲しいと思ってはいるけれど高級感があるため手が出しにくい、自分では買わない高級な実用品という物が受けているものの1つです。
しかしどんなにオシャレであっても人によって好みがあるため、その点を考えて選ぶ必要があります。

オリジナリティやセンスが高いものとは言えないかもしれませんが、石鹸や食用油などの日用品、日持ちするお菓子やコーヒーや紅茶といった日常使いのギフトが万人受けするものであると考えられます。また、いくらあっても困らないものとしてタオルのセットなども喜ばれています。

特に、子育て世代のママ友などに、日常使いできるけど高級感が感じられるタオルは、自分では買わないけどもらったら嬉しいものとして人気があります。
素材やサイズ、カラーや肌触りなど、さまざまなバリエーションあるので、選び方にオリジナリティやセンスがキラリと輝くセレクトギフトにもなります。

タオルの種類


タオルは、出産祝いや快気祝いなどさまざまなギフトに気軽に贈ることができます。
毎日必ず使用するものでありながらその詳細については知らないことが多いものです。
デザインが気に入ることや価格が予算に合ったものであることは大切ですが、どんな使い方をするのかということにも注目して選びましょう。

たとえばタオルハンカチという選択肢があります。ハンカチというと、ひと昔前は平織りのものばかりでしたが、現在はタオルハンカチも人気です。
吸水力のよさ、しわになりにくい、乾きやすさなどから、特に夏場には手放せないものとなっています。
洗面所には必ずといっていいほど置いてあるのが、フェイス用です。
家庭用定番として毎日の生活に欠かすことができないものでよくハンガーにかけて使用されています。

首や肩に掛けられるロングサイズのフェイス用のものはスポーツタオルとも呼ばれ、スポーツ中に首に掛けたまま汗を拭くのに適しています。
幅が細身のタイプなどさまざまなサイズがあります。
入浴やシャワーの後に全身を一度に拭くことができるバスタオルも家庭で使う定番として需要の高いものです。

最近では、洗濯や収納のしやすさに優れたミニバスタオルも人気となっているようです。
また、海水浴や子ども用のブランケット代わりにもなる大判サイズのジャンボバスタオルも使用頻度が高いものとして贈答用に喜ばれています。
生地が薄いものが安く、厚いものが高いという単純なものではなく、織り方や糸の撚りによって品質が変わります。
薄手のものは、洗濯がしやすく、臭いがつきにくいうえに乾きやすいのでデイリーユースに向いていると言えるでしょう。
お客様用や特別な肌触りを楽しみたい時には、少し厚めの高級感が感じられるものもおすすめです。

贈答用に喜ばれるこだわりのタオル


デザインやカラーではなく、肌触りのよさで選ぶのも大切なポイントです。
肌触りのよさを感じさせるものには素材や織り方、糸の撚りなどがあります。
甘撚りとは、通常、撚りが少ないと繊維がばらついてしまうので幾重にも練り合わせられていますが、あえて撚る回数を少なくした糸を使って織られているもので、柔らかくふんわりとした肌触りになるのが特徴です。
また、綿を全く撚らずに糸にして織った無撚糸タイプのものもあり、ふわふわとした肌触りが非常によいものとして人気があります。

その他にも、使われる素材によってパイル、ジャガード、オーガニックコットンなどさまざまな種類があります。
国内で有名なものの中には、愛媛の今治と大阪の泉州のものがあります。
その品質の高さは国内だけでなく世界からも認められているものです。今治が、糸を水に晒してから織るという製法であるのに対し、織ってから水に晒す製法をとっているのが泉州という大きな違いがあります。
また、三重で作られているタオルも人気があります。
白いパイルの下におぼろげな模様を描き、その模様だけが染まる技術で桜染めなどの淡い質感を演出しています。

薄手で軽く絞りやすいという特徴をもっており、体を洗うものとして日本のお風呂文化とともに現代にその伝統を伝え続けているものです。
乾きやすく肌触りも非常に優しいのに洗濯を繰り返しても柔らかな風合いを長続きさせることができます。
普段使いできるお手頃なものでありながら、こだわりや高級感を出すこともでき、出産祝いや出産内祝いのギフトとしてもおすすめです。

次の記事へ
0120-820-688