出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 大切な方へ出産内祝いを贈る
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

大切な方へ出産内祝いを贈る

大切な方へ出産内祝いを贈る



出産内祝いとは


出産内祝いは、出産のお祝いを頂いた方に贈るお返しです。
元々はおめでたいことが内であったことを皆様にもお分けして一緒に喜んでもらうことを目的としていました。
そのため、お祝いをもらったもらわないに関係なく親しい人や身内へと贈っていたのです。

近年はお祝いをもらった方へ贈ることが一般的になっており、お祝いを頂いて1か月以内に贈ることがマナーとされています。
お祝いでもらった品物や金額の2分の1から3分の1程度のものが望ましいとされており、タオルや洗剤の詰め合わせや日持ちのするお菓子やゼリーなどのセットも多く利用されています。

地域によっては、商品が決まっていることもあるのでその場合は地域性に沿って行うことが良いです。
出産内祝いには、内祝いと記入した熨斗をつけることが一般的で、紅白蝶結びの水引が描かれた熨斗を利用します。
喪中の方からお祝いを頂いた場合や自身が喪中の場合は内祝いと記載せず御礼などと記載することが望ましいです。

熨斗には名字を記載するのが一般的ですが、子供のフルネームを入れる場合もあります。
また、お子様の名前や身長・体重などを入れた命名札やカードを一緒に入れることが多いです。
命名札は昔は名前のみのものが主流でしたが、近年はカードとともに写真入りのものが増えています。
出産内祝いの商品は、専門のギフトセンターや百貨店などで購入することができます。

またインターネットなどの通信販売でも購入することができるところが増えています。
赤ちゃんが生まれたばかりででかけることが大変な場合もあるので、通信販売であれば便利に購入することができます。
出産内祝いを上手に管理するために、お祝いをもらった場合誰に何をもらったか控えておくことも大切です。
また内祝いの贈る時期にも関わってくるので、頂いた日なども一緒に記録しておきます。

同じように内祝いを贈る際にも何を贈ったか控えておくと便利です。
2人目や3人目が生まれた際や、相手の方が結婚や出産をされたときなどにも金額の目安や商品選びの役に立ちます。

出産内祝いのオリジナルの名入りお菓子


出産内祝いに利用するもので、人気があるのがお子様の名前入りのオリジナルお菓子です。
カステラやどら焼きに焼き印で名前や出生日などを入れたものなどがあります。
マカロンやクッキーに特殊な機械で名前などをプリントしたものもあります。
焼き菓子などのお菓子のセットに、パッケージが名前入りのものや専用の紙が入っているものもあります。

インパクトもあり、親戚などからは特に喜ばれます。
せっかくの記念でもありますので、オリジナルの商品を作り贈るのも素敵ですが作成に時間がかかるものもあるので早めに注文をしておくことがおすすめです。
お菓子以外にも近年名前入りなどオリジナルの商品が増えており、赤ちゃんの出生体重で作られたお米やうどんなどの麺類、お酒類などもあります。

親戚や近しい友人間では、名入りのお酒を赤ちゃんが二十歳になったらあけて一緒に飲もうという楽しみも加えることができます。
小さい名入りお菓子とタオルやカタログギフトなど他のものをセットして贈ることもできます。
名入り商品のみだと、こちらの喜びを押し付けているだけのように感じる方は名入れギフトは赤ちゃんの紹介をかねて小さい物にし使ってもらえるような他のものとのセットもおすすめです。

出産内祝いのさまざまな商品


出産内祝いに利用するものでは、お菓子以外にもさまざまなものが利用されます。
キャラクターものも多く利用されており、何枚あっても困らないタオルや食器・密閉容器などのセットや洗濯洗剤や入浴剤などの洗濯やバスグッズなどもあります。
思い入れは人それぞれですが、後に残るものを贈りたい方は実用品がおすすめです。
昔は、出産内祝いの商品はすべて同じものを用意することが多かったですが近年は贈る相手によって品物を変えることが多いです。

年齢や性別・家族構成や好みに合わせて使いやすいものや喜んでもらえるものを考えて用意します。
子供がいる家庭にはおもちゃやキャラクターグッズもおすすめです。
結婚したばかりの方や家を最近建てたばかりの方などは、インテリアもおすすめです。
またブランド物などにこだわって少し高価に見えるものや見栄えの良いものを贈ることも大切です。

会社などで複数の方から合同でプレゼントをもらった場合は、日持ちのする焼き菓子などで小分け包装になっているものや会社で使ってもらえるようなコーヒーや紅茶のセットなどを選ぶと良いです。
カタログギフトもさまざまな種類のものがあり相手が欲しい物を選ぶことができるので人気があります。

ベビーや子供用のカタログギフトからキャラクターもの、カラー別やグルメギフトなどがあります。
金額もさまざまなタイプがあるので頂いたものにあわせて贈ることができ商品選びで迷わなくて済みます。
また、好みなどが分からない場合にも便利です。
刃物類は縁を断ち切ると連想される場合があるので好ましくありません。

次の記事へ
0120-820-688