出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝いコラム > 親しい人へ出産祝いのお返しをしよう!
キーワードで出産内祝いを探す

(例:タオル、名入れなど)


カタログの商品番号かららくちん注文

価格で出産内祝いを探す
カテゴリで出産内祝いを探す
贈る相手から出産内祝いを探す
特集から出産内祝いを探す
ブランドから出産内祝いを探す
Ki-rei内祝いご利用ガイド
出産内祝いお役立ちコンテンツ

親しい人へ出産祝いのお返しをしよう!

親しい人へ出産祝いのお返しをしよう!



内祝いの本当の意味


結婚、出産、入学、卒業、就職といった人生の喜ばしい節目には親しい人たちからお祝いを頂くことがあります。
お祝いとして頂くものは現金であったり商品券であったり、品物であったりと様々ですがお祝いを頂いた場合にはお返しとして内祝いを贈るのがマナーです。

内祝いの代表的なものの一つに、結婚披露宴の引き出物があります。
元来、内祝いというのはお祝いを頂いたお返しという意味ではなく自分の家にお祝い事があることの記念として親しい人たちに贈り物をするというのが一般的でした。
結婚披露宴の時に頂く引き出物は、頂いたお祝いのお返しではなくお祝い事の記念品であるという意味合いが強いので内祝いの本来の姿を一番残していると考えられます。

子供が生まれた際に頂く出産内祝いには生まれた子供のお披露目を兼ねて子供の名前の命名札を付けた記念品を先に贈るということから由来しているのですが、時代の流れとともに内祝いは頂いた出産祝いに対するお返しとして用いられることが多くなりました。
他にも快気祝いや退院内祝いとして病気の時にお見舞いを頂いた人へ病気の全快や退院の報告を兼ねて内祝いを贈ります。

基本的にはお祝いを頂いたら内祝いを贈りますが初節句や七五三、入学といった子供の成長のお祝いに関しては内祝いを贈らなくてもかまいません。
他にも父の日や母の日、長寿のお祝い、お中元やお歳暮といった場合にもお返しは不要です。
しかし、場合によっては記念の品を配ったり、今後のお付き合いの都合上お返しをした方がよいということもあります。
いずれの場合にもお祝いを頂いたらなるべく早くにお礼状を出すことがマナーです。

内祝いの基本的なマナー


慶事の際に一番お祝いを頂きやすいのが結婚祝いと出産祝いです。
結婚祝いについては結婚披露宴を行う場合には引き出物として参列者に配るので、ある程度の内祝いは用意がしやすいですが、出産祝いで頂くものは人によって内容や金額が様々でどのようなお返しをすればいいか悩むことが多いです。
自分たちで用意することも多い出産内祝いであるので、まずはお返しの基本的なマナーについて理解しておく必要があります。
出産内祝いの費用の目安は頂いた金額の半額から3分の1程度になります。

もし現金や商品券などの頂いた金額がわかるものではなく品物であった場合でも、品物の相場から半額程度のものをお返しするといいです。
しかし両親や親族からは予想以上に高額なお祝いを頂くことも多く、また友人間での通例なども関係してくることもあるので、それぞれの事情を考慮しながら妥当な額を検討しましょう。

出産内祝いを贈る時期は正式にはお宮参りをする生後1カ月頃となりますが、近年は出産祝いのお返しという意味合いが強いので生まれてから1カ月以内に頂いたお祝いについては生後1カ月頃に贈り、それ以降に頂いた人にはその都度なるべく1カ月以内には贈るようにすると良いです。

出産内祝いにつけるのしは紅白の蝶結びのしを使用します。
表書きは内祝、下段には生まれてきた子供の名前を書きます。
お披露目の意味もあるため読みが難しい場合にはふり仮名をつけると良いです。
内祝いのマナーとしては地域によっての違いは少ないと言われていますが、贈り先が遠方の人である場合には確認をしておくほうがベストです。
また内祝いに限らず刃物や履物は縁を切る、踏みつけるという意味があるため贈答品としては不向きです。

出産内祝いで人気のおすすめサービス


出産内祝いにつけるのしの他に地域の風習によっては命名札というものを付ける場合があります。
命名札とは生まれてきた子供の名前を短冊状の札に書き、貰った人が家の目につくところに貼って生まれた子供の名前を記憶するというものです。

札の上下に赤い線がある伝統的なものから、カジュアルなものまであります。
近年では命名札は使用せずのしに名前をつけただけの簡易的なものにとどめていたり、メッセージカードに子供の名前や写真、誕生日を付けて命名カードとする人も多くなってきています。
出産祝いのお返しで定番と言えば赤飯や鰹節、紅白饅頭といった縁起物がありますが、最近ではお菓子の詰め合わせやコーヒー、石鹸やタオルといった実用的なものが人気のようです。

内祝いの品を専門に取り扱っているお店やインターネットショップも多数あるため、贈る相手や金額に合わせて種類も豊富に選べるので相手が喜ぶ顔を思い浮かべながら探すと内祝い選びも楽しくなります。

両親や祖父母など近しい親族からお祝いを頂いた場合におすすめな内祝いとして、品物に生まれた子供の名前や誕生日を名入れして世界に一つだけの品にすることができるサービスも充実しています。

他にも生まれた子供の出生体重と同じ重さのお米を俵や袋に詰めて贈ることが出来るという商品もあり、遠方に住む親族で子供を実際に抱いてもらう機会がなかなか設けられない場合などに少しでも子供が生まれた喜びを疑似体験してもらおうと考えられたサービスもあります。

どんなものだったとしても内祝いを頂けると嬉しい気持ちになりますが、時には失礼にあたるものもあったり相手の人の好みもありますのでより喜んでもらえるものを一生懸命考えて贈り物をすればきっと相手にも伝わるでしょう。

次の記事へ
0120-820-688