3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > ギフトの用途と注意点とは?

ギフトの用途と注意点とは?

ギフトの用途もいろいろ?ギフト選びのポイントとは? ギフトの用途別注意点とは 最近の内祝いギフトとは?

ギフトの用途もいろいろ?ギフト選びのポイントとは?

ギフトと一言で言っても沢山の種類があります。結婚祝い、出産祝い、引っ越し祝い、誕生日祝い、快気祝い、就職祝いなど用途に合わせてまだまだ沢山あるのではないでしょうか。しかし、どのギフトにも共通して言えることは、相手の好みに合わせて贈ることだと思います。自分の好みを押し付けるのではなく、相手の好みや、ギフトを贈る用途、礼儀などを考えながら選ぶことがとても大切です。しかし、ギフトを贈る礼儀が分からずどんなものを贈ればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。特に職場の上司や、親戚など自分よりも年配者に向けてのギフト選びは気を使ってしまうものです。ギフトを貰った50代に向けてのアンケートによると、自分の贈ったものよりも高価な内祝いがきた、自分の好みではないものを贈られた、ギフトを贈る時期が遅いなどと思っている方も多いようで、ギフトを贈る際はきちんと作法やタイミング、内容に気を付けなければいけません。そんなトラブルを防ぐためにギフトコンシェルジュが運営しているサイトがあります。インターネットでギフトを選び、購入することができるようになっています。しかも、ギフトの用途に合わせて礼儀や、注意点、喜ばれるギフトのランキングがあったりととても選びやすいことがポイントです。実際に贈ってみての感想がストレートに書いてあることもありますので、どんなシーンに適切なのか想像しやすいように作られています。このようなサービスを使用することで、ギフト選びに困っている方にはとても心強い内容になっています。

ギフトの用途別注意点とは

用途に合わせたギフト選びは先ほども説明しましたが、いくつかの注意点があります。この注意点をきちんと守ることでギフトを贈った相手から好印象を持たれ、関係が良くなることもあります。逆にギフトを贈った相手に失礼があると悪い印象を持たれてしまいますので、ギフトを贈る際にはしっかりと注意事項を確認するようにしましょう。今回はお祝いの中でも家族の誕生というとてもおめでたいシーンにスポットを当てて解説します。出産祝いは贈る時期に注意が必要です。産後間もない頃は母子ともに体調を戻すために休む必要があります。できるだけ病院に行くことは避けましょう。本人が望むのであれば短時間だけ病院で会うことは構いません。産後2〜3週間以降に相手の都合を確認してから伺うことが大切です。出産祝いへ伺う時は、親族以外であれば男性と子どもはいかないほうが良いでしょう。出産祝いに伺うのはだいたい女性と決まっていて、授乳や赤ちゃんのお世話があるためです。現金を贈る時の注意点は必ず現金書留で贈るようにしましょう。郵便で送ってしまうと紛失してしまった時に保障がありませんし、郵便法に違反してしまいます。郵便書留を利用するときは、現金をそのまま入れるのではなく、のし袋にきちんと入れてから贈るようにします。そして自宅へお祝いに伺う場合は同居されているご家族への配慮も必要です。例えば、親御さんと同居されているようであればお祝いだけでなく、気持ち程度のお土産を持参されていもいいでしょう。子供の誕生は、その家族全員にとってとても喜ばしい出来事です。このようにお祝いにただ行くのではなく、家族への配慮が少しあるだけで喜びの気持ちがより増すこととなります。

最近の内祝いギフトとは?

ギフトの用途はまだあり、お祝いやお見舞いを貰った後に贈る内祝いもあります。内祝いのギフトは年々種類が増えており、最近では写真入りや名前入りのギフトをオーダーメイドで作ることもできるようになってきました。特に出産祝いの内祝いとして人気を集めています。赤ちゃんの生年月日、生まれた時の体重、性別、名前、写真を選んで入れることができ、食べ物に直接刻印するものと、カードを同封してくれるサービスがあります。なかなか赤ちゃんを見ることができない遠方の友人や、親戚からは喜ばれるサービスのようですが、食器や残るものに刻印してしまうと使用しづらいとの意見もあります。贈る相手に応じて内容を変えてみても良いでしょう。最近ではカタログギフトの種類も豊富に出ており、自分に必要な物や好みのものを選んで注文できるようになっています。内祝いに何を贈ってよいのか悩んでしまう場合は、これを利用するのも良いでしょう。食べ物を内祝いに選ぶ方も多く、普段自分では高くて購入しないような高級菓子をプレゼントする人も増えています。人に贈る時はあまり食べることができない高級なもの、美味しいものを味わってほしいと考えてのことのようです。それ以外ではオーガニック製品など健康志向の方が体に優しいものをと考え内祝いとして贈るケースもあるようです。このようにギフトと一言で言っても、用途によって中身や礼儀が全く違うので、贈る前に確認することが大切です。

0120-820-688
0120-820-688