3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > 出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!

出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!

出産祝いに名入れギフトを贈る! 出産祝いの名入れギフトにはどんなものがある? 出産祝いのお返しに名入れギフトを!

出産祝いに名入れギフトを贈る!

出産祝いというとどのようなものを贈ったらよいのか迷ってしまうという人も多くいます。実際に自分に経験がある場合にはもらってうれしかった物が良いのではないかと判断することもできますが、多くの人はどんなものが喜ばれるだろうかといろいろ考えます。せっかく贈るなら喜んでもらいたいのは当然のことですが、できれば他の人とは違った特別感のあるものにしたいという気持ちもあります。とはいっても高額なものを送ることは相手へ迷惑になることもありますから適切な価格の中で特別感のあるものを選ぶことになります。近年人気が高い物の中にはおむつケーキがありますが、確かにこれは赤ちゃんにとって欠かすことのできないものですからいくらもらってもうれしいものとなります。でも贈る側からしてみるとやはり他とは違った特別感を感じてほしいとも考えます。出産は両親にとって人生の中でも他にはない特別な経験となりますからその喜びをともに感じていることを表すものがギフトでもあります。おめでとうの気持ちを込めて贈ることになりますからやはりどのようなものがよいのかは悩むところです。そこでその特別感を表すためにちょっとした工夫として名入れを行うことができます。赤ちゃんの名前を事前に聞きお祝いの品に赤ちゃんの名前を入れることで他にはないその子のためだけの贈り物になりますから贈る側も頂く側もその特別感はうれしいものとなります。名前を入れることができるアイテムはいろいろなものがありますから赤ちゃんにピッタリのものを選んで入れてもらうことができます。名前の字もひらがなや漢字、カタカナと選択することができ便利です。多くの場合赤ちゃんに必要になるであろう物を贈りますが、だからこそ、その子専用のものであるということで名前が入っているのは使用する上でも助かるものとなります。

出産祝いの名入れギフトにはどんなものがある?

出産祝いを贈る時に気になるものの一つに名入れギフトがあります。赤ちゃんの名前を入れて贈ることができたら、その特別感は他にはないものになりますが、どんなものでも名前を入れればよいというわけでもありませんからどのような物があるのか気になるところです。名前を入れることができる物の種類はとても多くあります。タオルにスタイ、バックやリュック、衣類なども名前を入れることができます。タオルで人気のあるものは今治製のタオルが人気となっていますが、そこにさらに名前を入れることでその子だけのタオルになります。近年タオルなども赤ちゃんの物はその子専用のものにして使用することが病気などを移さないためにも必要なことになってきていますからそういったことを考えてもタオルに名前を入れて贈るというのも受け取る側にとってはうれしいものとなります。他にも名前を入れたリュックなども人気となっています。もちろんすぐに使用することができるわけではありませんが、歩くようになれば赤ちゃんが背負うこともできますし、それまではお出かけの時に赤ちゃんの物を入れて大人が持ち運びして必要なときにすぐに必要なものを出すことができます。リュックだけでなくトートバッグなどは名前が入っていることでその子のものを専用に入れて持ち運ぶことができますからとても便利なグッズとなります。また、スタイなども名前が入っていればどこかに出かけた際にすぐに自分の子供のものであることがわかりますし、スタイは何枚あっても困るものではありません。おむつケーキでも名前が入っていることで特別感のある贈りものとなります。

出産祝いのお返しに名入れギフトを!

出産祝いを頂いたらお返しを贈ることになりますが、どのようなものを返したらよいのかいろいろと悩むところです。お返しはお礼であり、赤ちゃんの初めての挨拶にもなります。これからよろしくお願いしますという気持ちを込めることを考えると赤ちゃんの名前を入れることはとても理想的なものともなります。お返しでは命名札やのし等に赤ちゃんの名前を記入しますがそれだけでなく品物にも赤ちゃんの名前が入ることで名前をしっかり印象に残すこともできます。お返しは内祝いと呼ぶことが多くなっていますが、内祝いの品で一般的なものとなっているのが記念品や消耗品となります。消耗品ということでは、クッキーや焼き菓子など日持ちがするものが好まれますが、こういったものでも名前を入れることができるものもあります。また、贈る相手によって品をいくつか選ぶということもできます。たとえば親戚などには記念品、友達などに贈る場合には子供がいることが分かっていれば良く使用することになるタオルなどを贈るということもあります。一人ひとりに合わせることは難しくても少しでも喜ばれるものを選択したいと考える人は多いでしょう。内祝いを贈るのは産後1か月前後というのが流れになりますがそのころにはまだまだお母さんは赤ちゃんのお世話などに忙しく自分の体調も不安定ということもありますからあまり無理をしないようにすることも必要です。何よりも心がこもっているということが大切なことになりますからまずはそのことを一番に考えなければいけませんが、マナーや好み等贈る相手のことをよく考えて、どのようなものがよいのか検討しましょう。

0120-820-688