3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > 出産祝いのお返しに感謝を込めて贈るおすすめのギフト

出産祝いのお返しに感謝を込めて贈るおすすめのギフト

出産祝いのお返しのタブー 親戚に贈るギフト ギフト選びに困ったら

出産祝いのお返しのタブー

赤ちゃんが誕生した喜びはよくわかりますが、せっかく誕生のお祝いをいただいた方に出産内祝いとしてギフトをお返しする時にもらう相手の立場を無視してしまうのはよくないことです。姓名判断を参考に夫婦で話し合ったり、祖父母となる親に命名してもらったりして、やっと決まった赤ちゃんの名前を利用する際は、人によっては使用や処分に困ってしまう場合があるため、もらった人の気持ちも考えて送る必要があります。また、昔からの親しい友人や親戚など、相手の趣味や嗜好がよくわかっている場合を除いて、服やインテリアグッズ、雑貨などは好みが別れるためお祝いの品としては避けた方が良いでしょう。場合によっては自分の趣味にそぐわない、しかし捨てるに捨てられないと相手を困らせてしまうことになってしまいます。クッキーや焼き菓子など日持ちのいい個分けパッケージが施されているお菓子は、お返しのギフトとしておすすめです。しかし、生チョコやケーキ、生鮮食料品など、賞味・消費期限が短いものは親しい間柄であっても避けた方がいいでしょう。品物が届いて開封したら賞味期限まで3日とないという物であれば、早く食べろと急かされているようで相手に対して失礼となります。贈り先が不在で後日再配達されても大丈夫な物を考えて贈りましょう。現金のような生々しさがなく好みのものを購入できる商品券はとても便利で使い勝手のいいものです。しかし、商品券として金額が明示されているため、贈る相手のお返しとして適切であるかをよく検討する必要があるでしょう。半値返しなのか、3分の1返しなのかというのもはっきりとわかってしまいますし、品物を贈った方に返す場合は、調べた品物代の相場が違っていて失礼にあたる場合も考えられます。

親戚に贈るギフト

結婚、出産と長い間、夫婦を見守り続けてくれた家族とは少し異なり、近からず遠からずという関係の親戚にはどんなギフトを贈ればいいのでしょうか。地域性や家のしきたりなどがある場合は別ですが、一般的には関係性や年齢、社会人であるか否かなどで事情が変わってきます。年長の方には3分の1、若年層には半返しを基本とすれば間違いはないでしょう。年長者からの出産祝いには、新たな命が誕生した夫婦への励ましや支援の意味がこめられて、多額な現金であったり、高価な品物であったりすることもあるので、3分の1という相場にこだわることなく自分たちの予算のなかで購入できるものを選んで感謝を伝えられればいいでしょう。仕事上の上司とは違い、目上であってもそこまで気を遣う必要がないのも親戚だからこそです。親戚であれば、おおよその家族構成やライフスタイルがわかっていることもあります。子どもがいる家庭などでは、スタイリッシュな物やユニークな物よりも、生活消耗品や実用品が喜ばれることがあります。家庭にストックがあって重なったとしても困らない物もたくさんあるので、もらって困らない物という視点でギフトを選ぶことも一つの方法です。食用油や家庭用洗剤のセット、シャンプーやリンス、バスセットなどは手軽に使えるので喜ばれることでしょう。ありふれているようですが、米や調味料など毎日消費する物はいくらあっても困らないし、いつもは手が出にくい少し高価なものであれば、喜びも大きいものです。また、ワンランクアップしたギフトにしたいのであれば、タオルのセットや和キッチングッズなどもおすすめです。

ギフト選びに困ったら

出産お祝いのお返しに感謝の気持ちをしっかりと伝えたくて相手が喜ぶようなギフトを選びたいと思ってもなかなかそのアイデアが出ない時もあります。または、とてもお世話になった方なのに好みが全くわからないということもあるでしょう。そんな時におすすめなのがカタログギフトです。送られてきたカタログから相手が好みで選ぶことができるため、不要な物を贈る心配がありません。ジャンル、金額ごとに幅広い選択ができるカタログが数多くあり、さまざま商品が掲載されているため一目で贈られるギフトの金額がわかりにくいのもメリットとなっています。ショッピングのために無理して外出することもなく生活が圧迫されることもありません。育児であわただしい毎日を送っているなかでも相手が欲しい物を贈ることができる最善の方法であると言えるでしょう。金額やジャンルを上司、同僚、友人などで使い分けしてカタログを送ることができるので、相場となっている半返しや3分の1返しも考慮に入れながら品物を贈ることが可能となります。最近は結婚式の贈答用品にもよく使われており、楽しみながらカタログで品物を選ぶことに慣れている方も多いようです。相手任せで無責任と躊躇される方がいらっしゃるかもしれませんが、贈る方の好みに合わせたいという相手を思う気持ちはきっと伝わるはずです。グルメやお酒、生活雑貨やスイーツ、雑貨など、相手の好きなジャンルを選んで贈ることで本当に欲しい商品を選ぶことができるでしょう。後日、選んだ商品を見せてもらえればまた、会話も弾み関係を良好に維持することにもつながります。

0120-820-688