3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > 上司への出産内祝いは何にすればいいのか

上司への出産内祝いは何にすればいいのか

出産内祝いで上司に贈るとタブーなものとは 仕事で使えそうなものをプレゼントするのはおすすめ 事前にリサーチして商品選びをしてみよう

出産内祝いで上司に贈るとタブーなものとは

上司とコミュニケーションがうまくとれている職場の場合、プライベートなことでも内々でお祝いすることが多くあります。中には上司から出産祝いを頂くこともあるでしょう。出産内祝いを贈る相手が上司となると、自分たちよりも年上のケースがほとんどであり、そうなると相手は人生経験が豊富ですから、冠婚葬祭のマナーなどもしっかり理解していることが多くなります。贈り物の中にはタブーとされているものもいくつかあり、うっかりそのようなものを渡してしまうと、かえって相手の心証を悪くしてしまうことも考えられます。では、どのようなものは贈らない方がいいのでしょうか。例として挙げられるのは、肌着や靴下です。いずれも老若男女どのような方でも必要とするものですし、洋服のようにサイズにあまりこだわる必要がないため、贈られた相手は重宝するだろうと思いがちです。しかし、日常生活において欠かせないものを贈るということは、肌着を購入するのにも困っているほど生活が追い込まれているという意味を指し示してしまう恐れもあるので注意が必要です。ほかには、包丁などの刃物もおめでたいギフトとしてはふさわしくありません。刃物は縁を切るという意味合いがあって、マナー違反です。ただし、刃物については近年その解釈も変わりつつあります。未来を切り開くというポジティブな意味合いを込めてプレゼントするケースも増えてきています。それでも年上相手に贈るギフトとしては、選ばないようにした方が無難です。

仕事で使えそうなものをプレゼントするのはおすすめ

上司への出産内祝いで何を贈ればいいか困っている人もいるでしょう。その場合無難なのは、仕事で使用できるアイテムです。ビジネス上の関係ですから、仕事で使用するものを渡せば相手も困ることはありません。自分たちの職種をベースにして考え、贈り物をチョイスしてみるのもおすすめです。例えば営業職の場合、いろいろな人と名刺交換をする機会があります。そのため、名刺入れは欠かせないビジネスアイテムです。また営業で外回りをする場合、車は交通の足として欠かせないことがほとんどです。このような場合には、キーケースをプレゼントすれば上司も喜んでくれる可能性が高くなります。筆記用具などは職種に関係なくあって困るものではないため、万年筆などを出産内祝いとして渡してみるのも良いでしょう。万年筆のように自分ではなかなか購入しないちょっと高級なものを渡すと喜ばれることが多くなります。ただし出産内祝いはお祝いのお返しとなります。そのため通常、いただいた物や金額の3割から半分程度の品物を贈ります。高級なものをいただいた場合は、ワンランク上の万年筆やキーケースを贈ると良いでしょう。ただしこのようなビジネスグッズでも、人によってはマイナスに受け取るケースもありますから注意しなければなりません。例えば履物は踏みつける、ベルトは腹を据え仕事に精進してほしいといった意味をはらむことがあり、筆記用具も人によってはもっと精勤しなさいという意味合いに受け取る可能性があります。このような誤解を避けるためには、メッセージカードを入れておくのがポイントです。失礼かもしれませんがぜひとも使っていただきたい、といった一言を添えれば、悪い気にはならない人が大半です。

事前にリサーチして商品選びをしてみよう

上司と良好な関係を結んでいるのであれば、日ごろいろいろと会話をする機会に恵まれます。その中で得られた情報をベースにして、喜んでもらえそうなものを探すのも手です。例えば休日の時に何をしているか、趣味は何かなどを聞いたことがあれば、それに関連するものをギフトにするといいでしょう。自分のために選んでくれたという印象を深く結びつけることができ、より一層感激してくれるようになります。また、よく仕事終わりなどにお酒を飲む人であれば、ビールグラスやワイングラスなどお酒関係のグッズを渡すのもおすすめです。お酒好きの方なら分かる人も多いでしょうが、ビールはやはりキンキンに冷えたものの方がおいしいものです。そこで最近では自宅でも冷えたビールが飲めるサーバーなども出ています。このようなものを渡してみるといいでしょう。もし多忙を極めていて疲れているのであれば、ボディケアグッズを贈るのも一つの選択肢です。入浴剤やマッサージグッズなどをプレゼントすると、部下が自分の体のことを気遣ってくれていると相手が理解してくれるようになります。ただし、体に塗るようなものはアレルギーなど敏感肌の方にはお勧めできません。そのため、事前にそれとなくリサーチしておくことが大切です。家族で楽しくつまめるようなお菓子を渡すのも有効です。有名なブランドのお菓子を渡せば、上司はもちろんのことそのご家族の方にも喜ばれるようになります。もし甘いものが苦手な家庭であれば、佃煮やお漬物のセットなどがおすすめです。

0120-820-688