3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > 両親にも出産内祝いを贈ろう

両親にも出産内祝いを贈ろう

両親への出産内祝いは必要か どんな出産内祝いが喜ばれるのか 両親へ出産内祝いを贈るときの注意点

両親への出産内祝いは必要か

出産をするとさまざまな方からお祝いをいただきます。会社関係、友人関係、またご近所や親戚など、いただく方は多岐にわたります。その中で一番近しい両親からもお祝いをいただくことがあるでしょう。お返しはいらないと念押しされ高額なギフトやお金をいただくケースも多々あります。それでも自分を大切に育ててくれ、孫が誕生してからもお世話になるであろう両親には心をこめて出産内祝いを贈りたいと思う方は多いのではないでしょうか。内祝いには身内の喜びを分かち合ってください、という意味もあります。両親が身内であることは当たり前ですが、喜びをぜひとも共有してもらえるようギフトを贈りたいものです。贈る時期としては産後約1カ月前後で行うお宮参りのときがベストです。遅くても生後2カ月までに赤ちゃんの名前で贈ります。何度繰り返してもよいお祝いごとなので、のしにはほどけてもくりかえし結べる紅白蝶結びの水引を使います。水引の上に内祝いと記載し、水引の下には赤ちゃんの名前を書きます。当て字などで漢字が読みにくい場合はフリガナをつけると親切です。事前にお返しはいらないと言われている場合では、のしなしでギフトを贈る場合もあります。かわいい赤ちゃんを見てもらうために手渡しをするのが理想ですが、遠方などで手渡しができない場合はできるだけメッセージカードを添え感謝の気持ちを伝えましょう。写真入りのメッセージカードを作成してもらえる業者もあるので、ギフトと合わせて検討してみるといいでしょう。

どんな出産内祝いが喜ばれるのか

気持ちのこもった出産内祝いはきっとどんなものでも喜んでもらえることでしょう。最近は出生時の赤ちゃんの体重と同じ重さを詰めたお米のギフトが人気です。パッケージに名前や写真を入れることができるオリジナル商品もあります。また他の方には少し躊躇してしまう赤ちゃんの写真入りのアイテムも、孫の誕生を心待ちにしていた両親なら喜ばれます。他には赤ちゃんの名前を入れられる名入れギフトもオリジナル感があり人気です。世代を問わず好まれるカステラをはじめ、おせんべいやクッキー、マカロンなどの焼き菓子、ジュースや梅干しなどバラエティに富んだギフトに対応しています。お酒好きの方には赤ちゃんの名前がラベルに入ったワインや日本酒などもいいでしょう。また上質なタオルは実用的で好みを問いませんし、高級なお肉などの食品類はなかなか自分で購入する機会がない場合は喜ばれます。日本のよき風習である正統派の内祝いとしてお祝い事に欠かせないお赤飯も注目を集めています。しかし、どうしても品物が選べない場合は、最近ではカタログギフトが充実しています。食品や雑貨などの実用品はもちろん、宿泊やエステなど体験型のギフトもあります。品物ではなくぜいたくな空間で食事をしてもらいたい、好きなお宿でゆっくりとした時間をプレゼントしたいという方におすすめです。都合がいい日程や好きなレストランや宿泊先を選べるので、両親が自由に選べるという楽しさも贈れます。予算別やジャンル別など今はさまざまなカタログギフトがあるので、好みに応じて贈れるのも魅力です。

両親へ出産内祝いを贈るときの注意点

出産内祝いの相場はいただいた金額の半分から3分の1と言われていますが、高額な金額をいただいた場合に厳密に半額分のお返しをするとかえって気を遣ったり双方の負担になりかねません。また3分の1以下でも失礼にはあたりませんので気持ちのこもったものを贈りましょう。逆にいただいた金額以上のお返しをしてしまうと失礼にあたります。もらって喜んでもらえるものを贈るのが他のギフト同様出産内祝いでも大前提です。日頃から頻繁にお付き合いがあれば事前に好みをリサーチしておくといいでしょう。遠方にいる方などで好みが曖昧でわからない場合は定番のギフトを贈るのが無難です。出産後はなにかと慌ただしく時間が過ぎていくものです。妊娠中からある程度贈るものをピックアップしておくのがおすすめです。また贈り物のマナーとして、目上の方に靴下などの足に着用するものを贈るのはタブーとされています。相手を踏みつける、という意味にとらえられてしまうからです。文房具類は一生懸命に励みなさいという意味で、衣類も生活に困っているという意味にとられるので避けた方がよいでしょう。また弔事を連想する日本茶や縁を断ち切る刃物類を贈答品として倦厭する地域もあります。祝砂糖やおまんじゅうを贈る地方やのしのかけ方も多少異なるところもあります。義両親への出産内祝いの際には、地域により慣習があるので配偶者へ確認しておくと安心です。近年ギフトの種類が増え、選ぶ側も自由でオリジナリティあふれる選択ができるようになっています。実用性のない個性的なギフトは、もらった側も置き場所や処分などに困るので、両親のライフスタイルを想像しながら選ぶのがポイントです。

0120-820-688