3,000円(税抜)以上は送料無料

出産内祝い・コラム

ギフトの用途と注意点とは?

ギフトの用途もいろいろ?ギフト選びのポイントとは?

ギフトと一言で言っても沢山の種類があります。結婚祝い、出産祝い、引っ越し祝い、誕生日祝い、快気祝い、就職祝いなど用途に合わせてまだまだ沢山あるのではないでしょうか。しかし、どのギフトにも共通して言えることは、相手の好みに合わせて贈ることだと思います。自分の好みを押し付けるのではなく、相手の好みや、ギフトを贈る用途、礼儀などを考えながら選ぶことがとても大切です。しかし、ギフトを贈る礼儀が分からずどんなものを贈ればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。特に職場の上司や、親戚など自分よりも年配者に向けてのギフト選びは気を使ってしまうものです。ギフトを貰った50代に向けてのアンケートによると、自分の贈ったものよりも高価な内祝いがきた、自分の好みではないものを贈られた、ギフトを贈る時期が遅いなどと思っている方も多いようで、ギフトを贈る際はきちんと作法やタイミング、内容に気を付けなければいけません。そんなトラブルを防ぐためにギフトコンシェルジュが運営しているサイトがあります。インターネットでギフトを選び、購入することができるようになっています。しかも、ギフトの用途に合わせて礼儀や、注意点、喜ばれるギフトのランキングがあったりととても選びやすいことがポイントです。実際に贈ってみての感想がストレートに書いてあることもありますので、どんなシーンに適切なのか想像しやすいように作られています。このようなサービスを使用することで、ギフト選びに困っている方にはとても心強い内容になっています。

ギフトの用途別注意点とは

用途に合わせたギフト選びは先ほども説明しましたが、いくつかの注意点があります。この注意点をきちんと守ることでギフトを贈った相手から好印象を持たれ、関係が良くなることもあります。逆にギフトを贈った相手に失礼があると悪い印象を持たれてしまいますので、ギフトを贈る際にはしっかりと注意事項を確認するようにしましょう。今回はお祝いの中でも家族の誕生というとてもおめでたいシーンにスポットを当てて解説します。出産祝いは贈る時期に注意が必要です。産後間もない頃は母子ともに体調を戻すために休む必要があります。できるだけ病院に行くことは避けましょう。本人が望むのであれば短時間だけ病院で会うことは構いません。産後2~3週間以降に相手の都合を確認してから伺うことが大切です。出産祝いへ伺う時は、親族以外であれば男性と子どもはいかないほうが良いでしょう。出産祝いに伺うのはだいたい女性と決まっていて、授乳や赤ちゃんのお世話があるためです。現金を贈る時の注意点は必ず現金書留で贈るようにしましょう。郵便で送ってしまうと紛失してしまった時に保障がありませんし、郵便法に違反してしまいます。郵便書留を利用するときは、現金をそのまま入れるのではなく、のし袋にきちんと入れてから贈るようにします。そして自宅へお祝いに伺う場合は同居されているご家族への配慮も必要です。例えば、親御さんと同居されているようであればお祝いだけでなく、気持ち程度のお土産を持参されていもいいでしょう。子供の誕生は、その家族全員にとってとても喜ばしい出来事です。このようにお祝いにただ行くのではなく、家族への配慮が少しあるだけで喜びの気持ちがより増すこととなります。

最近の内祝いギフトとは?

ギフトの用途はまだあり、お祝いやお見舞いを貰った後に贈る内祝いもあります。内祝いのギフトは年々種類が増えており、最近では写真入りや名前入りのギフトをオーダーメイドで作ることもできるようになってきました。特に出産祝いの内祝いとして人気を集めています。赤ちゃんの生年月日、生まれた時の体重、性別、名前、写真を選んで入れることができ、食べ物に直接刻印するものと、カードを同封してくれるサービスがあります。なかなか赤ちゃんを見ることができない遠方の友人や、親戚からは喜ばれるサービスのようですが、食器や残るものに刻印してしまうと使用しづらいとの意見もあります。贈る相手に応じて内容を変えてみても良いでしょう。最近ではカタログギフトの種類も豊富に出ており、自分に必要な物や好みのものを選んで注文できるようになっています。内祝いに何を贈ってよいのか悩んでしまう場合は、これを利用するのも良いでしょう。食べ物を内祝いに選ぶ方も多く、普段自分では高くて購入しないような高級菓子をプレゼントする人も増えています。人に贈る時はあまり食べることができない高級なもの、美味しいものを味わってほしいと考えてのことのようです。それ以外ではオーガニック製品など健康志向の方が体に優しいものをと考え内祝いとして贈るケースもあるようです。このようにギフトと一言で言っても、用途によって中身や礼儀が全く違うので、贈る前に確認することが大切です。

スイーツが出産内祝いにおすすめである理由とは

早めに準備しておきたい内祝いギフト

赤ちゃんが生まれるということは家族にとっての一大事であり、特に初めての赤ちゃんの誕生を迎えるママやパパは、わからないことや慣れないことが多く、無事生まれてきてからもしばらくはバタバタの状態が続きます。たくさんのお祝いの品が届いていても開封する暇もないほど毎日が忙しく過ぎていく人もいることでしょう。しかし、お宮参りをする頃までには、お祝いの品を整理して頂いた方のリストを作成し、出産内祝いを贈る準備をしておかなければなりません。一般的に、内祝いにかける金額はお祝いにいただいた金額の3分の1から半分程度が適当であると言われています。現金で頂いた場合にはわかりやすいですが、品物で贈られることも多いため、できるだけいただいた物の市場価格をネットなどで調べておくとギフトの選定も楽になります。特にお世話になっている方には、赤ちゃんを連れて直接訪問することもあるでしょうが、ほとんどは郵便や宅配便を利用して送付することになります。相手方の住所がわからない場合は、電話でお祝いのお礼を伝えながら、住所を聞いておくようにしましょう。最近では、内祝いのギフトも選ぶのに困ってしまうほど種類が豊富なものとなっています。カタログギフトなどもありますが、なるべく早めに準備しておかないとお祝い返しの意味がなくなってしまうので注意が必要です。赤ちゃんの誕生後は育児に手が取られてなかなか時間がとれないため、妊娠中に金額別にある程度ギフトを絞っておくと、土壇場でバタバタと焦ることもありません。また、赤ちゃんの名前を入れたギフトを贈りたい場合には、製作に時間がかかるため、より早い対応が求められることになります。ギフトは、日常生活で使用できる消耗品やタオル、お酒や食品、スイーツなどさまざまな種類のなかから選ぶことができます。

出産内祝いギフトの選び方

長い付き合いがある親しい友人や親戚などは、相手の好みや趣味、嗜好をよく理解しているため、その人に最も合うギフトを選ぶことができます。一方、ギフトの内容に特別な配慮や好みを反映させる必要がない際には、普段の生活のなかで気軽に使用することができる消耗品や生活用品などを選ぶのがおすすめです。洗剤や食用油、タオルやハンカチなど、いくら数があっても困らないものは万人に喜ばれます。赤ちゃんの名前を披露する意味も込められている出産内祝いギフトですが、のしやメッセージカードなどに名前を入れたり、お菓子に名前の焼き印があったりするのは構いませんが、赤ちゃんの名前や写真入りの食器や写真立て、マグカップなどは、身内の方でないと使用するのに抵抗があるだけでなく、処分しにくいものとなってしまうため、避けた方がいいでしょう。お祝いの品は、プライベートではつきあいが薄い職場の先輩や同僚などからも贈られることがあります。気の置けない友人とは違い、失礼のないように気を遣う必要があるとともに、個人で頂いた場合には、上司や先輩、同僚、後輩などで品物を変える必要もでてきます。お返しの相場は、一般常識として知っていても特に仕事上でお世話になっている上司や、産休や育休などで迷惑をかけてしまう先輩などには、相場に少し色をつけてお返しをするのもひとつの方法です。また、職場一同などと複数でまとめてお祝いを頂くことがありますが、そのお返しについては、付き合いの長さや関係性などによっても変わってきます。最も無難なのは、誰もが喜んでくれるスイーツで、多種類の小分けした袋物の菓子がたくさん入った詰め合わせセットなどは、見た目も豪華で多くの人数でシェアできるためおすすめといえます。

スイーツギフトがおすすめ

出産内祝いのギフトに、受け取った方の負担とならないようにあえて消え物とよばれる食品を贈る方も多いようです。直接訪問して手渡しできるのであれば、生鮮食品も候補のひとつとして考えられますが、一括して郵送することがほとんどとなるため、賞味期限の短いものは適していません。見た目が華やかでかわいらしく、箱を開けた途端に笑顔がほころぶようなギフトとして、スイーツが最適ではないでしょうか。味にこだわりのあるブランドのもの、キャラクターパッケージが印象に残るものなど、さまざまなギフトがあり、職場や子どもがいる家庭など、贈る相手によって選ぶことができます。昔から定番のバウムクーヘンやカステラなどは、ある程度日持ちするとともに、赤ちゃんの名前を入れて贈ることもできます。クッキーや焼き菓子などは種類が豊富で詰め合わせにするととても豪華にみえます。マカロンやゴーフレットなど、おしゃれな詰め合わせセットもあり、こだわって選んだギフトであることを印象づけることもできます。また、ゼリーやアイスクリームなど、季節に合わせて選ぶことも可能です。焼き菓子などは、小分け袋に包装されているものが多いため、人数が多くても対応できるのも魅力です。最近は、和菓子やせんべいなど日本独特の味も見直されているため、上司には老舗の和菓子などを贈るのもセンスの光るギフトとなることでしょう。職場でも残って保管場所に困るということもなく、休憩やティータイムに気軽に手が伸ばせます。負担に思われることがなく、笑顔にしてくれるスイーツはお祝いのお返しとしておすすめです。

メリットがいっぱい!カタログギフトを贈ろう!

カタログギフトのメリットとは

贈り物をする際に一番届けたいものは、気持ちや思いではないでしょうか。費用に関係なく、受け取った方に喜んでいただきたい、嬉しい気持ちになってほしい、そんな願いが贈り物をする時の気持ちです。この目的を果たすためにできることはいくつかありますが、本当にもらって嬉しいものを贈ることができるかどうかもポイントの一つだと言えるでしょう。例えば、お菓子が好きな方がスイーツをもらったら嬉しく感じると思いますが、甘いものが苦手な方がそれをもらっても、正直あまり嬉しくは感じないないのではないでしょうか。同じく、お酒が苦手な方がお酒をもらったり、好みではない香りのものやアイテムをもらっても残念に感じることもあるかもしれません。そんなことが起きないようにするためにも、受け取った側が自由に選ぶことができるカタログギフトがおすすめです。カタログギフトのメリットは、贈られたカタログの中から本当に好きなもの、欲しいものを選んでもらえることにあります。また、選ぶ楽しさも一緒にプレゼントできることも魅力の一つだと言えるでしょう。あれこれ考えながら好きなものを選ぶことは、性別年齢問わずワクワクすることだったりします。また、物によっては持ち運ぶ際に重かったりかさばったりするため、そこが大変だと感じることもあります。特に遠方に持ち帰る際はなかなか労力が必要になることもあるでしょう。その点、カタログギフトであればかさばりませんし、もちろん重さもそれほど気になりませんので持ち運びが楽です。このように、カタログであれば様々なメリットがあるのです。もちろん、予算に合わせてカタログギフトを用意することができます。安価なものから段階的に価格設定されているので、ぴったりのものを見つけることができるでしょう。カタログギフトについても検討してみてはいかがでしょうか。

カタログギフトは予算に合わせて選べるのもメリット

カタログギフトは、手頃な価格でちょっとしたプレゼントに最適なものから、大切な人へのお祝いやお返しにぴったりな高級なものまでいろいろな種類がありますが、価格によって内容も異なっています。例えば、安いものであれば食品やタオル、食器類なども選ぶことができます。もちろんたくさんのデザインのから選ぶことができますので、気に入ったものを選ぶことができるのではないでしょうか。また、それより少しグレードの上がったカタログになると、多岐にわたるアイテムを載せているカタログだけでなく、テーマを絞ったものなども利用することができるようになります。例えば、日本各地の美味しいグルメの中から選べるようなものもあります。また、こだわりの食品や雑貨などを載せているようなものもあります。更に高額なカタログになると、よりこだわりのアイテムの中から選ぶことができます。こちらも、テーマを絞ったものもありますので、受け取る方のことを考えて選ぶと良いでしょう。誰かに贈り物をする時は吟味して良いものを選ぶことが多いのに、いざ自分のためとなるとあまり力を入れなかったりこだわりなく購入したりしている方も少なくありません。ですから、ぜひ自分のために良いもの、美味しいものを選んでほしいという気持ちを込めて、カタログギフトを贈ってみるのも素敵ではないでしょうか。一度食べてみたかったあの高級食材や珍しい料理、使いやすそうで上品なあのコーヒーカップとソーサー、肌触りの良い優しい風合いの本物のタオルなど、こういった素晴らしいものを選んで頂くためにもカタログギフトはおすすめです。

メリットの多いカタログギフトを出産内祝いに

種類も豊富にあるカタログギフトは、出産内祝いとしても人気があります。自分の好きなもの、欲しいものをカタログの中から選ぶことができますので、一人ひとりに合った贈り物ができるのも大きなメリットの一つだと言えるでしょう。また、中には名入れしたお菓子やお茶などと一緒にカタログを贈る方もいらっしゃいます。このように、カタログは単品で贈ることもできますが、セットで贈ることも可能です。出産内祝いの相場は半返し、もしくは頂いたお祝いのおよそ三分の一程度だとされています。もちろんこれに必ずしもこだわることはありませんが、目安としてイメージしていると選びやすいと思います。注意したいのは、あまりに安すぎるのを選ぶのが良くないことはもちろんですが、頂いた金額よりも高いものを贈るのも良くないということです。これは、失礼に当たる行為ですから注意が必要です。また、出産内祝いを贈る時期についてですが、こちらは一般的に出産したおよそ一か月くらいとされています。しかしながら、赤ちゃんのお世話などでなかなか用意するのが難しい場合もあるでしょう。この場合は、ネットを利用して探してみるのもおすすめです。カタログギフトの場合は直接ご自宅の方に贈る方法もありますが、まずは自分のところに必要な数量を送ってもらうようにして、その後夫婦で挨拶をしながらお配りするといった方法もあります。もし、出産内祝いを贈りたい方があまり遠くない所に住んでいるなら、手渡しするのも良いでしょう。

内祝いの由来と出産内祝いの上手な選び方

内祝いの本来の由来

結婚や出産、入学や就職といった人生の喜ばしい節目節目には色々な方からお祝いを頂く機会があります。頂くものはお金や商品券の場合もありますが、その時に使える物を頂くことも多くあります。慶事の際に、お祝いを頂いたら内祝いとしてお返しをすることが現代では一般的となっていますが、内祝いの本来の意味は少し違っています。元々は、おめでたいことがあったときに、その喜びの気持ちを祝いの品という形に変えて皆様に分け、一緒に喜び祝ってもらうという意味がありました。つまり、昔はお祝い事があったらお祝いを頂く前に内祝いを配るというのが当たり前の事でしたが、時代の流れとともにお祝い事は個々の家のなかだけで済ませようとする傾向が強くなり、内祝いは貰ったお祝いに対するお返し品という認識が一般的となっていったのです。しかし、内祝いの中でも昔からの風習が続いている場面があります。それは結婚披露宴の際に配られる引き出物です。引き出物も内祝いの一種になりますが、お祝いを貰った後のお返し品ではないという意味合いになっています。つまり引き出物は結婚披露宴の際に先に配っている内祝いとなるので、結婚祝いとして頂くご祝儀に対して後日内祝いを別で贈る必要がないということです。ただし、結婚披露宴に出席していない方や、引き出物を配っていない方から結婚祝いを頂くことがあれば、後日内祝いを贈る必要があります。人生の中でも、内祝いが必要となるお祝い事というのは、結婚と出産になります。結婚内祝い、出産内祝いなどその時頂いたものや場面によっても選び方は変わってきますので、今回は出産内祝いの上手な選び方について、詳しく説明します。

出産内祝いを選ぶときに注意したいこと

お祝いの中でも、出産して新しい家族が増えた際の出産祝いは多くの方から頂く機会があり、お祝いを頂いた方には出産内祝いを贈るのが一般的です。基本的にお祝いに対する内祝いの相場は、頂いた金額の半返しと言われています。現金や商品券をご祝儀として頂いた場合には半分の金額を計算しやすいですが、出産祝いでは子供の服やベビーグッズといった物をお祝いとして頂くことも多く、半返しの金額を計算しにくい場合もあります。そういった場合には、頂いた物の相場から計算すると良いでしょう。両親や祖父母など、親族からは大金を頂くこともあるでしょうが、必ずしも半返しをしなければならないという事ではないので、3分の1程度やそれ以下の金額の内祝いとなっても問題ありません。内祝いを贈ろうと思う気持ちが大切ですので、贈る方の喜ぶ顔を想像しながら選ぶことが重要です。また、会社の仲間や友人など、連名で出産祝いを頂くこともあります。連名で頂いても、やはり頂いた方全員に出産内祝いを贈ることが望ましいです。会社の仲間であれば、お菓子などを職場へ贈って皆で分けてもらうという事もできますが、友人などへは個別で贈らなければいけない場合もあります。最近の内祝いの品には、個別包装されたお菓子やミニタオルなどのプチギフトも豊富に取り揃えられているため、複数人で一つのお祝いを頂いた際にはそういったプチギフトや小分けできるものを選ぶのも良いでしょう。出産内祝いとしてだけでなく、様々な場面の内祝いとして人気の商品はカタログギフトです。カタログギフトとは、受け取った人がカタログの中から自分の好きなものを選んで商品を受け取ることができるものです。贈る側が一生懸命選んで贈ったものでも、忌み言葉としてタブーとなってしまう物品を贈ってしまうこともあるため選び方には注意が必要です。また、受け取った側の好みではなかったりもう持っているものだったりというトラブルもカタログギフトなら避けることができます。カタログギフトの金額は、数千円のものから数万円するものまでありますし、カタログの内容も様々なので一番失敗が少なく喜ばれやすい贈り物です。何を贈るか迷ったときは、カタログギフトを選択してみるのも一つの方法です。

出産内祝いならではの贈り物

出産内祝いを贈る際には、子供の名前を書いた命名札を一緒に付けて贈ることがありますが、最近ではメッセージカードを付けて贈ることもできます。メッセージカードの内容も、出産内祝いの品を取り扱っている会社ごとでそれぞれ違っており、生まれた子供の写真を付けて作ることができるところや、メッセージの内容も自分で考えて変えることができるところもあります。遠方に住んでいる方で、顔をあまり合わせることがない場合などには、このような写真付きのメッセージカードがあると相手の方にも喜ばれるでしょう。また、命名札の代わりに、商品や商品のパッケージに子供の名前や写真などを入れる名入れギフトも人気です。例えば、出産内祝いの中でも定番の焼き菓子に焼き印で名前をいれたり、ラベルに名前や生年月日、出生体重を印字したりすることができる商品を取り扱っている店舗もあります。さらに出産内祝いで最近人気となっているのは、子供の出生体重と同じ重さお米の量を贈るというものです。これは、子供が生まれたときの重さを疑似体験することができるという理由から、祖父母や両親への贈り物として喜ばれています。出産内祝いに限らず、喜びごとでお祝いを頂くこともお返しの品を選ぶこともとても嬉しい事ですし、楽しい事でもあります。贈った相手が、笑顔で内祝いの品を受け取ってくれる場面を思い描きながら、楽しい気持ちで選ぶと良いでしょう。

内祝いは相手が選べるカタログギフトを

内祝いとは

出産、入学式、就職、結婚、新築といった人生のターニングポイントに、心のこもったお祝いをいただくと、感謝の気持ちを込めて何らかの形でお返しをしたいものです。このようなお返しのことを、一般的に内祝いと呼んでいます。その意味についてきちんと把握した上で、具体的な例を紹介していきます。内祝いとは、本来「内」という漢字で表されているように、自分のところでのおめでたいお祝いごとです。つまり、その喜びをお祝いの品に変えて 一緒に喜び祝っていただくというのが内祝いという形でした。しかし、時代が流れていくにつれ、今ではお祝いを頂いた方にお返しをするのが通例となっています。内祝いには様々なものがありますが、ここでは出産内祝いをテーマに取り上げてみましょう。出産内祝いとは元来、知人や友人に赤ちゃんをお披露目する会の意味を表していました。しかし現在では、赤ちゃんのお祝いをいただいた時にお返しすることをいいます。内祝いの品は大きく分けて二つあります。一つ目はタオルやせっけん、お菓子やお茶、食器類といった定番の商品でお返しするといった方法、そしてもう一つが、カタログギフトという相手が選べるお返しの方法です。このカタログギフトですが、品物のお返しにはない数多くのメリットがあります。そのメリットについて、次の章で詳細に説明します。

カタログギフトの変遷とそのニーズ

カタログギフトは、現在、出産内祝いの人気商品になっています。インターネットのアンケートにおいても、赤ちゃんの名前の入ったギフトやフードギフトに続き、上位にランキングされています。その人気の秘密はルーツにあるようです。そこで、この章ではカタログギフトの変遷を辿るとともに、お返しの意味についても検証します。かつて贈り物やお返しをする場合、日本には禁忌や慣習、地域での言い伝えなどといった多くの制約があり、それに伴う配慮が必要でした。その習慣は現在でも強く根づいていて、金銭のお祝いを好まない人は少なくありません。その一方、お祝いを贈られた側にとっても、人によっては届けられた品物が好みでなかったとき、その処分に困ったり、なおかつ、お祝いにもらった商品が高額なものと想定された場合、どのくらいのお返しをしたらいいか見当もつかないケースが少なからずありました。このようなトラブルを解消するものの一つとして生まれたのが、カタログギフトです。カタログはゆっくり商品を選ぶことも可能ですし、自ら納得した商品をセレクトすることができます。商品のお返しにこだわる人にとっても、お返しする相手の年齢層に合わせた品物をカタログからセレクトして注文して贈ることができます。また、その他の利点として、贈る金額に合わせてカタログを選ぶことができるので、見積もりに頭を悩ませることもありません。つまり、これまで贈る側に選択権があったのが、贈られた側に選択権を委ねることができるという画期的な方法です。このシステムは、1980年代の大手企業での実用化を契機に、他の企業でも取り入れられ、今現在カタログギフトは内祝いをする時の必須アイテムになっています。お返しで、最も大切なことは相手に喜んでもらうことです。カタログギフトは、贈る側の価値観を押し付けることのない意味で最適なものだと言えます。

カタログギフトが幅広い層まで支持される理由

カタログギフトでの内祝いを振り返った時、過去の内祝いという長いしきたりに対して、通信販売やインターネットが流行のものをいち早く取り入れていたことが分かります。これから内祝いをする時も、インターネットは大変貴重です。インターネットの有効な活用方法の一例を紹介します。出産内祝いをする場合、多くのマナーがあります。しかし若い世代だと、マナーについて知識不足で不安になることがあるのではないでしょうか。特にお祝いを頂いた方が年配者であった場合、失礼のない対応ができるよう、最低限のマナーは覚えておきたいものです。そのような知識を知りたい時、インターネットを活用し、検索をして、内祝いのマナーをチェックしておきましょう。補足ですが、マナー以外にも今どういったお返しが人気があるのか、どのような物が流行しているのか調べられる点でもインターネットは非常に有効な情報手段です。初めてカタログギフトを贈る人の中には、カタログギフトに馴染みのない年配者が抵抗を感じるのではないかと心配もあるかもしれません。そのようなとき、カタログギフトに載っている年配者にも配慮した商品を、お返ししてみてはいかがでしょうか。その他にも、カタログとともにお祝いの一品や赤ちゃんの写真、メッセージなどを添える方法も大変喜ばれるでしょう。このように、カタログギフトは歴史あるものと、時代の最先端のものとをうまく融合していることで幅広い層まで支持されています。もし贈る品に迷った時は、カタログギフトを一考してみてはいかがでしょうか。

出産のお祝いのお返しギフトにお菓子がオススメの理由

日本の大切な文化でもある出産内祝い

出産のお祝いをいただいたことの返礼としてギフトを贈るのが一般的な文化として定着した出産内祝い。もともとは、赤ちゃんが誕生した喜びを、お祝いを頂いたかどうかにかかわることなく、親戚や友人、近所に配るものとして始まったものと言われています。家のお祝い、幸せのおすそわけのようなものであったため、赤飯や餅を配るのが一般的なものでした。現代は、ギフトの内容やスタイルが変化したとはいうものの、和と礼儀を重んじる日本人ならではの文化は受け継がれています。出産の喜びを分かち合いたい、これまで見守ってくれた方へ感謝の思いを伝えたい、これからも末長いおつきあいをお願いしたいという願いが込められたもので、現代社会においても人間関係を円滑にするために大きな役割を担っているものとなっています。若いから、忙しいからといってないがしろにできるものではないのです。第二子、第三子ともなれば出産や育児にも自信と余裕がもてて、ギフトの準備も慣れたものでしょうが、初めての子どもの出産となると慣れない子育てに体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいになってしまいます。誕生後にギフトの選定をする時間もなかなか取れません。妊娠中に出産準備を整えるのと同時進行で内祝いのギフトを選んでおくとバタバタすることもないでしょう。贈る個人を限定することは難しくても、親戚、友人、同僚などカテゴリー別にある程度、品物を決めておくだけでも随分楽になるものです。また、名前入りのギフトにする場合には、製作期間が必要となるので余裕をもって準備をしなくてはなりません。余裕がある時期に相手のことを考えながら楽しく選んで、贈って喜ばれるギフトをセレクトしましょう。

ギフトで気を付けるべきポイント

昔からの付き合いが長く相手の趣味や嗜好を知り尽くしている関係であれば、その人のライフスタイルに合ったギフトを贈ることができるでしょう。悩むのはそれ以外の方に選ぶ場合です。自分たちの趣味で選んだものは使われずに捨てることもできない邪魔物になってしまうおそれもあるため、趣味や生活にあまり踏み込んだギフトを準備するのは避けた方がいいでしょう。無難に調味料や食用油、石鹸などをチョイスするのもいいでしょうし、ちょっとオシャレさを演出したいのであれば、バスソルトやハスハーブなどのバスグッズやタオルセットなどもおすすめです。ママ友であれば、紙おむつやベビー肌着など、自分で育児することを考えれば必需品を選ぶことも簡単でしょう。家庭にストックがあってもいくらでも消耗してしまうものは、特にこだわりがなければ買い物の手間も省けて比較的助かるものとなります。ギフトを選ぶのに悩んでしまうのが、普段あまりつきあいをすることがない親戚や職場関係など、相手の好みが全くわからない場合です。そんな時には、定番ギフトのなかでもちょっとセンスを感じさせることができるお菓子を贈るのもひとつの方法です。お菓子は、食べたらなくなってしまう「消えもの」の代表的なものなので気軽に贈ることができ、贈られた方も扱いに戸惑うこともありません。ただし、相手の口のなかに入るものであるため、消費期限や賞味期限には十分に気をつけなければなりません。行列ができるオシャレなスイーツ店の生菓子は人気があっても贈り物には不向きです。手渡しで届けることができないのであれば、焼き菓子などの日持ちするものを贈るのがマナーと言えるでしょう。

ギフトにおすすめのお菓子

内祝いには赤ちゃんの名前を披露するという役割も兼ねているため、今でも昔から定番の赤飯や餅に名前を入れたギフトが定番として人気があります。また、比較的日持ちのするカステラやバームクーヘンといったお菓子に様々なキャラクターとともに赤ちゃんの名前を入れてかわいらしいギフトにするのもおすすめです。また、賞味期限の長いパウンドケーキやクッキー、小袋詰めのあられなどに名前を入れて贈るのも人気があります。マカロンやフィナンシェなどの焼き菓子は有名デパチカや高級洋菓子ブランド店で購入するセンスの光るギフトとして、職場などにまとめて贈るのにも向いています。流行や話題性を押さえたギフトとなるため人気も高いでしょう。上司や目上の方には洋菓子ではなく、老舗の和菓子を贈るという方法もあります。日本では古来より貴重な砂糖を使って作られる和菓子は高級品として普段はなかなか口にできるものではありませんでした。昔からお祝い事の席には欠かすことができない縁起の良いお菓子として重宝されていたものでもあります。最近では、和三盆や本わらび粉などを使った純粋な和菓子が年配の方だけでなく若者にも受けています。鶴や亀、季節の花などをモチーフとした見た目も華やかなお菓子も多いため、老若男女を問わず喜んでもらえることでしょう。伝統ある老舗和菓子店の和菓子であれば、ブランドと高級感を感じてもらうこともできます。洋菓子、和菓子を問わず、使用される材料にはアレルギーを引き起こしてしまう物が含まれていることも考えられます。個人別にアレルギー事情を把握するのは難しいため、万が一食べられない際に他におすそ分けができるような個別包装のものであると迷惑をかけることも少ないでしょう。

出産内祝いで喜ばれるものは?相手に合わせた食器がおすすめ

赤ちゃんが生まれた幸せのおすそわけ・出産内祝いにおすすめなのは?

赤ちゃんが生まれるといろんな方から出産祝いを頂くことになりますが、出産祝いを頂いても頂かなくても、出産内祝いは贈るのがマナーです。出産内祝いは赤ちゃんが生まれたことに対する幸せのおすそ分けという意味合いもあるからです。出産を控えて何を贈ればいいのか、と頭を悩ませている方も多いと思いますが、実用的な食器を贈るというのは非常に良い選択となります。取り敢えず贈って喜ばれるもの、困らないものを選びたいものですが、食器を贈られて困るというご家庭はなかなかないものです。タオルギフトは贈り物としては定番ですので、頂いたまま使わずに余っているという可能性もあります。食べ物やインテリアグッズであれば、贈る相手に合わせて好みを熟知していなければ結局喜ばれなかったということにもなりかねません。その点食器は贈り物として頂く機会も少なく、極端に趣味に合わないこともなく、実用性もあって頂けば嬉しいという、いわば安全性の高い贈り物です。そしてそのご家庭のスタイルに合わせたものを選ぶことができるというのもメリットです。最近は贈る方によって出産内祝いをひとつひとつ変えるという方も多く、贈る方の趣味や生活スタイルに合わせて選ぶことができます。食器という軸さえ決めてしまえば、どんなデザインのものにするのか、どんな用途で使うものにするのか、ということを考えるだけで良くなります。また、出産内祝いの金額は低すぎても高すぎても失礼にあたるという、大変バランスが難しいものです。ですが食器であれば最適な金額で見栄えのするものを買うことができます。そういった点でも出産内祝いに最適な贈り物だと言えます。

ママ友にはかわいくて実用的なベビー食器が喜ばれます

親しくしているママ友への出産内祝いにおすすめなのが、ベビー食器です。同時期に出産をしたママ友であれば、まだベビー用のものが揃っていないという場合もありますし、赤ちゃんの離乳食が始まったばかりのママ友であれば今まさに必要になるものですので、喜ばれることは間違いありません。特に赤ちゃんのいるお母さんは炊事、洗濯、家事、子育てと何かと忙しいですから、洗い物をしている時間もなかった、ということもあります。そんなときにベビー用の食器は多めにあると嬉しいものです。子供用のものは成長とともにすぐに使えなくなるものですから、ご自身で買いそろえようと思うと結構な出費になってしまうものです。ですから出産内祝いとして頂くととても有難いものです。ベビー用ですから贈り物としての見た目もかわいらしく、思わず笑みがこぼれるようなデザインのものばかりです。さらに実用性としても申し分なく、プレートやスープマグ、スプーン、フォークなどの一式揃ったものがおすすめです。ベビー食器のセットであれば、その一式だけで赤ちゃんの食事を全てまかなうことができますので、お母さんとしてはとても楽になります。出産内祝いに限らず贈り物というのは、相手の趣味に合うものを考えるのに一苦労するものです。その点ベビー用の食器は大人用の贈り物と違って赤ちゃんのためのものですから、贈る相手の趣味を考えなくても良いというメリットもあります。

ご年配の方には少しこだわった食器セットがおすすめ

小さな赤ちゃんがいないご年配の方には、食器の中でも少しこだわりを感じるものを贈るのがおすすめです。年齢を重ねると本物志向の方が多くなってきますので、隠れたところにこだわりを持たせると良いでしょう。和風のものであれば幸福を呼ぶと言われる吉祥文様が描かれたものもあり、出産内祝いというめでたい贈り物としても最適です。日本の文様にはそれぞれ意味があり、長寿や健康、繁栄、未来永劫といった意味合いを持つものが多くなります。贈る相手の幸せを願って贈る吉祥文様が描かれたものは、ご年配の方には特に喜ばれます。吉祥文様が描かれたものは、桐箱などに包まれていることも多いので、贈り物として見栄えもします。また、著名な作家が監修した食器も意外とお手頃価格で買うことができます。贈り物というのは、普段自分では買わないけれど頂くと嬉しい、というものが喜ばれますので、作家が手がけたものという特別感が感じられるものもおすすめです。出産内祝いの金額といえばあまり高すぎるものを贈るのも失礼と言われていますが、作家が手がけた食器はそれほど高い金額ではありません。もちろん高価なものもありますが、監修の品であれば出産内祝いにも最適な金額で立派なものを買うことができます。また、それほどご年配でもないけれど小さな赤ちゃんもいないというご家庭であれば、カジュアルなお皿やマグカップのセットなどが良いでしょう。色違い、デザイン違いで何枚かセットになっているものであれば、ご家族皆さんで使うことができます。この様に食器であれば、それぞれの方の年代、ご家族状況、趣味などに合わせて贈ることができるようになります。

出産内祝いについてやコーヒーの選択と通販の選び方

出産内祝いについて

出産内祝いとは簡単に言えば、出産祝いを頂いた人にお返しとして何かのプレゼントを贈ることです。お子さまを出産して出産祝いを受け取る人は少なくありません。親しい友人であれば出産後の妊婦さんがいるクリニックを訪れて生まれた赤ちゃんの顔を見て同時に祝いの品をお渡しするという人も少なくありません。また、知人や親戚においては退院した後の妊婦さんの実家や住まいなどを訪れてお祝いをする人も多いです。一般的に出産祝いをしてくれた全ての人に出産内祝いをします。実際に出産内祝いをすることを検討している人の中にはどのような品を選択すればいいのかわからない人は少なくないでしょう。送ることができる品は複数あります。例えば、価格帯別のギフト、フードギフトや名入れギフトなど幅広い種類を挙げることができます。そのため、選び方について知っておきたい人も少なくないでしょう。選ぶ時には価格で品の選択を行う人も珍しくありません。価格は数千円から一万円を超えるものまで幅広くあります。価格の決め方はそれぞれの夫婦で異なりますが、出産祝いを現金で受け取った場合はその現金の価格に合わせて品の予算を決定する人もいます。価格だけでなく人気順で選択する人もいます。人気ランキングを公開して商品選びをしている人をサポートしてくれる通販サイトもあります。人気が高いものを選択すればそれを受け取った人が喜んでくれる可能性が高くなるケースもあるので、人気順で選択することも選び方の一つになります。このように選び方は複数ありますが、どのぐらいの時期に送ればいいのかや、のしのデザインに関して知っておきたいという方も少なくないでしょう。時期に関してはそれぞれの地域やご家庭でも異なりますが、一般的には出産祝いを受け取った時から一カ月以内にお返しをする人が多いのです。また、のしに関しては子供の名前をデザインに入れるのが一般的です。この時に名字は入れないご家庭が多くなっています。また、どのような祝いであるのかを明確にするために内祝いという文字をデザインの中に入れることもよくあります。購入するお店に関しては通販や街中のショップでも出産内祝いの商品を扱うところがあります。

出産内祝いにはコーヒーを選択しよう

今では出産内祝いにコーヒーを選択する人がたくさんいます。その理由はコーヒーを飲む人が多いからです。大人の人の中には普段からコーヒーを飲んでいる人も多いでしょう。家の中ではもちろんのこと、会社などでも飲むことができます。クッキーと一緒にコーヒーを楽しむ人も多く、受け取って不快に感じる人は少ないのです。コーヒーにはさまざまな効果があるとされています。例えばダイエット効果や二日酔い防止などを挙げることができます。通販で販売されているコーヒーにはさまざまな種類があります。例えば、インスタントタイプです。飲む時には基本的に直接コップの中に適量入れてそのままお湯を注ぎ溶かして飲むことができます。瓶などに入っている商品が多く、ブラックやミルクの香りがするタイプなど複数の種類があります。基本的に他の種類に比べて量が多いので長持ちするなどのメリットがあります。また、お湯に溶かすだけなので、入れる際には短い時間で済みます。そのため、朝忙しい時間などにも飲むことが可能です。その他のコーヒーの種類としてはドリップタイプがあります。ドリップタイプはインスタントとは異なり、豆本来の味を楽しむことができます。このようにさまざまな種類がありますが、出産内祝いとして活用する人は相手の好みのタイプを選択して購入をしましょう。

出産内祝いをするための通販を選択しよう

出産内祝いの商品を扱ってくれる通販はたくさんあるので、どのような通販を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。選び方としては、さまざまな機能がサイトなどに搭載されているかどうかがポイントとなります。基本的に通販で購入する時は会員登録などをします。会員登録をするとそのサイトの機能を利用することができますが、通販サイトによって機能の種類などが異なります。機能が豊富にあればお買い物をする際には充実したサポートを受けることができるでしょう。出産内祝いのための商品を販売してくれる通販サイトの中には利用者のお買い物の利便性を高めるために、注文者情報の保存機能やデータ連係機能が搭載されているので、豊富な機能を利用してお買い物をすることができます。また、通販サイトを選ぶ時は送料を安くしてもらうことができるところを選択する人も多いのです。例えば通販サイトの中には一定金額を購入した人に送料を無料にしてくれるサービスを実施してくれるところもあるので、そのようなサイトを選択することで負担を少なくすることができます。このようなポイントを参考にして相手が喜ぶ出産内祝いの商品を販売してくれる通販を選択しましょう。

出産内祝いにはスイーツを選ぼう

出産内祝いの選び方

新しい命が誕生して、家族や友人知人、会社関係の方などたくさんの方が祝福してくれて、お祝いをいただく機会もあるでしょう。お祝いを頂いたけど、どのようにお返しをしたらいいのか、どのような内祝いギフトが喜ばれるのかなど、特に初めての出産の方はわからないことがいっぱいで迷われている方も多いのではないでしょうか。ではどのような内祝いギフトをどのように選んでいくとよいのでしょうか。出産内祝いは産後1ヶ月前後にお返しするのが一般的で、赤ちゃんのお宮参り頃をだいたいの目安にしている方が多いようです。産後のママの身体は妊娠前の状態に戻ろうとするため体調がすぐれない場合や、慣れない赤ちゃんのお世話で体調が不安定なこともあるので体調の良い時にギフト選びをするとよいかもしれません。出産前にだいたいの目星をつけておいたというママも多くいます。出産のお祝いを頂いたら、必ずメモをし、誰からお祝いを頂いたかをリストにしておくと贈り漏れを防ぐことができます。お返しのギフトを選ぶ際はどのぐらいの金額のものを選ぶと良いのでしょうか。一般的には頂いたお祝いの2分の1が目安という習慣があります。金額が高額の場合は3分の1程度でも大丈夫な場合もありますが、相手に喜んでもらえるようなギフトを考えて選ぶとよいでしょう。ありがとうという感謝の気持ちを伝えることが大切なので、お祝いを頂いた一人一人にあったギフトを選ぶことができると良いでしょう。ギフトの定番は、毎日の生活していく中で消耗していく石鹸などや、いくらあっても困らないタオルや食器などの日用品、自分で好きなものが選べて嬉しいカタログギフト、日持ちする焼き菓子やコーヒーなどの食品も内祝いとして定番になっています。しかし仲の良い友人や家族、近しい方へお返しする際はその方の好みに合わせてお返しができるときっと喜ばれることでしょう。センスあふれるおしゃれなギフトを選びたいと考える方も多いようですが、実用性のない奇抜なセレクトは好ましくない場合もあります。ポイントは実用性プラスアルファの品選びが重要といいます。他にも出産内祝いに相手に送るものでタブーな品もあるようです。調べてから選ぶことができると安心です。このようなポイントを踏まえながら、相手に感謝の気持ちが伝わるギフトを選んでいきましょう。

出産内祝いにスイーツを選ぶメリット

出産内祝いで選ばれているものの中でも、スイーツギフトが人気になっています。以前の定番として、タオルや石鹸などの日用品が選ばれることが多い傾向にありましたが、近年では日用品だけではなくお菓子などのスイーツも人気が出てきています。出産内祝いを選ぶ際も、たくさんの種類やブランドのスイーツが掲載されています。カステラやバームクーヘン、クッキーなどの焼き菓子や、おかきなどの和菓子まで幅広く種類が豊富です。お菓子は好みがあるため、相手の好みのものを選ぶことに注意すると良いでしょう。スイーツギフトを受け取った方は甘いスイーツで贅沢なティータイムが味わえたり、家族みんなで楽しい時間を過ごすことができるというメリットが期待できます。お子様がいらっしゃるご家庭にお返しする際も、スイーツであれば、お子様も含め家族みんなで楽しむことができるかもしれません。スイーツはたくさんの種類があるため、選ぶ側も予算に合わせて量などを調節することが可能なため便利だという人も多いようです。スイーツギフトは名入れギフトなどにして送る場合も多くみられます。ギフトに名前を入れることで、誕生した赤ちゃんの自己紹介にもなり人気があります。スイーツギフトにはさまざまなキャラクターやブランドのものもラインナップされている場合が多く、贈る相手にぴったりなギフトを選ぶこともできます。このようにスイーツギフトにはたくさんのメリットが考えられます。出産内祝いに選んでみてはいかがでしょうか。

出産内祝いを購入するショップを探そう

出産内祝いを購入する際はどのようなショップを選ぶと良いのでしょうか。たくさんの種類がある内祝い品から選ぶ必要があるため、一目で選びやすいことが重要になるのではないでしょうか。特に産後で体調の配慮や、赤ちゃんのお世話の合間に選ぶという方も多いので、探しやすさはとても重要です。探す際に、予算から選択できたり、カテゴリやブランドから選べたり、特集ページやランキングなどが掲載されていると、とても選びやすくなります。ショップによっては、名入れギフトだけではなく、写真付きメッセージカードを無料で作成できるショップもあります。名前だけではなく写真が付いていたら赤ちゃんの顔と名前が紹介できて相手にも喜んでいただけるでしょう。そのほかにも、ショップのサイトから内祝いチェックリストなどがダウンロードして使用できるところもあり、活用することでとてもスムーズに内祝いが用意できる可能性があります。このようなショップで喜ばれる出産内祝いを選んでみてはいかがでしょうか。

出産内祝いにもマナーがある?贈る相手によって変わる返礼品

出産内祝いのマナーと準備期間

我が子の誕生をさまざまな形でお祝いしてくれた方々へ感謝の気持ちをお返しする出産内祝いは、出産後2ヵ月の間を目途に贈るのが普通です。出産祝いは一般的にお七夜からお宮参りまでの間に贈られてくるので、お宮参りが終わったタイミングで贈ることができるように準備しておいた方がいいでしょう。もちろん、産後の肥立ちが悪い場合や地域独自の風習や慣習がある場合はこの限りではありません。出産祝いをもらったらまず取り急ぎ電話やメールでお礼を伝えて、その後、お返しをする方のリストを作成してギフト選定をします。出産内祝いにかける金額は、お祝いをいただいた金額の半分、3分の1が常識であると言われています。リストには、名前や住所とともに頂いた金額を記入しておくと後で苦労することがありません。品物でいただいた際には、ネットなどでおおよその市価を調べて記入しておくようにしましょう。お返しは、郵送するのが普通ですので相手方の住所を調べておくことが大切です。お祝いを郵送でいただいた場合には送り状などで住所を知ることができますが、直接手渡しや人づてにいただいた際には、本人に悟られないように友人などのつてから住所を調べておきましょう。連名で高価な物をいただくことがありますが、お返しは個人個人となるので全員の情報を調べておくことが大切です。内祝いにメッセージカードを添えたり、カタログから品物を選んだりする際には、早目の準備が必要です。赤ちゃん中心の生活になると思うように時間が取れないことも頭に入れておきましょう。赤ちゃんの名前を入れたお菓子やグッズなどをお返しにする場合には、名入れや制作に思わぬ時間を要する場合もあります。オーダーから完成までの所要日数をあらかじめ調べておいてタイミングがずれることのないように発注することを心がけましょう。

友人に贈る出産内祝い

赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方へのお返しは、贈ってくれた方の関係性や立場によって贈るポイントが異なってきます。親しい友人へのお返しでは、感謝の心を伝えつつも親しみが感じられる物を贈りたいものです。お返しの金額は基本として半額~3分の1くらいと相場が決まっていますが、あくまでも目安であるので、金額にとらわれず感謝の気持ちを持って贈りましょう。長い間同じグループでつきあってきた仲間などには個人で差が出ないように留意することも大切です。選ぶのに困ってしまったら、全員同じ物を贈っても特に差し支えはないでしょう。友人から贈られる出産祝いは、現金よりもベビー服やおもちゃなどの品物であることが多くなることも考えられます。実際の金額がわからなくてもおおよその市場価格からお返しに妥当な金額を算出しておきましょう。親しい友人の場合は、好みや趣味、嗜好などがよくわかっているため、日常の生活で使える生活用品や雑貨などを選ぶこともできます。消耗品や数があっても困らない物を選ぶのもおすすめです。赤ちゃんの写真入りの絵皿や写真立てなど、日常的に使用するにも飾るにも困ってしまうような物は場合によっては控えた方がいいでしょう。赤ちゃんの名前の正式な披露の場も兼ねているので、のしに赤ちゃんの名前を書くのは忘れないようにします。フェイスタオルや化粧ポーチ、バスグッズなど女性らしい温かみのある物も喜ばれるでしょう。

職場の同僚に贈る出産内祝い

プライベートのおつきあいはあまりない職場の先輩や同僚へのお返しは、社会人としてのマナーが問われるものとなるため、友人とはまた違った気遣いが必要となります。また、同じ職場の同僚であっても上司や先輩と部下では対応を変えなければなりません。ここでも目安は頂いた額の半分から3分の1ほどになりますが、目上の方に対しては少なめの3分の1程度を返すことになるでしょう。部下や後輩には多めに返すことが望ましいともされています。贈答の基本的マナーとして、贈られた物以上の返礼をするのは失礼という暗黙の了解事項があるため、いくらお世話になっている上司の方でも行き過ぎた返礼をしないように留意しましょう。職場の上司や同僚から個人名でお祝いをいただいた場合には、会社ではなく自宅宛てに品物を送付するのがマナーです。部署や出先会社などからグループ連名でいただいた際には、職場宛てに届けるようにします。人数が多い場合には漏れなく全員に行き渡るような数量を準備することも忘れないようにしましょう。個分けできるもの、食べたり使ったりしてなくなってしまう物などがおすすめです。里帰り出産をしたのであれば、珍しいご当地銘菓なども喜ばれることでしょう。一方、上司や同僚などの個人に贈る際には、調味料や洗剤などもらっても困らない物、日常的に消費できる物が相手に負担をかけることもないためおすすめと言えます。赤ちゃんの名前入りのグッズは、もらっても困るという人も多いので、それでもオリジナリティを出したい場合には、赤ちゃんの生年月日や誕生時の体重などの数字にちなんだ物を贈るのもいいでしょう。どうしても赤ちゃんの名前を付けたい時にはラベルにしてワインやお米などに添えれば、消耗品として残ることもなく喜んでもらえる可能性が高いと言えます。

出産内祝いにタオルが選ばれる理由とその魅力とは

出産のお返しに喜ばれるものとは

妊娠、出産と慌ただしく日々が過ぎていくなかで、忘れてはいけないものが、誕生祝いのお返しである出産内祝いです。一般的には、出産後2ヵ月、お宮参りが済むタイミングで贈るのがマナーであると言われています。内祝いのギフトにはさまざまなものがあり、何を贈ればよいか迷ってしまうかもしれませんが、贈られる相手の身になって考えることが大切です。赤ちゃんの名前を披露することも兼ねているため、名前入りのお菓子などを贈ることもあります。また、消え物といわれる、食べたり、消費したりしてなくなってしまう、食品や洗剤や油などの日用品は相手の負担にもならないため、よくギフトに選ばれます。内祝いにかける金額はお祝いをいただいた金額の半分から3分の1程度が一般的となるので、あまり高価なものをお返しにするのはかえって失礼にあたることがあるので注意することが必要です。職場から連名でいただいたお祝いのお返しには、小分けできるクッキーなどの焼き菓子が日持ちもするので喜ばれます。友人からのお祝いはベビー服などのベビー用品やおもちゃなどであることが多いでしょう。つきあいが長い場合には、相手の趣味や嗜好などもわかっているので、日用雑貨や趣味のアイテムを贈ることもできます。赤ちゃんの名前はのしに書くことで知ってもらえるので、あえて名前入りのものを贈る必要はありません。センスが表れるものを選ぶのもいいでしょう。贈答品として相手を選ぶことがないタオルにもさまざまなものがあるため、お祝いにいただいた金額や相手との関係性によって、品質や価格を変えてお返しをするのもおすすめです。毎日必ず使用するものであり、枚数があっても困るものではないので、喜ばれるギフトとして、さまざまなシーンで使用されています。

贈る相手によりこだわって選びたいタオル

目的や用途によってさまざまなタイプのタオルがあります。選ぶポイントはサイズや肌触り、吸水性や速乾性などがありますが、使い勝手のいいものを贈るのが一番喜ばれるでしょう。家庭では、ハンカチタイプのもの、フェイス用が最も使用されています。ハンカチタイプのものは、吸水力がよく、しわになりにくいだけでなく洗濯しても乾きやすいことから、夏場の汗ふき用として使用頻度が高いものです。また、フェイス用は、起床後の洗顔や汗ふき、入浴用など幅広い用途に使われています。最近は、大判タイプのものは洗濯や収納が大変であると理由からあまり人気がなく、お風呂上りにもフェイス用を複数枚使用することが多いようです。フェイス用と似たものにスポーツタイプのものがあります。横幅が狭いのに対して長さがあるため、スポーツなどをしながら首に掛けたまま使用することができるのが魅力となっています。毎日使用するだけに、洗濯を繰り返していくうちに糸がほつれたり、汚れが落ちにくくなったりするため、定期的に入れ替えをしている家庭もあります。消耗品として購入するため、リーズナブルな物を選ぶことが多く、普段使いに肌触りや織りにこだわった高級品をまとめ買いするようなことは少ないでしょう。そういったことからも、出産内祝いとして、普段は手が出せないワンランク上のものを贈れば喜ばれることは間違いないでしょう。通販でもギフトコーナーにさまざまなタイプのものが豊富に揃っているので、選ぶのに困ってしまうことがあるかもしれません。子どもがいる家庭にはキャラクターものなどもいいでしょうが、贈る相手によっては、デザインやカラーだけでなく素材や製作の工程にこだわったものを選ぶとセンスの光るギフトとして喜ばれることでしょう。

国産ブランド品を選ぶメリット

ワンランク上の出産内祝いギフトとして、ブランド物のタオルはとても喜ばれるものとなります。外国の有名ブランド品もありますが、贈る相手が落ち着いた方の場合には、国産ブランド品を選ぶと喜ばれるのではないでしょうか。日本には、二大ブランドと言われている今治と泉州があります。国内だけでなく世界にも根強いファンが多いのは、こだわりの伝統的な製法を長年にわたって変えていないことにあります。今治と泉州では、織ってから水に晒すのか、水に晒してから織るのかという大きな違いがあります。品質の高さにほとんど変わりはありませんが、肌触りのよさは素材や織り方、糸の撚りなどによって決まるので、その違いにこだわって選ぶのもいいでしょう。最近ではリーズナブルな価格でありながら、高級感を感じられる木箱入りのセットなどもあり、プレミア感のあるギフトとしておすすめです。素材には、パイルやジャガード、コットンなどさまざまなものがありますが、最近は、自然志向からオーガニックなものを選ぶ傾向も見受けられます。欲しいと思ってもなかなか自分では買わない物というのがギフトの条件にもなるため、普段使いにはちょっと高級というクラスのものを選ぶと喜ばれるでしょう。手軽で身近な日用品として使うものであるからこそ、包装にも気を遣ってハレの日の贈り物として特別なものになるような演出をすることも大切です。最近では、自分で商品を選んでもらうカタログギフトも人気がありますが、思い出や記憶にのこる贈り物として選び抜いたこだわりのタオルを贈ることによって、相手とのこれから先の長いおつきあいも円滑に運ぶことができるのではないでしょうか。

出産内祝いにバスグッズを

出産でいただくお祝い

出産をしてお祝いをしてもらうということは、とてもありがたいことです。普段からのお付き合いということもありますが、気持ちだけでも感謝したいところでしょう。その感謝の気持ちを伝えるためにも、どんな出産内祝いにするのかということが重要になってきます。感謝の気持ちを形にするということになってくるため、いったいいつ頃贈るのかということも考えていなければいけません。贈る時期を間違えてしまうと、感謝の気持ちを相手に伝えられないこともあります。大事なこととして、お祝いをいただいたときから、忘れられないうちに贈るということがひとつのポイントになってきます。あまりに遅れてしまえば、いったいいつの話だったのかと思われますし、お返しがなかったと思われても致し方ないでしょう。そのため、出産内祝いを贈る時期は、出産後から2ヶ月というところがひとつの目安となってきます。あくまでも目安であり、もっと早い時期であっても特に問題はありません。早すぎるのも用意していたと捉えられてしまうことになるため、お七夜からお宮参りの期間に急いでお返しする必要はないでしょう。ただし、これも一般的なことであって、地域の習慣などがある場合には、考慮しておくと問題が起きにくくなります。地域の習慣は、その土地によって異なりますので、生まれ育った土地ではない場合は、知人や周囲に聞いておくなど、あらかじめ確認をしておきましょう。

出産内祝いの金額をうまくあわせていくために

金額的なところも重要になってきます。あまりに大きな金額をかけるというのは、必ずしもいいことではありません。なぜかと思うのであれば、まず自分がお祝いを渡す立場になって考えてみることが必要です。もしも、自分が贈ったお祝いよりも金額が大きかったら、その時にどう感じるのかを考えてみなければいけません。相手に気持ちよく受け取ってもらうためにも、もらったお祝いの半額か3分の1程度の金額にするのが一般的となっています。高額な商品にしていなくても相手には金額が分からず、高価なお返しを贈ってもらったと思われることもあります。商品によっては好みもありますので、誰からも喜んでもらえるようなものを選ぶことが大切です。そこで、バスグッズなどの実用品を贈るということもひとつの方法です。バスグッズなら、幅広い金額の商品がありますので、お返ししたい金額に合ったものを見つけることができるでしょう。おしゃれでかわいらしいデザインのものが多くありますので、好みに合うものを選ぶことができます。普段から使ってもらえるものというところも、贈り物として優れたポイントになります。バスグッズという日常から身近にあるようなものは、贈り物としても利用しやすいものです。それでいて、バスグッズは消耗品でもあるので、だれでもありがたいものです。バスグッズというものは、毎日の生活の中で楽しむことができます。お風呂に入る習慣を大事にしている日本人としては、これほど便利な物もありません。出産内祝いとしては、頂いた金額に対して3分の1以下の金額にならないようにするというのが基本です。相手に喜んでもらえて、金額に相当したものを選ぶと良いでしょう。

趣味や嗜好がわからないときでも

お祝いをいただいた方との関係性ということも考えていかなければいけません。感謝の気持ちを持つことは当然ですが、親しみを込めて贈るのか、敬意を持って贈るのかということも考えなければいけません。中には、現金を避けて服やおもちゃなどをお祝いとしていただくケースもあります。友人などの間柄だと、現金ではなく、相手の欲しいものを選んで贈ることも多くあるでしょう。そうすると、出産内祝いの費用を考えたとき、金額がはっきりと分からないこともあります。いくらの物をお返ししたらいいのかという問題が出てきますが、もらった商品のある程度の相場が分からない場合は、その地域やお互いの関係性を考慮した妥当な予算で商品を選ぶようにしましょう。次にどんなものをお返しするのかということになりますが、好みや趣向がわからないと悩むことも出てきます。親しい相手であっても、これは変わらないことです。バスグッズであれば、趣味や趣向ということにあまり左右されない商品といっていいでしょう。入浴剤を使うということは、普段とは違う雰囲気にすることができるため、気分転換に使うことができます。あまり香りの強そうなものは、嗜好がわかれてしまいますので敬遠するべきですが、普段は使わない香りのものも、楽しんでもらうことができます。バスグッズにはいろいろなタイプがありますので、贈りたいと思えるような商品を選択することができます。出産祝いは、もらうものや時期が人によって異なりますので、あらかじめお返しを用意しておくことがなかなかできません。赤ちゃんのお世話をしながら内祝いを選ぶことになりますので、お店に何度も足を運ぶのはとても大変な作業となります。インターネットで注文できるお店もありますので、そういったところを選ぶと、自宅で育児や家事をしながら空いた時間に商品を選んだり注文したりすることができて、とても便利です。

出産内祝いにメッセージカードを添えよう

そもそも出産内祝いって?

出産内祝いと出産祝いは何が違うのか、内祝いとお返しは何が違うのか、友人にお祝い事が増えた時、こうした知識は持っておきたいものです。そもそも出産内祝いには「内輪でのお祝い」という意味が込められています。「内」つまり家の中でお祝い事があったため、そのお祝い事を一緒に祝ってもらいたい、その幸せを分けて一緒に喜んでもらいたい、というものです。出産祝いをいただいた方への返礼として贈ることも多いため、出産祝いへのお返しのことと勘違いされやすくなっていますが、本来はお返しではなく単純に出産という祝い事があったご家庭が周囲へ贈るものとしての意味を持ちます。現在では出産祝いへのお返しという意味合いも強くなっていますが、元々の意味をきちんと理解し、お祝いしてくれたことへの感謝の気持ちと喜びの気持ちを込めて贈ることが大切です。出産内祝いでは赤ちゃんの名前を披露する、ということもかねてのしなどで赤ちゃんの名前を添えて送ることが一般的です。のしの水引の下の部分に赤ちゃんの名前を入れる、もしくはメッセージカードを添える、というのも近年多くなってきています。のしほど形式ばった形ではなく、それでいて感謝の気持ちをそのまま伝えることができる、メッセージカードは2つの意味で喜ばれているのです。この内祝いを贈る時期として適切なのはお祝いの品をいただいてから1か月程度が目安とされています。とはいっても特に初めての出産などの場合は慌ただしくなりがちのため、ある程度落ち着いてから贈るのもおすすめです。せっかくいただいたお祝いの気持ちに、精一杯の感謝を込めてお返ししたいですよね。

出産内祝いにはどんなものを選べばいい?

兄弟姉妹、友人、会社の同僚など、出産というお祝い事の際に贈り物をしてくれる方はたくさんいらっしゃいます。友人など趣味が分かっている方に贈る場合は選びやすいものの、意外にも兄弟や会社の方などは何を贈ると喜ばれるか悩んでしまう、ということもあるのではないでしょうか。モノの大量生産大量消費が一般的となった現代で、贈り物は特に気をつかうものです。あまり好みを詳しく知らない方へ贈るとしても、せっかくのお祝い事へのお礼だから喜んでほしい、という気持ちは十分にあるはずです。出産祝いは結婚祝いなどと同様、誕生日とは異なって毎年訪れるものではなく一度キリのため、贈られるタイミングだけではなくある程度の定番があります。よく言われるのは「同じものをもらっても困るため、他の方と被らないものにする」「被ってもいいようにたくさんあっても困らないものにする」ということです。他の方と被らないものにするためといっても、あまり奇をてらったものを贈ろうとしないことが重要とされています。では出産内祝いではどのような物を選ぶと良いかというと、出産祝いとほぼかわらず、たくさんあっても困らないものとすることが良いでしょう。というのも、先にも述べたようにお祝い事というのは意外にも多くあります。出産祝いを多く贈っている方ほど出産内祝いも多くもらっているのです。出産祝いほど定番化されていないのが実情ですが、中でもタオルや食品などが選ばれることが多くなっています。タオルなどあって困らないもの、その方の趣味が分かるようであれば喜ばれる物を贈ると良いでしょう。もし定番のタオルなどを贈るとしても一言メッセージカードを添えるだけでも印象は十二分に異なります。出産祝いを贈ってくださった方への感謝の気持ちを込めて選ぶようにしましょう。

近年増えている出産内祝いの形

近年ライフスタイルの多様化もあり、これまで定番とされていたものを必要としない方も多くなってきています。特に多趣味な方は出産内祝いだけでなく通常の贈り物にも悩んでしまうこともありますよね。せっかく何かを贈るのだから、という方のなかで、カタログギフトを贈るという方が非常に増えています。これは出産祝いや出産内祝い、結婚祝いなどの際も同様ですが、一定金額のギフトが載ったカタログからその方に好きなものを選んでもらう、という手法のため、人を選ばず贈ることが出来ると人気を集めています。出産内祝いを贈る際、懸念点としてあげられるのはやはり出産後バタバタと慌ただしく、贈るものを選ぶこと自体が難しい、という点です。例えば実家に帰っている間などはご両親が育児を手伝ってくれている間に選ぶ、なんてことも可能かもしれませんが、そうではない方も多くいます。奥さんは育児に忙しく、旦那さんは新たに家族が増えたことでより仕事を頑張ろうと忙しくしている、ということも十分にあり得るのです。そうした時に手軽に選ぶことができるのがカタログギフトの利点です。金額さえ一定のもので設定しておけば、品物を選ぶ必要がないため、一人ひとりへ悩む時間を激減させることができるのです。せっかくのお祝い事で手を抜いているように思われるのはちょっと、と考える方もいるでしょうが、カタログギフトは決して手抜きではありません。出産内祝いを贈る方、贈ってもらう方双方に利点があるものといえるのです。少しでも気になる方は電話やメールなどでも感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。手書きのメッセージカードを添えて贈ることで、感謝の気持ちもより伝わるかもしれません。

出産内祝いに便利なブランド品

出産内祝いにもセンスが大切

お祝いしていただくということは、大変ありがたいことです。特に出産ということにもなれば、さまざまな方からお祝いをいただきます。そのお心遣いに感謝するとともに、出産内祝いということも考えていかなければいけません。さまざまな条件も考え選んでいかなければいけないのが出産内祝いの難しいところです。頂いたお心にこたえるとともに、それぞれの方にふさわしいものを選んでいかなければいけないからです。ブランドイメージがしっかりとしたものを選ぶというのも、そのひとつといえるでしょう。どんなものを贈るのかを考えるのは、大変難しいことです、定番化した物もありますし、立場にあったものを選ぶということも必要になります。押さえるべきところとしては、実用性がありながらも、自分ではなかなか購入しないようなものであって、他の物とかぶったとしても、困らないようなものということになるでしょう。こうしたものを贈ると喜ばれるものではありますが、これがなかなか難しいのは確かです。実際に単なるお返しということで絞り込んでしまうと、面白みのないものになってしまいます。贈る側のセンスというものもありますし、オリジナリティーということも必要になってきます。ナチュラルな感じを出していくというのもひとつの方法で、最近では多くなってきました。ブランドのものでも、こうした気持ちに対応できるようなものが増えてきており、好みがわかりにくいときでも大きく外したりすることのない商品も豊富にあります。名入れをするとしても、こうした商品を選べば、きっと喜んでもらえるでしょう。

大切になってくるブランドイメージ

ブランドイメージというものは、非常に大切なものです。出産内祝いとしてもらうときにも、そのイメージによって気持ちや印象に影響を受けることが多々あります。喜んでもらえるということを考えると、ブランド品であるということのイメージが大きく影響している場合もあります。ただ単にブランドだからいいものであるというわけではありません。そのイメージがプラスに働くような商品を選んでいく必要があるでしょう。うまくかみ合えば、それだけでも喜ばれる出産内祝いになってきます。ブランド価値という部分になってきますが、そのひとつに食品に関わる情報があげられるでしょう。食品が喜ばれる理由のひとつとして、食べてしまうということが重要です。残らないからこそ喜ばれますが、そこにはブランドのイメージが重要になってきます。例えばどこかで聞いたことがある有名なメーカーであれば、そこならおいしいといった先入観が生まれてきますし、安全であるという印象も持ってもらえます。スイーツひとつとってみても、ブランドイメージがしっかりしているところであれば、やはり安心して食べることができるでしょう。包装を解き、明ける瞬間にもドキドキ感があります。その時に漂う香りなども含めて、イメージができあがっていれば、増幅する要素です。キャラクターものなども、楽しさがあふれてくるのですから、出産内祝いとして考えても、有効なものとなってきます。あまりにも平凡だと思うのであれば、名入れしてみるのもひとつの方法です。バームクーヘンのように大きく作られているものの包装に名入れすれば、切り分けられてしまうようなこともありません。小分けにすることで、少しくどさを感じるようなこともないでしょう。

ブランドで高額に見えないように

ブランドのものを贈る場合には、いくつか気を付けなければいけないところがあります。どうしてもイメージから高額に見えてしまうことが問題になることを考えなければいけません。出産内祝いということでは、嫌われやすいのがあまりに高額になってしまうことです。贈られたものよりも高額な物を贈ることは避けたいものです。お祝いとして贈ったのにもかかわらず、高額な物が返ってきてしまうと、気分は良くなるわけがありません。それが、実は安いものであったとしても、イメージ的に高額に感じてしまうようになれば、それだけで逆効果です。食べてしまうものが好まれるのも、こうした効果を薄めるということが挙げられます。高額ということよりも食べてしまうため、そのあとまで影響することが少なくなるのが大きいでしょう。食べ物ではなくても、こうしたイメージを与えることのないように注意することは大切なことです。ある程度金額の予想がつくものにするということも考える必要があるからです。せっかくのお返しをするのですから、マイナスのイメージを持たれてしまうのはもったいないことでしょう。だからこそ、受け取る側の気持ちを考えて考えて選んでいかなければいけません。そういった配慮も含めて、しっかりしたところで購入することができれば、こちら側の感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。それだけさまざまな情報があり、多くの選択肢が出てくるからです。ブランドに関しても、いろいろなものがそろっているため、イメージに合ったものを見つけることができる可能性が高くなります。せっかくのお祝いごとでもありますので、購入先の選択を誤らないようにすることが大切です。

出産内祝いに食べ物のお返しや人気の出産内祝いのジャンル

出産内祝いに食べ物を贈ろう

出産祝いのお返しとして出産内祝いの商品の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。出産内祝いとは出産祝いをしてくれたお友達や親戚、親族にそのお返しとして何か商品をプレゼントします。基本的に出産一カ月経過するとお宮参りをする方もいますがこのタイミングでお返しを渡すのが一般的とされています。現在では通販サイト等でも出産内祝いの商品を販売してくれます。通販サイトを利用すれば自分でお返しを届けなくても代わりにお返しをしたい人の家まで届けてくれますから出産をした方の負担は少なくなります。通販サイトでは様々な商品を扱っていますが、出産内祝いに食べ物でお返しをしたいと思われている方でも対応できるサイトが多くあります。では実際に通販サイトではどのような食べ物の商品を扱っているのでしょうか。例えばスイーツです。スイーツの中にも和菓子やカステラなどがあります。カステラは表面の茶色部分に名前を入れることができます。通常、出産内祝いにおいてはそれを受け取る側ではなく、生まれた子供の名前を入れるのが一般的です。例えば出産した赤ちゃんの名前が「太郎」であるならばその名前をカステラに入れることになります。名前を入れることで子供の名前を先方に知ってもらうことができるので、その点で名入りのギフトを選択する方が多いです。カステラだけでなく和菓子もあります。和菓子にも名前を入れられるタイプの商品も販売されているため、カステラだけでなく和菓子にも名前を入れられます。和菓子は一種類ではなく複数種類箱の中に入っていますから、その人のお口に合ったものを選択することができるでしょう。先方の中には甘いものをあまり好まないという方も少なくないでしょう。甘いものを取らないという方は多くいます。そのような方にはうどんセットなどを選択してみてはいかがでしょうか。以前、うどんブームもあり、全国的にも認知度も高く日本の食べ物の中でも有名です。嫌いな人は少なく日本人の食卓に馴染み深い食べ物になります。うどんセットにはお赤飯などが付属で付いているタイプもあり、そのお赤飯のパッケージに生まれた子供の名前を入れることができます。このように通販サイトでは様々なタイプの食べ物の商品を扱っていますから食べ物を出産内祝いにされる方はバリエーションが多いこのようなサイトを選択しましょう。

ジャンルから出産内祝いのお返しを選択しよう

通販サイトでは検索をしたりできますが、ジャンルから選択し多くの人から選ばれているジャンルを選択して出産内祝いのお返しとして送る方は少なくありません。名入れギフトは上記でたくさん説明しましたが、その他にもプチギフトがあります。プチギフトは他のジャンルよりも低価格で購入できるお返しになります。例えば出産には多くの費用がかかります。出産前には入院をしなければならないですからその際の入院費なども必要です。出産後は子育てをしなければなりませんから共働きの夫婦であれば育児休暇を取る方も少なくありません。そのため、ご家庭によっては子育て中心の生活になりますから低予算で抑えたいという方も少なくないでしょう。また、出産祝いの時に簡単に済ませる友人などもいるでしょう。そのような友達に多くの費用がかかるお返しをすると友達の中には困ってしまう方もいますからプチギフトを選択してお返しをする方は少なくないでしょう。そのほかにもキッチン雑貨を出産内祝いとして送る方がたくさんいます。キッチン雑貨は普段の生活で使うことが多く、受け取った方の中には喜ばれる方は多くいます。また、もし先方のことに詳しい方であれば相手の好みのものを選択してサプライズをしてあげることもできます。最後に紹介するのはカタログギフトになります。カタログギフトは受け取った方が自分自身で好きな商品を選択することができるので、先方の好みが分からない方はカタログギフトを送る方も少なくありません。

通販サイトで出産内祝いの商品を選択しよう

通販サイトには様々な機能が搭載されており、利用者が手間なくお買い物ができるようになっています。例えば価格で出産内祝いの商品を選択することも可能です。例えば999円未満の商品から20000円まで幅広い商品を扱っていますから予算に応じて商品を選択できます。特に現金で出産祝いを受け取った方はその金額の何分の1のお金でお返しをするという方もいますから価格から選択できればお買い物がしやすいでしょう。通販サイトでは会員登録が行うことができ、実際に会員登録をするとそのサイトの様々な機能が使えるようになります。例えば二回目からお支払い情報を入力しなくても購入ができたり、お買い物カゴ機能などを使うことができます。会員登録をすれば更にお買い物がしやすい環境で購入することができるのではないでしょうか。ランキングでの紹介などもありますから人気カテゴリを選択したい方もサポートしてくれるでしょう。

出産内祝いのマナーや食べ物などの種類について

出産内祝いのマナーについて

出産内祝いとは出産祝いのお返しに贈る品になります。出産祝いとして何かの品を貰う人は多いでしょう。例えば赤ちゃんの名前が入れられているタオルなどです。親しい方や女性であれば出産後の産婦人科に訪れてお祝いをする人もいますが、出産後直ぐに訪れることは迷惑なのではないかと思う人もいるので、産婦人科から自宅に戻って生活をスタートさせた時、およそ出産から一カ月が経過した時に自宅まで足を運び出産祝いをする人もいます。当然、出産をしたお母様はその祝いに対してお返しをするのが一般的です。基本的に出産内祝いにはマナーがあるので、マナーを参考にして出産祝いをもらった方にお返しをされてみてはいかがでしょうか。マナーの一つとして挙げられるのが贈るタイミングに注意をすることです。昔は初宮参りの後にお返しをするのが一般的でしたが、現在では生後1から2カ月以内にお返しをするのが一般的です。贈る時には漏れなどが発生しないようにスケジュール管理をする人も多いです。例えば出産祝いを頂いた方をメモして、その祝いに対して値段を確認します。基本的に友人や身近な友達においては現金ではなく、品でお祝いをする人が多いので、およその値段を把握するのが一般的です。また、親族に関しては現金で渡す人が多いです。現金で受け取った方はその金額をスケジュール帳などにメモをしておきます。頂いたにも関わらずその人にお返しをしないと失礼にあたる可能性があるので、正確に管理をします。その他のマナーとしては金額に関してです。基本的には頂いたものに対してその価格の半額、または3分の1の値段のものを出産内祝いとして贈る人が多いです。頂いたものとお返しをするものの金額のバランスを考えるのが重要な要素の一つになります。もしバランスが偏っていると、例えば頂いたものに対してお返しが安価でありすぎると、不快感を抱く人も少なくないでしょう。実用的なものを贈るのもマナーの一つです。必ず実用的なものを贈らなければならないという決まりはありませんが、実用的な品物を贈れば喜んでくれる可能性が高いです。例えば石鹸やタオルなどの品はもちろんのこと、消耗品である洗剤などを選択する人もいます。また、食べ物であればお菓子を選択する人が多く、飲み物であれば珈琲などを選択する方もいます。

出産内祝の商品の種類について

出産内祝のアイテム選びに迷う人も少なくありません。基本的に頂いたものとのバランスを考えて選択をしなければなりませんから、金額の制限がある人も少なくありません。制限が設けられた金額の中で購入するだけなく、喜んで頂けるアイテムを選びたいと考えるのが一般的ですから、選び方に迷われる人は珍しくありません。例えば出産内祝いの商品にはお菓子などの食べ物があります。お菓子は日頃から食べる人も多いので喜んでもらうことができる可能性があります。基本的に個性の強いお菓子を購入するのではなく、クッキーなどを選択する人が多いです。またカタログギフトを選択する人もいます。カタログギフトは冊子から自分の好きなものを選択することができます。基本的に一人一人の好みのものを完璧に把握してプレゼントできるケースは珍しいです。そのため、もし必要のないものを頂いたら受け取った方の中には使ってもらうことができない可能性もあります。カタログギフトはそれぞれの方が好きなものを選択できるので、喜ばれる品の一つになります。カタログギフトの中には雑貨などを選択できるものもありますが、食べ物を注文することができるカタログギフトも存在しています。例えばカタログギフトの食べ物の中には和牛カタログギフトなどもあるので、甘いものが苦手な方にクッキーなどのお菓子を贈ることは難しいですが、お肉などであれば甘いものが苦手な方の中にも食べられる人が多いので、食べ物を選択したい方は一度検討をされてみてはいかがでしょうか。

出産内祝いの通販サイトの選び方のポイント

出産内祝いをする方の中にはどこで商品を購入したらいいのか分からないという方も少なくないでしょう。街中のショップで選択して購入する人もいますが、手間がかかると思われる人の中には通販サイトで購入をする人も少なくありません。現在では出産内祝いに特化した商品を扱う通販サイトがあり、そのショップを選択すれば家に居ながらお買い物ができるので、利便性を感じる人も多いでしょう。出産内祝いを扱う通販サイトは複数あるため、選び方に迷われる方はポイントを参考にしましょう。ポイントの一つとして挙げられるのが、種類の豊富さです。例えば食べ物の出産内祝いを準備したいと考える人もいますが、食べ物ではなくタオルやカタログなどを選択したいと考える人も多くいるでしょう。そのような方は種類の豊富なところを選択すれば相手が喜びそうなものを選択することができるでしょう。

出産内祝いの人気アイテムをチェックしたい方へ

出産内祝いの贈り物を選ぶにあたってのチェックポイント

妊娠中の方や妊活をしている方で、赤ちゃんが生まれたことをお祝いしてくれた方に感謝の気持ちを込めて、出産内祝いを贈りたいと考えている方もいるのではないでしょうか?そのような場面では、出産内祝いの人気アイテムをチェックしておくのも良いでしょう。内祝いの贈り物には、石鹸やタオルのセット、食器などの日用品、日持ちの良い焼き菓子やコーヒーなどが定番となっています。お祝いをいただいた方が、普段からお付き合いのない遠方の親せきや会社関係者の方などで、相手の好みが分からない場合は、それらの定番ギフトを選択するのが無難です。その一方で、日ごろからお付き合いのある方で、相手の好みや家族構成が分かっている場合は、生活スタイルを思い浮かべつつ、喜ばれそうなギフトを選ぶと良いでしょう。この先内祝いを贈る予定がある場合、日ごろから相手の趣味・趣向をリサーチしておくのもおすすめの方法です。また、内祝いをするにあたっては、人気アイテムとは反対に、避けた方が良い品物にも気を配ることが大切です。最近では、贈る側も、贈られる側も、個人の自由を重んじる風潮が高まり、タブーとされる品物が少なくなってきています。とは言うものの、「日本茶は弔事に結び付く」、「刃物は縁を断ち切る」、「現金や金券は失礼にあたる」という考え方をする人もなかには存在します。相手がそのような考え方を持っている方であれば、自分の価値観や趣味・趣向を押し付けるのではなく、タブーとされる品物を贈らないように注意する必要があります。

ネット通販で購入できる出産内祝いの商品とは?

出産内祝いは、出産祝いをいただいた方に、感謝の気持ちを伝えるために行なうお返しです。最近では、通販サイト上にも出産内祝いの商品がラインアップされているので、人気アイテムなどをチェックしてみるのも良いでしょう。ネットショッピングを利用すると、購入した商品を相手の自宅に直接届けてもらうことも可能になります。こちらのサービスを利用すれば、自分で贈り物を届ける必要がないので、内祝いをする時に掛かるエネルギーや時間の負担が軽くて済むというアドバンテージがあります。インターネット上で出産内祝いの商品を取り扱うショッピングサイトには、食品もラインアップされています。例えば、スイーツや和菓子、カステラなども人気のアイテムが羅列されています。その内、カステラを選択すると、表面の色によって名前を入れることができる名入れサービスもあります。また、和菓子の中にも、名前を入れられる商品も存在します。それらの中でも、複数の種類が箱の中に入っている和菓子のセット商品を選択すれば、相手に好きなものを選んで食してもらうことも可能になります。出産内祝いの場合、贈る相手ではなく、誕生した赤ちゃんの名前を入れるのが一般的なスタイルです。こちらの方法を実践することで、相手に赤ちゃんの名前を知ってもらうことができるというメリットもあります。したがって、生まれた子どもの名前を、少しでも多くの人たちになるべく早く覚えてもらいたいと考える場合には、名入りのギフトを選択するのもおすすめの方法でしょう。

おすすめのギフトについて知りたい方はこちらをチェック

通販サイト上では、出産内祝いの人気アイテムとして、スイーツや和菓子、カステラなども販売されています。ただ、贈る相手の好みによっては、甘いものでない方が良いこともあります。そのような場合には、うどんセットなどもおすすめのギフトになります。うどんは、全国的な知名度も高く、日本人の暮らしになじみ深いメニューと考える人が多いです。中には、うどんと赤飯がセットになった商品もラインアップされています。こちらは、赤飯のパッケージに誕生した赤ちゃんの名前を入れることができるサービスもあります。次に、出産内祝いのカテゴリーでは、名入れギフトの他に、プチギフトも人気の商品となっています。プチギフトの場合、一般的な商品と比較して、リーズナブルな価格で販売されているという魅力が存在します。出産するにあたっては、入院などのために掛かる費用を負担する必要があります。また、赤ちゃんが誕生した後は、それまで働いていた女性も、子育てに専念するために仕事を休まざるを得なくなることもあります。それらの事情を考慮に入れた上で、出産内祝いの予算をなるべく低く抑えたいという場合には、プチギフトを選択するのもおすすめの方法です。そして、出産内祝いの贈り物にキッチン用品を選択する人も多く見受けられます。こちらは、日常的な生活シーンの中で頻繁に使用するアイテムなので、贈った相手に喜んでもらえる可能性が高くなります。その他に、カタログギフトを贈るという選択肢もあります。こちらは、贈った相手が自分の好きな商品を選ぶことができるので、相手の好みが分からない場合にもおすすめのギフトです。

出産内祝いの喪中マナーなどを詳しく解説

これから出産内祝いをしようと考えている方はこちらをチェック

私たちの日常的な生活シーンの中では、出産内祝いをしたりされたりするケースが存在します。そのような場面では、喪中の場合の対処法など、内祝いのマナーをあらかじめ理解した上で実際のアクションを起こすことが大切です。こちらのポイントに気を配らないと、せっかく感謝の気持ちを込めて贈った内祝いギフトであるにも関わらず、相手に対して失礼に当たり、気分を害してしまうことにもなりかねません。出産内祝いは、赤ちゃんの誕生を祝福してくれた人たちに対して、感謝の気持ちを込めて贈るものです。こちらのお祝いをするにあたっては、まず、出産前後のスケジュールをチェックすることが大切になります。出産後の女性の身体は、妊娠する前の状態に戻ろうとすることから、調子が良くないケースが少なからず存在するようです。その上に、赤ちゃんの世話をするために、忙しい日々が始まることとなります。さらに、出産してから100日目までは、出産にまつわる行事が数多く存在します。それらの事情を考慮に入れると、内祝いの準備は体調が比較的安定している、出産前に行っておくことをおすすめします。一般に内祝いは産後1カ月前後の時期、ちょうどお宮参りのころに贈られます。入院が長引くなどした場合にも、遅くとも産後2カ月前には相手方に届くよう、手配しておきたいところです。また、お祝いの贈り先を整理した住所録などを作成し、贈り漏れがないようにすることも大切です。そして、実家に帰って出産する場合にも、自宅にお祝いが届くことがあるので、気をつける必要があります。

出産内祝いをするにあたって心得ておくべきマナーについて

出産内祝いは、喪中のマナーなどに気を配って贈ることが大切です。また出産内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた場合には、なるべく3日以内ぐらいにお礼のご挨拶をしましょう。お礼のご挨拶は、お祝いをありがたく頂戴するという感謝の気持ちを、手紙や電話で伝えることとなります。正式にお礼をするには、手紙を使用するのが一般的なので、お祝いをいただいたのが目上の人の場合、なるべく手紙でお礼することをおすすめします。次に、内祝いの贈り物を選ぶにあたっては、商品の価格も気に掛かるところです。基本的には、いただいたお祝いの2分の1という慣習があります。ただし、いただいたお祝いが親せきや目上の人からのものだったり、高額な品物であったりする場合には、3分の1程度でも問題ありません。あくまでも、感謝の気持ちを伝えることが大切なので、金額にこだわり過ぎず、心のこもった品物を贈るようにしましょう。また、同じように内祝いを贈るのであれば、せっかくなので、できるだけ喜んでもらえる品物を選びたいところです。内祝いとして定番となっているのは、日々の暮らしの中で使用する機会が多いタオルのセット、食器などの日用品、日持ちの良い焼き菓子やコーヒーなどです。お祝いを贈る相手の趣味、趣向や家族構成が分かっている場合には、それらの条件にマッチした喜ばれそうな品物を選ぶと良いでしょう。お祝いのお返しには、何を頂いてもうれしいという気持ちに変わりはありませんが、自分の好きなものや欲しいものを頂いた場合には、喜びも大きくなります。常日頃から付き合いのある人へのお返しをする場合、そのあたりの事情を踏まえて、相手の好みなどを事前にリサーチしておくのも良いでしょう。また、普段付き合いのない遠方の親せき、ビジネス関係の知人など、相手の趣味、趣向などがよく分からない場合には、定番の品物を選ぶのが無難です。

品物を選ぶ時のチェックポイントや、「のし」にまつわるマナーに関する情報

これから出産内祝いを贈るにあたっては、喪中の対応などに気を配ることが大切になります。また、内祝いを贈る際には、品物の選び方も気に掛かるところです。最近では、贈る側も贈られる側も、価値観が多様化し、タブーとされる品物が少なくなってきています。とは言うものの、人の考え方や地域によっては、贈答品として弔事を連想させる日本茶や、縁を断ち切るとされる刃物は適さない、現金や金券は失礼にあたることもあります。せっかく感謝の気持ちを込めてお祝いの品物を贈っても、相手に喜んでもらえなければ意味がありません。したがって、お祝いの品物を選ぶにあたっては、自分の価値観や趣味、趣向を押し付けるのではなく、相手の身になって考えてみることも大切です。次に、内祝いを贈る上では「のし」に関するマナーもチェックしておきたいところです。こちらは、古い時代から、婚礼や出産などの際の贈答品に添えられてきた、わが国の伝統的な贈答マナーの1つになります。内祝いによって、相手に感謝の気持ちを伝えるためには、水引や表書きなどの基本的なマナーを理解しておくことが大切なファクターです。

出産内祝いの知っておきたい風習とマナー

今さら聞けない出産内祝いとは

親族や親しい友人に赤ちゃんが誕生した時、よく耳にする言葉が「出産内祝い」です。出産に限らず内祝いといわれるものには、他にも結婚内祝いや新築内祝い、入学内祝いや就職内祝いといくつかあります。ところが、よく耳にする言葉であるにも関わらず、実際はどういった風習なのか、内祝いで気を付けなければならないことは何か、具体的なマナーを心得ていない人も少なくありません。今さら「出産内祝いって、どういうふうにすればいいの?」と人に聞くことも躊躇われるものです。おめでたい慶事に際し、お祝いの気持ちがこめられた贈答物に対して行う返礼を内祝いといいます。つまり、親族や友人など周りの方々から頂いたお祝いへのお返しです。ただし、これは現在一般に用いられている内祝いの定義で、元来は少し異なる風習を指す言葉でした。内祝いという言葉自体は、文字通り「うち」のお祝いという意味ですが、我が家におめでたいことがあれば当然家族は喜びます。しかし、せっかくのおめでたいことを家族だけで喜び合うのではなく、親族や友人、近隣とも分かち合いたいという思いが、日本古来の風習を築いていきました。祝い事の喜びを皆様にお分けして家族とともに喜んで祝ってもらったり、常日頃お世話になっている人達を家に招いて心尽くしの宴を設けてもてなしたりしたことが、日本でもともと行われていた内祝いの風習です。出産内祝いの場合は、設けられた宴の席で誕生した赤ちゃんのお披露目が行われ、子供の名前を熨斗にしたためたり、命名札を添えて贈ったりしたといわれます。現在にも残る出産内祝いの片鱗がうかがえます。

風習としての出産内祝い、マナーとしての出産内祝い

生まれた子供を皆に披露し、家でおもてなしをするという元来の出産内祝いの風習に則れば、お祝いを頂く前に内祝いを配るのも間違いではありません。ところが、時代とともに風習は変化し、現在では頂いたお祝いに対するお返しが一般的な出産内祝いとして定着しています。内祝いのマナーに頭を悩ます原因は、時代や社会に合わせ少しずつ変化していく風習につれ、礼を失しないためのマナーも徐々に変わっていく点にあります。ごくまれに、昔ながらの風習を知る人がお祝いを頂く前に内祝いを贈り、贈られた人を戸惑わせることがありますが、現在の風習を鑑みればマナーから逸れる行為だと指摘される畏れがあります。では、現在の出産内祝いのマナーとして、ふさわしいとされる礼儀や作法は果たしてどのようなものなのでしょうか。どういった品物を贈れば良いのか、贈るタイミングはいつが適当なのか、予算はどのように考えれば良いのか、贈ってはいけないとされるタブーの品はあるのかなど、様々なことに頭を悩ませる方もいらっしゃることでしょう。こうしたいくつかの具体的な問題は、なかなか正しい答えを把握することが難しく、「お祝いしてくれてありがとう」という気持ちが大事とはいえ、基本的な事項を嗜みとして知っておきたいところです。たとえば、贈答品の包装に用いる熨斗は、紅白蝶結びの水引で、上部には「出産内祝い」または「内祝い」の表書き、下部には子供の名前を入れ、読みにくい字の場合はふりがなを振るのが好ましいとされています。

適切な出産内祝いを行うために

出産内祝いにどのようなものを贈れば良いかは、時代によって様々な考え方があり、現在では極めて多様化しています。こうしたものでなければならないという厳密なルールはなく、贈りたい相手によって、相手の家族構成や好みによって、あるいは季節に合わせてふさわしいものを選びます。職場のメンバーなど複数に連名で頂いたお祝いには、コストが少なくなったとしても各人に感謝の気持ちが伝わるお返しを行います。贈るタイミングは産後およそ1ヶ月から2ヶ月、お宮参りが終わった頃に行うのが目安です。諸事情で遅くなったとしても、生後2ヶ月頃までにはお返しするのが礼儀です。お祝いを頂くタイミングがバラバラであった場合、随時お祝いを頂いてから1ヶ月以内にお返ししていきます。予算については、贈られた品物や金額の半額返しが基本です。ただし、目上の方から高額なお祝いを頂いた場合には、3分の1程度のお返しが妥当とされています。これは、高額なお祝いに対して相場通りの半額返しでは、相手に却って気を遣わせてしまうためです。肝心なのは金額ではなく感謝の気持ちを伝えることなので、メッセージを添えるなどして、より感謝の意をこめる心配りを忘れないで下さい。頂いた品物の金額が不明な場合は、相手に気を遣わせないよう数千円程度のお返しか、お礼状のみでも構わないとされています。出産内祝いにタブーの品はあるのかどうか、気になるところですが、これも時代とともに自由な発想となり、あまり神経質に考える必要はなくなりました。以前の風習では、「縁を断ち切る」という意味でふさわしくないといわれた刃物も、現在では、地域によっては「未来を切り開く」と捉え歓迎されるケースもあります。住んでいる地域の風習や環境に応じ、実家の両親に確かめるなどして品物を選びましょう。もっとも、下着や靴下を目上の人に贈るのは失礼とされているので要注意です。

出産内祝いの贈り物と通販サイトの利用について

これから出産内祝いを贈りたいと考えている方におすすめの情報

赤ちゃんが生まれたことをお祝いしてくれた方に、感謝の気持ちを込めて贈るのが、出産内祝いです。出産内祝いの商品は、通販サイトで購入することも可能です。ただ、初めて出産した女性が出産内祝いをするにあたっては、さまざまな疑問や不安が湧いて来るものです。そのような問題を解決するために、お祝いのスケジュールや品物の選び方、のし・メッセージカードのマナー、テクニックをあらかじめチェックしておくことも大切です。出産の後、女性の身体は妊娠前のコンディションに戻ろうとするので、体調が思わしくないケースは少なからずあるようです。また、産後は赤ちゃんのお世話をするために、忙しい毎日がスタートすることとなります。さらに、出産してから100日が経過するまでの間には、関連する行事が数多く待っています。それらの事情を考慮に入れると、内祝いの準備は、赤ちゃんが生まれる前に行なっておくと良いでしょう。そのような場面では、産前産後のスケジュールを前もってチェックしておくことが大切です。この先、出産内祝いをするにあたっては、まず、カタログを取り寄せるなどして、プレゼントする商品の目星をつけておくと良いでしょう。その際には、気になる商品をリストアップしておくと、後になってから役立ちます。また、過去にいただいた年賀状や引っ越しの通知などを元にして、内祝いを贈る相手の住所を整理しておけば、後の手続きをスムーズに、スピーディーに進めることができます。

赤ちゃんが生まれた後のスケジュールと贈り物の選び方

出産し、退院した後、赤ちゃんの生まれたことを知った人たちから、お祝いが届きます。実家に帰って出産した場合には、パートナーに状況を確認して、連絡してもらうと良いでしょう。それから、お祝いをいただいた方や、出産内祝いの内容をリストアップしましょう。こちらのステップでは、お祝いをし忘れることのないよう、念入りに確認しておくことが大切です。その後、内祝いとしてプレゼントする商品を注文しましょう。実家に帰っている場合にも、内祝いをするタイミングが外れることのないよう、注意する必要があります。内祝いをするタイミングとしては、産後1カ月程度が一般的な目安となります。また、後から届いたお祝いには、その都度お返しをすると良いでしょう。また、内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた相手には、お返しをするのが後になる場合でも、なるべく3日以内程度を目安に、お礼のご挨拶だけは行なっておきましょう。こちらのご挨拶は、手紙や電話で感謝の気持ちを伝えるものですが、正式には手紙でお礼をするのが一般的なスタイルです。特に、目上の方からお祝いをいただいた場合には、なるべく手紙でご挨拶をすることをおすすめします。次に、内祝いをするにあたっては、贈る品物の選び方にも気を配ることが大切です。こちらのステップでは、通販サイト上にラインアップされている商品を比較・検討するという方法もあります。お祝いをいただいた場合、お返しの金額は、お祝いの半分程度という慣習があるので、それに習って商品を選ぶと良いでしょう。ただし、お祝いをいただいたのが親戚や目上の方である場合、または高額な品物である場合には、3分の1程度でも問題ありません。あくまでも、相手に対する感謝の気持ちを伝えることが大切なので、金額にこだわり過ぎることなく、心のこもった品物をプレゼントするよう心掛けると良いでしょう。

プレゼントする品物を選ぶにあたっては

せっかく出産内祝いをするのであれば、相手に喜んでもらえる品物をプレゼントしたいものです。こちらの贈り物は、ネット通販で購入することも可能です。内祝いの贈り物としては、石鹸やタオルのセットを選ぶと、いくらあっても困らないので喜ばれます。また、食器などの日用品や、日持ちの良い焼き菓子、コーヒーなども定番の商品となっています。お祝いをいただいた方の趣味・趣向や家族構成などが分かっているのであれば、相手のライフスタイルをイメージしつつ、喜んでもらえそうな品物を選ぶと良いでしょう。近頃は通販カタログなどでたくさんの商品を扱っているところが増えています。内祝いには、何をいただいても、感謝の気持ちを嬉しく感じることに変わりはありませんが、趣味・趣向に合った品物であれば、いただいた時の喜びもひとしおです。日常的なお付き合いのある人であれば、日ごろから相手の好みをリサーチしておくのも良い方法です。その一方で、普段はお付き合いをしていない遠方の親せき、会社関係者などからお祝いをいただいて、相手の好みが分からない場合には、定番の品物を贈るのが無難な方法と言えます。また、最近では、個人の自由を重んじる風潮が高まり、内祝いでタブーとされる品物が少なくなってきていますが、相手の考え方を考慮に入れて贈り物を選ぶことも大切です。

出産内祝いを考える際に便利な通販を利用しよう

出産内祝いの概念と日本の文化

出産内祝いに見られるように、祝い事の行事が多い日本人社会ですが、いずれかのおめでたい事があった場合にお祝いを頂いた後、その返礼として行われるのがこの内祝いとされるものです。内祝いは基本的に貰った金額の、2分の1から3分の1とされており、最近ではお金などを返す事は無く品物で返すのが一般的です。祝い事の種類には、出産祝いと入学祝いや卒業祝い、成人式祝いや就職祝いに結婚祝い新築祝いなどのほか、快気祝いや還暦など節目節目で様々なお祝いがありますが、本人が直接返礼を返すのは社会人となってからになります。学生時分は勿論返すだけの甲斐性も無い為に、親が変わって返礼する事になっており、相手のお子さんに対して、同じ様なお祝いをする事でお返しとしています。学生の間は本人が、電話や手紙などでお礼状を出すのは礼儀とされ、心を込めて感謝の言葉を伝えます。また就職祝いなどもお返しする必要はありませんが、一般的には電話かお礼状を差し上げた後日、就職後の初月給などで土産物などを購入し、お礼を述べるのも礼儀に適っているとされます。しかし一方で、こうしたお祝いの返礼や礼儀の感覚の違いなどからおこるトラブルを避けるために、お互いの家庭でのお祝いをしないといった取り決めをする場合もあり、次第にお祝いも風習も変化しつつあります。また、現代の日本人社会において、核家族化が一般的になってきたせいで、年長者と暮らす事も少なくなり、次第に昔の風習自体が忘れ去られるという状況もあります。出産祝いなどは、基本的に内々で行われる事が多く、親しい間柄の友人間などでも行われます。

出産祝いのマナー

出産内祝いの場合は、出産祝いのお返しという側面がありますので、生まれた子供の名前を書いたのしを貼り、これを命名札として品物と一緒に贈るのがマナーです。生まれた子供のお披露目も兼ねて贈りますので、今後のお付き合いも兼ねる事になります。元々はこうした命名のお披露目でしたので、お祝いを頂く前に差し上げる事も多かったのですが、近頃では内祝いそのものの概念が贈り物を頂いた後に贈るものとして定義づけられたこともあり、後日贈るようになってきたわけです。したがって、昔ながらの方法で送ってしまうと、相手を戸惑わせるばかりか、催促を行っているものと勘違いされかねませんので、気を付けなければならないでしょう。出産祝いを贈る場合には、生まれて1か月以内に贈る事が必要ですが、その際には出産後のお母さんや赤ちゃんの健康状態の良し悪しを、あらかじめ聞いておくと良いでしょう。極端なケースとして、死産の場合などもありますので、聞く時には慎重に聞くことが大切で、お祝いを渡す場面ごとのマナーも大事になります。直接送り物を届ける場合には、まずは出向いても良い日にちを、旦那さんやご家族にあらかじめ聞いておきます。また配送する場合には、相手の負担にならないように、あまり高額の品物は贈らないようにし、メッセージカードなどを添えておくと、心が伝わりやすくなります。また贈り物に関しては、やはり赤ちゃんに対して実用的なものが喜ばれるようで、ちょうどいいサイズなどは自分達でも用意している場合が多いので、少し大きめのサイズの品物などを贈る方がいいようです。

通販で選んでもらうトラブルの回避の出産内祝い

一般的に、贈り物のお返しは半返しとされていますが、出産内祝いのトラブルで多いのは、目に見えて安いものを贈られた場合の他に、逆に贈られたものよりも高額なものを贈るというのも、トラブルの元となるものです。基本的に内祝いでのお返しは、感謝の気持ちを示すことが重要で、お返しをするタイミングも重要です。目安としては、贈り物やお金をいただいたら1カ月以内にお返しをお贈りするようにしましょう。また、お祝いを頂いたのが親とのつながりが深い場合には、親に代行してもらうというのはありですが、その際にも、頂いたものを身につけたり、一緒に写した写真を添えるなどして、きちんと気持ちが伝わるように心がけましょう。結婚式の引き出物も、この内祝いの側面を持っているものですが、先に品物を決めておくというところは、昔の内祝いに似ている面もあります。しかし、最近では引き出物代わりに通販カタログ本を送っておき、後日好きなものを選んでいただくという引き出物の形式を行う事も多くなってきました。確かに結婚式での引き出物で、新郎新婦の写真入りのカップや記念時計などを頂いても、処理に困る場合も多いのは事実なので、ニーズに合った方法です。内祝いで困るのは、やはり貰ったものが品物だった場合、値段の見当があまりつかないという事があります。また、金額が判明してもどのような品物を贈るのかを、出産内祝いの場合には悩む場合も多いものです。こうした場合はやはり通販カタログを使用して、相手に選んでもらうと、相手側も好きなものを選ぶ事が出来ますし、赤ちゃんを抱えて大変な時期に買い物に行くという手間も省けますので、最近はこうした方法をとる事も多くなってきています。

出産内祝いを贈る前に知っておきたいマナーとおすすめギフト

出産内祝いの基礎知識とマナー

赤ちゃんの誕生はとてもおめでたいことです。赤ちゃんが生まれると、親戚や友人、日頃お世話になっている方などから出産祝いを頂くことがあります。そのお返しに贈るお礼の品が、いわゆる「出産内祝い」です。出産内祝いとは、もともとはお世話になっている方々を招いて開く、赤ちゃんをお披露目する宴のことでした。現在では、赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた方たちに感謝の気持ちを品物でお返しするのが一般的になっています。出産内祝いをお返しする時期ですが、赤ちゃんが生まれてからだいたい一ヶ月、ちょうどお宮参りの時期を目安にするとよいでしょう。ですが、産後すぐの時期は体調の変化や赤ちゃんのお世話などがあるため、比較的心身の余裕がある出産前から、何を贈るかを決めるなどの準備をしておくのがおすすめです。また、お祝いを頂いた方のリストを作っておくと、忘れずにお返しを贈ることができます。その際、年賀状や引っ越しのお知らせなどを参考に、あらかじめ親戚やお世話になっている方々の住所を整理しておくと、スムーズに手配することができます。それと、出産祝いを頂いたときには、出産内祝いとは別に、お礼の挨拶を忘れないことが大切です。できれば受け取ってから三日以内には、感謝の気持ちを伝えたいところです。電話でも構いませんが、おすすめは手紙を書くことです。特に、目上の方からのお祝いには、正式なお礼として手紙で気持ちを伝えるのがよいでしょう。

出産内祝いの贈り方

出産内祝いの品物を選ぶとき、まず気になるのが「どれくらいの値段のものを贈ればいいのか」ということです。一般的に、お礼の品は頂いたお祝いの二分の一程度の金額のものがよいとされているため、出産祝いに頂いたものの半額ぶんを目安に選ぶことが多いです。ただし、親戚や目上の方からのお祝いや、高価なものを頂いた場合には、三分の一程度でも問題ありません。出産内祝いでなによりも大切なのは感謝の気持ちを伝えることです。あまり金額にとらわれずに、相手に喜ばれる心のこもった品物を選ぶようにしましょう。また、覚えておきたいのが「のし」のマナーで、日本の贈答品には欠かせないものです。まず、水引は「紅白蝶結び」を選びます。出産のような何度あってもおめでたいことには、繰り返し喜びが訪れることを願って、ほどけても何度でも結び直せる蝶結びの水引を使います。結婚などの「一回きり」がよいとされるお祝い事に使う「結び切り」との区別が大切です。表書きについては、のし上に「内祝」のし下には赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。出産内祝いには赤ちゃんのお披露目という意味合いもあるので、名前にはふりがなを添えるのが一般的です。このほか、感謝の気持ちや赤ちゃんの名前の由来などを伝えるために、贈り物にメッセージカードや挨拶状を添えるのもよいでしょう。親戚など親しい方には、赤ちゃんの写真が入ったメッセージカードでも喜ばれます。

相手別・おすすめの出産内祝い

贈り物の中身に関してですが、大前提は「相手が喜ぶもの」であることです。自分の価値観を押し付けずに、お祝いを下さった方の立場になって選ぶことが大切です。品物を選ぶ際に知っておきたいのが「避けた方がいい品」についてです。昔に比べると、贈り物に関するタブーは減ってきましたが、例えば、刃物は縁を断ち切るので贈答品にはふさわしくない、現金や金券を贈るのは失礼にあたるといった考え方もあります。自分は気にしないことでも、相手もそうだとは限りません。そのため、こういった品は避けた方が無難でしょう。出産内祝いの定番ギフトといえば、いくらあっても困らない石鹸やタオルのセット、日持ちのするお菓子やコーヒーといった食品などです。自分ではなかなか買わないけれど、あったらいいなと思うものを基準に、上質なものを選ぶとよいでしょう。また、最近では相手に好きなものを選んでいただくカタログギフトも一般的になってきました。こういった定番ギフトは、いわゆる万人受けする品物なので、普段お付き合いのない遠方の親戚や会社関係の方などには特におすすめです。これとは逆に、相手の好みや家族構成といったライフスタイルがわかっている相手には、どんなものが喜ばれるかを考えながら贈るものを選ぶとよいでしょう。最近では、お返しをする相手によって出産内祝いの内容を変える「贈り分け」が一般的になってきています。例えば、親しい女性の友人への内祝いであれば、日頃から好みを把握しやすい間柄なだけに、相手が喜びそうなものを選ぶのが一番です。特に、スイーツなどグルメの詰め合わせや、高級ハンドクリームやヘアケア用品などの美容グッズも喜ばれることが多いです。また、男性の上司や同僚、友人などへのお返しであれば、センスある上質な品物を選ぶのがおすすめです。よく飲まれる方にはお酒やグラスなどを贈ると喜ばれますし、コーヒー好きの方にはこだわりのコーヒーなどもいいでしょう。さらに、ママ友などご家族向けに贈りたいのが、家族で使えるギフトです。何かと必要になるタオル類やみんなで楽しめるスイーツやジュースなどがおすすめです。もしご近所さんや馴染みの方から連名で頂いたお祝いには、お菓子の詰め合わせのような大勢でも分けられるギフトが便利です。代表者に一括で届けるか、手渡しで配るかは、下さった方の住所や相手に合わせて臨機応変に対応しましょう。このように、一口に出産内祝いと言っても、相手によっておすすめの品はさまざまです。ですが、何よりも大切なのは感謝の気持ちです。迷ったときには、どうすれば相手にお礼の気持ちが伝わるかを基準に検討するとよいでしょう。

出産内祝いを贈る適切な時期と喜ばれるギフトとは

出産祝いと出産内祝いの違い

今、出産を控えているプレママさん、皆さんの中には出産祝いは聞いたことがあっても、出産内祝いという言葉は聞き慣れないという方、出産内祝いがどういったものなのかわからないという方もいるかもしれません。妊娠や出産がまだ自分の事ではない時には周りから「出産祝いのお返しが大変なんです」と聞くことはあっても、「出産内祝いが大変なんです」と言われることは少ないでしょう。そこで今回は、出産内祝いとはどういったものなのか、贈る時期はいつがいいのかなどを紹介します。まず出産祝いとは、身内の方や友人、同僚の方が、出産された方やご家族に向けてお祝いの気持ちを送るものです。赤ちゃんのお洋服やおくるみ、靴などのほかに、今はオムツケーキも人気があります。対して出産内祝いは、出産祝いを贈ってくれた方にお返しすることを言います。お祝いをしてくれた感謝の気持ちと共に、お子さんのお名前をお披露目する意味もあります。贈答品にのしとメッセージカードを添えて送るのが一般的です。のしやメッセージカードは無料サービスのところもあります。百貨店やギフト専門ショップだけでなく、出産内祝い専門のサイトも増えてきています。それぞれ、有名ブランドや大手出版社とコラボして商品の販売のほか、出産内祝いに関する情報を発信しているサイトも多数あります。

出産内祝いを送る適切な時期とは

出産後は体調を整えるだけでも大変です。さらに赤ちゃんが生まれてから行う行事も多く、初産の方は特に何もかもが初めてだらけで心身共にいっぱいいっぱいになってしまいます。しかし出産内祝いを送る時期は、出産から1か月後位とされています。丁度お宮参りの頃です。たくさんの方から出産祝いをいただき、そのお返しをするのは大変ですが、一人で頑張ろうとせず、ぜひ旦那さんやご自身のご家族からも力を借りましょう。特にお母さんは出産時の大変さを一番よく解っているはずです。実際、両親からはお返しはいらないから、と言ってもらえる場合もあるようです。もしそういった声を掛けていただいた時には出産内祝いの時期からは遅れてしまっても、落ち着いたら何か喜ばれるものを送ったり、一緒に食事に行くのもよいでしょう。その他の親戚や友人の方などには、同じものを一度にまとめて贈ってもかまいません。出産祝いでいただいたものの大体の金額ごとに分けて送るのもよいでしょう。前述のように出産内祝いに関するサイトはたくさんあります。出来ることなら、どのサイトから商品を選んで、どんなのしで、メッセージカードはどうするかなど、妊娠中に決められることは決めておきましょう。また出産内祝いの費用としては、出産祝いでいただいたギフトの半分程度の金額が相場ということですが、同じぐらいの金額の物を送っている方もいます。いただいたギフトの金額が必ずしも正確にわかるわけではないので難しいところです。ある程度であれば、商品名や型番などで調べることもできます。それでも気軽に話せる間柄の方にはそんなに高価なものでなくてもいいことをさりげなく伝えておくのは、出産内祝いに掛ける費用を抑えられる一つの方法です。どうしても迷った時にはお祝いをしてくれた方が好きそうなものや普段使いがしやすい日用品をお返しすると、きっと喜ばれます。

出産内祝いには、相手が選べるものが定番人気!

出産内祝いを送る時期が分かって、大体の予算も見当が付いたら次は贈るものを何にするかを考えましょう。タオルや紅茶のセットやお菓子など、取って置いてもいつか使う便利なものや、美味しく食べられるものが、少し前までは人気でした。しかし今ではカタログギフトやギフト券といった、相手が欲しいと思うものを選んで、購入できるものが出産内祝いにも好評なようです。確かに、核家族化で若い人が住んでいる家庭と、高齢の方が住んでいる家庭が大きく分かれていることが多い現代、両方の好みや用途に合うものを選ぶのは難しいです。前述の通り、出産前後の忙しい時期に多くのご家庭に一度に同じギフトを贈るとしたら、やはり誰でも好きな物を購入できたり、その方が欲しいものを選べるギフトはこちらとしても助かりますし、贈られた方も選択肢が選べる楽しさもあり、とても喜んでもらえるはずです。例えばギフト券にも様々ありますが、選び方としては、百貨店の商品券は全国共通のものもありますが、地域によっては百貨店が近くにない場合もあります。大手クレジットカード会社のギフト券や旅行券、お米券など、広く使えるものを選ぶと、どの地域に住んでいる方も安心して使えます。それから、カタログギフトのイメージでは、欲しいと思えるものがないということがデメリットとしてありました。ご自身でもらったことがある方はこういった思いを抱いた方もいらっしゃるでしょう。しかし今ではグルメや旅行を選べるカタログも増えてきており、雑貨やちょっとした家電だけのカタログギフトだけではありません。予算も様々ありますので贈る側と受け取る側のミスマッチも少なくなっています。お祝いをしてくれた方に、心を込めたお礼と、家族が増えて幸せな毎日を過ごしていることを伝える出産内祝いをしっかりお返ししたいものです。

出産内祝いを通販で購入するポイントや口コミの参考について

出産内祝いの基本について

出産の祝いをしてくれた方にお返しをするのが内祝いです。しかし、お返しと言ってもどんなものを贈ればいいのか、何に気を付けたらいいのかがよく分からないという人もいるでしょう。特に初めてのお返しでは悩んでしまうと思うので、ここではスムーズにお返しをするためにも基本的なマナーについて紹介します。まず、そもそも出産内祝いはいつ頃贈ればいいのかと悩む人もいるでしょう。出産から約一カ月後にお宮参りを行いますが、基本的にはお宮参りをするタイミングで出産内祝いを贈ります。絶対にこの時期にという決まりはありませんが、多くの人は目安として出産から一カ月後くらいにお返しをしています。なぜ一カ月後なのかと言うと、出産から約一週間は病院で入院をしますし、その後も生活するための準備やらで何かと忙しいからです。このタイミングでお返しをするのは難しいので、なるべくある程度落ち着く約一カ月程度を目安に送るといいです。続いて金額の目安について知りたい方もいるので紹介します。一般的にお返しをする金額としてはいただいた金額の半分から3分の1程度が多いと言われています。実際に金額を重視するのも必要なことですが、半分・3分の1などと厳密にこだわって考えるよりも気持ちが大切ですので、まずは失礼にならないことと、相手にとって何がいいのかを考えながら選ぶことが大切です。また、のしについて悩む人もいるでしょう。のしには基本的に誕生した赤ちゃんの名前を入れるのが一般的です。のしは内のし、水引きは蝶結びが基本だと言われています。このように基本的なものを準備すると問題ないでしょう。その他にもあいさつ状の有無について悩む方もいるかと思いますが、これは必ず必要と決まっているわけではありません。しかし、お祝いを頂いたお礼なので何も書かれていないものを渡すよりは感謝の気持ちを書いたあいさつカードを用意した方がマナーとして基本です。このように、基本的なマナーについて述べましたが、説明した内容を把握していればマナー違反となることはありません。いざ贈るときに困らないように、出産内祝いをしたいと思っている人は参考にしてください。

出産内祝いの選び方について

出産内祝いは親戚や友人など様々な人たちに贈るものですが、選べるアイテムは多くて何をセレクトしたら喜んでもらえるのか分からずに悩む人もいるでしょう。そこで、ここでは選び方のコツについて紹介します。まず1つ目は実用的な消耗品を候補にして考えることです。基本的に生活をしていくためには必要な消耗品がたくさんあります。例えば洗剤などあっても困らないアイテムですし、購入する手間が省けるのでもらって嬉しいと思われる確率も高いと言われています。洗剤以外にもシャンプーやリンス、タオルやバスタオルなどこれらの商品は生活するためには必須のアイテムです。実用的な消耗品なので、迷っているときにはおすすめのアイテムです。続いて2つ目は日持ちする食品です。実際に出産内祝いでは食品を選んだりする人も多いです。しかし、中にはその日のうちに食べなければならない日持ちしないものもあります。マナー違反と言うわけではありませんが、すぐに食べなければならないものは、相手を困らせてしまうこともあるので、できる限り避けるのがマナーです。食品と言っても日持ちするものもたくさんあるので、そういったものを選んだ方が喜ばれる確率は上がります。3つ目は一人一人の趣味に合わせて選ぶことです。出産内祝いは相手に感謝の気持ちを伝えるために贈ります。とはいえ何を贈るか迷う場合もあるので、失敗しないためには相手の趣味に合うカタログなどを贈る方法もあります。カタログなら自分の好きなものを選べるので失敗する可能性も減ります。このように、選び方は重要なので特に何を選んだら良いか迷っている人は参考にして選ぶといいです。

通販で選ぶ際は口コミと商品の種類を参考にしよう

出産内祝いは通販で購入する人も多いでしょう。これから通販を活用して選ぶ人もいるかもしれませんが、通販で購入するなら口コミは参考にした方がいいです。なぜ口コミを参考にした方がいいのかについて述べますが、口コミは実際に利用したことがある人の話を聞けるメリットがあります。実際に通販を利用してみての感想を聞くことができるので、評判が悪ければ見送ることができますし、評判が良いものを選ぶことで後悔することを避けられる可能性があります。正確な情報を知りたい場合には口コミを参考にするといいとされているので、どこで購入しようか迷っているなら口コミの活用を考えると選びやすくなります。また、通販は口コミ以外にも商品の豊富さで確認する必要があります。たくさん選択肢があった方がお返しも選びやすいので、失敗しない選び方をするためにも、商品の種類も確認しておくと安心です。このように口コミと商品について述べましたが、通販は選び方で満足してもらえるかどうかが変わってくるので、こだわりたい人は特に参考にした方がいいポイントです。

出産内祝いを選ぶなら通販が便利でお得!その3つの理由とは?

産後のママはとても忙しい

出産内祝いとは、この世に生まれてきてくれた赤ちゃんの誕生をお祝いすることで、もともとは家族や親戚など親しい人との間で行われていました。最近では、出産祝いのお返しとして贈り物を贈るというイメージが定着しています。本来は赤ちゃんの名前を披露して、おめでたい家族の幸せを共有するというものですので、相手が喜ぶようなものを贈りたいものです。しかし、丁寧に相手への贈り物を選びたいと思う一方、そんな時間がなかなか取れないのが産後のママの悩みです。2時間か3時間おきの授乳に、1日に10回を超えるおむつ替え、さらに上のお子さんがいる場合は幼稚園などの送迎や、洗濯や炊事などの家事など、産後のママは休む暇がないほど忙しいのが現実です。さらに産後は出産内祝い以外にも様々なお祝いのイベントがあります。まず病院から退院してすぐに行うお七夜参りがあります。さらに生後約1カ月後に行うお宮参りに続き、生後100日目に行うお食い初めなど、産後のママには準備しなくてはならないイベントがたくさんあります。そのため、家に居ても空いた時間に贈り物の品物を選び、注文することができる通販で出産内祝いを選ぶことには大きなメリットがあるのです。限りある時間を有効に活用するためにも、小さな赤ちゃんを連れて一軒一軒お店に足を運ぶ手間を省き、自宅で時間があるときにネットやスマホから注文する方法を選択してみてはいかがでしょうか。

通販にはお得なサービスがある

出産内祝いを通販で選ぶと、通販ならではのうれしいサービスがたくさんあります。例えば、出産内祝いで喜ばれるサービスは写真付きメッセージカードです。自分で作るには少し手間がかかるメッセージカードなので、写真と言葉を入れるだけで作れるようなシステムは産後のママに喜ばれています。そもそも出産内祝いとは、産まれてきてくれた元気な赤ちゃんとその赤ちゃんの名前をみなさんにお披露目するという意味があります。しかし核家族化が進む現代では、家族や親戚に会いたくても簡単に会いに行けない距離でお互い生活をしているという家庭も少なくありません。写真付きのメッセージカードは名前が分かるだけでなく、相手が赤ちゃんの写真を見ることができるので会えなくても愛着が湧いてきます。最近スマホでの写真付きメールが普及していますが、スマホでなく実際に手に取って写真を見ることができるので、思い出の品にもなります。さらに通販では送料が無料になることもあります。これは最近荷物宅配サービスが徐々に値上げしているなかで、とてもうれしいサービスです。送り先が10件、20件と多くなればなるほど悩ましくなるのがこの輸送コストです。一般的に贈り物の送料は大きさや重さにもよりますが平均して1000円ほどかかります。それが無料になるので、その分のコストを贈り物に充てることができます。また買い物をしたときにあるとうれしいのがポイントサービスです。いまや、コンビニやスーパー、百貨店などで買い物をしたときにポイントが付きます。ポイントを貯めて、現金に還元したりギフトと交換したりする楽しみは、今や買い物の付加価値にもなっています。出産内祝いは送るサイトによってポイント制度を導入しているショップがあれば、活用したいところです。

多彩なギフトから選ぶことができる

出産内祝いは元来、産まれてきてくれた赤ちゃんの誕生をお祝いしてお赤飯などを配るというものでしたが、最近では頂いた出産祝いのお返しとして位置づけされることが多くなりました。そのため、相手の方が喜んでもらえるようなプレゼントを選ぶことが大切になります。しかしここで問題になるのが、送る相手の好みがその方によって違うという点です。お祝いを贈る相手は、友人やいとこの同世代、親世代、祖父母世代と年齢層が広いのが特徴です。そのため送る相手に応じて出産内祝いを選ぶことは、今やスタンダードになってきています。その点で有利なのが通販です。通販なら幅広い年齢層が喜んでいただけるような多種多様なギフトから、送る相手に応じたものを選ぶことができます。例えば、祖父や祖母など比較的高齢の方には、素材が良いタオルや生活必需品のお米などが喜ばれています。また、両親世代へは日本酒や焼酎、ワインなどのお酒や好きなものを選ぶことができるカタログギフトなどが人気です。そして友人や同僚の方には、スイーツセットや自分好みのものが選ぶことができるカタログギフトが圧倒的に高い支持を得ています。いずれにしても、ギフトを開いた瞬間に相手の笑顔が浮かんでくるようなものを思い浮かべて選ぶことが大切です。そのため事前から好みをリサーチしておき、相手が喜ぶギフトを選びましょう。最後に、多彩なギフトから相手に喜んでもらえるギフトを選ぶときに気をつけたいのが、名前入りのギフトにできるかどうかです。カステラやチーズケーキなどのスイーツに赤ちゃんの名前を印刷できる名入れギフトは、出産内祝いでも人気のサービスです。名前を入れるだけでオリジナリティーが出るので、相手の心に深い印象を与えることができます。また名前入りのギフトを贈ることは、その後の話題作りにも役立ちます。

出産時の祝い品では名入れができる

出産内祝いのお悩みを解決してくれる存在

現在周りの友人たちが次々と結婚して出産をしているといった状況にあるという方もいるでしょう。そうなると、実際に結婚して出産をした友人に、出産祝いを贈る必要があるにもかかわらず、いったいどのようなものを贈ればいいのか分からなくて悩んでいるという方もいるかもしれません。そんな時には出産祝い向けの商品を取り扱っているギフトショップがあれば選びやすいものですが、近くにそういったショップがない場合は、ますますどうしていいか分からなくなるかもしれません。そのような場合、出産祝い向けギフトを取り扱うショップは、必ずしも実店舗だけでなく、通販をしているところもあるということを忘れないようにしましょう。そのようなサイトを運用している業者に依頼することで、出産祝いも購入しやすくなります。こういった通販サイトの場合は、専用のギフトセットをいくつも販売しているので、もらった人が喜びそうなものが既にセットになっているといった商品も多数揃えてあります。このような方法を利用することで、改めてどこに店舗があるのかを探してわざわざ出向かなくても、例えば自宅などで暇なときにスマートフォンを眺めながら購入することもできますし、出産した友達へ直接配送してもらうこともできます。直接会って渡せるような距離ならまだしも、遠方の友人や知人に送りたい場合、商品を直接相手方に配送してもらうようにすると便利です。さらにギフト専用の業者では、価格帯ごとにさまざまなセット商品をバリエーション豊富に揃えているので、予算に合わせた出産内祝いを贈ることができます。そういったギフトをメインで販売している業者の場合、ラッピングにも色々と趣向を凝らしていることがあるので、さらに満足度の高い贈り物をすることができるでしょう。

選べる価格と品物

出産内祝いを贈る時に最初に考えるのは予算です。いくら相手を祝いたいと思っていても、贈る側が無理をしてはいけません、貰う方からしても無理な贈り物は気が引けます。価格の高いものを贈れば喜んでもらえるというわけでもありません。分相応と言えるように、予算内でできるだけ相手が喜ぶものを贈ることが大事です。ギフトを選ぶときに、単品をいくつか選んでいると結構な価格になることが多々あります。そうならないように、予算から選べる出産内祝いギフトなどを販売している通販サイトがあります。そういったところで、ギフトを選んでいくことができます。まず、自分が適切だと思える価格帯を選んで、そこからギフトを選んでいくことになるでしょう。ちなみに、大体3000円から5000円程度というのが友人などの出産内祝いのギフトで多い価格帯のようです。タオルなどは何枚あっても邪魔にならず、使う機会も多いものなので、手軽ながらも意外に喜ばれる出産内祝いとなっています。さらにそのタオルに名入りのものを添えればより喜んでもらえるでしょう。

名入れのお祝い品

赤ちゃん用ギフトサイトなら、その専門店ならではのちょっとした嬉しい気遣いをしてくれることがあります。例えば名入れを行ってくれるのは贈る方にとっても贈られる方にとっても嬉しいものです。そのグッズにより一層の喜びを感じることができるでしょう。ベビー服などと一緒に添える贈り物として、お菓子やケーキなどを贈り、その中に生まれた赤ちゃんの名前が入っていると大変喜ばれることでしょう。紙に名前を入れる場合もあれば、お菓子自体に赤ちゃんの名を施して贈ることもできます。いろいろなサイドプレゼントが用意されており、焼き菓子などには包装用紙に名入れが行われていたり、直接お菓子に名入れが行われていたりする場合もあります。別途タオルなどとのセット商品などもあります。いろいろな組み合わせを考えることができるという点は、こういった赤ちゃん用ギフト専門店でなければできないようなサービスではないでしょうか。これだけいろいろなセット商品があるおかげで、購入するときに気に入るようなギフトを見つけることができます。中にはブランドもののギフトなどもあるので、ギフトでもクオリティを重視してブランド物が良いといった人の場合でも、贈りたいギフト商品を見つけることができます。変わったギフトとしては、赤ちゃん用というよりは家族用に贈る贈り物として、お酒なども選択肢に入れることができるようなショップもあります。そこで、名入りラベルをつけて贈るというものです。カステラなどは、名入りだけではなく生まれた日も刻印して貰える場合があり、そうして焼き上がったものを贈ることができるようなサイトもあります。他に洋服などと一緒に贈ると大変喜ばれるでしょう。こうしたあたたかい気遣いに包まれた、相手の喜ぶ顔が目に浮かぶようなギフトがプレゼントできる業者を選ぶと良いでしょう。定番のタオルと名入りお菓子をギフトで贈れば、予算的にも安く済みますし、贈られる方にも喜んでもらえます。出産内祝いを贈る際の大事なことは、贈る方と贈られた方の両方が満足できる品物を贈ることです。そうした満足に繋がるサービスを行ってくれるところとして、じっくりと品物を選べる通販サイトで、きめ細かなサービスを行ってくれるところを探してみましょう。

出産祝いと内祝いの違いや通販で販売されている商品と選び方

出産祝いと内祝いの違い

出産内祝いと聞いて出産祝いと一体何が違うの思われる人もいるのではないでしょうか。出産祝いとは主に出産をした人を祝うために何かの商品または現金を送ります。基本的に出産をすることは新しい命が誕生することを意味するので、祝い事の一つとして数えることができます。実際に出産をされる親御さんの中には孫の顔を見たいと感じる人も多くいます。そのため、孫が誕生をしたことに喜ぶ人も少なくないでしょう。このように祝い事の一つになるので、出産をした方に親族などにおいては現金を送ることが多いです。必ず現金でなければいけないという決まりはありませんが、祝い袋に入れてお渡しする人も多いです。一方で友人や知人においては何かのプレゼントを準備してお渡しします。そのプレゼントの種類は多岐にわたります。例えば赤ちゃんも時間の経過と共に成長をすることになるので、授乳ではなく離乳食が始まります。その時のために離乳食用のお皿やフォークをプレゼントする人もいます。その他にも名前入りのハンカチや、子育てに役立ちそうな商品を送る人が多いです。このように出産をした人に対して祝うことを出産祝いと表現することが多いですが、それとは違い内祝いとは出産祝いを頂いた人へお返しをする目的でプレゼントをお渡しすることになります。簡単に表現をすれば出産祝いのお返しです。そのため、出産祝いとは意味合いにおいて大きな違いがあります。一般的に内祝いをしない人は少なく、出産祝いをしてくれた方全員に内祝いをする人が多いです。内祝いをする時期に関してはその地域の風習や家庭によっても異なりますが、生後2週間から1カ月までには済ませる人が多いです。金額においては出産祝いとしていただいた時の金額の2分の1から3分の1でお返しをする人が多いです。目上の人にはマナーとして3分の1を選択する人が多いです。品物を選ぶためにはまずどのようなお店で購入するのかを決める必要があるでしょう。従来のように街中のショップなどで購入することも可能です。また今では通販での購入をする人が多いです。インターネット接続環境があれば利用できるため、お買い物の利便性が高くなることが期待できます。

通販サイトで販売されている内祝いの商品について

通販サイトで販売されている内祝いの商品には複数の種類があります。種類を知っておくことで自分の購入をする時に参考にできる可能性があります。種類の一つとして挙げられるのが、名入れギフトになります。名入れギフトは数千円から一万円くらいまで幅広い価格の商品があります。お菓子から、デザートジュースなど幅広い種類の商品があるので、送る相手の好みに合わせて選択することができます。その他にもベビーギフトがあります。実際に出産祝いのお返しをする人の中には小さいお子さまがいる人もいるのではないでしょうか。そのような人にはベビーギフトを選択することで喜ばれる可能性があります。その他にも食器ギフトがあります。食器ギフトの中には電子レンジで温めることができるものもあり、そのような商品を選択すれば子育て中のお母さまのサポートができるのではないでしょうか。その他のギフトとしては和雑貨があります。和雑貨とは和風なデザインが施された食器や風呂敷などになります。例えば旦那様のお母さまやお父さまに送る際に和雑貨を選択する人も少なくありません。実際に皿やコップは食卓には欠かすことができないものになるので、使っていただける可能性が高くなるでしょう。その他にもランドリー、バスグッズがあります。ランドリー、バスグッズの中には入浴剤や洗濯物洗剤、柔軟剤なども含まれています。特に洗濯洗剤や柔軟剤に関しては洗濯する回数が多いと消費しやすいので、たくさん自宅にあっても不快さを感じる人は少なくなります。その他にもグルメギフトがあります。グルメギフトの中にはお菓子はもちろんのこと、コーヒーや蕎麦盛り合わせなど幅広い種類のフード系ギフトが販売されています。

内祝いをするために通販を選択しよう

内祝いをするために通販サイトを選択したいと思われている人も少なくないでしょう。選び方のコツは価格です。できるだけ予算内でなるべく相手が喜ぶ商品を選択したいと考えている人も少なくないでしょう。もし価格が高いとその分選択できる商品が限られる可能性があるので、なるべく安いところを選択したいと思われる方は珍しくありません。通販サイトの中にはできるだけ安く提供することができるように商品の価格はもちろんのこと、一定金額購入した人に送料を無料してくれるサービスを実施してくれます。通販サイトを選択する時は口コミを活用することもオススメです。例えば口コミを活用することで、実際に利用した人の意見を聞くことができるので、お店選びに活用することができます。このようなコツを参考にして親族や友人などが喜んでくれる商品を選択してお返しをしましょう。

出産祝いにもお返しにも名入れギフトは大人気!

出産祝いに名入れギフトを贈る!

出産祝いというとどのようなものを贈ったらよいのか迷ってしまうという人も多くいます。実際に自分に経験がある場合にはもらってうれしかった物が良いのではないかと判断することもできますが、多くの人はどんなものが喜ばれるだろうかといろいろ考えます。せっかく贈るなら喜んでもらいたいのは当然のことですが、できれば他の人とは違った特別感のあるものにしたいという気持ちもあります。とはいっても高額なものを送ることは相手へ迷惑になることもありますから適切な価格の中で特別感のあるものを選ぶことになります。近年人気が高い物の中にはおむつケーキがありますが、確かにこれは赤ちゃんにとって欠かすことのできないものですからいくらもらってもうれしいものとなります。でも贈る側からしてみるとやはり他とは違った特別感を感じてほしいとも考えます。出産は両親にとって人生の中でも他にはない特別な経験となりますからその喜びをともに感じていることを表すものがギフトでもあります。おめでとうの気持ちを込めて贈ることになりますからやはりどのようなものがよいのかは悩むところです。そこでその特別感を表すためにちょっとした工夫として名入れを行うことができます。赤ちゃんの名前を事前に聞きお祝いの品に赤ちゃんの名前を入れることで他にはないその子のためだけの贈り物になりますから贈る側も頂く側もその特別感はうれしいものとなります。名前を入れることができるアイテムはいろいろなものがありますから赤ちゃんにピッタリのものを選んで入れてもらうことができます。名前の字もひらがなや漢字、カタカナと選択することができ便利です。多くの場合赤ちゃんに必要になるであろう物を贈りますが、だからこそ、その子専用のものであるということで名前が入っているのは使用する上でも助かるものとなります。

出産祝いの名入れギフトにはどんなものがある?

出産祝いを贈る時に気になるものの一つに名入れギフトがあります。赤ちゃんの名前を入れて贈ることができたら、その特別感は他にはないものになりますが、どんなものでも名前を入れればよいというわけでもありませんからどのような物があるのか気になるところです。名前を入れることができる物の種類はとても多くあります。タオルにスタイ、バックやリュック、衣類なども名前を入れることができます。タオルで人気のあるものは今治製のタオルが人気となっていますが、そこにさらに名前を入れることでその子だけのタオルになります。近年タオルなども赤ちゃんの物はその子専用のものにして使用することが病気などを移さないためにも必要なことになってきていますからそういったことを考えてもタオルに名前を入れて贈るというのも受け取る側にとってはうれしいものとなります。他にも名前を入れたリュックなども人気となっています。もちろんすぐに使用することができるわけではありませんが、歩くようになれば赤ちゃんが背負うこともできますし、それまではお出かけの時に赤ちゃんの物を入れて大人が持ち運びして必要なときにすぐに必要なものを出すことができます。リュックだけでなくトートバッグなどは名前が入っていることでその子のものを専用に入れて持ち運ぶことができますからとても便利なグッズとなります。また、スタイなども名前が入っていればどこかに出かけた際にすぐに自分の子供のものであることがわかりますし、スタイは何枚あっても困るものではありません。おむつケーキでも名前が入っていることで特別感のある贈りものとなります。

出産祝いのお返しに名入れギフトを!

出産祝いを頂いたらお返しを贈ることになりますが、どのようなものを返したらよいのかいろいろと悩むところです。お返しはお礼であり、赤ちゃんの初めての挨拶にもなります。これからよろしくお願いしますという気持ちを込めることを考えると赤ちゃんの名前を入れることはとても理想的なものともなります。お返しでは命名札やのし等に赤ちゃんの名前を記入しますがそれだけでなく品物にも赤ちゃんの名前が入ることで名前をしっかり印象に残すこともできます。お返しは内祝いと呼ぶことが多くなっていますが、内祝いの品で一般的なものとなっているのが記念品や消耗品となります。消耗品ということでは、クッキーや焼き菓子など日持ちがするものが好まれますが、こういったものでも名前を入れることができるものもあります。また、贈る相手によって品をいくつか選ぶということもできます。たとえば親戚などには記念品、友達などに贈る場合には子供がいることが分かっていれば良く使用することになるタオルなどを贈るということもあります。一人ひとりに合わせることは難しくても少しでも喜ばれるものを選択したいと考える人は多いでしょう。内祝いを贈るのは産後1か月前後というのが流れになりますがそのころにはまだまだお母さんは赤ちゃんのお世話などに忙しく自分の体調も不安定ということもありますからあまり無理をしないようにすることも必要です。何よりも心がこもっているということが大切なことになりますからまずはそのことを一番に考えなければいけませんが、マナーや好み等贈る相手のことをよく考えて、どのようなものがよいのか検討しましょう。

出産祝いのお返しについての豆知識

出産祝いのお返しの品を選ぶポイント

赤ちゃんが誕生して、たくさんの方が祝福してくれることはとても幸せなことです。そんな大切な方への出産祝いのお返しで、どんなものを贈ったらいいのかなど悩まれている方は多いのではないでしょうか。どのようなポイントでお返しの品を選んでいくと良いのでしょうか。出産祝いのお返しの品は近年、とてもたくさんの種類の中から選ぶことができます。出産直後は産後の身体が戻ろうとするため、ママの体調がすぐれないことがあったり、慣れない赤ちゃんのお世話があったりなどで、忙しい毎日になることが多いことから、内祝い用のショップ選びやカタログの取り寄せなどは出産前に用意できると便利です。商品がたくさんあって、お返しをする際に迷ってしまった場合は、その方の生活シーンや、家庭の環境、家族構成などを思い浮かべながら選ぶと良いでしょう。ほかにも自分がもらった時に嬉しいかや、どんなシーンで使えるのかなどを想像してみたり置き換えたりして考えてみても良いでしょう。もしかしたらギフト選びのヒントになるかもしれません。相手が主婦の方や家族をお持ちの方の場合は洗濯洗剤や食器用洗剤、ボディーソープやハンドソープやタオルなど、日常生活で必ず使用するようなものは重宝するため喜ばれることがあります。近しい方や友人、家族などへお返しする際は、その方の好みに合わせて選ぶととても喜ばれる可能性があります。その反面、好みなどがわからない方へのお返しの際は定番で人気のあるものを選んだ方が良い場合もあります。大切なのは、ありがとうを伝えることができるギフトです。心のこもったお返し品を選ぶことができると、相手が喜ぶお返しを選ぶことにつながるのではないでしょうか。

おすすめの出産祝いのお返しとは

たくさんあるお返しの品から選ぶことになるため、迷われる方が多い傾向にあります。選ぶ時に人気のあるものやトレンド、ランキングを参考にすると選びやすい場合もあります。近年人気のあるジャンルの一つに名入れギフトがあります。オリジナリティーも高く、自分らしいお返しができることが考えられます。赤ちゃんの名前の紹介にもなり喜ばれることが多いことが人気の理由です。また、基本的にタオルは生活の中で使用する機会が多いですから実際に名入れタオルを選択する人も多いです。次にグルメギフトも人気の商品の一つになります。さまざまな種類やブランドなどから選ぶことができ、相手の方に喜ばれることが多いアイテムです。例えばグルメギフトの中には有名ブランド米や、珈琲などがあります。お米は基本的に多くの日本人が食べるので、頂いた人の中には不快感を抱く人は少なくないでしょう。また、珈琲に関しても毎朝飲む人も少なくありません。お米と同様に珈琲に関しても消費されることが考えられるので、出産内祝として喜んでくれる人もいるのではないでしょうか。カタログギフトを選ぶ人も少なくありません。カタログギフトは通常の品とは異なり、カタログの中から商品を選ぶことになります。そのため、それを受け取った方は自分で納得した商品を選択できる可能性があります。使わない物を受け取るリスクが少ないので、内祝いとして選ばれる人も多いです。定番ギフトとして知られているのが洗濯する時に使用する洗剤やお風呂で湯船に入れる入浴剤などが挙げられます。なお、洗剤は一つではなく複数個ギフトとして包みお渡しをする人が多いです。このように出産祝いのお返しのギフトは複数あり、おすすめの商品や多くの人が選択するものを選ぶことで、相手に満足してもらえるようなお返しができる確率は上がります。

ネットショップで購入するメリットとは

これから出産祝いのお返しをするために商品の購入について検討している方も多いのではないでしょうか。購入の際にはいくつか方法がありますが、その中でもここ最近利用者が急増しているのがネットショップの利用です。ネットショップを利用して購入することでどんなメリットがあるのでしょうか。どこで購入しようか迷っている方に向けて、そのメリットについて紹介します。1つ目は商品の探しやすさです。探し方としては様々な方法がありますが、例えば価格から探すことができるネットショップもあり、商品の選択に苦労することはありません。例えばたくさんの人に返さなければならないという時にはネットショップを利用した方がスムーズに商品を選ぶことができます。2つ目は商品の種類が多いのも魅力的な部分です。例えば実店舗などで購入をしようとしてもなかなか専門店などは存在していません。その為、色々なお店を回って決める必要がありますが、ネットショップなら専用のショップが存在しているので、目的に合った商品を選びやすくなっています。このように、メリットについて述べましたが、これから購入を検討している人はどこで購入するかはメリットも見ながら決めるようにすると失敗する可能性も低いです。

出産祝いのお返しにブランド品を贈るコツとは

出産祝いのお返しギフト

出産祝いのお返しとしてすっかり定着している内祝いギフトは、感謝の気持ちを込めて贈られる側のことをよく考えて選ぶものです。そうはいっても、親しい友人や親戚、お世話になった目上の方や職場の同僚など、それぞれの立場に合ったギフトを選ぶのはなかなか手間がかかるものです。贈り物のポイントとしては、実用性+αのあるもので、普段使いもできるけれど自分でお金を出してまでは買わないもの、いくらあっても困らないものなどが喜ばれるようです。最近では、ただのお返しというよりも贈る側のセンスやオリジナリティが感じられるものを選ぶ傾向にあり、ナチュラル志向の高いものやスタイリッシュなものなども好まれています。自分と年齢が離れているなど好みがわかりにくい時には、寝具類などの日用品やタオルなどの定番アイテムを選ぶのもひとつの方法です。センスが問われるというものにはなりませんが、万人受けするのでもらって困るというようなことも少ないでしょう。カジュアルな名入れアイテムも昔から人気が高いものとなっていて、スイーツから食器など幅広いジャンルがあるので選ぶのも楽しいでしょう。ただ、贈る側の気持ちを押し付け過ぎないようにすることも大切です。もらって嬉しかった内祝いのギフトとしては、やはり自分では買わない高級な実用品がいいという意見が多いようで、ティーセットやリキッドソープ、キッチングッズや皿なども人気が高いものとなっています。共通するのは、どれもが比較的名の通ったブランド品であるということです。特にブランド志向がない方でも、自分では購入する機会があまりないブランドのものをもらって困ることは少ないでしょう。もらいものなので気軽に普段使いすることもできるため、棚の奥に箱のまま日の目を見ずに終わってしまうことも少ないでしょう。

ブランド価値の高い食品ギフト

出産内祝いギフトとして選べるブランド品にはどんなものがあるのでしょうか。まずは、食品から考えてみましょう。食品が選ばれる最も大きな理由として、食べてなくなるということがあります。近しい親戚であれば名前入りの時計や食器なども喜ばれるかもしれませんが、半永久的に残ってしまうものは捨てるに捨てられず扱いに困ってしまうことも多いのです。食品を選ぶ場合には、まず、訪問して手渡しで渡すのか、不在であることも想定して送付するかで品物を分けることが大切です。どんなにブランドが知られているものでも賞味期限が短いものは送付するのには向いていません。最近では、オーガニックオイルやこだわりのジュース、飲むタイプのお酢なども有名なシリーズもあるため贈り物としておすすめです。老舗菓子店の洋菓子や和菓子も高級感があるギフトとしてピッタリでしょう。また、ワインなら赤ちゃんの名前ラベルがあってもそれほど気にならないので気軽に贈ることができます。また、相手の好みがよくわからない時の贈り物としてカタログギフトを活用する方法もあります。カタログギフトは、価格帯別にさまざまな種類が豊富にあるので、いただいたお祝いの内容に合わせてカタログを選ぶことができます。最近では、ワインやお酒、グルメなど幅広いジャンルから選べるものもあり、贈られる側が好みのものを配達される期日とともに選択することができるため、より喜ばれるギフトとなり得るでしょう。一方、比較的距離が近く訪問することが可能な相手であれば、旬の物をギフトとして贈ることも喜ばれるでしょう。

食品以外のブランドギフト

一般的に出産内祝いとして人気の高い石鹸やバスセットなどを世界的にその名が知られているもので揃えるという方法もあります。普段使いができる消耗品でありながら名の通ったブランド品であれば高級品として贅沢な時間を過ごすことができる逸品となることが考えられます。自分では決して買わないけれどももらえれば嬉しい高級実用品というギフトの条件を満たすものとしてピッタリです。また、実用品という点を重視すれば、高級キッチングッズもおすすめです。市場で人気のあるシリーズは数多くありますが、そのなかでも口コミやランキングで上位を占めているものであればギフトとして喜ばれるものになる可能性は高いでしょう。食器も普段使いできる物として喜ばれますが、実に多くのブランドがあるため相手方の趣味に合わせて贈るのは難しいものです。そんな時にもカタログギフトは便利に活用することができるものとしておすすめです。ママ世代の友人に贈るなら、家族構成などもよく知っているので、人気キャラクターのイラストが入った食器や衣類を贈るのもおすすめです。世界的に有名なキャラクターがプリントされているだけで、値段がかなり変わるものが多く、一般の家庭では普段使いのものとしてなかなか手が出せるものではないこともあります。消耗品として子どもの成長とともに買い足すことが多いソックスなども人気のものは決して安くありません。贈られた側があまりに恐縮してしまうようなブランド品は返って迷惑になってしまうこともあるので、あくまでも普段使いできる少し高級な物というポイントで選ぶといいでしょう。タオルやハンカチでもグレードをあげればキリがないほど種類があるのです。

出産祝いのお返しに感謝を込めて贈るおすすめのギフト

出産祝いのお返しのタブー

赤ちゃんが誕生した喜びはよくわかりますが、せっかく誕生のお祝いをいただいた方に出産内祝いとしてギフトをお返しする時にもらう相手の立場を無視してしまうのはよくないことです。姓名判断を参考に夫婦で話し合ったり、祖父母となる親に命名してもらったりして、やっと決まった赤ちゃんの名前を利用する際は、人によっては使用や処分に困ってしまう場合があるため、もらった人の気持ちも考えて送る必要があります。また、昔からの親しい友人や親戚など、相手の趣味や嗜好がよくわかっている場合を除いて、服やインテリアグッズ、雑貨などは好みが別れるためお祝いの品としては避けた方が良いでしょう。場合によっては自分の趣味にそぐわない、しかし捨てるに捨てられないと相手を困らせてしまうことになってしまいます。クッキーや焼き菓子など日持ちのいい個分けパッケージが施されているお菓子は、お返しのギフトとしておすすめです。しかし、生チョコやケーキ、生鮮食料品など、賞味・消費期限が短いものは親しい間柄であっても避けた方がいいでしょう。品物が届いて開封したら賞味期限まで3日とないという物であれば、早く食べろと急かされているようで相手に対して失礼となります。贈り先が不在で後日再配達されても大丈夫な物を考えて贈りましょう。現金のような生々しさがなく好みのものを購入できる商品券はとても便利で使い勝手のいいものです。しかし、商品券として金額が明示されているため、贈る相手のお返しとして適切であるかをよく検討する必要があるでしょう。半値返しなのか、3分の1返しなのかというのもはっきりとわかってしまいますし、品物を贈った方に返す場合は、調べた品物代の相場が違っていて失礼にあたる場合も考えられます。

親戚に贈るギフト

結婚、出産と長い間、夫婦を見守り続けてくれた家族とは少し異なり、近からず遠からずという関係の親戚にはどんなギフトを贈ればいいのでしょうか。地域性や家のしきたりなどがある場合は別ですが、一般的には関係性や年齢、社会人であるか否かなどで事情が変わってきます。年長の方には3分の1、若年層には半返しを基本とすれば間違いはないでしょう。年長者からの出産祝いには、新たな命が誕生した夫婦への励ましや支援の意味がこめられて、多額な現金であったり、高価な品物であったりすることもあるので、3分の1という相場にこだわることなく自分たちの予算のなかで購入できるものを選んで感謝を伝えられればいいでしょう。仕事上の上司とは違い、目上であってもそこまで気を遣う必要がないのも親戚だからこそです。親戚であれば、おおよその家族構成やライフスタイルがわかっていることもあります。子どもがいる家庭などでは、スタイリッシュな物やユニークな物よりも、生活消耗品や実用品が喜ばれることがあります。家庭にストックがあって重なったとしても困らない物もたくさんあるので、もらって困らない物という視点でギフトを選ぶことも一つの方法です。食用油や家庭用洗剤のセット、シャンプーやリンス、バスセットなどは手軽に使えるので喜ばれることでしょう。ありふれているようですが、米や調味料など毎日消費する物はいくらあっても困らないし、いつもは手が出にくい少し高価なものであれば、喜びも大きいものです。また、ワンランクアップしたギフトにしたいのであれば、タオルのセットや和キッチングッズなどもおすすめです。

ギフト選びに困ったら

出産お祝いのお返しに感謝の気持ちをしっかりと伝えたくて相手が喜ぶようなギフトを選びたいと思ってもなかなかそのアイデアが出ない時もあります。または、とてもお世話になった方なのに好みが全くわからないということもあるでしょう。そんな時におすすめなのがカタログギフトです。送られてきたカタログから相手が好みで選ぶことができるため、不要な物を贈る心配がありません。ジャンル、金額ごとに幅広い選択ができるカタログが数多くあり、さまざま商品が掲載されているため一目で贈られるギフトの金額がわかりにくいのもメリットとなっています。ショッピングのために無理して外出することもなく生活が圧迫されることもありません。育児であわただしい毎日を送っているなかでも相手が欲しい物を贈ることができる最善の方法であると言えるでしょう。金額やジャンルを上司、同僚、友人などで使い分けしてカタログを送ることができるので、相場となっている半返しや3分の1返しも考慮に入れながら品物を贈ることが可能となります。最近は結婚式の贈答用品にもよく使われており、楽しみながらカタログで品物を選ぶことに慣れている方も多いようです。相手任せで無責任と躊躇される方がいらっしゃるかもしれませんが、贈る方の好みに合わせたいという相手を思う気持ちはきっと伝わるはずです。グルメやお酒、生活雑貨やスイーツ、雑貨など、相手の好きなジャンルを選んで贈ることで本当に欲しい商品を選ぶことができるでしょう。後日、選んだ商品を見せてもらえればまた、会話も弾み関係を良好に維持することにもつながります。

出産祝いのお返しに贈る内祝い

親しい人へ贈る内祝い

内祝いは、元々家でのお祝いごとの際に親戚や友人など近しい人や親しい人に対して喜びや幸せを分かち合うために贈るものとされています。昔はお祝い事があった際にお祝いをもらったかもらっていないかに関わらず、親戚や友人・近所の人などに対して贈っていました。近年、本来の内祝いとは少し変わってきており頂いたお祝いへのお返しという意味が大きくなっています。出産内祝いや結婚内祝い・快気内祝いなどがあります。出産祝いの内祝いを贈るタイミングは、出産祝いを出産してすぐに頂いた場合は出産後1か月から2か月ごろに贈ります。遅れてお祝いを頂いた場合は、1か月後に贈ることが一般的です。お祝いを郵送でもらった場合は3日以内を目安になるべく早く電話や手紙などでお礼を伝えます。金額については、頂いた物や金額の2分の1から3分の1ほどの金額相当のものを贈ります。会社関係の人たちなど複数の人たちから連名でお祝いを受け取った場合も、内祝いは一人ひとりに贈ることが望ましいです。この場合の予算は2分の1から3分の1には当てはまらなくなることが多いですが、お祝いは連名で頂いた方全員に準備します。もしまとめて贈る場合には、分け合えるものを選ぶと良いです。親しい人へ贈る内祝いですが、自分自身の知り合いだけではなく旦那様や奥様の知り合いや会社の方、お母様やお父様の知り合いや会社の方などたくさんの方からお祝いを頂く場合が多いです。誰から何をもらったのか、何を内祝いとして贈ったのかを簡単でも良いのでメモを取っておくことがおすすめです。贈り忘れを防ぐことはもちろんですが、2人目や3人目が生まれたときや相手の方が出産したときにお祝いを贈る際にも役立ちます。ギフトショップでもチェックリストが用意されている場合が多いので利用すると簡単に管理することができます。

内祝いの贈り方

日本では、贈り物の際に熨斗と水引が入った熨斗紙と呼ばれるものをかけることがマナーとされています。熨斗にはお祝いごとやお悔やみごとに合わせて種類があり、お祝いごとの中にも紅白蝶結びや結びきりの熨斗があります。紅白蝶結びの熨斗は何度でも繰り返したい喜びごとに使われる水引で、結びきりの祝い熨斗は結婚や快気祝いなど一度しかあってはいけないお祝いごとに使われます。出産は何度あっても喜ばしいことなので出産祝いの内祝いでは紅白蝶結びの熨斗を利用します。熨斗の表書きには熨斗上に「内祝」や「出産内祝」と書き、熨斗下には生まれた赤ちゃんの名前を書きます。名前はさまざまな読み方があるためふりがな付きで入れと分かりやすいです。名字のみを入れることもありますが、近年は赤ちゃんの名前を入れるのが一般的になっています。喪中の方へ贈る場合は、「内祝」ではなく「お礼」と書くのが望ましいです。また、内祝いを贈る際にメッセージカードを入れることが多いです。数年前までは命名札が多く利用されていましたが、近年はメッセージカードが主流となっています。メッセージカードには、赤ちゃんの名前と誕生日・出生時の体重などにメッセージをひとこと添えたものが多く利用されており写真付きのものもあります。熨斗やメッセージカードは、ギフトショップなどで無料でつけてくれる場合が多いです。手渡しでお祝いを頂いた場合は、手渡しでお返しすることが望ましいですが赤ちゃんがいることは知られているので郵送でも問題はありません。両親や祖父母・兄弟などへもお祝いをもらった人には贈ることが望ましいです。

内祝いに人気のプレゼント

出産祝いの内祝いで人気が高いのが、赤ちゃんの名前を入れたオリジナルギフトです。名入れギフトにはカステラやチーズケーキなどお菓子類が多く利用されており、名前を覚えてもらうこともでき、家族で食べてもらえることや後に残るものだと置く場所などに困ることから人気を得ています。お米を赤ちゃんの出生時の体重に合わせてギフトにしたものや、ワインのラベルに名前を入れられるものなどもあります。次に人気があるものはカタログギフトです。近年結婚式の引き出物などにも利用されているカタログギフトは、贈られた方が好きな物を選ぶことができるので男女や年齢などで悩むことなく送ることができます。金額も幅広く用意されており、食べ物だけのカタログギフトやお子様向けのカタログギフト・キャラクターに特化されたものなどそれぞれの好みに合わせて贈ることもできます。このほか、タオルやフードボックス・コーヒーや紅茶のセットなど誰でも使う物やあって困らないものが定番とされています。タオルギフトでは、大人だけの家庭であれば有名ブランドのものや触り心地や吸収性に優れたもの、お子様がいる家庭であればキャラクターものが人気です。複数の方からの連名で頂いたお返しには、お菓子やハンドタオルなどのプチギフトや個包装になったクッキーなど焼き菓子のアソートが人気です。

出産祝いのお返しに迷ったらスイーツがおすすめ

どうしてスイーツがおすすめ?その理由とは

出産祝いのお返しでは食べ物を贈る場合も多いですが、食べ物を贈る場合は意外と気を遣うものです。相手の嗜好に合わせて選ばなければ、嫌いなものを贈ってしまう可能性も十分あります。そうなってしまえば喜ばれるどころか、迷惑だと感じられてしまうこともあります。ですが普段お世話になっている方々の食べ物の好みを熟知しているという方は少ないでしょう。出産祝いでお返しに食べ物を贈るという場合には、スイーツを贈るのがおすすめです。意外とスイーツの中で極端に嫌いなものがあるという方は少ないものです。好き嫌いがはっきりとわかれないことに加え、お年を召された方から小さなお子様まで、ご家族みなさまで食べてもらうことができるというメリットもあります。また、出産祝いのお返しで贈るものは、賞味期限が短い食べ物だと嫌がられてしまうこともあるものです。その点お菓子であれば賞味期限が長いものも多く、ご家族で少しずつ食べることができるという点も贈り物には最適です。金額もそこまで高くなく、相当の金額を出せばかなり見栄えのする贈り物になるという点もメリットのひとつです。ものにもよりますが、かなり量が入ったスイーツギフトであっても、お手頃な価格で購入できるものもあり、高すぎても低すぎても失礼にあたるという、お値段の設定が難しい出産祝いのお返しでも安心です。とはいえ、どのようなものを贈ればいいのか、ということも悩ましいのものです。そこで、出産祝いのお返しにはどんなスイーツが喜ばれるのか紹介します。贈る方の年代や家族構成によって、どんなギフトが良いか考えてみてください。

人気の洋菓子ギフトは見た目も華やかでお返しに最適

スイーツギフトとして洋菓子のセットは見た目にも華やかですので、出産祝いのお返しにはピッタリの贈り物です。クッキーやゴーフレットの詰め合わせなら枚数もたくさん入ってボリュームがあるので、ご家族皆さまで楽しんでもらうことができますし、様々な味を味わってもらうことができます。コーヒーや紅茶とセットになっているものもあるので、ティータイムに喜ばれること間違いなしです。このような焼き菓子のメリットとしては、賞味期限が長いということが挙げられます。出産祝いのお返しとして賞味期限が短いものを頂いてしまうと、場合によっては迷惑になってしまうこともありますが、その点焼き菓子のスイーツでしたら問題ありません。大抵の場合は個包装になっていますので、無理に食べて頂くことにもならず、贈る側としても安心です。同じく焼き菓子でもパウンドケーキやカステラといったスイーツは、賞味期限はクッキーなどに比べると短めですが、もの自体が大きいので見た目に豪華さがあります。ただし豪華さがある分、出産祝いのお返しとしては金額的に高めになることもあります。暑い季節であればアイスやゼリー、プリンといった冷やして食べるスイーツもおすすめです。暑い季節に焼き菓子は食べたくないという方もいらっしゃいます。その点冷たいスイーツなら、箱を開けるとカラフルで見た目にも涼し気ですし、夏バテぎみの方にも喜ばれます。お値段としてもそれほど高いものではありませんので、出産祝いのお返しとしては妥当な選択と言えます。

定番の和菓子ギフトは変わらない人気

スイーツギフトといえばクッキーやケーキなどの洋菓子を想像するものですが、和菓子のギフトも定番の贈り物として出産祝いのお返しにおすすめです。最近では洋風の和菓子というものも増えてきていますので、和菓子の渋いイメージは払拭され、小さなお子様がいるご家庭でも喜ばれます。和菓子のスイーツギフトとしてはどら焼きは定番の品です。個包装で食べやすく、様々な味を楽しむことができます。小倉あんのどら焼きとホイップクリームのどら焼きがセットになっているものもあり、これなら食べる方の年代や嗜好を気にせず贈ることができます。どら焼きは比較的賞味期限が短めですが、冷凍で保存すれば1カ月程はもつようになっていますので、少人数のご家庭へのお返しでも大丈夫です。お年を召された方への出産祝いのお返しとしては、和菓子の中でもやはりおせんべいやあられなどが良いものです。金額的には洋菓子ギフトよりも低めになることが多いので、有名な和菓子店のギフトセットや、製法にこだわったものも贈りやすくなっています。米菓子でありながらラスクに仕上げた、一風変わった和菓子スイーツもあります。金額的にもう少し高めのものでお返ししたいという場合は、くずもちなども人気です。こちらも暑い季節でも食べやすい冷たいスイーツですので、季節によって選ぶというのも良いものです。くずもちというと賞味期限が短いのでは、という不安がよぎりますが、出産祝いのお返しにも使える、日持ちがするくずもちセットも販売されています。ただし、くずもちは和スイーツの中でも生ものであることに変わりはありませんので、賞味期限だけはしっかりと確認しておきたいものです。

出産祝いのお返しの相場はいくらぐらい?

出産祝いのお返しに適した贈り物の種類を知りたい方へ

赤ちゃんが生まれてからしばらくは、忙しい毎日を送るのでなかなか気が回らないこともあります。だからこそ出産祝いのお返しは、赤ちゃんが生まれる前にある程度考えておく必要があります。例えば、受け取る側が何をもらったら嬉しいかという点で人気がある商品を選びましょう。特に喜ばれるのが洗剤などの日用品や、消耗品としていくつあっても困らないタオル、そのほか日持ちするお菓子のギフトなども喜ばれます。贈ってくれた相手にそれぞれ別の内祝いを用意するのはちょっと大変という場合は、カタログギフトも人気があります。好きな商品を選ぶことが出来るので受け取った側にとっても、これをもらって困ってしまったということがないので大変喜ばれます。それから地域によって内祝いの風習が残っていることがあります。赤飯や紅白饅頭を贈る習わしが残っていたり、贈り物に挨拶状をつけることも常識となっている地域もあります。身内などが集まって食事会をすることがある方は、自分達が暮らす地域にどんな風習があるのか年配の方々に話を聞いておくといいです。そして、意外に分からないことが多いのが熨斗です。普段お中元やお歳暮などでも買ったお店にすべて任せているという方も少なくありません。贈るときも受け取るときもそれほど気にしていないというのが現状でしょう。そのため、いざ出産祝いのお返しを贈ることになったとき、どんな熨斗が正しいのか分からない方もあります。熨斗の水引きは紅白の蝶結びを選びましょう。蝶結びの上に「内祝」「出産祝い」と書きます。蝶結びの下に生まれたお子さんの名前を書くのが一般的です。お店で包装をお願いしたときはこれらのマナーをしっかり熟知しているので安心ですが、どうしても自分達で用意しなければいけない場合は、これらの一般的なマナーを知っておくと必ず役立ちます。

やっぱり知っておきたい相場のこと

ちょっと気になる相場のことですが、出産祝いをいただいたお返しに何を贈ったらいいのか迷うところです。結婚式の引き出物でも悩んだ方も多いと思いますが、やはり出産祝いのお返しも同様で、いただいた方との関係や、いただいた物によって贈るものを選ばなければいけないのはとても難しいところでしょう。出産祝いをいただいた品物の金額に合わせて選ぶことが、一般的な常識になっています。金品の場合も同様です。品物の金額の2分の1から3分の1ぐらいが相場です。高額な場合は後者が当てはまります。実際にその贈り物がいくらだったのか聞くことはできませんから、あくまでも相場でいくらぐらいしたのかを調べ、そこから換算しても大丈夫です。両親や職場の上司からいただく場合、金額が高い品物の場合がありますが、そのときは金額にとらわれずに心をこめた贈り物を選ぶといいでしょう。このとき感謝の気持ちを伝えるためにメッセージを添えると受け取った相手も喜んでくれるはずです。赤ちゃんが生まれて嬉しいのは家族だけでなく家族や身内のほか、幅広い知人まで該当します。あまり相場のことを気にしすぎると逆に相手が気を使いますから、あくまでも一般的な目安として覚えておいてください。妊娠中の空いた時間にカタログをチェックしておいたり、関連書籍を参考にしたりすると便利です。

いつごろ出産祝いのお返しをしたらいいのか

赤ちゃんが生まれてから届けられる出産祝い、そのお返しをいつ贈ったらいいのか時期もマナーのひとつとして覚えておく必要があります。一般的に赤ちゃんが生まれてから様々な習わしがありますが、例えば生まれてから7日目にはお七夜があります。生まれてから30日後にはお宮参りがあります。生まれて100日が経ったときにはお食い初めがあります。この時期はパパもママも赤ちゃんのお世話でめまぐるしい毎日を送っています。次々にやってくる赤ちゃんの行事も準備に追われて忙しい時期です。生まれてから1カ月後ぐらいまでに出産祝いを受け取ることが多いですから、お宮参りを済ませた後ぐらいから随時お返しを渡すのがおすすめです。一般的な常識として、赤ちゃんが生まれてから100日ぐらいまでと言われていますが、これはあくまでも一般的なお話です。例えば赤ちゃんが未熟児でなかなか退院が出来ず、家に戻ったのは100日を超えていたという場合は、特にマナーにとらわれる必要はありません。そこまでお返しにうるさい人もいないでしょう。お祝いをいただくごとにお返しを準備したのでは手間も時間もかかりますから、出来れば一度にすべてを準備できるよう、赤ちゃんの誕生から1カ月後~100日をめどにお返しを準備しましょう。赤ちゃんが生まれたあとは忙しくて準備にてこずる可能性もあるので、生まれる前に知り合いや身内の住所や連絡先まで、まとめておくこともおすすめします。このように、大体の時期を知っておくことも大切です。

出産祝いのお返しの豆知識と選び方について

出産祝いのお返しの選び方について

出産したら、家族や親友、お世話になっている人など様々な人たちからお祝いをしてもらえることがほとんどですが、してもらったらお返しをするのが基本です。中にはまとめてみんなに同じものを贈ればいいと思っている人もいますが、それではマナー違反となり、喜んでもらえない可能性も高いため、できる限り相手によって贈るものを考えましょう。そこで、ここでは選び方のコツについていくつか紹介します。まず1つ目に考えたいこととしては贈る相手のライフスタイルについて考えることです。人それぞれライフスタイルが異なります。例えば年代や、既婚なのか未婚なのか、子供の有無などライフスタイルを考えることによって贈る相手が何が好きかなどを知ることができます。相手のことを考えて相手に喜んでもらうためには重要なポイントとなるため、事前にライフスタイルはチェックしておくといいです。続いて2つ目のコツは金額についても考えることです。金額についても考えていないと、予想以上にお金を使ってしまったり、逆に安くし過ぎたなど後悔したりしてしまうこともあるため、金額についても考える必要があります。金額の相場としては、頂いた出産祝いの金額の3分の1から2分の1と言われています。その範囲内で何が相手にとって喜んでもらえるアイテムか考えて選ぶことが大切です。3つ目は直接聞いて選ぶことです。身近な存在の人たちの中でも心置きなく話せる友人や知人、家族などは直接何が欲しいか聞くのも方法の一つです。特に、何を贈れば喜んでもらえるのかよくわからない人は直接聞いてくれた方がいいという人もいます。何も聞かずに選んで失敗したくないという人は直接聞いてみるのもいいでしょう。最後に4つ目は口コミやサイトなどを参考にして選ぶことです。実際にネットでは今まで出産祝いのお返しを経験したことがあるという人の意見を聞いたりすることができます。失敗しないためにも経験者の意見を聞くことは大切であるため、特に身近に聞ける人がいない場合はサイトや口コミなどをチェックしながら選ぶのも一つの手です。このように、選び方は大切であるため、特に悩んでいる人は一度参考にしてから何を選ぶか決めるといいでしょう。

出産祝いのお返しにはどんなマナーがあるのか

出産祝いのお返しをする際にはマナーについて気にする人も多いでしょう。マナーとしてはいくつか知っておきたいことが存在しているため、ここではこれからお返しを考えている人のためにもマナーについて紹介します。まず贈るタイミングについて気になる人もいるかと思いますが、タイミングとしてはお宮参りが終わった産後1か月くらいと言われています。特に初めての出産の場合、出産後は新生児と慣れない生活をしなければならないため、できる限り早めに品物は決めておいた方がいいです。続いて贈る時にタブーな品物はあるのか気になっている人もいるかと思いますが、これは考え方も地域によって様々だと言われています。しかし、基本的にはあまり考えなくてもいいと言われている部分であるため、難しく考える必要もないでしょう。最後に一緒に住んでいる親や祖父母へのお返しもした方がいいのか気になっている人もいるでしょう。基本的にマナーとしては一緒に住んでいる親でも祖父母でも贈った方がいいと言われています。また、兄弟からお祝いをされた場合でも贈った方がいいと言われています。もらった相手にはしっかりとお返しをするようにしましょう。このように、ここでは一部分のマナーについて説明をしましたが、予めマナーについて知っておくことでお返しをする時に失礼と思われることもありません。特に心配に思っている人は予めマナーについて調べておくと安心です。

通販サイトで購入を検討している方へ

出産祝いのお返しを通販サイトを利用して購入する人も少なくありません。しかし、通販サイトと言ってもショップの数が多いため、選び方で悩む人も多いです。悩まないためにもここではどこの通販サイトで購入した方がいいのかについて紹介します。まずポイントとしては出産祝いのお返しの品について専門的に販売しているショップを利用することです。実際に通販サイトによっては専門店なども存在していて、専門店ならお返しに合う品物を見つけやすくなっています。特に何を選んだらいいのかわからない人は専門店ならアイテムも見つけやすいでしょう。また、選ぶときは名入れについても可能な通販サイトを選ぶといいです。名入れなら特別感があるだけでなく、喜んでもらえる可能性が高いです。感謝の気持ちを込めて贈るためにもアイテムだけの販売ではなく、名入れにも対応してくれる販売店をセレクトするといいです。このように、通販サイトの選び方について述べましたが、どこを選ぶかで満足度や選びやすさも異なるため事前にチェックしてから購入を考えるといいです。

出産祝いのお返しをする際のチェックポイント

出産内祝いの商品選びをしている方にとってのお役立ち情報

出産内祝いを考えておられる方の中には、どのような商品を選んだらよいか迷っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。出産祝いをいただいた方に対するお返しとして贈り物をするのが、出産内祝いになります。産後1ヶ月が経過したころには、お宮参りをする人も存在しますが、出産内祝いもこのくらいのタイミングで行うのが一般的と言われています。最近では、インターネット上で出産内祝いの商品を取り扱うショッピングサイトを利用することも可能です。ネット通販を利用すると、商品を購入するだけではなく、内祝いの贈り先に、直接届けてもらうこともできるというアドバンテージがあります。ひと口に出産内祝いと言っても、ラインナップされている商品のジャンルは幅広いものとなっています。通販サイト上では、名入れギフトやプチギフトなど、ジャンル別に商品を検索することもできます。それらの中でもプチギフトは、他のジャンルの商品と比較して、リーズナブルな価格設定がなされている傾向があるので、選びやすいものになっています。出産の前後には、赤ちゃんが生まれる前に入院したり、出産後に子育てをしたりするために何かと物入りになるので、出産内祝いの予算をなるべく低く抑えたいという場合には、プチギフトを選択するのもおすすめの方法と言えます。また、キッチン雑貨も、出産内祝いの贈り物として人気の高い商品ジャンルです。こちらは、日常的な生活シーンの中で役立つアイテムなので、贈った相手に喜んでもらえる可能性が高くなります。もしも、贈る相手のことが詳しく分かっているのであれば、先方の趣味や好みにマッチした商品をセレクトし、サプライズ感もプラスしてプレゼントしても喜ばれるでしょう。

ラインナップされている商品のジャンル、ネット通販の利用について

出産祝いのお返しとして贈る品物にも、さまざまなジャンルのものがあるので、贈る相手によって相応しいものを選びたいものです。その中でも、カタログギフトは、カタログに掲載されている商品の中から、贈られた人が、自分で希望するものを選ぶことができるという魅力があります。こちらは、先方の好みなどが分からない場合にも、おすすめの贈り物と言えます。ショッピングサイト上には、さまざまな機能が搭載されているので、内祝いの商品の比較や検討をしたり、購入手続きを行なったりする上で、便利に使用することができます。例えば、価格帯を指定して、条件に該当するアイテムをピックアップすることも可能です。こちらは、ある程度の予算が決まっていて、その範囲内で購入することのできる商品だけをチェックしたいという場合にも、おすすめの検索方法です。また、出産内祝いの相場はある程度決まっているので、出産祝いとしていただいた品物の価格によって、お返しの商品を購入する際の予算を立てるという人も存在します。そのような場合にも、価格帯による商品検索の機能が役に立ちます。また、通販サイトは、会員登録の手続きを行なうことによって、利用可能な機能の数が増え、さらに幅広いシーンで活用することができるようになります。例えば、会員登録の後、登録したユーザーIDとパスワードを使用してログインすると、登録済みのプライバシーデータやお気に入りの商品、前回までの購入履歴に関する情報などを参照することが可能です。こちらの機能を利用すると、2回目以降のショッピングをする際には、重複した個人情報を入力しなくて済み、手続きにかかるエネルギーや時間の無駄を省くことができます。

通販サイトの選び方と、その他に関連する情報

出産祝いのお返しにプレゼントする商品をネットショッピングで購入する場合、利用するサイトの選び方もチェックポイントとなります。そのような場面では、出産内祝いの商品を取り扱うショッピングサイトを、ランキング形式で紹介しているサイトを参考にするのも1つの選択肢です。出産は、言わずと知れた人生の一大イベントです。そうしたシーンでは、大切な人に贈るお祝いや、そのお返しをする方法にも気を配ることが大事になります。特に、今までに出産祝いや出産内祝いをした経験がない場合には、さまざまな疑問や不安が湧いてくるものです。そのような問題を解消するために、あらかじめ情報収集をしっかりと行なっておくのがおすすめの方法と言えます。例えば、出産の前後には、何かと忙しくなるので、時間的に余裕を持って準備を行なっておくことが大切です。出産の前には、お祝いの品物に関する情報を掲載した目録やウェブサイトなどをチェックして、情報収集を行なっておきましょう。また、過去にいただいた年賀状などの情報を元に、贈り先の住所などを整理しておくことも必要になります。そして、個人差はあるものの、産後は体調が不安定になる上に、赤ちゃんの世話をするために忙しい生活がスタートするので、出産祝いには早めの対応をすることがポイントです。

出産祝いや出産内祝いのギフトにおすすめのタオルとは

もらって嬉しい出産内祝い

我が子の出産に心からのお祝いをいただいたお返しには、感謝の思いを込めるだけでなく、できるだけ相手が喜ぶ実用的でセンスのあるギフトを選びたいものです。昔に比べると贈る側、贈られる側の発想が自由なものとなり、贈るのを控えた方がいいギフトというものも少なくなってきました。地域によっては、縁を断ち切ることをイメージさせる刃物や弔事に結びつきが多いとされる緑茶などを敬遠する傾向の強いところもあるので、留意するようにしましょう。いただき物であれば何でも嬉しいというのが本音でしょうが、普段から欲しいと思ってはいるけれど高級感があるため手が出しにくい、自分では買わない高級な実用品という物が受けているものの1つです。しかしどんなにオシャレであっても人によって好みがあるため、その点を考えて選ぶ必要があります。オリジナリティやセンスが高いものとは言えないかもしれませんが、石鹸や食用油などの日用品、日持ちするお菓子やコーヒーや紅茶といった日常使いのギフトが万人受けするものであると考えられます。また、いくらあっても困らないものとしてタオルのセットなども喜ばれています。特に、子育て世代のママ友などに、日常使いできるけど高級感が感じられるタオルは、自分では買わないけどもらったら嬉しいものとして人気があります。素材やサイズ、カラーや肌触りなど、さまざまなバリエーションあるので、選び方にオリジナリティやセンスがキラリと輝くセレクトギフトにもなります。

タオルの種類

タオルは、出産祝いや快気祝いなどさまざまなギフトに気軽に贈ることができます。毎日必ず使用するものでありながらその詳細については知らないことが多いものです。デザインが気に入ることや価格が予算に合ったものであることは大切ですが、どんな使い方をするのかということにも注目して選びましょう。たとえばタオルハンカチという選択肢があります。ハンカチというと、ひと昔前は平織りのものばかりでしたが、現在はタオルハンカチも人気です。吸水力のよさ、しわになりにくい、乾きやすさなどから、特に夏場には手放せないものとなっています。洗面所には必ずといっていいほど置いてあるのが、フェイス用です。家庭用定番として毎日の生活に欠かすことができないものでよくハンガーにかけて使用されています。首や肩に掛けられるロングサイズのフェイス用のものはスポーツタオルとも呼ばれ、スポーツ中に首に掛けたまま汗を拭くのに適しています。幅が細身のタイプなどさまざまなサイズがあります。入浴やシャワーの後に全身を一度に拭くことができるバスタオルも家庭で使う定番として需要の高いものです。最近では、洗濯や収納のしやすさに優れたミニバスタオルも人気となっているようです。また、海水浴や子ども用のブランケット代わりにもなる大判サイズのジャンボバスタオルも使用頻度が高いものとして贈答用に喜ばれています。生地が薄いものが安く、厚いものが高いという単純なものではなく、織り方や糸の撚りによって品質が変わります。薄手のものは、洗濯がしやすく、臭いがつきにくいうえに乾きやすいのでデイリーユースに向いていると言えるでしょう。お客様用や特別な肌触りを楽しみたい時には、少し厚めの高級感が感じられるものもおすすめです。

贈答用に喜ばれるこだわりのタオル

デザインやカラーではなく、肌触りのよさで選ぶのも大切なポイントです。肌触りのよさを感じさせるものには素材や織り方、糸の撚りなどがあります。甘撚りとは、通常、撚りが少ないと繊維がばらついてしまうので幾重にも練り合わせられていますが、あえて撚る回数を少なくした糸を使って織られているもので、柔らかくふんわりとした肌触りになるのが特徴です。また、綿を全く撚らずに糸にして織った無撚糸タイプのものもあり、ふわふわとした肌触りが非常によいものとして人気があります。その他にも、使われる素材によってパイル、ジャガード、オーガニックコットンなどさまざまな種類があります。国内で有名なものの中には、愛媛の今治と大阪の泉州のものがあります。その品質の高さは国内だけでなく世界からも認められているものです。今治が、糸を水に晒してから織るという製法であるのに対し、織ってから水に晒す製法をとっているのが泉州という大きな違いがあります。また、三重で作られているタオルも人気があります。白いパイルの下におぼろげな模様を描き、その模様だけが染まる技術で桜染めなどの淡い質感を演出しています。薄手で軽く絞りやすいという特徴をもっており、体を洗うものとして日本のお風呂文化とともに現代にその伝統を伝え続けているものです。乾きやすく肌触りも非常に優しいのに洗濯を繰り返しても柔らかな風合いを長続きさせることができます。普段使いできるお手頃なものでありながら、こだわりや高級感を出すこともでき、出産祝いや出産内祝いのギフトとしてもおすすめです。

名入れギフトのメリットはオリジナリティがあること!

名入れギフトのメリットとは?

誰かに贈り物をしたいと思うシーンが人生には何度かあるものです。お祝いごとやそのお返し、嬉しい気持ちや感謝の気持ち、あるいはお詫びの気持ちなど、さまざまな思いを乗せて贈られるギフトには、時に言葉以上のメッセージが込められていることも少なくありません。大切な方へ贈るギフトは受け取った方が喜んでくれるものを選ぶのはもちろんですが、伝えたい気持ちがちゃんと伝わるような贈り物をしましょう。例えば赤ちゃんが誕生した際には、名入れギフトがおすすめです。新しい家族の仲間入りをした可愛らしい赤ちゃんのことを伝えることもできますし、名前を伝える手段としても活用できます。中には名前を記載するだけでなく、誕生日なども一緒に記載することができるものもあります。赤ちゃんの誕生にぴったりの色とりどりのカラフルなものもあり、選ぶのが楽しくなります。名入れギフトのメリットは名前を紹介できること、名前を覚えてもらえることが挙げられます。口で言っただけや聞いただけでは忘れてしまうこともあります。しかし、文字であれば記憶に残りやすいですし、よりアピールすることもできるでしょう。赤ちゃんらしい可愛いギフトだけでなく、本格的な食材や上質なアイテムなど色々ありますので、良いと思うものを選び心を込めて贈ってください。予算のこともあると思いますが、名入れが可能なアイテムは手頃なものから高級なものまでさまざまです。ですから、予算設定がしやすいうえに選びやすく、用意しやすいでしょう。また、名入れが可能なお菓子も多数ありますが、こちらはパッケージなどに記載できるようなものと、お菓子そのものに名入れができるものがあります。パッケージに名入れできるものは、パッケージの部分を記念として保管しておくこともできますし、お菓子自体に名入れされているものはインパクトがあり名前をよりアピールできるでしょう。どちらにもメリットがありますので、お好きな方を選んで贈るようにしてください。

メリットいっぱいの名入れギフトあれこれ

名前を覚えてもらうことを目的とした名入れギフトですが、そのメリットは記憶に残りやすいのはもちろん、よりオリジナリティのあるギフトを用意できることにもあります。同じアイテムであっても、名前が入っていない状態のものと名前が入っているものとではその存在感に違いがあるものです。名前がある方がよりインパクトがある特別なものになってくれます。名入れギフトには色々なものがあります。よく選ばれているのがスイーツ系です。例えば、クッキーやカステラ、バームクーヘン、おせんべいなども人気があります。また、スイーツと一緒に紅茶やコーヒーなどをセットにしているようなものもあり、こちらも人気があります。また、お菓子をあまり食べない方もいらっしゃると思いますが、その場合はお米や麺類などに名入れするのも良いかもしれません。特にお米の場合は、生まれた時の体重分のお米を贈ることで、出産に立ち会えなかった遠方の両親や親戚に重さを実感してもらうことができるためおすすめです。さらに、お酒が好きな方にはアルコール類を選んでみるのも良いでしょう。名入れされたラベルが貼ってあるボトル入りの日本酒やワインなどは、中身を飲んだ後も飾っておくことができます。名前や誕生日なども記載されていますので、少し多めに注文しておき記念として自宅に残しておくのも良いかもしれません。他にも、タオルや石鹸類などもおすすめです。お菓子もお酒も飲まない方であっても、タオルを使わない方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。このように、受け取る方のことを想像しながら検討するのがコツです。

名入れギフトセットのメリット

お菓子やアルコール、麺や雑貨など名入れギフトが可能なものはたくさんあります。また、赤ちゃんの誕生を祝うのにぴったりの赤飯のセットなどもあり、こちらもおすすめです。赤ちゃんの誕生をイメージさせるような、明るくて夢いっぱいのパッケージも嬉しいところです。もちろん日本人らしく和をイメージさせるものもあり、こちらも人気があります。また、カラフルなものやキャラクターものも多数あります。良いものをギフトに選ぶのはもちろんですが、赤ちゃんの誕生という特別なシーンを彩ってくれるイメージに合うパッケージを選ぶようにしましょう。また、中にはワンランク上のギフトを用意したいと思う方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、単品を贈るのではなくギフトセットを用意してみてはいかがでしょうか。例えば、名入れされたスイーツとカタログのセットなどもおすすめです。スイーツを食べながら赤ちゃんの名前を覚えていただき、カタログからお好きなものを自由に選んでいただけるこのセットは、メリットが多い方法ではないでしょうか。カタログであれば受け取った方が本当に欲しいと思うものを贈ることができますので、喜んでくれるはずです。このように、工夫次第でより喜んで頂けるギフトを用意することができます。名前が記載されていない贈り物ももちろん喜んでもらえると思いますが、「これから〇〇をよろしくお願いします」といった気持ちを添えて贈りたい方は、名入れギフトについても検討してみてはいかがでしょうか。オリジナリティと実用性がある贈り物ができれば、返礼品としても喜ばれるでしょう。

商品選びを知り通販の会員になって職場へ出産内祝いをしよう

職場に出産内祝いを贈ろう

出産内祝いとは出産祝いを頂いた人にお返しをするため、何かの商品を送ることです。出産祝いは幅広い人から頂く人も多いでしょう。例えば親族です。親族の中には商品ではなく現金でお祝いをする人もいます。友人からお祝いを頂く人もいるでしょう。友人の場合は現金ではなく何かプレゼントを準備する人が多いです。出産内祝いを検討している人の中には、このようにさまざまな人から出産祝いを受け取る人もいますが、職場への出産内祝いに悩みを抱えている場合もあるのではないでしょうか。実際に職場の上司から出産祝いを受け取る人も多いものです。また、悩みを抱えている人の中にはいつお返しをすればいいのかわからないという人もいるかもしれません。お返しの時期に関しては状況によっても異なりますが、一カ月頃までにお返しをするのが一般的です。会社によっても異なりますが、出産をするお母さまにおいては産休を取得する人、旦那様においては産休を取らない人が多いでしょう。産休を取得する人の中には一年間取得する人もいますが、産休中であっても一カ月以内には職場に赴きお返しをすることが一般的です。このように、お返しするタイミングは一カ月頃までとなりますが、会社が忙しい時期は避けたほうが良いでしょう。忙しい時期でない時にお返しをするために、事前に会社にお返しできそうな時間帯をお伺いする人もいます。通常、職場にお返しをする時は人数によっても異なりますが、会社の社員全体で楽しむことができる品を選択する人が多いです。例えば会社では紅茶やコーヒーを楽しむこともありますので、そのような品であれば社内の昼食時や仕事中でも飲むことができ、会社の人から喜ばれる可能性が高くなります。また、通販などではお菓子などのフード系商品も販売されています。コーヒーや紅茶は社内で常に常備されているところも少なくありません。そのような企業にお務めの方はお菓子を選択して、昼食後などに楽しんでもらうことも可能です。

出産内祝いの商品の種類は豊富にある

職場に出産内祝いを送る時はフードギフトを選ぶ人が多いですが、友人や知人、親族へのお返しをする時は名入れギフトを選ぶ人もいます。名入れギフトとは一般的に商品に名前が入ったギフトのことです。例えば有名な名入れギフトにはタオルを挙げることができます。タオルは一般的に多くの人が使用します。また、定期的に新しいものに交換するご家庭も多いので、受け取って不快感を抱く人は少ないでしょう。出産内祝いをする人の中にはカタログでお返しをする人もいます。出産祝いをしてくれた人それぞれの好みの商品を把握することは難しくなります。好みの商品を受け取ってもらいたいと考える人はカタログを選択することをおすすめします。なぜなら、それを受け取った人にカタログに掲載されている商品の中から自分好みのものを選択してもらうことができるためです。このようにさまざまな種類があるので、出産内祝いを検討している人の中には商品の選び方について知りたいと感じる人も少なくないでしょう。選ぶ際にはまず予算を決定します。出産祝いを頂いた人によって予算を変える場合もあります。例えば頂いたものの2分の1から3分の1の値段に予算設定を行いお返しのための商品を選択する人が多いです。親族からは直接現金で頂く場合もありますから予算額に関しては容易に設定できることもあります。しかし、商品として受け取った人はどのぐらいの値段で購入したのか知ることができないケースもあるので、目安として把握しておきましょう。品物を選ぶ時は相手が喜びそうなものや、人気な商品から選択する人も多いです。人気商品の掲載は通販などでも行っているので、その情報から相手が喜びそうなものを選択することも可能です。

通販の会員になろう

出産内祝いをするために商品の購入を検討している人の中には、通販で購入することを考えている人も少なくないでしょう。通販ではお買い物をする時は会員になるケースが多いです。会員になることで幅広い機能を利用することができます。機能の一つとして挙げられるのが、注文者情報の保存機能です。通販サイトで購入をする時は注文者情報を入力しなければなりません。例えば受け取る場所の住所やお支払い情報などです。基本的に出産祝いを頂いた人それぞれに違った商品を購入する人もいるので、毎回注文者情報を記入しているとお買い物の利便性が下がる可能性があります。会員になって保存機能を利用すれば購入の度に入力する必要がないので、お買い物の利便性を高めることができます。その他の機能としては注文履歴機能があります。この機能を利用すればいつ、誰が何を贈ったのか理解できるので、注文の再確認をする際に活用しましょう。また、データ連係機能も利用できるので、パソコンやスマホなど端末問わずにアクセスすることが可能です。

大切な方へ出産内祝いを贈る

出産内祝いとは

出産内祝いは、出産のお祝いを頂いた方に贈るお返しです。元々はおめでたいことが内であったことを皆様にもお分けして一緒に喜んでもらうことを目的としていました。そのため、お祝いをもらったもらわないに関係なく親しい人や身内へと贈っていたのです。近年はお祝いをもらった方へ贈ることが一般的になっており、お祝いを頂いて1か月以内に贈ることがマナーとされています。お祝いでもらった品物や金額の2分の1から3分の1程度のものが望ましいとされており、タオルや洗剤の詰め合わせや日持ちのするお菓子やゼリーなどのセットも多く利用されています。地域によっては、商品が決まっていることもあるのでその場合は地域性に沿って行うことが良いです。出産内祝いには、内祝いと記入した熨斗をつけることが一般的で、紅白蝶結びの水引が描かれた熨斗を利用します。喪中の方からお祝いを頂いた場合や自身が喪中の場合は内祝いと記載せず御礼などと記載することが望ましいです。熨斗には名字を記載するのが一般的ですが、子供のフルネームを入れる場合もあります。また、お子様の名前や身長・体重などを入れた命名札やカードを一緒に入れることが多いです。命名札は昔は名前のみのものが主流でしたが、近年はカードとともに写真入りのものが増えています。出産内祝いの商品は、専門のギフトセンターや百貨店などで購入することができます。またインターネットなどの通信販売でも購入することができるところが増えています。赤ちゃんが生まれたばかりででかけることが大変な場合もあるので、通信販売であれば便利に購入することができます。出産内祝いを上手に管理するために、お祝いをもらった場合誰に何をもらったか控えておくことも大切です。また内祝いの贈る時期にも関わってくるので、頂いた日なども一緒に記録しておきます。同じように内祝いを贈る際にも何を贈ったか控えておくと便利です。2人目や3人目が生まれた際や、相手の方が結婚や出産をされたときなどにも金額の目安や商品選びの役に立ちます。

出産内祝いのオリジナルの名入りお菓子

出産内祝いに利用するもので、人気があるのがお子様の名前入りのオリジナルお菓子です。カステラやどら焼きに焼き印で名前や出生日などを入れたものなどがあります。マカロンやクッキーに特殊な機械で名前などをプリントしたものもあります。焼き菓子などのお菓子のセットに、パッケージが名前入りのものや専用の紙が入っているものもあります。インパクトもあり、親戚などからは特に喜ばれます。せっかくの記念でもありますので、オリジナルの商品を作り贈るのも素敵ですが作成に時間がかかるものもあるので早めに注文をしておくことがおすすめです。お菓子以外にも近年名前入りなどオリジナルの商品が増えており、赤ちゃんの出生体重で作られたお米やうどんなどの麺類、お酒類などもあります。親戚や近しい友人間では、名入りのお酒を赤ちゃんが二十歳になったらあけて一緒に飲もうという楽しみも加えることができます。小さい名入りお菓子とタオルやカタログギフトなど他のものをセットして贈ることもできます。名入り商品のみだと、こちらの喜びを押し付けているだけのように感じる方は名入れギフトは赤ちゃんの紹介をかねて小さい物にし使ってもらえるような他のものとのセットもおすすめです。

出産内祝いのさまざまな商品

出産内祝いに利用するものでは、お菓子以外にもさまざまなものが利用されます。キャラクターものも多く利用されており、何枚あっても困らないタオルや食器・密閉容器などのセットや洗濯洗剤や入浴剤などの洗濯やバスグッズなどもあります。思い入れは人それぞれですが、後に残るものを贈りたい方は実用品がおすすめです。昔は、出産内祝いの商品はすべて同じものを用意することが多かったですが近年は贈る相手によって品物を変えることが多いです。年齢や性別・家族構成や好みに合わせて使いやすいものや喜んでもらえるものを考えて用意します。子供がいる家庭にはおもちゃやキャラクターグッズもおすすめです。結婚したばかりの方や家を最近建てたばかりの方などは、インテリアもおすすめです。またブランド物などにこだわって少し高価に見えるものや見栄えの良いものを贈ることも大切です。会社などで複数の方から合同でプレゼントをもらった場合は、日持ちのする焼き菓子などで小分け包装になっているものや会社で使ってもらえるようなコーヒーや紅茶のセットなどを選ぶと良いです。カタログギフトもさまざまな種類のものがあり相手が欲しい物を選ぶことができるので人気があります。ベビーや子供用のカタログギフトからキャラクターもの、カラー別やグルメギフトなどがあります。金額もさまざまなタイプがあるので頂いたものにあわせて贈ることができ商品選びで迷わなくて済みます。また、好みなどが分からない場合にも便利です。刃物類は縁を断ち切ると連想される場合があるので好ましくありません。

失敗しない!出産祝いお返しのタイミング

出産内祝いを贈る際の段取りとスケジュール

出産は人生において、かなり大きな出来事のひとつです。多くの人が祝福してくれて出産祝いも沢山もらいます。しかし、産後は体の疲れや生活の劇的な変化、慣れない育児のストレスなどで幸せな気持ちに浸っている余裕があまりありません。さらに生後100日くらいまでは赤ちゃんの行事が目白押しです。バタバタ目まぐるしく日々を過ごしているうちにお返しのタイミングを逃してしまっては大変です。そうならないために産前から準備をしておくことをオススメします。出産祝いのお返しで慌てないために産前から産後にかけての段取りとスケジュールの流れを紹介します。多くの方が安定期に入っている出産予定日の3カ月くらい前から情報収集を始めます。内祝い用のカタログなどを取り寄せて、お返しに何を贈るか目安を立てておきましょう。出産予定日の1カ月くらい前から年賀状や引っ越しのお知らせなどをもとに住所の整理をしておくと、お返しを贈る際の作業がスムーズに進みます。赤ちゃんが誕生すると、誕生を知った方から出産祝いをもらいます。里帰り出産の場合でも自宅に届いた出産祝いを旦那さんなどに確認してもらい、しっかり把握しておきましょう。出産祝いをいただいたら随時いただいた方と内容をリスト化して整理し、絶対に贈り忘れをすることのないように確認することが必要です。作成したリストを参考に産後1カ月頃にはお返しを贈れるように注文をします。このときに産前に準備をしていたお返しの内容と送り先の住所が大変役立ちます。お返しのタイミングは産後1カ月から大きくズレないように気を付けます。入院が長引いてしまった場合でも、遅くても産後2カ月になる前には送るようにしましょう。あとからいただいたお祝いは随時お返しをします。なかなか予定通りに行かずお返しのタイミングが遅れてしまった場合はお詫びの言葉を添えて贈りましょう。

再度確認!出産内祝いのマナー

出産内祝いのマナーとして、上記でご紹介したタイミング以外にも知っておきたいことが沢山あります。そこでお返しを贈る前に再確認しておきましょう。出産祝いをいただいたら、できれば3日以内にお礼の電話や手紙を送るようにしましょう。お礼をしたうえで1カ月後にお返しを贈ります。お返しの金額は、いただいたお祝いの半額程度がよいとされていますが、高額だったり親戚や目上の方からの場合は3分の1程度でも失礼に当たることはありません。金額を気にするよりも、感謝の気持ちを込めてお相手が喜んでくれるものを選びましょう。何を贈るかを選ぶ際に気になるのが、避けた方がいい品です。最近では昔より発想が自由になってきており、避けた方がいい品も少なくなってきましたが、縁を絶ち切るとされる刃物は贈り物には相応しくない、またお返しに現金や金券を贈るのは失礼に当たるという考え方もあります。そのあたりを踏まえて品物を考えましょう。のしのマナーも重要です。水引は、何度も繰り返し幸せが訪れるようにという願いが込められた紅白蝶結びを使います。表書きののし上には内祝と書き、のし下には赤ちゃんの名前を書きます。覚えてもらうためにも赤ちゃんの名前にはふりがなを付けましょう。気を付けなければならないのが、贈り先の弔事と重なってしまった場合です。その場合は弔事を優先させるのがマナーです。お相手の気持ちをくんでお返しのタイミングを遅らせます。贈るときは、出産の喜びではなく感謝の気持ちを伝えましょう。

迷ったときはコレ!出産内祝いにオススメのアイテム

出産祝いのお返しの品、せっかくなら喜んでもらいたいですが、カタログなどを見ても種類が多すぎて何を贈ればいいのか悩んでしまいます。そこで出産内祝いで定番のおすすめアイテムを紹介します。最近の定番は食品や実用品、カタログギフト等です。どのようなご家庭でも喜ばれるのは日持ちするお菓子やお茶などの詰め合わせといった食品類です。特に出産内祝いのときにしかない可愛らしいデザインのお菓子が人気です。家族が多いご家庭にもピッタリです。お子さんがいる家庭ではタオルや便利な食器・容器類も喜ばれます。逆にご夫婦だけや一人暮らしの方へのお返しは、たくさん入ったお菓子やタオル、食器類は向いていません。量より質を意識した品を贈ると良いでしょう。日持ちする瓶に入ったお総菜や海産物、高価な調味料などがオススメです。お酒が好きな方には珍しいお酒も喜ばれます。お相手に合ったものを選ぶ余裕がなかったり、好みが分からない場合はカタログギフトが便利です。価格も段階的に設定されているので予算に合ったカタログを贈ることができます。お相手も本当に欲しいものを選ぶことができるので、お返しの品の内容でガッカリされることもありません。最近の内祝いでは、出産したお子様の名前が入った名入れギフトも定番です。そこで注意していただきたいのは何に名入れをするかです。名前の入ったタオルや食器をいただいても、なかなか使いにくいものです。だからといって処分するわけにもいかず困ってしまいます。名入れをするならお菓子やお米などの後に残らないものを選びましょう。感謝の気持ちを込めて贈る出産内祝い、ご紹介したタイミングやマナーに気を付けながら、素敵なお返しを考えましょう。

真心のこもった出産内祝いを友人や知人に贈ろう

出産内祝いのタイミングについて

出産は、新しい生命の誕生という人生最大のイベントです。あなたの大切な友人や知人が出産を迎えようとしているとき、出産のお祝いを予定していると思います。贈る側の立場としてどんな商品が良いか、お祝いを贈るタイミングはいつか、お祝いのマナー等について頭を悩まされることも多いことでしょう。また、お祝いをもらった側も、お返しはどのようなものが良いのか、いろいろ不安な点もあると思います。特に今までこのような経験をしたことのない方はなおさらです。そこで、ここでは出産祝いについて贈り物のタイミングを説明します。出産祝いを贈る側もお返しをする側も、お祝いのタイミングが非常に大切です。目安としては、出産3ヶ月ぐらい前に、出産内祝い向けの商品の目録やインターネットなどを見て、情報収集しておくと良いでしょう。そして、出産一か月前には、年賀状などをもとに住所の整理をしておくのもポイントです。個人差がありますが、産後は体調も不安定なうえ、慣れない赤ちゃんの世話で手一杯になるものです。そのため、出産後バタバタしないためにも早目の準備をすることが必要です。出産後、大抵一週間前後で出産祝いが届き始めますので、お祝いをいただいた方の名前と贈答品をリストアップしておきましょう。出産一か月前後が、出産内祝いをするベストなタイミングでしょう。参考までに、お宮参りの時期もお返しをする一つのメドになります。出産祝いをもらった側の気をつけておきたい点として、里帰り出産の場合、新居に送られることがあるのできちんと確認しておく必要があります。また、友人や知人がお祝いのタイミングを逃して、出産から1ヶ月以上経ってから届くケースもありますから、この場合は随時お返しをしていきましょう。これまで説明してきた情報を参考に、出産祝いをする側も出産内祝いをする側も、タイミングのいい時期を見計らって贈ることを心掛けてはいかがでしょうか。

出産内祝いのマナー

ここでは出産内祝いのマナーについて説明します。まずお祝いをいただいた方へお返しするときに、覚えておいてほしいいくつかのポイントを紹介します。友人や知人から出産祝いをいただいたときは、できれば三日以内に電話やメールでお礼のお返事をしておきましょう。出産祝いをいただいた相手が目上の方の場合は、電話やメールではなく手紙でお礼状を書くのが一般的になります。そして、お返しをしようと考えた場合には、お祝いの品によっても若干の差はありますが、貰った金額の半分から三分の一程度にしておくのが妥当な範囲といえるでしょう。次に出産内祝いを贈る際に気をつけておきたいことですが、地域や風習の違いがあるので一概に断定するのは難しい面がありますが、一般的な説としては、日本茶は葬儀を連想させ、刃物は縁を切ると言われているので、お返しの品としては避けたほうが無難です。そして、熨斗紙をつけてお祝いを贈るときは、熨斗の真ん中の上の部分に「内祝」下の部分には生まれてきた子どもの名前を書きます。大体は、内祝いを購入するお店でしてくれるところが多く、さらに、新しく誕生したお子さんの写真も入れてくれるところもありますので、事前に確認しておくといいでしょう。また、お店のスタッフの人に、お祝いを包む包装紙やメッセージカードなどをプロの視点でアドバイスをしてもらう方法もあります。

出産内祝いの品を上手に選ぶコツ

次に覚えてほしいポイントとして、具体的にどのような出産内祝いを選べばよいかということです。出産内祝いを贈る前に大切なことは、相手の好みを把握しておくことです。参考までに、一般的な出産内祝いとしては、石鹸やタオル・食器・お菓子などがあります。一般的なものを贈るのもいいけれど、せっかくの出産内祝いなので一工夫したものを選んでみてはどうでしょうか。例えば、お菓子だとバームクーヘンやカステラに名前や誕生日を入れるサービスをおこなっているところがあるので、インパクトのある贈呈品を考えている方は試してみるのもいいかもしれません。ただし、付き合いの深い友人や知人ならある程度好みが分かりますが、普段付き合いのない方は好みを把握するのが難しい場合があります。そのようなとき、カタログギフトを贈るのも無難な選択のひとつです。今では、出産内祝いの商品が多種多様に取り揃えられています。インターネットのホームページで検索したり、直接お店に行ったりして、これはという出産内祝いの商品を探してみるものいいかもしれません。贈り物をするのに最も大切なことは、自分の好みのものを贈ることより相手の立場になって、どのような贈呈品が喜ばれるのかという視点で考え選ぶことです。そうすることで、真心のこもった出産内祝いは、産まれてきた子どもの成長とともにいつまでも贈る側、贈られる側、お互いの心に残るのではないでしょうか。要は、記念に残る贈り物をすることが大切です。

親しい人へ出産祝いのお返しをしよう!

内祝いの本当の意味

結婚、出産、入学、卒業、就職といった人生の喜ばしい節目には親しい人たちからお祝いを頂くことがあります。お祝いとして頂くものは現金であったり商品券であったり、品物であったりと様々ですがお祝いを頂いた場合にはお返しとして内祝いを贈るのがマナーです。内祝いの代表的なものの一つに、結婚披露宴の引き出物があります。元来、内祝いというのはお祝いを頂いたお返しという意味ではなく自分の家にお祝い事があることの記念として親しい人たちに贈り物をするというのが一般的でした。結婚披露宴の時に頂く引き出物は、頂いたお祝いのお返しではなくお祝い事の記念品であるという意味合いが強いので内祝いの本来の姿を一番残していると考えられます。子供が生まれた際に頂く出産内祝いには生まれた子供のお披露目を兼ねて子供の名前の命名札を付けた記念品を先に贈るということから由来しているのですが、時代の流れとともに内祝いは頂いた出産祝いに対するお返しとして用いられることが多くなりました。他にも快気祝いや退院内祝いとして病気の時にお見舞いを頂いた人へ病気の全快や退院の報告を兼ねて内祝いを贈ります。基本的にはお祝いを頂いたら内祝いを贈りますが初節句や七五三、入学といった子供の成長のお祝いに関しては内祝いを贈らなくてもかまいません。他にも父の日や母の日、長寿のお祝い、お中元やお歳暮といった場合にもお返しは不要です。しかし、場合によっては記念の品を配ったり、今後のお付き合いの都合上お返しをした方がよいということもあります。いずれの場合にもお祝いを頂いたらなるべく早くにお礼状を出すことがマナーです。

内祝いの基本的なマナー

慶事の際に一番お祝いを頂きやすいのが結婚祝いと出産祝いです。結婚祝いについては結婚披露宴を行う場合には引き出物として参列者に配るので、ある程度の内祝いは用意がしやすいですが、出産祝いで頂くものは人によって内容や金額が様々でどのようなお返しをすればいいか悩むことが多いです。自分たちで用意することも多い出産内祝いであるので、まずはお返しの基本的なマナーについて理解しておく必要があります。出産内祝いの費用の目安は頂いた金額の半額から3分の1程度になります。もし現金や商品券などの頂いた金額がわかるものではなく品物であった場合でも、品物の相場から半額程度のものをお返しするといいです。しかし両親や親族からは予想以上に高額なお祝いを頂くことも多く、また友人間での通例なども関係してくることもあるので、それぞれの事情を考慮しながら妥当な額を検討しましょう。出産内祝いを贈る時期は正式にはお宮参りをする生後1カ月頃となりますが、近年は出産祝いのお返しという意味合いが強いので生まれてから1カ月以内に頂いたお祝いについては生後1カ月頃に贈り、それ以降に頂いた人にはその都度なるべく1カ月以内には贈るようにすると良いです。出産内祝いにつけるのしは紅白の蝶結びのしを使用します。表書きは内祝、下段には生まれてきた子供の名前を書きます。お披露目の意味もあるため読みが難しい場合にはふり仮名をつけると良いです。内祝いのマナーとしては地域によっての違いは少ないと言われていますが、贈り先が遠方の人である場合には確認をしておくほうがベストです。また内祝いに限らず刃物や履物は縁を切る、踏みつけるという意味があるため贈答品としては不向きです。

出産内祝いで人気のおすすめサービス

出産内祝いにつけるのしの他に地域の風習によっては命名札というものを付ける場合があります。命名札とは生まれてきた子供の名前を短冊状の札に書き、貰った人が家の目につくところに貼って生まれた子供の名前を記憶するというものです。札の上下に赤い線がある伝統的なものから、カジュアルなものまであります。近年では命名札は使用せずのしに名前をつけただけの簡易的なものにとどめていたり、メッセージカードに子供の名前や写真、誕生日を付けて命名カードとする人も多くなってきています。出産祝いのお返しで定番と言えば赤飯や鰹節、紅白饅頭といった縁起物がありますが、最近ではお菓子の詰め合わせやコーヒー、石鹸やタオルといった実用的なものが人気のようです。内祝いの品を専門に取り扱っているお店やインターネットショップも多数あるため、贈る相手や金額に合わせて種類も豊富に選べるので相手が喜ぶ顔を思い浮かべながら探すと内祝い選びも楽しくなります。両親や祖父母など近しい親族からお祝いを頂いた場合におすすめな内祝いとして、品物に生まれた子供の名前や誕生日を名入れして世界に一つだけの品にすることができるサービスも充実しています。他にも生まれた子供の出生体重と同じ重さのお米を俵や袋に詰めて贈ることが出来るという商品もあり、遠方に住む親族で子供を実際に抱いてもらう機会がなかなか設けられない場合などに少しでも子供が生まれた喜びを疑似体験してもらおうと考えられたサービスもあります。どんなものだったとしても内祝いを頂けると嬉しい気持ちになりますが、時には失礼にあたるものもあったり相手の人の好みもありますのでより喜んでもらえるものを一生懸命考えて贈り物をすればきっと相手にも伝わるでしょう。

親へ出産内祝いをしよう

親へ出産内祝いとして

「出産内祝い」とは、現代においては頂いた出産祝いのお返しとして何か商品をプレゼントすることになります。出産祝いとしてお子様を出産した方は多くの方から祝いのプレゼントを頂くことになるでしょう。例えば、友達から離乳食が始まった時に困らないように食器セットをプレゼントしてもらったり、親戚であればベビーカーやチャイルドシートをプレゼントしてもらったという方も少なくありません。さらに、親族においては出産祝いとして現金をお渡しする方も少なくないでしょう。このような出産祝いで頂いたものは、出産内祝いとして今度は出産をしたご家庭がお返しをすることになります。特に、出産をされた方の中には親への感謝の気持ちを伝えたいと思われる方もいます。例えば、子供を生むまでに親御さんの支えなくてはここまで来れなかったと思う方も少なくないでしょう。近くに親御さんが住んでいる方で初めての妊娠であれば不安を感じることも多いため、相談に乗ってもらっている方も少なくありません。さらに、里帰り出産をされる方も今では多いですから、出産後の面倒をみてもらうという方も珍しくありません。普段の親への感謝の気持ちを込めて、出産内祝いのための商品を選んでみてはいかがでしょうか。例えば、名入れギフトであればカステラやバウムなどが販売されています。甘い物が好きな方であれば、それをお返しとしてお渡しすれば喜ばれる方も少なくないでしょう。また、名入れギフトにはお酒なども販売されています。お父様がお酒好きの方は珍しくありません。名入れワインなどをお渡しすれば、大切に保管して棚などに飾ってくれるお父様は多いでしょう。名入れ商品の中には和菓子とタオルがセットになっているタイプのものもあります。タオルは普段の生活で頻繁に使う用品です。例えば、朝顔を洗った後に顔を拭いたり、手を洗った時やスポーツで汗をかいた時など、様々なシーンで使用することが多いですから、見るたびに子供や産まれた孫のことを思い出して喜んで使ってくれる方が多いのではないでしょうか。

出産内祝いの人気ジャンルについて

それぞれの通販サイトで人気のジャンルが異なることもありますが、通販サイトではサイト上に人気ジャンルを掲載して出産内祝いの商品を選ぶ時のサポートをしてくれるところがあります。出産内祝いとして多くの方から選ばれる可能性が高いのは名入れギフトです。先程も少し名入れギフトの商品を紹介しましたが、選ばれる理由はオリジナル性が高いことです。例えば、名前を商品の一部に入れることができますから、内祝いをお渡しする方に自分の子供の名前を覚えてもらうことができるというメリットが存在します。通常内祝いの際には贈る相手ではなく、自分の子供の名前を入れます。挨拶の時にも活用できますから、ご両親に贈る時だけでなく上司など目上の方にお返しをする際にも活用できます。その他にも、カタログギフトがあります。カタログギフトは基本的に数多くの商品が掲載されており、その中から先方の好きな商品を自身で選んでもらうことができます。例えば、商品を選んでお返しをした時、相手が気に入らないのでは?と不安に陥る方も珍しくありません。そのため、なるべく相手の要望に合わせて商品を選択したいと思われる方がカタログギフトを選択するというケースが多くなっています。また、システムにおいても世の中に浸透しているので、カタログギフトをお渡ししても躊躇される方が減っています。無難という点では、タオルを選択される方が多くいます。タオルは先程も少し触れたように活用場面が多く、それ以外にも種類などが豊富にあるため先方に合わせた種類のタオルを選択することができるでしょう。その他にもプチギフトやフードギフトなど様々なジャンルがあるので、先方に合わせて最適なジャンルの出産内祝いを選択されてみてはいかがでしょうか。

出産内祝いの商品を購入するために会員登録をしよう

出産内祝いをするために、商品を通販サイトから購入したいと思われている方も少なくないでしょう。現代の多くの日本人は通販サイトを利用しており、実際にお買い物をしたことがあるという方も珍しくありません。通販サイトを利用して購入をする時はまずは会員登録をしましょう。会員登録をすることで、様々なメリットを得ることができます。例えば、通販サイトでは商品を注文したら業者はその商品を配達しなければなりません。配達をするためには当然購入者の住所が必要です。会員登録をすることで注文をする際に注文者情報を入力しないで購入をすることができるので、お買い物の利便性を高めることができます。その他にも注文履歴機能などを利用できます。注文履歴機能では何時誰に何を贈ったかを把握できるため、過去の商品購入やプレゼントした相手の情報などを知ることができるでしょう。二人目以降の出産内祝いをするときには、一人目のときになにをお返ししたか忘れてしまう方も少なくありません。そのため、このシステムがあると前回贈ったものと同じものを贈ってしまう心配もありませんし、面倒な住所入力等も手間が省けるので大変便利です。

出産内祝いのギフト選びについて

出産内祝いとは何か?

本来の出産内祝いの意味は、子どもが生まれた家のお祝い事として、親類や友人、近所の人へ気持ちばかりの品、赤飯や紅白まんじゅうなどを配るものでした。それゆえに内祝いと呼ばれるようになりました。しかし、時代の流れの中で近年の内祝いは、出産祝いのお返しというのが定着しています。その出産内祝いを贈る時期はいつぐらいがいいのでしょうか。最も適切なのは、お宮参りの時期、生後1カ月の頃が良いとされています。赤ちゃんの名前も一緒にお披露目できる機会でもあります。ただ最近は、出産内祝い自体も本来の形とは変わってきているので、内祝いを贈る時期も同様に変わってきています。生まれて1カ月頃にもらった方にはまとめてその前後に、それ以外の方にはその都度贈るというスタイルが増えてきました。贈るのが遅くなった場合は、一言メッセージを添えると相手にも気持ちが伝わるでしょう。出産内祝いの意味や贈る時期について簡単に説明しましたが、続いては、出産内祝いの贈り方について説明します。大体商品を購入したお店で用意してもらえますが、「のし」は紅白のちょう結びを選び、水引の上に「出産内祝い」もしくは「内祝い」と書き、下に子どもの名前を書きます。この時、読みが難しいときは振り仮名をつけることも忘れてはいけません。一方、近頃はその風習も変わってきて、名前入りののしだけにしたり、出産祝いに子どもの写真・名前・誕生日を書いたメッセージカードを送る人も増えています。その際は送る相手を考えて選ぶ必要があるので注意が必要です。

出産内祝いのギフトの選び方

出産内祝いにかける費用や品選びは非常に悩ましい問題です。出産内祝いに限らず、贈り物を選ぶのは非常に難しいものです。親しい友人や家族なら好みがわかりますし、何が欲しいか直接聞くこともできますが、普段お付き合いのない親戚や仕事関係の方には何を贈ったらいいか全くわからないという方も多いでしょう。ギフトカードや商品券ならどなたにも使っていただけますが、値段がわかるものはちょっと抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。そんな方にはカタログギフトを贈ることがおすすめです。カタログギフトとは、先方にカタログを贈り、カタログの中から欲しいものを選んでもらうギフトです。これなら相手の好みを知らなくても、先方の気に入った商品が届くのでおすすめです。カタログギフトの中には、ギフトカードや商品券を選べるものもありますので、いろいろな商品を比較検討するとよいでしょう。タオルなどの日用品や洗剤、紅茶やコーヒーなどの飲み物やスイーツも定番です。普段は買えない有名ブランドのものや、自然派や健康志向のものが掲載されているカタログを選ぶと喜ばれるでしょう。ただし、日本茶は弔事を連想させるため避けたほうが無難です。また、「縁を切る」を連想させる刃物も贈り物にはよくないとされています。目上の方に対して現金や肌着、靴下などの肌に直接触れるものを贈るのはタブーとされていますので注意しましょう。このように、カタログやギフトカード、商品券以外のものを贈る際には先方への配慮が必要ですから、趣味嗜好がわからない方にはカタログギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

出産内祝いのギフトを贈るときに気を付けたいこと

出産内祝いのギフトを贈るときには、いくつか注意しておきたいポイントがあります。出産後は、お母さんの体調の回復状態にもよりますし、赤ちゃんにつきっきりになるばかりでなく、お七夜やお宮参り、出生届の提出、お食い初めなどの準備で忙しくなるため、準備は出産前から行うことが望ましいです。出産の3カ月前くらいからリサーチをはじめ、気になった商品をリストアップしておきましょう。出産1カ月前ぐらいに出産内祝いのギフトを贈る予定の宛先リストを作っておくと、出産祝いをいただいた方をチェックするのにも役立ちます。出産の報告をすると、お祝いの品が届き始めます。お祝いが届いたら3日以内に手紙か電話でお礼の挨拶をし、出産内祝いを贈りましょう。次に金額ですが、基本的にはいただいたお祝いの半額ぐらいを目安にします。高価なものをいただいた場合は3分の1程度でよいでしょう。ただ、いただいたお祝いより高価なものを贈るのはマナー違反になりますので注意しましょう。また、内祝いにメッセージカードや挨拶状を添えると、感謝の気持ちをしっかりと伝えることができます。メッセージカードや挨拶状に赤ちゃんの写真を入れたいと思う人もいますが、写真を入れたものは親しい人宛てのみにとどめると良いでしょう。同じように、名入れギフトも贈る側には人気ですが、もらって困るという方もいますので、これも親しい人宛てにとどめておきましょう。上記のようなことを参考に、わが子の誕生を祝福してくれた方々へのお礼となる出産内祝いを上手に選んでみましょう。

出産祝いのお返しを贈るなら

出産祝いのお返しを贈るときの注意事項

出産祝いをもらったら感謝の気持ちを込めてお返しを贈ることが一般的です。通常はお宮参りが終わった生後1ヶ月頃に出産内祝いとしてお返しを贈ります。生後1ヶ月までに出産祝いをいただいた方にはまとめて生後1ヶ月頃に内祝いを贈りますが、それ以降にお祝いをいただいた場合はその都度内祝いを贈ります。内祝いを贈る時期にかかわらず、お祝いをいただいて、なるべく数日以内にお礼の気持ちを電話や手紙で先に伝えるのはマナーです。出産内祝いののしは紅白のちょう結びを使用し、ちょう結びの上の方に「内祝い」または「出産内祝い」と書き、下の方に生まれた赤ちゃんの名前を記入します。子どもの名前のお披露目をする機会でもあるので、難しい読み方の場合はふり仮名をふります。またお礼状を一緒に添えるのも良いです。直接手渡しの際は包装の上から付ける外のしがありますが、のしを付けてから包装する内のしも内祝いではよく利用されています。宅配で贈る時はどちらでもかまいません。のし以外に「命名札」を付けて贈る場合もあります。命名札は本来は短冊状で大きいものですが、最近は小さいものやカジュアルな形ものもあります。命名札を省略して、名前や子どもの写真、誕生日を載せたカードを送る方も増えています。

出産内祝いの金額と品物

出産内祝いのお返しは出産祝いにいただいた金額のおよそ2分の1から3分の1くらいの金額が目安となります。これは目安なので、それぞれの家庭の事情や親せき間の慣例があればそちらを考慮します。特に高額なお祝いをいただいた場合や目上の方からいただいた場合は3分の1程度の金額でもかまいません。感謝の気持ちを伝えて子どもの名前のお披露目をするためなので、高価なものを送る必要はないのです。出産後は何かと出費が重なります。出産内祝いの送料無料サービスやまとめ買い割り引きなどをうまく利用する方法もあります。出産内祝いの定番の品物は、昔は砂糖や紅白まんじゅうなどでしたが、今は多様化しています。タオルやお菓子の詰め合わせ、コーヒーや紅茶のギフトなど日用品や食品などの消耗品を多くの方が送っています。ひと昔前は贈る品のタブーがありましたが、現在は少なくなり自由になりつつあります。しかし、現在でも縁を切ることを連想する刃物やお葬式の時によく贈られていた日本茶は良くないと考えられているので、避けた方が無難です。また最近は子どもの写真入りの品物もありますが、もらった側は他人の写真の扱いに困惑することもあります。また写真入りなどの品物は処分にも困るので、別添えの写真入りのメッセージカードにする方が無難です。写真入りのメッセージカードを贈る場合も、もらった側がその後負担になる場合もあるのでなるべく両親や親しい人のみにする方が良いです。

相手によって選ぶ出産祝いのお返し

出産内祝いを贈る時に、とても大切なことは贈る相手に合わせて品物を選ぶということです。出産祝いをいただいた感謝の気持ちとして、なるべく相手の喜びそうなものを選ぶことが最適です。そのためには事前に相手の好みを調べておくことも大切です。全く好みがわからない場合も、相手の年齢や間柄を考慮して定番の品を選ぶのが良いです。仲の良い友人や同世代の女性にはトレンドの物やセンスが光る実用品やグルメを選ぶ方が多いです。ママ友には子供や家族向けのギフトが向いています。普段家事や子育てに追われているので、キッチンまわりの品物や、子どもとほっと一息つけるスイーツも選ばれています。カップルにはおそろいのペアグッズや二人で過ごす時に使う食器やタオルなどの日用品、ワインなども良いです。実家や両親からお祝いをもらった時も感謝の気持ちを込めて内祝いを送りましょう。メモリアル感のあるものや両親の好物、赤ちゃんの写真を入れたアルバムや写真立てなども喜ばれます。親戚への内祝いは、昔から知られていて知名度の高い上質なブランドを選ぶと良いです。男性の友人や上司へのお返しは、ハイセンスで実用的なものを選ぶと良いです。職場の同僚から連名でお祝いをいただいていた場合は、小分けができて日持ちもするお菓子などが無難です。丁寧にお返しするなら、1人1人に小さなお茶やお菓子のセットやタオルなどの日用品のささやかな金額のものにすると良いです。最近の人気の内祝いは名前入りのギフトです。オリジナリティーがあるので多くの方に喜ばれていますが、名前入りは後に残るものではなく、食品などの消耗品が無難です。両親や遠くの親戚などに、生まれた赤ちゃんの体重と同じ重さのお米を名前入りで贈ることも、赤ちゃんの重みを実感できると喜ばれています。また名前入りのカステラなどのお菓子とタオルやカタログなどのギフトの組み合わせ商品も人気です。子どもの名前も覚えてもらえて、品物も贈れるというセット商品は幅広い世代の方へのギフトとして選ばれています。カタログギフトも相手の好みがわからない場合や、こちらの予算に合わせて相手が好きなものを選んでもらえるので、贈る相手の年齢や性別を問わず人気です。

出産内祝いで気を付けるべきマナー

出産内祝いに必要なマナー

結婚祝いや出産祝いなど、お祝い事にかかせないのが内祝いです。もともとは親しい人や親族に対して、幸せをおすそ分けするという意味で、贈り物を贈ったり、宴会を開いたりするものでしたが、現在の内祝いは贈り物をもらい、お返しをすることが主流になっています。そんな内祝いですが、お返しをする際気を付けるべきマナーがあります。このマナーを知らずに贈り物を贈ってしまうと、場合によっては贈った方に不快な思いをさせてしまう、ということもあります。そこで、今回は出産内祝いに必要なマナーについて説明します。まず、タイミングです。お祝いごとの後は大抵忙しいことが多いですから、ある程度期間が経ってから贈ることが一般的です。例を挙げると、結婚内祝いなら一カ月後、出産内祝いなら一カ月後から二カ月以内に送りましょう。次に「のし」についてです。通常のプレゼントなどとは違い、内祝いは「のし」が必ず必要になります。ですので、ネットなどで注文される場合はのし付きの物を選ぶようにしましょう。また、宅配で送る場合は「外のし」だと、配送中にのしが傷ついてしまう場合があるので、「内のし」がおすすめです。さらに、「のし」同様にあいさつ状も必要です。プレゼントを贈ること自体が感謝の気持ちを表すものですが、実際どういったことを感謝したいのかということが相手に伝わらないので、挨拶状は必要といえます。最後に金額です。金額は相手より高い物を贈ってしまうと、失礼にあたりますから、価格としてはいただいた物の半額以下を目安に選ぶようにします。高額な品物を頂いた場合は3分の1程度にする場合もあります。以上のようなマナーがありますので、出産内祝いを贈る場合はマナーに注意して、贈りましょう。

出産内祝いで人気のある商品

出産内祝いで、お返しに贈る物を選ぶ際に迷ってしまう方は多いでしょう。せっかく贈り物を頂いたのですから、相手にも喜ばれる物を贈るためにも、どういった物が主流なのかは知っておくべきです。そこで、今回は人気のある贈り物を紹介します。まず、出産内祝いなどで人気がある物が、名入れギフトです。名入れギフトは贈り物に文字を入れることができるので、生まれてきた赤ちゃんの名前を入れることにより、贈り相手に赤ちゃんの名前を知ってもらうことができます。次に、家族や会社など人数が多い場合は小分けされている、分配のできる贈り物が適しています。お菓子やジュース、ゼリーなどが定番です。最後に、日常で使える物です。これは、タオルや食器などの日用品が人気があります。ただ、デザインが贈る相手の好みに合わない場合があるので、好みがわからない場合は無地を選ぶことをおすすめします。また、これらを選ぶうえで相手が苦手だったり、趣味に合わなかったりする物を避けるためにも、相手の好みを把握し、受け取ってもらっても困らない物を選ぶことが大切です。もし、そういった情報がない場合はカタログギフトなど相手に選んでもらうタイプの贈り物がおすすめです。以上が出産内祝いで人気のある贈り物です。せっかくの贈り物ですから、マナーを守って相手に喜ばれる物を選ぶことを意識してみてはいかがでしょうか。

出産内祝いのメッセージカードの書き方

出産内祝いでのマナーはギフトや贈り方だけではなく、その中に入れるメッセージカードにもマナーがあります。このメッセージカードは品物への感謝や赤ちゃんの名前についてなど書くべきことが多く、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで、注意すべきマナーやメッセージカードに書くべきことのポイントについて解説します。まず、書く上で必要なマナーがあります。気を付けるポイントとしては文章にお返しと思わせる内容を入れないことです。こういう文章を書いてしまうと、相手に、お祝いを受け取ったから義務的にお返しをしていると思われてしまう可能性があるので控えましょう。さらに、送る相手のことも考慮する必要があります。相手の方が子宝に恵まれていない場合だと、文面に配慮する必要が当然あります。生まれてきた赤ちゃんのことをメインに書くのではなく、出産祝いに対するお礼をメインに書くと良いでしょう。次に書く内容についてです。基本的に自分の思っていることを書きますが、ある程度ポイントを抑えておくと相手に気持ちが伝わりやすくなります。その内容としては、いただいた出産祝いに対する感謝、赤ちゃんの名前、由来、誕生日などの赤ちゃんに関する情報、日頃のお礼や思いなどを書くことが一般的です。もし、内容が思いつかな場合はインターネットなどに例文などがたくさんありますので、参考にしてみましょう。以上のことを気を付けて書くことで、相手に失礼なく、思いを伝えられますので、意識してみてはいかがでしょうか。内祝いは、結婚、出産、初節句、長寿まで意外に多く、私たちに欠かすことはできないものです。そのシーンによって、必ずマナーはありますのでしっかり調べておきましょう。

内祝いの贈り方とは

内祝いとは

出産祝いなどのお返しとして贈る内祝いですが、マナーがとても大切になっています。いただいたお祝いへのお返しはとても重要なことで、マナー違反をしてしまうと人間関係に亀裂が生じてしまうなど、良好な関係が築けなくなる原因になってしまうこともあります。親戚や上司、先輩などへ贈る時は特にマナーが重視されることもあるでしょう。そこで今回は内祝いとは何かということと、そのマナーについてご紹介します。内祝いとはいただいたお祝いへのお返しではなく、本来はおめでたいことがあった家族が、その喜びを一緒に分かち合ってもらおうというものです。昔は結婚祝いや出産祝い、年祝いなど家族だけではなく親戚や近所の人たちを呼んで一緒にお祝いしていました。当時は物を贈る風習はなく、みんなで食事をすることが中心でした。しかし、時代と共にそのお祝いを家族だけで済まそうと考えられるようになったため、食事をする代わりに物を贈ったことが今の内祝いの始まりとも言われています。最近ではお祝いのお返しとして使用されることが多くなった言葉ですが、本来は赤ちゃんの誕生をみんなで喜んでください、ということを意味していたのです。意味が分かるとマナーも理解しやすくなるので、覚えておくととても便利です。そして贈る時には感謝の気持ちを持って贈ることも大切なことです。

内祝いのマナー

次はそのマナーについてご説明します。初めて内祝いを贈る時はいつ贈ったらいいのかタイミングに迷ってしまうものです。贈るタイミングですが、出産の内祝いの場合は出産後1カ月から2カ月を目安に贈るようにします。ちょうどお宮参りの頃になります。その報告も兼ねて贈るようにすると最適です。ただし、産後1ヶ月程度はママの体調が元に戻っていないので、体調が悪い中慣れない育児と平行で準備することはとても大変です。贈る時は出産前から少しずつ準備しておくととても楽になるので、早めの準備をおすすめします。住所のリストや、商品の内容などをカタログやインターネットなどを活用して確認しておくとスムーズに準備することができます。いくつか商品の候補を用意しておくと、いただいたお祝いや相手に合わせて用意することができるのでとてもやりやすくなります。産後1カ月以降にいただいたお祝いにはその都度贈るようにします。商品を選ぶ時はたくさんの種類があるので、どんなものを選んでいいのかとても難しく感じてしまいます。選ぶ時にもいくつかのマナーがありますが、選びやすくするための基準は金額です。贈る商品の金額の目安は、お祝いとしていただいた金額の約半分になります。いただいたお祝いよりも高価なものをお返しすることは相手にとってとても失礼になりますので注意が必要です。逆に少なすぎる金額も失礼に当たりますので何をもらったかによって金額を変える必要があります。誰から何をいただいたのかメモをしておくと産後のバタバタしている時でも不安になることもなく、確認することができるので安心です。金額を基に商品の候補を上げていくととても選びやすくなります。

選び方とは

相手に喜んでもらえる商品の選び方は、自分の好みを押し付けすぎないことです。自分の好きな物や、好きな雑貨、キャラクターなど、相手が好きだと分かっている場合を除いてはあまり喜んでもらえないことがあります。内祝いとして適しているものはタオルや日用品などの消耗品、スイーツや食品など食べるものなどです。形として残らないものの方が誰でも喜んでもらえると人気になっています。相手に子供がいる場合は子供が喜びそうなもの、同僚など複数の人へまとめて贈りたい時は個包装になっている分けやすいプチギフトにするなど、相手の状況に応じて選ぶことも大切です。しかし、自分の両親など近い親族へ贈る場合は、記念品として形に残るものや、名前入りの商品の方が喜んでもらえることもありますので、相手に合わせて選ぶようにします。何にするか困った時はカタログギフトなどもあります。このような商品を選ぶと自分で選ぶ楽しみもありますのでとても便利です。商品を購入するための業者選びですが、商品の種類が多いことや、のしや赤ちゃんの顔や名前、メッセージなどを入れることができるサービスがある業者を選ぶととても便利です。内祝いと一緒に赤ちゃんの顔や名前を紹介できるので、なかなか会うことができない遠方の方などには喜ばれるサービスです。そしてインターネットなどで商品を選ぶことができる業者であれば手軽に注文することができるので、自宅にいながらゆっくりと商品を選ぶことが可能です。贈る相手や予算によって選びやすいようになっていたり、迷ったときに参考になるアドバイスが書いてある業者はさらにおすすめです。送料などたくさん購入すると無料になるところや、包装紙を選択できる業者などにすると選ぶことも楽しくなります。おめでたいお祝いのお礼ですので、ぜひ楽しみながら選ぶようにしてください。

出産の内祝いについて

内祝いとは

内祝いとは、何かしらのお祝い事があったときに、その幸せを近所の人や親族親類と分かち合うために贈るもののことを指します。お返しと混同されやすいですが、お返しは物を貰った人に返すという意味ですから、少し趣が異なります。ただし現在では、ほぼ同じ意味で使われることが多くなっています。内祝いを贈るのは結婚をしたときや家を建てたとき、あるいは出産のときが一般的です。あとは病気の回復のときに贈ることもあります。品物を贈ることが多いですが、代わりに料理を振る舞うことなどもあります。特に新築の家を建てた時は、新しい家に招いてお披露目をするとともに料理を振る舞う、という風習が見られます。品物を贈る場合は結婚のときは夫婦両名の名前を、出産内祝いならば赤ちゃんの名前とのしをつけるのがマナーとされています。内祝いで贈るものは、地域によって伝統的にある程度決まっていることもあり、例えば関西地方ではお祝いを持参してもらった際にその場で現金を返すなどの習慣がありますので、地域に合わせたお返しを考えることも必要になるでしょう。地域の特産品などがお返しの定番となっている場合も多いです。また、現代では定番の品にアレンジを加えたものなどが広まっていることもあるので、前々から決まっているような結婚・出産、新築祝いなどであれば、きちんと計画を立てて品物を選んでおく必要が出てきます。地域的な習慣を特に気にするようなところでは、家族や親類に相談することも必要になってくるでしょう。新しい地域で転居や出産を迎える場合であれば、その地域特有の風習がないか下調べも必要になるので特に注意が必要です。ただ、現代では多様化していることがほとんどですので、神経質になりすぎる必要はありません。

出産の内祝い

出産の内祝いに関しては、産前や産後に体調の変化があったり、ばたばたすることも多いため、特に前準備が重要になると言われています。産後100日目までは行事も多く、産後に考えようと思っていては難しい場合も多いでしょう。大事な我が子の幸せのお裾分けですし、生まれて間もないうちからマナーがなっていないと言われるのは赤ちゃんのためにも良くないので、早め早めにスケジュールを決めてきちんと対応することが望まれます。内祝いを考え始める時期としては、安定期に入った頃、出産の3か月ほど前がいいとされています。現在はカタログなどがありますので、取り寄せたり、地域による特色はあるのかどうか情報収集をしたりします。贈るものをゆっくりと考えつつ、お祝いを贈るであろう相手の住所の整理などをしておくと後々慌てずに済むでしょう。内祝いを贈るのは、もちろん赤ちゃんが生まれてからになります。出産が終わったら一週間ほどでお祝いの品が届くことが多いです。里帰り出産をするという人も多いでしょうが、その際も普段の住所に届くことが多いので、旦那さんなどに管理をしてもらい、贈ってくれた人を元に内祝いを贈る人のリストを作成していきます。これは産後1か月後くらいに贈るようにするのがマナーになっていますから、遅れ過ぎないように注意しましょう。遅くとも2か月後くらいまでがいいとされています。出産祝いが遅れて届く場合も、随時対応していきます。産後1か月は丁度お宮参りの時期でもありますから、これに合わせて贈る、と覚えておけば忘れにくくなります。贈り漏れがないようによく注意して、赤ちゃんが誕生した幸福をぜひ祝ってくれる方々に分けてあげましょう。また、お返しとは違うので、のしにお返しなどの文言を使わないことには注意が必要です。

出産の内祝いの選び方

特に迷う出産のときの内祝いの選び方ですが、地域による伝統や決まりなどがない場合は、人気のものを選んでもいいでしょう。伝統にこだわらないお返しには、主に赤ちゃんの名前の入ったお米やお酒などの名入れギフト、場所を取らず万人受けしやすいお菓子の詰め合わせといったものがあります。定番のタオルのギフト、その他食器なども人気が高いです。また、最近では贈った相手が自分で欲しいものを選べるカタログギフトもあります。こちらは自分たちで内容を悩む必要がなく、相手としても不要なものを受け取る必要がないので人気が出ている傾向にあります。どの商品にしてもさまざまなセットがあるので、予算に合わせて選ぶことができるでしょう。さらに、グループからまとめてお祝いをいただくというケースもあります。この際には小分けにできるものの詰め合わせがおすすめです。相手によって品物を変更する必要があるのも難しいポイントです。そして内祝いでは、相手からいただいたものの金額を上回らないようにしてものを贈ることがマナーとされているので注意しましょう。親族などからのお祝いの場合は随分高額なものを貰うこともありますが、絶対に相応のものを返さなければならないということはありません。相手への気持ちが大切ですから、相手のことを考えて贈るようにするといいでしょう。

お子様の誕生を名前入りギフトでお披露目

名前入りギフトの特徴とメリット

心のこもった贈り物をしたいと考えたとき、名前の入ったギフトを贈るというのもおすすめの方法の一つです。というのも一般的なギフトと比較すると、名前の入ったギフトには多くの利点があるからです。この章では、名前入りギフトの特徴をお話ししていくとともに、そのギフトを贈ることにはどのようなメリットがあるかについても詳しく検証していきます。名前入りギフトは、プレゼントをする相手の名前が刻まれているので、贈られた方にとってオリジナルの品になるのが最大のメリットです。サプライズとしても、抜群に効果的な一品となります。ただし、一般的なギフトと比べて、名前入りギフトはすぐに手に入れるのが難しい面があるので注意が必要です。しかし、時間をかけて作っているものだからこそ、相手に気持ちを伝えることができるという点も見逃せません。贈り物に相手の名を刻むだけではなく、お祝いのメッセージや記念日を入れるのも一考です。贈られた方にとっては、相手へのはなむけやねぎらいが込められたメッセージ、または記念日を刻んでおくことで、プレゼントとともにいつまでも心に残ることでしょう。大切な人の誕生祝いや結婚式、ご贈答などさまざまな場面で、用途に合わせて名前入りギフトを贈ってみましょう。補足ですが、製品に名前を入れるのは、プレゼントに限ったものだけではなく、自分の持っている愛用品に入れてみるのも価値があります。自分の名前が入っているので、他の人の所有物と間違えなくてすみます。あなた自身の名が入っているオリジナルの製品は、一層愛着が湧くものになるでしょう。ごく平凡な品物でも、名前を入れると一味違うものに変わります。それが、名前入りギフトの大きな魅力でもあります。

出産内祝いには、名前入りギフトは最適

名前入りギフトは、老若男女問わず幅広い世代に喜んでいただけます。ただ名前が入っている贈り物として、最も喜ばれるのが赤ちゃんの出産内祝いではないでしょうか。出産内祝いのポピュラーなものとして生活雑貨、その中でもタオル、そして食品が思い浮かびます。そこでタオルと食品の二つの出産内祝いについて、コツを交えながらお話をすすめていきます。タオルは、家にいくらあっても支障がないので贈り物として定番になっています。しかしその分、ありきたりになる点も否めません。内祝いを贈る方に喜んでもらうために、赤ちゃんに名付けられた名前にちなんだもの、例えばお子さんに花の名前がつけられていた場合、出産祝いのお返しのタオルに名付けられた名前と同じお花がデザインされたものにするといった方法もあります。出産内祝いには食品関係が多いのですが、その中でも特におすすめしたいものがお米袋です。出産内祝いの米袋は一般的な米袋とは違い、産まれてきた赤ちゃんの体と同じ重さのお米が入ってるのが特徴的です。お米を持ち上げる度、赤ちゃんの重みが感じることができるので、このような商品は特に遠方に住んでなかなか小さなお子さんに会えないという方にとって最高の内祝いになります。さらにお米の袋のパッケージに、赤ちゃんの写真、産まれてきた時の体重、お礼のメッセージなどを一言添えておくとより感謝の思いが伝わるでしょう。名前入りギフトの出産内祝いを贈って、出産祝いを贈った下さった方へのお礼の気持ちを表してみませんか。

名前入りギフトをオーダーする時に、気をつけておきたい点

名前入りギフトをオーダーする時に、気をつけておきたいいくつかの点について詳細に説明していきます。名前入りギフトが、名前のない一般的なギフトとしてある程度仕上がりに時間がかかるということに加えて、さらに商品の発送は宅配サービスになるため、指定した日に必ず品物が届くとは限りません。特に年末年始お歳暮の時期、またクリスマスシーズンには、当日に贈り物が届けられる可能性が低くなってしまいます。そのためお届けものが最も混むだろうと予測できる時期には、余裕をもって10日ぐらい前に注文を終えておくのが賢明です。特に贈りたい商品が食品だった場合は、さらに早めに対応する必要があります。時期以外に宅配に困難を要するのは、遠距離や交通の便が不便な地域に住まれている方々のケースです。交通の不便な場所のお住まいの方にお届けする場合は、時期と同様に業者に余裕をもって注文するように心がけましょう。お祝いものを贈ることで気をつけておきたいのが、お祝いを贈る相手の方の好みや生活習慣に合うかどうです。もし相手の好みに合うか不安な場合は、相手からどのようなものが良いか聞くのも一案です。他には、カタログギフトを送って、商品の選択権を委ね、希望している商品に名前を入れて贈る方法もあります。直接希望をしている商品を聞くのに抵抗があるという場合は、ネットの名前入りギフトの人気ランキングを見て調べてみるのも良いでしょう。大切な人に世界で一つだけしかない名前入りギフトを届けることで、祝福の気持ちがより伝わります。

出産内祝いには真心のこもった出産内祝いカードを添えて贈ろう

熨斗についての豆知識

新しい生命が誕生した時など、心のこもったお祝いの品を頂くことは大変うれしいものです。しかし、いざお返しとなるとどんなものを選べばいいか迷うのではないでしょうか。そこで覚えておくと役に立つ豆知識をご紹介します。まず、お祝いもので気持ちを表すのに有効的なのが熨斗です。なぜ熨斗がお祝いごとに適しているのかというと、そもそも熨斗は長寿をもたらすという鮑を伸ばしたものから始まりました。もともと鮑は昔から希少価値が高く、神社へのお供えや年貢として古くから縁起物として扱われていました。一般的な熨斗は黄色い紙を長六角形の紙で包みこんだものが多くみられます。一言で熨斗と言っていますが、熨斗紙と熨斗袋の2種類あり、現在は印刷物が多くなっています。昔ながらの手法で作成できる本熨斗は、今では日本に数件しかありません。熨斗はそれぞれ水引きの結び方で意味が異なります。まずは、「蝶結び」また「花結び」と呼ばれるのもは、何度でも結びなおしていい、何度あってもいいと言う意味で、出産や栄転などに用いられます。続いて「結び切り」と言われるものは、一度結んだらほどけない、二度と繰り返すことはないという意味があるため結婚のお祝いや全快祝いに適しています。他にも長いお付き合いをという意味の「あわじ結び」などがあり、こちらも結婚など一般的な慶事に用いられます。今やサイトにもデザインが豊富にありますが、きちんとした意味に気を付けながら使用しましょう。相手の方に感謝の気持ちを伝えたい場合、出産内祝いカードなどお礼の言葉を一筆添えてみると大変有効です。お礼のメッセージとともに、誕生した赤ちゃんの写真を添えてみるとさらに効果は抜群です。出産内祝いカードのメッセージを書く時には、気遣いのある文章や、デザインが素敵なメッセージカードを贈ることで相手にいい印象を与えます。下記では出産内祝いカードについてと文章を書くにあたってこのような面に配慮してほしい点を詳しく説明していきます。

出産内祝いカードの送るなら、一工夫したものを

出産内祝いカードには、どのようなものがあるのでしょうか。具体的な例を取り挙げて、お話ししていきましょう。昔からあるのが、命名札とよばれるもので、短冊状の縦長い紙に赤ちゃんの名前を書きます。写真などはなく名前だけのケースが一般的でした。今ではこの短冊に写真を入れるところもあるようです。地域や昔からの習慣を気にされる方には、こちらの命名札をおすすめします。次は、出産内祝いをネットで購入した場合、メッセージカードが特典としてついているケースについてご紹介します。もちろんカードのテンプレートはいつくか種類もあり、自分の好きなデザインを選ぶことができます。赤ちゃんの写真と一緒にメッセージを自由に書けるのも魅力です。小さい赤ちゃんがいてもいつでも楽に作成することができ、商品とともにオリジナルカードを配送してくれるので、ママにとってはうれしい選択肢ではないでしょうか。以上のように、札とカードで形やデザインが大きく変わります。内祝いの商品を選ぶ時は、これらもしっかり確認しておきましょう。心を込めて作った出産内祝いカードは、きっと贈られた相手に一味違うぬくもりを届けることになるのではないでしょうか。

出産内祝いカードにメッセージを添えるのなら、これだけは覚えておこう

お祝いのメッセージを書くのなら、こういう点に配慮してほしいことを具体的に解説ししていきます。出産内祝いカードに書くのは主に、性別や名前です。そして名前を書く場合は、お子さんの読み仮名を忘れないようにしておきましょう。読み仮名の難しい名前もめずらしくはないので、お子さんの名前を正しく覚えてもらうためにも必要です。メッセージには、お子さんの名前とともに名前の由来を書いておくこともおすすめします。出産内祝いのメッセージを書くのであれば、「お返し」という言葉を使用するのは避けておきましょう。確かに出産内祝いは、お返しを意味しています。しかしその言葉をストレートに表現すると、もらったからお返しするという意味ににも捉えられてしまう可能性があります。メッセージの書くにあたって無難なのは、気候の挨拶です。出産内祝いには、贈る季節に合わせた時候の挨拶を添えておきましょう。出産内祝いのメッセージでは、贈られた方への状況に照らし合わせながら書くことも大切です。贈られた方の中には、さまざまな事情がある方もいらっしゃるでしょう。最も良いのは、赤ちゃんの誕生の喜びをストレートに表現するよりも、プレゼントを贈ってくれた方への感謝の言葉や多幸を願うメッセージを書くことです。カードには、相手を思いやる一言を添えておくと大変よい印象を与えます。こうしたことを踏まえて、真心のこもったメッセージを記した出産内祝いカードを贈り、お返しする方に感謝の気持ちを伝えてみてはどうでしょうか。

おもちゃや食器などの出産内祝いギフトに関する情報

これから出産内祝いを贈りたいと考えている方のために

出産祝いをいただいた方に、感謝の気持ちを込めてお返しするおもちゃや食器などのギフトのことを、出産内祝いと言います。これから出産内祝いを贈るにあたっては、あらかじめマナーやコツについて理解を深めておくと良いでしょう。特に、初めて出産祝いをいただいた時には、お返しのしかたについて、さまざまな疑問や不安が湧いてくるものです。そのような場面でも失敗することのないよう、事前の情報収集をしっかりと行なっておくことが大切になります。女性が出産した後、体調が万全に戻るまでには、ある程度の期間が必要となります。また、産後は、赤ちゃんの世話で忙しい日々がスタートします。さらに、出産に関する行事も数多く存在します。そのような事情を考慮に入れると、体調が比較的安定している、出産前の時期に内祝いの準備を進めておくのがおすすめの方法と言えます。これから内祝いの準備をするにあたっては、まず、カタログなどを利用して、贈る品物の目星をつけておくと良いでしょう。そのような場面では、気になる品物にチェックをつけたり、お気に入りの商品リストを作成したりしておくと、後になって役立つことでしょう。また、内祝いを贈るためには、送り先の住所を整理する必要があります。そのような場合には、年賀状や引っ越しの連絡などを元にして、住所を整理しておくと良いでしょう。

内祝いを贈るにあたってのチェックポイントはこちら

産後は、赤ちゃんの誕生を知った人たちから、お祝いの品物が届きます。出産のために里帰りしている場合には、自宅にいる夫などに連絡して、出産祝いについて確認しておきましょう。それから、出産祝いをいただいた人の名前や、内祝いのギフトとするおもちゃや食器などの商品リストを作成しておくと良いでしょう。こちらのステップでは、お祝いをいただいたのにお返しを忘れてしまうことがないよう、しっかりと確認作業を行なっておくことが大切です。そして、内祝いをするタイミングは、産後1か月前後が目安となり、大幅に外れた時期に贈るとマナー違反になるので、注意する必要があります。また、その時期を過ぎてからお祝いをいただいた場合には、随時お返しすると良いでしょう。また、内祝いに限った話ではありませんが、お祝いをいただいた場合には、3日以内を目安としてお礼のあいさつをしておきましょう。こちらは、相手に対する感謝の気持ちを伝えるために、手紙や電話で行なうあいさつになります。ただし、正式なお礼には、手紙を使用するのが一般的なので、お祝いをいただいたのが目上の人であれば、なるべく手紙であいさつしておきましょう。次に、内祝いの品物を選定するにあたっては、値段もチェックポイントになります。こちらは、出産祝いとしていただいた品物の値段の半額を目安とすれば良いでしょう。ただし、お祝いをいただいたのが親せきや目上の人である場合や、高額な品物である場合は、3分の1程度の金額でも問題ありません。いずれにしても、相手に対して感謝の気持ちが伝わることが一番大切なので、金額にこだわり過ぎず、心を込めて品物を選ぶようにしましょう。

贈る品物の選び方などについて知りたい方へ

内祝いを贈るにあたっては、おもちゃや食器など、ラインナップされている商品の中から、何を選ぶかという問題が生じてきます。出産内祝いのギフトとして定番となっているのは、石鹸やタオルのセット、食器などの日用品、菓子やコーヒーなど、日持ちのする食品などです。贈り物は、品物の種類にかかわらず、相手に対する感謝の気持ちは伝わり、喜んでもらえますが、せっかくなので、相手の趣味・趣向や家族構成に合ったものを選びたいところです。プレゼントする相手が、日ごろから付き合いのある人であれば、日常的な生活シーンの中で相手の好みをリサーチしておくのも良いでしょう。そのようにして、相手の好みや家族構成が分かったら、ライフスタイルをイメージし、それに見合った品物を選んでみると良いでしょう。また、普段の付き合いがない親せきや仕事関係の人などにお祝いをいただいて、相手の好みなどが分からないという場合には、定番とされている品物を選んでおくのがおすすめの方法です。また、最近では、個人の自由を重んじる風潮が高まり、内祝いとして贈るのにタブーとされている品物は減少する傾向にあります。ただし、地域によっては、「日本茶は弔事に結びつく」「刃物は縁を断ち切る」という考え方をする人も存在します。次に、内祝いを贈るにあたっては、「のし」やメッセージカードに関する情報も収集しておきたいところです。のしは、古い時代から、わが国の伝統的な贈答シーンの中で、婚礼や出産などの贈答品に添えられてきたものになります。のしについては、水引や表書きなどのマナーがチェックポイントとなります。マナーをきちんと理解して、お礼の品物を贈るようにしましょう。

感謝の気持ちを込めておしゃれな出産内祝いを贈ろう

出産内祝いをするなら、覚えておきたい豆知識

出産のお祝いをお返しするのなら、お祝いを贈ってくださった方に心のこもった出産内祝いを贈りたいと考える人は少なくありません。ただし出産内祝いをする場合、お祝いものならではの制約やどのようなものを返しをするのがベストなのかといった様々な課題があります。そこで、アイテムを選ぶ参考になる一つの助長となるべく、出産内祝いについて詳しく説明させていただきます。出産内祝いをするなら、いくつか覚えておきたい豆知識があります。一つ目は、出産祝いの見積もりについてです。通常出産祝いの金額は三分の一、もしくは半分ぐらいの金額の品物を贈るのが一般的だといわれています。三分の一のケースは友人や同僚といった同じ立場の方、半分の金額は自分より年下の親類や仕事関係者にしておくと良いでしょう。なお遠方からのお祝いを返す場合は、お祝いを贈ってくれた方の場所にもよりますが郵送料を含めた商品にすると無難です。なおこれらは、地域によっても異なるケースがありますので、しっかりと確認しておく必要があります。出産内祝いを素敵に演出してくれるものに、ラッピングがあります。インパクトのあるラッピングにしたいと考えたら、おしゃれな包装紙やリボンを専門的に取り扱っている店に行って、専門店のスタッフさんに贈り物に合ったラッピングを相談してみましょう。贈り物にあったラッピングを選ぶことでプレゼントの価値がさらに高くなるでしょう。また、お祝いを贈ってくださった方に、メッセージカードを添えると感謝の気持ちがより伝わります。ラッピング同様、おしゃれなカードに感謝のメッセージを添えておきましょう。

人気のある出産内祝いの商品

今、出産内祝いはどのようなものが人気があるのでしょうか。現在出産内祝いの上位を占めている人気商品を通して、メリットについても説明します。出産内祝いとして大きく注目されているのが、名入りグッズです。名入りグッズの最大の利点は、グッズに赤ちゃんの名前を入れるので、贈り物を通して赤ちゃんの名前と新しい命のあいさつを伝えられることです。赤ちゃんの名前を入れて、オリジナルの商品をプレゼントできるといった素敵なお返しができます。次に定番なのが食料品です。お贈りする食品で思い浮かぶものが、ジュースやスイーツなどでしょう。これら商品を選ぶ場合、押さえておきたいポイントを簡潔に紹介します。まず、ジュースです。口当たりの良いさっぱりとした飲み物は、老若男女問わず人気があります。ジュースを贈るのなら、いろんなタイプのドリンクをセレクトすると様々な味を楽しんでもらうことができます。特に夏の季節の贈り物として最適です。次は、スイーツです。スイーツを取り寄せる時に注意したいのは、賞味期限のチェックです。ある程度賞味期限の長い物の方が喜ばれるでしょう。また糖分を制限をしなければならない人がいる可能性もあるので贈る方の健康面はある程度把握しておきましょう。食器類も、出産内祝いの人気商品のひとつです。お祝いものの食器は、おしゃれでクオリティーの高い製品が数多く取り揃えられています。ただし食器類は、割れ物ということもあり贈り物として非常にデリケートです。この他にも、花や時計、デジタルフォトフレーム、キッチン用品といった商品なども人気があります。

出産内祝いを送るなら、相手のライフスタイルに合った贈り物を

出産内祝いを贈る場合に重要なこととして、出産のお祝いをいただいた方の好みや年齢層、家族構成といった生活に合った品物を選ぶ必要があります。親戚縁者のケースでは、未婚か既婚かで贈り物が大きく変わります。贈ってくれた方が未婚の場合、何が欲しいか聞いて希望した商品を贈るのが良いでしょう。既婚者には、パートナーが喜んでくれるもの、子どもがいるケースでは、お子さんが喜ぶ商品をセレクトしておくことでお返しを贈った方の気遣いが伝わりやすくなります。次に、単身者のケースです。現代では、核家族化し一人暮らしの方も増えてきました。単身者へお返しする場合に、いくつか覚えておきたいポイントがあります。一人暮らしだと、仕事以外に家事の負担も大きな課題です。単身者の家事の負担を減らす意味で役立つ商品が、保存食です。保存食の代表格といえば、お米があります。出産内祝いの商品には、赤ちゃんの重さと同じ体重のお米もあります。他にもグルメギフトも出産祝いを贈った本人が好きな味を選べることもあり最適な贈り物になります。家事の負担を軽減する商品としては、家電製品もとても重宝します。食器類は、1人で生活されている人にとって器が大きいと用途に困るケースがあります。ペアの商品も多いので、選ぶ時には充分な配慮が必要です。食器を選ぶ時、気をつけたいのは単身者に限りません。若い世代、例えば同い年くらいの仕事仲間やママ友にはインパクトのあるものはいいのですが、年配者や上司など目上の方には避けたほうが無難です。目上の方へ贈るのなら、和の雰囲気のする食器をおすすめします。補足情報として、食器の種類は陶器だと落ち着いた印象を与えます。出産祝いを贈ってくださった方に、感謝の気持ちのこもった出産内祝いを贈ってみましょう。

出産内祝いにはやっぱり定番のタオルを

出産内祝いの種類

出産は自分にとっても、家族にとっても人生の一大イベントです。初めてパパ、ママになる人は色々な不安や疑問がたくさんあることでしょう。出産の準備と共に、考えておかなければいけないのは出産後の事です。妊娠8カ月前後、まだ少し余裕があるときに少しずつ準備をする方が多いです。例えば、出産後は赤ちゃんのお世話に付きっきりになるため、お母さんの中には美容室に行って髪を短く切っておく、という人がいます。赤ちゃんのための洋服、産着などを準備したり、ベビーベッドなどを用意したりして環境を整えていくことも必要です。日持ちするものは買いだめしたりして、できるだけ外出をしなくてもいいように準備する方もいます。出産祝いを贈ってくださる周りの人のため、出産内祝いの準備を始めるのもこの頃です。出産後は精神的にも肉体的にも大変になり、お返しに何を贈ろうか、ということを考える余裕がなくなるため、少し早めに考えて用意しておくと安心です。最近では出産内祝いをする方法の一つに、結婚式のお祝い返しのようなカタログギフトを贈って、相手の好きなものを注文してもらう、というものがあります。これだと何を贈ろうかと悩むことなく、手軽にお返しができますし、贈られた相手も自分にピッタリのギフトを選ぶことができるので、喜ばれる方が多いようです。出産内祝いはやはり生まれてきた赤ちゃんが中心ですので、赤ちゃんの名前を入れた名入れギフトも人気です。昔は名入れというと、刺しゅうなどでタオルに文字を入れたギフトなどが人気でした。しかし今はより手軽でオシャレなもの、赤ちゃんの名前、生年月日を印刷した帯や紙のカードをタオルに巻いたり、カステラなどに焼き付けたりしたものなどが人気です。手軽でありながら、赤ちゃんの名前をしっかり覚えてもらえるというメリットがあり、生まれてきた赤ちゃんを紹介するのにピッタリなギフトです。

出産内祝いのマナー

出産祝いは、出産を知った周りの人から順次贈られてきます。出産前の1,2週間あたりから届き始めます。直接渡してくれる友達もいることでしょう。以前に勤めていた会社の方から、連名でお祝いを頂くこともあります。両親や親せきなら、もう少し早くから何が必要か直接聞いてくれたり、子育てに必要なものを贈ってくれたりする、ということもあります。出産後しばらくしてからも、出産の話を聞いた友人や周りの人達から出産祝いが届くことがありますが、いずれにしても、誰から何をいただいたか、出産祝いを頂いたらリストアップしておくことが大切です。そして無事に出産を終えたら、数日で退院となり、赤ちゃんとともに家に帰ります。現在は赤ちゃんが生まれてから14日以内に届けを出さないといけないので、それまでに赤ちゃんの名前が決まります。一般的に出産内祝いは、その後くらいから産後1,2カ月くらいを目安に贈ります。お宮参りに行くころが一つの目安です。直接手渡しでもいいですし、送付することもできます。人によっては、産後の体調が悪かったり実家に帰っていたりで、なかなか送付できないこともあり、それで多少遅れることがあっても、お返しをすることができます。あまり遅れると渡しづらくなりますが、ある程度時間の幅があるので、それほど気にすることもないでしょう。出産内祝いは出産祝いの半額から3分の1程度です。高価なものというより、気持ちを伝える手ごろな価格のギフトを選ばれる方が多いです。

どんな出産内祝いがいいのか

何を贈ったらいいのか、ということが一番悩むところです。最近はこれを贈ってはいけない、というタブーはほとんどないので、相手のことを考えて使いやすいもの、喜ばれるものを選びましょう。友達数人から連名でお祝いをもらったら、皆に少しずつ行きわたるように、小分けのお菓子などを渡すという方法もあります。またそれぞれに渡せるタオルハンカチのようなミニギフトも喜ばれます。少し遠方でお祝いを郵送したい場合などは、日常生活の必需品であるタオルを選ぶ方も多いです。タオルは年代に関係なく、どのお家でも使う消耗品のため、相手の趣味が分からない場合や、職場の上司や遠方の方などに送る際に人気があります。タオルは種類も多く、デザインや価格帯も幅広いのでおすすめです。出産後も何かを育児を助けてもらうこともある皆さんには本当に相手の必要なもの、値段にこだわらなくてもちょっとオシャレなものを贈ると喜ばれるでしょう。お祝いの品と同時にメッセージカードなどを添えることもあります。赤ちゃんの名前や、いつ生まれたかなどちょっとしたエピソードなど相手にお伝えしたいことを一言添えると、より気持ちが伝わります。最近はインターネットサイトで、出産内祝いを贈ることができるサイトがたくさんあります。出産前の時間がある時に、色々なページを見てみるとイメージに合ったものを見つけることができるでしょう。名入れも受け付けてくれて、そのまま送付できるところもあります。実際に出産内祝いを贈ったみなさんからの声も掲載されています。最近よく贈られているもののトレンドも分かるので、出産内祝いを選ぶ時の参考になるでしょう。

内祝いにお菓子を贈る

出産祝いをいただいたら

昔は赤ちゃんの誕生を報告し、喜びを分かち合うという意味合いが強かった内祝いの習慣ですが、今では出産祝いへのお返しを指すことが多くなりました。親戚や上司、親しい友人などからたくさんお祝いをもらうと、嬉しい反面、それぞれにふさわしいお返しの品物を選ぶのに頭を悩ませることになります。特に産後すぐは、赤ちゃんやママの体調も変化しやすい時期なので、贈る品物を探すためにデパートなどを歩き回るのはおすすめできません。出産前の安定期のうちに品物選びを済ませておくか、ギフト専門のネットショップなどを利用すると、赤ちゃんにもママにも負担にならないでしょう。出産祝いをいただいたら、できるだけ速やかにお礼を伝えます。電話や手紙なら丁寧な印象を与えますが、親しい間柄の場合はメールやSNSでも構いません。無事にお祝いの品物を受け取ったことと、感謝の気持ちを伝えることが大切です。その後一カ月以内をめどに、お返しの品物を贈ります。赤ちゃんのことで手一杯になっている時期なので、一カ月を少し過ぎたぐらいでは、マナー違反というほどではありません。しかしできるだけ速やかにお返しをすることが、今後の良好な人間関係につながります。内祝いの相場は、一般的にはいただいた品物の金額の半分から3分の1程度といわれています。目上の人だからといって、いただいた品物より高価なものを贈る必要はありません。ただし地域などにより考え方や慣習に違いがあり、決まった縁起物などを送る場合もあるので、周りの人の意見を参考にしながら品物を選ぶことが大事です。また内祝いを贈る相手の年齢やライフスタイルもさまざまです。誰にでも喜ばれる品物を選ぶのは難しいことですが、中でもお菓子は子どもから年配の方まで贈りやすいものの一つです。

贈り物として最適なものとは

普段から親しくしている友人の好みやライフスタイルを把握することは難しくありません。しかし親戚や恩師など、頻繁に連絡を取り合うわけではないという人もいます。特に世代が違う人などには、何を贈っていいのか見当もつかないという場合も少なくありません。カタログギフトを贈るという方法もありますが、年配の人の中にはカタログではなく品物を贈って欲しいと思う人もいます。最近ではネットやSNSを利用したギフトなど便利なものもありますが、パソコンやスマホに慣れていない人には不向きです。喜んでもらえる品物を選ぶポイントは、いくつかあります。まず一つ目は自分では買わないものや珍しいものを贈るということです。贅沢な感じがして手が出なかった高級スイーツやお菓子などは、贈り物にピッタリです。例えば有名パティシエや一流ホテルブランドの焼き菓子、老舗の和菓子屋で昔から作られている落雁などは、見た目やパッケージの美しさからも喜ばれるギフトです。お菓子の中でもケーキや練り切りのような生菓子は、賞味期限内に手渡しできるとしても、避けた方が無難です。日持ちしないものは、一人暮らしなど家族の人数が少ない場合、食べきれないことがあるからです。また宅配などを利用して送った場合も、実際に手元に届くまでに時間のロスがあります。クッキーやせんべいなど、賞味期限に余裕のあるものを選ぶようにした方が安心です。二つ目のポイントは、食べたり使ったりすることで消費してしまう消えものを選ぶことです。それでは物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、長い間残るものは贈られた方が扱いに困ることがあります。古くなっても捨てにくい上に、割ったり壊したりすると申し訳ない気持ちを抱いてしまうこともあるので、注意が必要です。

マナーを守って気持ちを伝える

感謝の気持ちを伝えるには、マナーを守ることも大切です。内祝いには紅白蝶結びの水引が付いたのしを使用します。水引の上には内祝、下には生まれてきた赤ちゃんの名前を記載するようにします。読み方が難しい時は、ふりがなを振ることを忘れないようにしましょう。昔は選ぶ品物にもタブーやマナー違反とされるものがありましたが、今ではあまり気にしないという人も増えています。例えば緑茶は弔事に使われることが多かったため、お祝いにはタブーとされてきました。しかし良縁の象徴と考える国や地域もあることから、弔事を連想しないようパッケージなどに工夫をしたものを贈る人もいます。また刃物は縁を切るという考えから、慶事には避けられてきましたが、未来を切り開くという解釈もあり、必ずしもタブーではないという考え方に変わってきました。現金や商品券は、金額が一目瞭然にわかってしまうので、特に目上の人に贈るのはマナー違反だと考える人もいます。贈る側としては現金や商品券にすると、品物選びに苦労することもないので便利なようですが、やはり感謝の気持ちを伝えるためにはお菓子など品物の方が向いています。出産内祝いは、赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた人に対して贈るものです。基本的なルールを守って相手に喜ばれる品物を選ぶことで、感謝の気持ちを伝えることができます。一人ひとりの好みに合わせて選ぶのはなかなか大変ですが、年配の人には和菓子、若い人には洋菓子、予算に合わせてコーヒーや紅茶を添えるなどの工夫をすることで、気持ちのこもったギフトになります。

上司に内祝いを贈る場合のポイント

上司への内祝いで注意すべきポイント

赤ちゃんが産まれたとき、会社とは別に上司の方からお祝いをいただくことがあります。出産祝いには、お返しとして内祝いを贈るのがマナーです。会社の決まりとしてではなく、個人的にお祝いしてくれた方には、心を込めて丁寧にお返しをすることが大切です。上司に出産祝いをいただいたら、まず最初にお礼状を出します。お礼状は、受け取りから数日以内に白い便箋に書き、郵送するのが基本です。職場で普段、メールをよく使っている場合には、メールでも構いません。その後、出産後1カ月以内に出産内祝いを贈るようにします。遅れてしまった場合には、お詫びの言葉を添えて、2カ月を限度にできるだけ早く届けるようにしましょう。文例を探したり、住所録のメンテナンスなどの準備をしておいたりすると、慌てずに済みます。内祝いのおすすめギフトなども、時間に余裕があるときにあらかじめ調べておくと、より喜ばれるものを選ぶことができるのでおすすめです。出産内祝いは、一般的にいただいた出産祝いの半額が相場だと言われています。上司へのお返しも、半返しが基本です。高額のお祝いをいただいた場合や金額がわからないときは、自分たちにできる範囲でお返しをすれば大丈夫です。金額よりも喜んでいただけるものを選ぶことがポイントになります。いただいたお祝いよりも高価なお返しは、むしろ失礼になるので注意が必要です。ご両親や親せきからお返しはいらないと言われた場合には甘えるのも良いですが、会社関係や取引先の方にはお返しをしておいた方がいいでしょう。相手の方の気遣いに感謝しつつ、気持ちよく受け取っていただけるお返しをすることがポイントになります。

おすすめの内祝いと避けた方がよいもの

一般的に出産内祝いは、食料品や日用雑貨などが定番です。中でもスイーツやタオルは特に人気があります。グルメギフトを贈る場合には、好みや家族構成を考えて選ぶのがポイントです。甘いものがお好きなら高級感のあるスイーツ、お酒好きの方にはビールやワインのセットなどが喜ばれます。ビール党ならビールグラス、ワイン通にはワイングラスなどもおすすめです。上質のタオルや、タオルとスイーツの組み合わせなども気が利いています。職場でお世話になっている上司には、仕事で使えるものを贈るのもひとつの方法です。名刺入れやキーケース、万年筆などは、人気があります。ただし、筆記用具はもっと仕事に精を出してほしいと受け取られる場合があるため注意が必要です。ベルトも気を引き締めてほしいと受け取られる可能性もあります。誤解を避けるためには、感謝の気持ちとともにぜひ使っていただきたいと言うひと言を添えて贈るのがポイントです。迷った場合には、カタログギフトと言う方法もあります。カタログギフトなら、好きなものを選んでいただけるので、はずす心配がありません。失敗したくないときは、カタログギフトを選ぶのがおすすめです。贈り物には好適品がある一方で、タブーとされる品物もあります。例えば肌着や靴下などは生活に困っていると言う意味になり失礼になります。縁切りにつながる刃物は、これまで良くないとされていましたが、最近では切り開くと言う意味から選ばれることもあります。仏事に使われることの多いお茶は、一般的には避けるべきとされていますが、良いとされる地域もあるため、お住まいの地域の事情を確認することが大切です。ご両親や親せきなどに名入りの品物を贈る場合でも、上司や会社関係の方には避けるのが無難です。お菓子や食品など消え物に名入れラベルをつけて贈るのは問題ありません。

上司へのお返しで守りたいマナー

目上の方はしきたりを重んじることが多く、マナーにも厳しめなことが多いため緊張するものです。上司にいただいた出産祝いにお返しをする場合には、何を贈るかだけでなく、タイミングや渡し方にも気を配ることが大切です。まず第一に、目上の方に商品券を贈るのはタブーとされています。もちろん現金もいけません。何を選んだらよいのかわからない場合には、カタログギフトを選ぶという方法もあります。目上の方へのお返しの場合は特に、金額を気にしがちですが、お祝いをくださる方は、お返しを期待しているわけではありません。高価なものを贈ることよりも、喜んでいただけるもの、感謝の気持ちを伝えることを優先して選びましょう。出産内祝いの渡し方については、一般的には持参ではなく郵送が良いとされています。上司はすべての部下に個人的にお祝いをしているとは限りません。顔をつぶさないためにも、会社で内祝いを渡すのは避けた方が無難です。お礼状とは別にメッセージを添えて、ご自宅に郵送するようにします。お菓子や食料品などを贈る場合には、日持ちをするものを選ぶことも大切です。贈り物上手は気配り上手でもあります。上司の好みについて、同僚にさりげなくリサーチするのもよい方法です。マナーを守った上で、好みに合ったものを贈るのが、出産内祝いで喜んでいただくための最大のポイントです。

ママ友におもちゃを送るときの注意点やポイント

ママ友におもちゃをプレゼントしてもいいのか

お世話になっているママ友に何かプレゼントを贈るときには、どのような物を送ればいいのでしょうか。もしもそのママ友に子供がいるならば、おもちゃを送ると喜ばれることが多いです。基本的にプレゼントであれば何を送っても喜ばれることが多いですが、大事なのは相手のことをきちんと考えて送ることです。もちろん洋服やアクセサリーなどをプレゼントしても喜ばれることもありますが、やはりあまりにも高額すぎるとお互いにとって負担になるので、なるべく低予算でなおかつ喜んでもらえるものをプレゼントした方がいいでしょう。おもちゃであれば、子供がいれば長く使える物なのでとても喜ばれることが多いです。ママ友は主婦でもあるので一家の家計を担う立場になっていることもあります。したがって、なるべく家計の負担にならないように努めている方も多いので、子供へのプレゼントとしておもちゃをプレゼントするのはとても嬉しく思う方も多いです。奮発して高価なおもちゃを与えることを考えることがあるかもしれませんが、やはりあまりにも高額すぎるともらう方も抵抗があるのであまり良いとは言えません。後になってプレゼントしたママ友にお礼をさせてしまったり、気を遣わせてしまったりするとかえって困らせることになるので注意しましょう。最近では予算に応じてプレゼントを選ぶことができるショッピングサイトが多いので、そのようなところで選ぶといいでしょう。また、できるだけ種類が充実しているところであれば選択肢が多いのでおすすめです。

ママ友にどのようなおもちゃをプレゼントすればいいのか

おもちゃはたくさんあるので、どれを送ればいいのか迷ってしまうこともあります。基本的には、なるべく長く遊んでもらえる物がいいでしょう。例えばつみきであれば組み合わせ次第で色んな形を作ることが可能なので、子供にとっても飽きることなく長く遊んでもらいやすいです。また、つみき遊びは子供の創意工夫の力を伸ばすためには良いと言われているおもちゃなので、知育玩具として喜ばれます。おもちゃを送るときには、できるだけ壊れにくい丈夫な物がいいでしょう。子供はまだ物の扱い方を知らないことがあるので、つい乱暴に扱ってしまうことがあります。すぐに壊れてしまう物だとその段階で使えなくなってしまいますが、頑丈な物であれば壊れずにその後も長く使ってもらいやすくなります。また、ママ友の立場から考えても壊れてしまった物を修理するお金を節約できるメリットがあるのでおすすめです。また、子供にアレルギーになる素材が使われていないことも大事です。物によってはアレルギーが発生することがあるので、ショッピングサイトを見るときにはアレルギーの原因となる物質が使われていないかどうかも調べましょう。良質な素材で作られているおもちゃであれば、アレルギーの心配がないので安心してプレゼントすることができます。相手に喜んでもらうはずのプレゼントが、逆にトラブルの原因にならないように入念に選びましょう。素材について不安があるならば、事前に質問フォームから尋ねてみてください。優良なショッピングサイトであればきちんと返信してくれるので、その内容で購入を決意すると安心です。

ママ友におもちゃをプレゼントするときのポイントは

ママ友におもちゃをプレゼントするときには、相手の子供が怪我をしないようにするために安全性に配慮したおもちゃを選ぶことも大事なポイントです。子供が誤飲する可能性も考えて、誤飲しやすいパーツがないかどうか、舐めても安全か、さらに怪我をしてしまう角がないかどうかなど確認してから購入しましょう。子供は思いもよらない行動をすることがあるので、事故を予防するための配慮は必要です。もしもわからないのであれば、相手のママ友にどのようなおもちゃを送ればいいのか聞いてみるのもいいでしょう。おもちゃは親と一緒に遊ぶことができるコミュニケーションツールでもあります。良い物を送ればその子にとっても親にとっても良い思い出になります。なるべく相手に喜んでもらえるように、楽しさはもちろんですが安全性についても熟考した上で選ぶといいでしょう。実際に購入するときには、商品の在庫がきちんとあるかどうかや送料や税込み価格などをきちんと把握してから購入しましょう。思った以上に高い買い物になると送る側にとっても負担になります。また、在庫が無いと取り寄せるまでに時間がかかるので、プレゼントしたいタイミングで送ることができなくなります。在庫があるかどうかは電話やメールにて問い合わせて確認することもできます。プレゼントするタイミングは、例えばママ友が出産したときやママ友の子供が誕生日を迎えたときなどがいいでしょう。プレゼントするきっかけがあったときに適切な物を送ることで、今後も長く付き合うことができます。

両親へ向けたギフトの種類

両親にギフトを渡す機会

贈り物を渡す機会というのはある程度限られていますが、特に両親へのプレゼントは、近しい間柄であるためにそういった習慣がないと難しいところもあります。それぞれの誕生日や父の日・母の日もありますが、学生時代にはあまり贈り物をしたことがなく、初任給をもらったときに初めてプレゼントをするという人もいます。気軽なものではなくあらたまったギフトになると、年齢を重ねてから初めて渡すということも少なくありません。そういったギフトには、例えば結婚や出産後の内祝いの際に贈るものが挙げられます。結婚式をしていれば両親を招くことになるので内祝いを贈ることはないという考え方もありますが、結婚式の直前や式の終わりなどに感謝を込めてギフトを贈る人も増えています。これは必ず贈る習慣があるわけではありませんが、本人たちの気持ちを伝える方法の一つです。また、出産後の内祝いは、感謝を込めて二人へのギフトを選ぶ大きな機会になります。出産後の内祝いは、いただいた金額の半額程度をお返しするのが一般的です。ただし、両親からは高額なお祝いをもらうことも少なくありません。また、子どもと孫に使ってほしいという気持ちでお祝いをしているので、お返しは必要ないと考えている方も多いでしょう。そのため両親へのお返しについては相場が難しくなります。高額なお祝いの半分を内祝いに使用しては、かえって気を遣わせてしまう場合も多いのです。そのため、しっかりと感謝の気持ちを伝えつつ、ある程度の金額で内祝いを行う傾向にあります。内祝い以外にも、ものを贈る機会はいくつかあります。誕生日や父の日、母の日など年に一度の記念日もありますが、還暦祝いや銀婚式、金婚式など一度しか巡ってこない記念日もあります。これらは、普段贈り物をしていない人も、感謝を込めて贈り物をするいい機会になります。

両親に贈るギフトの種類

両親へ贈るギフトは様々ですが、定番のものもいくつかあります。例えば食べ物はその一つです。食べ物は消耗品なので場所を取りませんし、普段なかなか食べないものであれば、より気持ちも伝えることができて喜ばれます。缶詰やレトルト食品などの中にも、高級感のあるものが増えいるので、たくさんの種類の中から嗜好に合ったものを選ぶことができます。それらを使ってホームパーティーなどをすると、思い出に残る記念日になるでしょう。他にも思い出になるものとして、食器などが挙げられます。綺麗で飾り物としても最適なグラスやカップなどは人気があります。二人への品ですからペアになっているものを選ぶのもいいでしょう。ワインなどのお酒も、製造年にも意味を持たせやすく保存もきくのでおすすめです。お酒が好きな方には喜ばれる贈り物になります。その他にも、日常的に使ってもらえるものを選ぶという方法もあります。例えばタオルは昔から定番のギフトです。どの家庭でも必要とされているため普段使いしやすく、また軽く壊れる心配がないので、気軽に扱えることも利点です。また、お箸もペアでプレゼントしやすいということもあり、定期的に寿命が来るものなので使ってもらえる可能性が高まります。なかなか決まらない場合や両親の欲しいものがわからなくて悩む場合には、カタログギフトを選ぶという選択肢もあります。金額を指定して贈ることができ、選択の幅が広がるため、贈る側からも受け取る側からも人気があります。

両親への内祝い

出産後の内祝いでギフトを贈る人は多いですが、両親への内祝いにかける金額は様々です。一般的な見解として、金額に関わらず気持ちを伝えることが重要とされています。例えば両親からはお金だけでなく衣類や小物、おもちゃなどをお祝いとしてもらうことが多いです。その際にはそれを使っている写真を送ったり、子どもの顔を見せに連れて行くときにもらった洋服を着せておくなどの工夫をすると喜ばれるでしょう。贈ったものを使ってもらえるのは嬉しいものです。お金でもらった場合も、具体的に使った用途などを合わせてお礼を言うと、こちらの気持ちを伝えることができます。出産後の内祝いに贈る品物も、基本的には一般的なギフトと同じです。思い出に残るものや普段からよく使うものなど両親が喜びそうなものを選びます。また、出産後の内祝い特有のものとして、生まれた子どもの名前の入った名入れギフトも人気があります。名入れギフトには例えば赤ちゃんの重さと同じお米などもあります。抱き上げると重さが分かるとともに、名前が入っているのでほほ笑ましい贈り物になります。他にもお赤飯などお祝いの席にかかせないものもあります。名入りの食品でお祝いをすると思い出としても残りやすく、写真を撮って一生ものの記録にするのも素敵です。どうしても決まらない場合は、赤ちゃんの写真が使われたカタログギフトもあります。気持ちを伝えるということから、少額であっても両親へ出産後の内祝いをすることはおすすめです。産後は特にイベントごとが増えるため忙しく、悩むのがつらいという場合もありますが、何かしらの贈り物をして気持ちを伝えておくことは、今後両親といい関係を保つことにもつながるでしょう。

プレゼントにもピッタリ、ブランドタオルのあれこれ

プレゼントに最適、ブランドタオル

贈り物を選ぶ時には多くの人が悩んでしまいがちですが、せっかく贈るのなら相手に喜んでもらえるもの、使ってもらえるものを選びたいところです。誰に贈っても喜ばれる洗剤や日持ちするお菓子、お茶などの食料品に次いで人気なのが、いくらあっても困らないタオルです。自分ではなかなか買わないけれど普段使いできるブランドタオルは、吸水性が高く縫製もしっかりしているので、実用的に長く使うことができます。そして、何より肌触りが抜群のものとなっています。子育て中の世代にも人気があり、出産祝いや内祝いの贈り物にも最適です。値段も幅広く、サイズや肌触り、デザインなども豊富なため、贈る相手に合わせたものを選べるのも魅力です。どの家庭でも必ずと言っていいほど使われているフェイスタオルは、洗面所やキッチンなどでは欠かせません。入浴後やシャワー後に全身を拭くためのバスタオルも定番です。最近では洗濯や収納に便利なミニバスタオルもあります。手のひらサイズのタオルハンカチは吸水力の高さ、シワのなりにくさ、乾きやすさなどから特に夏場において重宝するアイテムです。スポーツをする方へ贈るならスポーツタオルがおすすめです。ロングタイプのフェイスタオルで首や肩にかけたまま汗を拭くのに適しており、幅が狭いタイプのものもあります。大判サイズのジャンボバスタオルは、アウトドアが好きな家庭なら海水浴やキャンプなどで使えるのでぴったりでしょう。ギフトセットのようにいろいろなサイズが入っているものもあります。肌触りや生地の厚みの違いは素材や織り方、撚りなどで変わってきます。生地は薄いと値段が安い、厚いと高いというものではありません。薄いタオルは洗濯がしやすく乾きやすいうえにニオイがつきにくいものとなっており、扱いやすいのが特徴です。厚いタオルはふわふわとした質感があり、より高級感を楽しむことができるようになっています。デザインは使いやすいシンプルなものや上品なもの、ポップなもの、子供向けのものなどオシャレなものが多く幅広いため、選ぶ方もワクワクするでしょう。自分ではなかなか進んで買う機会がないタオルは、毎日使うものなので、じょうぶなブランドタオルを贈ると喜ばれます。ぜひ大切な方々に贈ってみてはいかがでしょうか。

ブランドタオルと普通のタオルの違い

ブランドタオルと普通のタオルの違いが気になる方も多いのではないでしょうか。一番わかりやすい違いとして値段に差が出る理由は、品質と機能の高さが異なるからです。高いものは肌触りと吸水性、デザインなどにおいて評価の高いものが多くなっています。また、使われている綿のランクにも差があります。ほとんどのタオルが綿で作られていますが、その綿にはランクがあり、希少な綿を使っていると値段も高くなります。しかし、希少な綿ほど吸水性が高いというわけではないので、気になるタオルがあった場合にはその特徴を調べてみましょう。ブランドタオルは素材や作り方にこだわったものも多くあります。吸水性が高く髪や地肌を優しく拭けるタオルや、敏感肌の人や小さい子供に向けたオーガニックで安全性の高いタオルなど、各ブランドのこだわりによってタオルの特徴も違ってきます。使う人の好みに合った使いやすいものを選択できることが嬉しいポイントです。顔や体を拭くという従来の使い方以外に、幅広い活用法があることも見逃せない違いの一つです。夏場のクーラーがきいた部屋ではオシャレな膝掛けとして大活躍し、厚めのものなら肌寒いときにも使えます。汗をかきやすい子供のお昼寝のときにはブランケットとして使うこともおすすめです。吸水性が高くふわふわなタオルはオシャレで高機能なバスマットとしても活用できます。毎日使うものだからこそ、ハイクオリティーで活用方法も幅広いブランドタオルを選ぶと、日常を少し上質なものにすることができるでしょう。

ブランドタオルを長持ちさせるコツ

手に入れたブランドタオルは、できるだけ長く大切に使い続けたいものです。そこでふわふわで清潔な状態を長持ちさせるコツを紹介します。まず洗濯機で洗うときは水の量を多めに設定します。タオルが新しい場合は毛羽立ちの原因となってしまうので、柔軟剤をできるだけ入れないようにしましょう。古くて固くなってしまったタオルに柔軟剤を使用すると柔らかくなりますが、新しいタオルには逆効果です。脱水した後は早めに洗濯機から出し、20回ほど振り回してパイルを立たせます。その後風通しのいい日陰で干すことによって、新品のような状態を保つことができます。収納するときは、4つ折りなどにして重ねていくのはやめましょう。下の方のタオルに湿気がたまってしまい、菌が繁殖する原因になります。乾いたタオルはクルクル丸めて立てて収納することで清潔な状態を保つことができます。さらに、バスタオルは使用するたびに洗うようにしましょう。数日間使ってから洗うという方もいますが、そうすると菌が繁殖してしまいます。菌が繁殖しているタオルを使用していると抵抗力の低い赤ちゃんやお年寄り、風邪などで免疫力が弱くなっている人は健康を害する恐れもあります。また、ニオイの原因にもなります。菌は天日干しをしても効果がないので、使用後は毎回洗濯をしましょう。雑菌によるニオイが気になるときには60度以上のお湯にくぐらせて煮沸消毒をすることで解消することができます。お気に入りのブランドタオルを手に入れたら、これらの長持ちさせる方法をぜひ試してみましょう。

ささやかな贈り物を考えるならプチギフトという形で

日本でも認知されるようになったプチギフト

もともとプチギフトを贈るという行為は、外国で誕生しました。そして今では世界各地で浸透しているプチギフトが日本でも認知されるようになり、贈り物のスタイルの一つとして用いられるようになっています。海外では、日本でプチギフトが贈られるようになるよりはるか昔から、イベントなどで贈られていました。そして現在でも、結婚式や誕生日、クリスマスといった特別な時に贈られています。一方、日本に浸透してきたのは最近のことです。そして、ギフトを贈ることが多く見られるシチュエーションは、結婚式です。結婚式や二次会で参列者をお見送りする時やお色直しの後の再入場の際に、籠の中からお菓子を渡すといった場面もよく見受けられるようになりました。贈り物の種類もお菓子が定番でしたが、雑貨なども使われるようになり、他にもメッセージ入りのお菓子も人気があります。最近では日本でも西洋と同じように、結婚式のお祝いだけではなく、出産祝いや出産内祝い、退職祝いといったシチュエーションでもよく利用されるようになっています。

プチギフトを贈るメリットとは

プチギフトがさまざまなシチュエーションで用いられるようになったのは、この贈り物ならではのメリットがあるからだと考えられます。そこで、どのようなメリットがあるのかをいくつかのシチュエーションと照らし合わせながら紹介します。結婚式では、新しい門出を祝福してくださった方へ、引き出物とは違った感謝の気持ちを伝えることができます。ギフトをお渡しする時に感謝の気持ちをその場で伝えることができ、参加者と言葉やあいさつを交わすきっかけになるアイテムとしても非常に有効的な手段となります。続いては、退職祝いに贈るメリットです。長い間勤めていた職場では、お世話になった方に何らかの形で感謝の思いを伝えたいものです。しかし贈り物が高額である場合は、もらう側も負担を感じるケースも珍しくありません。その点、プチギフトのようなささやかな贈り物であれば気軽に渡すことももらうこともできるので、双方とも負担にならず好都合となっているのです。また、お礼の一筆を添えておくと相手の方にさらに好印象を与えます。次に出産祝いのお返しです。出産祝いをグループでもらった時、大勢にお返しをしなければならないので予算で困ることも考えられます。そのような時には、値段の張らないお菓子の詰め合わせなど、分けやすいものを選ぶと、一人ひとりに渡すこともできるため喜ばれます。特に親しい間柄ではない方で、お祝いを贈ろうかと悩んだ時に、プチギフトは非常にお役立ちの一品となります。低額な商品の設定がされている贈り物であれば、気持ちも伝えることができてお祝いをもらった人も気を使わずに済むでしょう。プチギフトの「プチ」という言葉は、フランス語で「小さい」「ちょっとした」といった意味を表しています。気持ちを伝えるのに有効な贈り物でありながらコストがあまりかからないのもメリットの一つです。

購入する時に知っているといいこと

プチギフトの商品を購入する場合、いくつか覚えておくといいことがあります。そのため、覚えておきたいポイントについてを詳しく説明します。コストがあまりかからない点がメリットですが、極端に安くても相手の方へ失礼に当たってしまうケースもあります。金額としては、ワンコインから千円の範囲内が理想的です。結婚式や出産祝いでは、お菓子が定番の一品です。もしお菓子の贈り物を考えているのなら、ドラジェという果物を砂糖にまぶしたお菓子がおすすめです。ドラジェには子孫を増やす意味や幸せというメッセージが込められています。また、人それぞれ好みがあるのでいろいろな種類の詰め合わせを選ぶといいでしょう。お菓子にメッセージを添えるのは大変良いのですが、小さめのものが多いのでなるべく短い文にまとめて書いておきましょう。結婚式は大人を対象にした贈り物なのでお菓子を贈る人が多いですが、出産祝いの場合は産まれてきた赤ちゃんを対象にしたお祝いを選ぶと喜ばれます。赤ちゃんが成長する中で、こういうものがあったら便利だとか役に立つものを選ぶといいでしょう。例えばタオルのように赤ちゃんが頻繁に使う機会があるものは非常に重宝されます。その他に、お母さんが赤ちゃんのことを考えて安心して使えるものも好まれます。スプーンのように、幸福をすくうという意味が込められているものもいいでしょう。商品を選ぶことが難しい時もあります。贈り物を選ぶのが難しいと判断した時は、カタログギフトを贈って相手に選んでもらうのも一案です。プチギフトの呼び名の他にも、感謝の意味を込めたウエルカムギフトやサンクスギフトと表現するケースもあります。感謝の思いを伝えられる最適なアイテムとして、あらゆる場面で使われることでしょう。

出産内祝いで気にしたいマナー講座

内祝いのマナー

お返しとよく混同される内祝いですが、本来はおめでたいことのお裾分け、身内で起こった喜びのお裾分け、といったものです。日頃お世話になっている人や近所の方、親族にも贈ります。結婚や出産に用いたり、家を新築した際やお店の開店の時にも用いたりします。ただし、現在ではお祝いをもらっていない人に贈るということはあまりしません。なぜならそれをすることでかえってお祝いをしなければならないという気持ちにさせてしまう可能性があるからです。初めて行うのであればマナー講座を見てみましょう。内祝いはいろいろな際に行いますが、共通点としてお返しという言葉は使いません。お礼状やのし書きについ記載してしまいがちですので注意しましょう。いただいた金額の半額程度の品物を贈ることが一般的であり、食品類や日用品など気軽に利用することができて、好き嫌いがあまり出ないものを選ぶ人が多いです。例えば親族からなど、場合によっては半額返しが高額になるような金額をもらう場合もありますが、この際は気持ちを受け止め3分の1などに抑えて贈ることも多いです。現在ではタブーとされるものは少なくなったと言われますが、それでも地域によっては贈り物に適さないものもあります。例えば、緑茶は仏事を連想させるとして避けられることがありますし、靴や靴下は足で踏むために目上の人には向かないという意見もあります。お祝い事によってどんなものがいいのか、いろいろなマナー講座を参考にした上で相手の気持ちも考えて選ぶようにします。

出産内祝いのマナー講座

初めての内祝いになりやすいのが出産時の内祝いです。意外と知らなかったということも多いので、ぜひともマナー講座を確認してから送るようにしましょう。出産の前後は忙しくなりやすいため、まずは早めにスケジュールを知っておきます。出産の3カ月前にはカタログなどを取り寄せて気になる品はリストアップしておくと便利です。この時点でだいたいの目安は決めてしまいます。1カ月前には送付先に困らないように年賀状などで住所の整理をしておくといいでしょう。生後一週間ほどでお祝いの届くことが多く、里帰りしている場合は自宅に届くこともあるためチェックが必要です。内祝いは産後1カ月前後、入院が長引いても産後2カ月までには発送するのがマナーとされます。お宮参り頃と考えると覚えやすくなります。贈り物の金額はもらった額の半額程度ですが、両親からなど高額なお祝いに対しては半額以下でもいいとされています。その際には子どもの写真をマメに送るなど、気持ちでのお返しをすると喜ばれます。品物は相手に合わせて選びますが、出産の内祝いであれば定番のギフトだけでなく名入れギフトや生誕時の体重に合わせたお米など特有のものもありますのでよく選びましょう。付き合いの深い人であれば家族構成などから考えたり、リサーチをしたりしておくと喜ばれます。あまり付き合いがないのであれば、一般的なものを選択するのが無難です。のしは表書きを内祝、子どもの名前とするのが一般的です。子どもの名前はふりがな付きが望ましいとされます。お祝いは親の名前宛てにもらうので、子どもの名前で返すという点には注意しましょう。水引は喜びが何度も繰り返し訪れるように結び直しのできる紅白蝶結びを用います。一緒にメッセージカードを添える場合もあります。

出産内祝いで気になるポイント

マナー講座を参考にしていても、特に初めての場合には気になる点はいくつか出てくるものです。よく引っかかるポイントはあらかじめ押さえておくといいでしょう。まずは出産内祝いのタブーの品ですが、他の内祝いと同じく緑茶や足に履くものは避けた方がいいと言われます。他にも縁を断ち切るとされることから刃物は避けた方がよく、目上の方には肌着もよくないとされているので別のものを選ぶ方が無難です。また、地方による違いが少なくないためお互いの実家に一度確認しておくと安心です。どちらか一方の実家だけでは他方と異なる場合もあり得ます。喪中の方からお祝いをいただく場合もあります。この際も内祝いを贈って構いませんが、四十九日が開けていないようならいったん控えて過ぎてからにしましょう。日付が遠くなるようならその旨伝えておくとより丁寧です。半額程度で返すことが多い内祝いですが、現金でなく品物でいただく場合もあります。この場合も3000円までのもので内祝いを贈るか、あるいはお礼状などを送付しましょう。連名で受け取ることもあるでしょうが、この際は代表の方に個包装になっていてみんなで分けられるものを贈るか、ささやかな金額のものを個々に贈るようにします。後者の方がより丁寧です。他の方よりも遅れて出産祝いをいただく場面もあり得ます。この場合でも3週間から1カ月程度できちんとお返しをしましょう。内祝いが到着するのには時間がかかるので、まずは電話か手紙で先にお礼を述べておきます。

ギフトにおもちゃを贈る時の注意点

ギフトを贈る時に気を付けること

結婚祝いや出産祝い、新築祝いなど人生においてお祝いを贈ることは数多く、日本人の風習でもあり、文化でもあります。人生の節目を祝い、ギフトを贈ることは、豊かで円滑な人間関係を築くことにもつながります。そういった機会が多いということは、ギフトを贈る時のマナーにも気を配らなくてはいけません。地域やその土地の風習などによっても違い、暗黙のルールなども存在することがあるので、お祝いを贈る際はしっかりとリサーチすることが必要です。ひと昔前にはタブーというものも存在しました。結婚祝いに縁起が悪いとされた包丁やはさみ、割れ物の陶器や鏡などです。しかし、今ではペアグラスなどはお祝いの定番になっていますし、包丁も本人が希望しているなら問題はありません。一方で、今でもお葬式の時には香典返しとしてお茶が配られることが多いので、お祝い事にお茶を贈ることを避ける習慣はまだ残っています。ギフトを贈る際には相手が何を望んでいるか、贈る相手のことを考えて選ぶことが大切です。親しい間柄ならば相手にどんなものが欲しいのか直接聞くのもいいでしょう。結婚祝いなら、夫婦二人で使えるもの、出産祝いならママのためのグッズや赤ちゃんのおもちゃなどが選ばれています。出産内祝いなら、相手の年齢や既婚か未婚かなどを配慮した上で、贈る相手にふさわしいものを選びます。お祝いを贈る時には贈る時期や金額にも気を付けます。出産祝いなら生後7日後から1ヶ月以内に、出産内祝いなら生後1ヶ月くらいというように、お祝いを贈るべきふさわしい時期があります。また、ギフトの金額も、内祝いであれば半額のお返しが一般的です。しかし、高額のお祝いをいただいた場合や、目上の人からいただいた場合などは3分の1くらいの金額のお返しにする場合もあります。

おもちゃを選ぶときに気を付けること

出産祝いや出産内祝いなどに、ギフトとしておもちゃを贈る場合にも気を付けることがあります。まずは子どもの年齢に合ったおもちゃを選ぶことです。特に赤ちゃんや小さいお子さんの場合は、対象年齢や月齢に気を付けて商品を選びます。小さいお子さんは、誤飲の危険性や常に口におもちゃを入れることも考えられるので、安全性にも配慮しましょう。また、贈る相手のお子さんの年齢にふさわしいものがどんなものかわからないという時も、対象年齢を参考にすることで適切なギフトを選ぶことができます。低年齢の0歳から2歳くらいのお子さんには、布でできたおもちゃなどもいいでしょう。口に入れても安心ですし、投げたりぶつかったりしても痛くない布は赤ちゃんにとって最適です。愛らしい動物のぬいぐるみやキャラクターのパペットや、カラフルな色使いで音がなる積み木、マスコットを面ファスナーで付けたり取ったりできる布でできた絵本などさまざまな種類のものがあります。このような布でできた仕掛けのある絵本などは、赤ちゃんの好奇心をくすぐるもので、感性を高めるおもちゃとして人気があります。3歳以上になると長く遊べて丈夫なものが好まれます。女の子にはおもちゃの包丁で切ったり、料理をしたり、ごっこ遊びもできるおままごとセットが好まれます。男の子には電車のレールを組み合わせたものや、車などの乗り物のおもちゃが人気です。これらのギフトを選ぶときにも安全性に注意します。割れにくく、壊れにくい木製の製品がママにも喜ばれています。木製製品は温かくぬくもりを感じられるので赤ちゃんにとっても親しみやすい素材でもあります。

素材で選ぶ安全なおもちゃ

ギフトとしておもちゃを贈る際に、ママにとってもうれしいのが安全なおもちゃであるということです。赤ちゃんはおもちゃを常になめたり、口に入れたりします。また大きくなってくると遊び方も激しくなり、投げたりぶつけたりという衝撃が常に加わるので、丈夫であるということも大切です。口に入れるということをまず考えると、おもちゃの素材や材質を確認することが必要です。プラスチックの素材のものよりは天然木でできた積み木やおままごとセット、レールなどは安心です。木製なので、環境ホルモンや化学薬品などの点においても、噛んだりなめたりしてしまっても安心できます。プラスチック製品は添加物などが溶けだしやすく、原材料に発がん性物質を含んでいるものもあります。子どもが長時間触ったり、口にしたりすることを考えると、木製製品の方が安全です。お値段はプラスチック製品より多少高額になりますが、安全で高級感もあるのでギフトとして木製製品を選ぶ方は多くなっています。布製品も安心安全な素材です。やわらかくにぎりやすい布製品は初めて赤ちゃんが出会うおもちゃにもぴったりですし、低年齢のお子さんにとっては怪我をしにくいので安心の素材です。また布製品はこまめに洗濯することが可能なものもあるので、頻繁に赤ちゃんが口に入れることを考慮すると、衛生的にも清潔を保ちやすい素材です。また肌触りが良いので、赤ちゃんも触ったりにぎったりして楽しむことができます。

グルメとカタログギフトのセットについて

グルメとカタログギフトをセットにする利点

ギフトで贈るものの定番として、好きなものが選べるカタログギフトは様々なシーンで重宝されています。金額ごとに分かれており、好みが分からない人にも悩まずに贈れることが特徴です。しかし、カタログである以上一見すると小さく、開いた時に見栄えがいいとは言えないことから寂しく見えやすいという難点もありました。特に郵送だと持ち運ぶわけでもないためその小ささが目につきやすくなります。そこで、同じく贈り物の定番であるグルメと合わせて気持ちを込めるという贈り方が登場しました。セットにする利点はやはりかさが増すことで見栄えが良くなるということが挙げられます。また、好みに合わせた少額のものを贈ろうと考えた場合にもカタログギフトと合わせることで金額の調整がしやすいことも利点です。年配の方の中にはカタログは気持ちこもっていないと感じる方もいます。ギフトを選択する際に悩んでいない、思い出に残らない、素っ気ないという考えを持つ人もいるのです。そういった場合にも、他のものと合わせることでギフトを贈る気持ちをよりしっかりと伝えることができるでしょう。カタログギフトは送っても商品と交換しないという人もいることも心にとめておく必要があります。カタログによってもらった人が選べるということは、もちろん相手の好みに合わせられるという利点もありますが、反対に言えば相手に選んでもらう手間をかけるデメリットもあります。もちろん喜ばれることの多いギフトですが、高齢の方などは特にシステムが分からない、小さくて文字が読めないという方もいます。独り暮らしをしている男性の商品との交換率も若い女性などと比較して低めの傾向があります。このようにカタログギフトには便利である一方どうしても好き嫌いが出てくるという側面があるので、相手に喜ばれるものや思い出になるグルメとセットにする形を選ぶのがよいでしょう。そうすることで悪い印象を受けにくくなります。

内祝いとしてのグルメとカタログギフト

グルメとカタログギフトのセットがよく用いられるのが内祝いです。内祝いには結婚の際や新居を建てた際、開店の際などがありますがどれにしても一般的にいただいたご祝儀の半額を贈るという習慣がありますから、金額を設定しやすいセットは使い勝手がいいのです。また、もうひとつ定番の内祝いである出産の際には生まれた子の名前の入った名入れギフトが定番ですが、それだけでは金額が釣り合わなかったり寂しかったりという場合があるためカタログギフトは重宝されます。カタログの設定金額を変えるだけで相手からいただいたご祝儀に合わせてお返しができるので手配もしやすくなります。グルメによって感謝の気持ちを明確に示し、あとは欲しいものを自由に選んでもらうことができます。グルメとカタログギフトはどちらも内祝いの定番です。好みをよく知っている人たちからばかりではなく、会社や上司など様々な人からご祝儀を受け取る場合にはお返しの品に悩みやすく、好みのばらつきが少ないグルメと相手が好きなものを選べるカタログが選ばれやすくなっています。せっかくお祝いをいただいた方に、もらってもうれしくないものを渡すのは心苦しいこともあるでしょう。お返しとはいえ、金額は高額になることも多いです。失敗しないものを選ぶのは難しく、この定番二つをセットにする方法は大変便利です。

出産内祝いのグルメとカタログギフトのセットの例

グルメとカタログギフトをセットにする方法は便利ですが、どういったものが選ばれているのでしょうか。例えば、よく用いられる出産内祝いであれば名入れギフトとのセットが人気です。名入れギフトの一例としてバウムクーヘンがあります。バウムクーヘンは人気のグルメであり、年輪を刻むという意味を持ち縁起物としても用いられます。他には、保存の可能なジュースも人気です。名入れカードが付けられ、生年月日なども記載できて内祝いに用いやすいでしょう。焼き印で名前が入れられるカステラもよく見られます。小分けのお菓子セットは連名でお祝いをいただいた際などに使いやすいグルメです。特別親しい人でない方に贈る場合などは、あえて名入れにしないという選択もあります。クッキーアソートやコーヒーとスイーツのセットなどは人を選びにくく定番です。家族の少ない方向けにはフィナンシェなど食べきりやすいものも選ばれています。出産の内祝いなのでかわいらしい絵本のキャラクターが入ったセットも人気があります。もらう金額も相手の傾向も異なるので贈る品物を分けるという人も多いです。相手の好みやセンスに合わせてグルメを選ぶと印象が良くなります。出産内祝い用のカタログギフトには赤ちゃんの写真が表紙になった用途の明確なものがよく使われます。出産の内祝いであることが一目で分かり人気があります。同じ食品とのセットであってもカタログの金額で差が付けられるので上手に選ぶようにしましょう。

出産内祝いのおすすめギフト

出産内祝いでおすすめのフードギフト

出産内祝いは、親しい方や身内の方へ赤ちゃんが生まれた喜びを分かち合うために贈り物をする習慣です。しかし現在では、出産祝いをいただいた方へのお返しという認識が一般的になっています。せっかく贈るのですから、いただいた方が喜んでもらえるような品物を選びたいと悩む方も少なくありません。おすすめギフトの1つとして挙げられるのが、スイーツやグルメなどのフードギフトです。普段自分では高級ブランドのスイーツなどなかなか購入する機会がないだけに、いただくと嬉しいものです。スイーツは小分けに包装してあるものが便利です。大きなもので切り分けなくてはいけない場合、ナイフやお皿を出したりと手間がかかりますし、食べきれなかった場合は鮮度が落ちてしまったりして、最後まで美味しくいただけないこともあります。小分けに包装してあると、見た目もおしゃれで手軽に分け合うこともできるので便利です。贈り先の事情が分からない場合も含めて、小分けに包装してある商品を選ぶと万全です。またスイーツやグルメは四季折々の食材を使ったものを選ぶと季節感が感じられるので、より一層喜ばれるでしょう。フードギフトには赤ちゃんの名前を入れられるものがありますので、親戚や親しい人への出産内祝いに名前入りのフードギフトを贈るというのもおすすめです。名入れのフードギフトでも、人気が高いのはやはりスイーツで、甘い物は老若男女を問わず喜ばれる商品です。出産内祝いとしてフードギフトを贈る際には賞味期限にも注意しましょう。賞味期限の短いものだと、郵送などの場合、先方が忙しかったりしてすぐに受け取れず賞味期限が過ぎてしまった、ということも考えられます。賞味期限が長い日持ちのするものを選ぶと安心です。

出産内祝いでおすすめのその他ギフト

出産内祝いのおすすめとしては、雑貨類なども人気が高いギフトです。特に消耗品類は常に補充しておきたいので重宝します。消耗品や日用品では普段自分で買わないような高級品を贈っても喜ばれます。消耗品や日用品でギフトを選ぶ際のポイントは、日常的なものだからこそ、普段よりも少し贅沢なものを選ぶということです。香り、使用感、ブランドなどにこだわって選ぶことをおすすめします。また自分の好きな物をカタログから選べるギフトも人気があります。贈る相手の好みや趣味が分からない場合、どんな物を選べばよいか迷ってしまうものです。せっかく贈っても好みではなかったら、いただいた方もがっかりしてしまいますし、嬉しさも半減してしまいます。その点、自分で選べるギフトなら安心です。たくさんの種類の中から選ぶことができますので、好みに合った商品を探せるため当たりはずれがありません。また、カタログをみながらあれこれ選択するのも楽しいものです。予算は自分の都合に合った予算で、低予算でも幅広いラインナップを取り揃えているので人気があります。キャラクターものの商品を取り揃えたカタログなどもありますので、特に小さいお子さんのいるご家庭や若い方に喜ばれるでしょう。最近では、一様に同じ商品を相手方に贈るというよりは、個人の好みに合わせて一人一人違ったものを贈ることも多くなっています。贈る方にとって本当に良い物、貰って嬉しい物を贈りたいのであれば、自分で選べるギフトはおすすめです。また友達同士で予算を合わせてギフトを贈る人も増えているので、プチプライスのギフトもたくさん用意されています。若い世代の方など予算があまりないという場合でも対応できるので便利です。

出産内祝いおすすめギフトに関する豆知識

出産内祝いでおすすめのギフトを贈る場合、せっかく心をこめて選んだのですから贈り方にも気をつけましょう。贈る時期ですが、赤ちゃんの生後1カ月頃に先方に届くようにします。近所や比較的近い場所に贈る相手がいる場合は、訪問して手渡しで贈る方が丁寧です。その際には必ず先方に連絡を入れていつ訪れるか伝えておきましょう。突然尋ねていくと相手が忙しかったり取り込み中だったりすることもあります。近くであってもお互いに忙しくて時間が取れない場合や、遠方で訪ねることが不可能な場合は、郵送や宅配便を利用します。昨今は忙しい人が増えているのでネットなどで注文して贈る人たちも増加しています。配送する場合も、事前に贈り先に内祝いの品を贈ることを伝えておきます。ギフトを贈るのが遅れてしまった場合などは、お祝いの品を贈る際に遅くなったお詫びの言葉を一言添えておきます。遅れた場合でなくてもギフトを贈る場合はメッセージカードに一言添えてギフトと一緒に贈るようにします。内祝いは本来、お返しではないのでメッセージカードにはお返しという言葉は使わないようにします。内祝いの品物に使用する水引は紅白の蝶結びを用い、のしの表には生まれた赤ちゃんの名前を書きます。名前には振り仮名を振っておきます。赤ちゃんが双子の場合は兄弟の順に右から並べて名前を書きましょう。出産内祝いをすぐに送りたいけれど出来ない場合は取り急ぎお礼状だけ出しておきます。出産後は何かとバタバタしていますし、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で日常生活もスケジュール通りにいきません。赤ちゃんが生まれる前に内祝いのギフト選びから送る相手先の住所の確認などを済ませておきましょう。そうすることで余裕を持ってゆっくりギフトを選ぶことができます。

お祝いに四季を感じるオリジナルの和菓子を贈ろう

お祝いに和菓子を贈る

昨今ではネットの普及により忙しくてお店に買い物に行けない方、遠方に住んでいて近くに買い物する場所がない方でも気軽に買い物を楽しめるようになりました。そのため、お祝いに贈り物をしなくてはという場合でも、つい送りそびれてしまうというようなことを避けることができます。また、通販サイト限定のオリジナルギフトセットを取り扱っているところもあり、利用者が増えています。お祝いにお菓子を贈る場合は、贈り先の相手の好みや人数などが分かればより的確に贈り物選びをすることができます。お菓子だけでなくカタログや小物がセットになった贈り物もあります。お子さまがいる家庭の場合、家族みんなで楽しめるいろいろなお菓子が詰め合わせになったセットを贈ると喜ばれます。少しずつ種類の違うお菓子なら家族の団欒の際に楽しんでもらうことができます。会社の上司やお得意さまに贈ってもよいでしょう。小分けになっている小さなお菓子を開ける瞬間はほっと一息つく憩いの瞬間です。仕事の休憩の時間などに重宝します。贈る相手が家族が少ない場合や一人暮らしの場合には、お菓子と小物が少しずつセットになった詰め合わせも喜ばれます。お菓子に和菓子を選ぶ人も多くなっています。普段あまり縁がないという方への贈り物としても最適です。きれいな箱に丁寧に詰められた和菓子は色合いも美しく、眺めているだけで華やかな気分にさせてくれます。食べれば洋菓子とは違った魅力があり、新たにファンになることもありえます。贈る方の好みが分からない場合はお菓子とカタログのセットなどもあり、気に入った商品を選んでもらえます。気の置けない友人から親戚、ご近所の方まで和菓子の贈り物は喜んでもらうことができます。

贈り物として喜ばれる和菓子

出産祝いをいただいた方々へ感謝のお礼として贈るギフトとして、出産内祝いがあります。タオルや食品類が定番ですが、昨今では名前が入ったお菓子を贈る方も増えてきています。その中でも特に人気のお菓子がカステラです。職人が丹精込めて作った高級感のあるカステラに、子どもの名前を焼き入れたりホワイトチョコレートで書いたりしているので、お祝い事にはピッタリのオリジナルのギフトになっています。バリエーションも豊富で、名前のみが記載されているシンプルなものもありますが、おめでたい鶴などのイラストが記載されたものもあります。和菓子というと子供よりも大人のための食べ物というイメージもありますが、実際は子供から大人まで喜ばれ親しまれています。何よりも色や形が綺麗で小さなお子さまでも一口で食べられるような小ぶりのサイズも多いので、家族全員で楽しめます。また、名前が入っているものの場合は、長期使用できるものより消耗品でもある和菓子が喜ばれています。お菓子を贈る際は、お菓子に合わせたきれいな箱や風呂敷など、小物も和でそろえると素敵です。洋風のリボンやラッピングとは違った和の美しさを贈ることができます。きれいな箱に入れられている場合は開けた瞬間にぱっと和の世界が広がります。和菓子は何よりも美しく食べておいしいことから老若男女、昨今は外国人の方への贈り物としても喜ばれています。

和菓子を贈る時の注意点

お祝いにもよく贈られる和菓子は、四季を感じられる美しい色合いやデザインであったり、美しい名前だったりから、私たちのインスピレーションをかきたてます。上等なものは職人が丹念に心を込めて作った、まさに芸術品のようなものがたくさんあります。しかし、直接相手にお祝いとして手渡す場合をのぞいては、なるべく日持ちするものを選ぶと相手により喜ばれます。特に通販サイトで注文をする場合には、カステラやおせんべいなどの焼き物が良いでしょう。出産祝いや出産内祝いなどで名前が入ったオリジナルのものを贈る場合、オリジナルの贈り物をしたいというだけでなく名前を覚えてもらいたいという気持ちもあるでしょう。しかし、名前が大きく記載してあるバッグやコップなどは、最近ではおしゃれなデザインの物も増えてきましたが物によっては相手側が使いづらいことがありますので注意が必要です。和菓子の場合であれば、食べれば後には残らない消耗品のため大きく名前が入っていても問題はありません。あわせて出産内祝いの場合は、名前間違いにも注意しましょう。自身が発注の際に間違えていなくても、店側で誤ってしまうことも想定されます。漢字の間違いだけでなく振り仮名まできちんと確認をしましょう。マナーの一つとして、のしにも気をつけましょう。お祝い事の際には、のしをつけるのが一般的です。また、出産祝いや出産内祝いには蝶々結びの水引を使用します。送り主の名前は、一人の場合や会社や友人の連名、夫婦の連名などの時々で異なります。不安な場合は専門のギフトショップや通販サイトにお願いしてみたり、聞いてみたりすると良いでしょう。

お祝いやお返しとしてカタログギフトを贈るメリット

お祝いのお返しとして

1980年代後半から広まり始めたカタログギフトは、いまや贈り物の定番となりました。結婚式の引き出物や出産内祝いの他、お中元やお歳暮としても利用する人が増えています。また快気祝いや新築祝いなどのお祝いをいただいた時のお返しとしても贈ることができるので、便利で使いやすいアイテムとして人気を集めています。カタログギフトを贈る場合、最初に考えるのは予算です。カタログは予算に応じて何種類も用意されているので、贈る相手先によって価格帯の違うカタログを使い分けることができます。例えば出産内祝いは、いただいたお祝いの3分の1から半分程度の金額のものをお返しするのがマナーとされています。マナー違反にならないように、いただいた人によってそれぞれ予算の範囲を決め、それに合う価格帯のカタログを選びます。次に、贈る相手の趣味や家族構成を考慮してカタログを選びます。カタログは価格帯以外に、いろいろなカテゴリーに分かれています。グルメやファッション、キャラクターグッズなどに特化したものや、それら全部をまとめた総合カタログなどがあり、相手先のニーズに合わせて選ぶことができます。例えば赤ちゃんのいる家庭にはベビーグッズやおもちゃなどが多く掲載されているもの、お酒が好きな上司にはワインに特化したものなどを贈ると喜ばれるギフトになります。最近では、体験型ギフトと呼ばれるものも人気になっています。温泉旅行や豪華なディナーなど、スケジュールに合わせて行きたい場所に行けるので、贈られた側にも好評です。旅行に行ってリラックスした休日を過ごしたいと思っていても、自分で調べて行き先や日程を決めるとなると面倒に感じることもあります。しかしカタログの中から選ぶだけなら、あまり手間がかからずゆったりした旅行を満喫できます。

カタログギフトが選ばれる理由

引き出物やお祝いでいただいた品物の中には、扱いに困るものも時々あります。例えば自分の趣味に合わないファッション小物などは、送り主に申し訳ないという気持ちがありながらも、タンスに片づけたままになってしまうこともあります。ダイエット中にスイーツをもらったり、多忙でなかなか宅配便が受け取れない時に賞味期限の短いものを送られたりするなど、タイミングの悪さが困惑の原因になることも少なくありません。その点カタログギフトなら、都合のいいタイミングで好きな品物を選ぶことができます。結婚式の引き出物や、法事のお返しなどとして使用する場合、コンパクトで軽いということが最大のメリットです。わざわざ足を運んでくれたゲストに重くてかさばるものを渡してしまうと、持ち運びが負担になることもあります。しかしカタログなら邪魔にならず、重くもありません。電車などの公共交通機関で帰宅する場合は特に、軽くて持ち運びやすいというのは大きなメリットです。また結婚式の場合、上司や友人、親戚などによって引き出物の内容を変えるのは普通のことです。渡す相手によってカタログを変えても、化粧箱の中などに入っていれば気付かれにくく、渡された側が不審に思うということも避けられます。デメリットとして、カタログをもらった人はハガキやインターネットで申し込みをしなければならないという点が挙げられます。普通のギフトに比べて手間が一つ多いので、高齢者にはシステムが理解しにくいということもあります。しかし好きなものを選べるので、趣味に合わない不要な物をもらうというリスクは避けられます。少し手間がかかっても、納得できる品物を受け取る方が、贈る側と贈られる側にとってのメリットになります。

内祝いにもおすすめ

カタログギフトは、結婚式の引き出物としても選ばれていますが、出産内祝いとしても最適です。生まれたての赤ちゃんは、まだお腹の外の世界に慣れていないため、むやみに人ごみに連れ出すのは赤ちゃんにとって大きなストレスになります。しかし赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれた人に、内祝いという形で感謝の気持ちを伝えることは大切なことです。体調などが原因で内祝いが遅くなる時は、仲の良い友人ならメールや電話で伝えれば問題はありません。上司や恩師など目上の人には1カ月以内に贈ればマナー違反にはなりませんが、内祝いの品物を買うために赤ちゃんを連れて外出するのは大変なことです。そんな時はインターネットが便利です。いろいろなお祝いや内祝いの品を専門的に扱うネットショップもあり、カタログギフトも幅広い価格帯のものを取り扱っています。カタログの種類も豊富で、贈る相手にピッタリのものを簡単に見つけることができます。家で赤ちゃんのお世話をしながら内祝いが贈れるというのは、赤ちゃんだけでなく忙しいママにとっても嬉しいことです。ネットなら24時間いつでもショッピングができるので、時間が不規則な赤ちゃんが寝ている時にカタログを選ぶこともできます。たくさんあるカタログを比較しながらゆっくり検討ができるのもネットを利用するメリットの一つです。またネットショップによっては、内祝いには必ず付けるのしや包装紙を無料でサービスしてくれるところもあります。赤ちゃんがまだお腹の中にいる間に、ネットショップの比較をしておくと育児の時間に余裕ができるのでおすすめです。

名入れプレゼントのすすめ

プレゼントに名入れをしよう

お祝いやプレゼントを贈るとき、大量に市場に出回っている既製品はちょっと避けたいと思う方も多いのではないでしょうか。しかしオーダーメイドで何かを発注したらコストがかかるケースも多々あります。そんな方には名前を商品やパッケージに入れてオリジナリティーを出す名入れプレゼントがおすすめです。名入れプレゼントとは、名入れ可能な商品に、内祝いならわが子の名前を、その他のプレゼントには贈りたい方の名前などを、プリントもしくはラベルなどに印字して添えるギフトのことです。商品はスイーツなどのフード商品、タオルをはじめたとした雑貨、ワインや日本酒などのアルコール類など多岐にわたります。どんなギフトでも名前を入れることにより世界に一つだけの商品に早変わりします。代表的なものは出産祝いや出産の内祝いです。大切なわが子の名前が入ったものをいただくと特別な気持ちになるものです。感謝や喜びの気持ちを込めた内祝いとしてもおすすめな理由は、生まれたわが子の名前の報告も兼ねてできる点です。また2人の名前が入った結婚祝いや結婚内祝いも人気です。他には母の日や父の日、誕生日のお祝いにも利用することができます。大人になると自分の名前の入ったグッズを手にすることも減ってきます。特別なギフトに照れながらも喜んでもらえることが期待されます。プレゼントで何を贈るか悩んだときは、名入れのプレゼントで特別感を演出してみてはいかがでしょうか。

人気の名入れプレゼント

特別感やオリジナル感で最近人気の名入れプレゼントですが、実際にはどんな商品が人気なのでしょうか。フード系では予算に応じて大きさやセット内容が選べる名入れカステラが人気です。老若男女問わず好まれるスイーツなので、贈る方を選ばずチョイスできるのが魅力の一つです。お米は出産の内祝いとして人気です。名前をパッケージにプリントできるのはもちろん、赤ちゃんの出生体重分のお米を詰めて贈れるものもあり、まさに世界に一つだけのギフトになります。いくつもの幸せを重ねるという意味合いも兼ねてバームクーヘンや、直接名前がプリントをされているおせんべいやマカロン、いつまでも長いお付き合いをという気持ちを込めてうどんやパスタなど品ぞろえは豊富にあります。贈る方の好みに合わせて選びましょう。雑貨では高品質で有名なタオルギフトが人気です。どの年代にも喜ばれますし、生活必需品なのでもらって困ることもありません。おしゃれなママや奥さまにはハンドクリームやスキンケア用品もおすすめです。出産祝いや母の日の贈り物にも最適です。また小さなお子さまがいるご家庭にはカトラリーのギフトも実用性があって喜ばれます。最後はアルコール関係です。ワインは赤ワインと白ワインがあり好みに応じて選べます。名入れのオリジナルボトルで出産のお祝いや内祝い、結婚や誕生日など様々なシーンに利用することができます。父の日におすすめなのが日本酒です。自分の名前の入ったお酒はもちろん、孫の名前の入ったボトルが届くと喜びもひとしおでしょう。贈りたいものが多くて決まらない方にはセットギフトもあります。例えばタオルとカステラ、ジュースと焼き菓子、バームクーヘンとカタログギフトなどを組み合わせで選ぶこともできます。

名入れプレゼントを選ぶときの注意

店頭にたくさん並んでいる既製品のプレゼントよりも、名前入りのギフトはやはり特別な感じがしてうれしいものです。そんな理由で名入れプレゼントを選ぶ方も多いですが、贈るときにちょっとした気遣いがあるとさらに良いでしょう。一つ目はとにかく実用的であることです。いくらこだわりをもって選んだプレゼントでも、名前入りで使えないものをもらってしまうと受け取った側はやはり困惑してしまいます。まず使ってもらえるか、喜んでもらえるかを想像して選びましょう。フード系は相手の好みにそぐわないものは避けた方が無難です。例えば甘いもの全般が苦手な方やお酒を飲むのかどうか不明な場合などです。次にギフト対応がしてもらえるショップかどうかです。内祝いやその他のお祝いの場合は店頭での購入、ネット通販での購入がありますが、共にギフト対応をしているショップだと見栄えが変わるためおすすめです。いくら素敵な名入れプレゼントでも、包装が簡素だとせっかくのギフトが台無しです。ラッピングに自信がある方は自身で包装をすることも可能ですが、ギフト対応をしているかどうかを確認することをおすすめします。贈る相手によって商品を考えることも必要です。家族や親族は名前の入った雑貨など残るギフトを喜びますが、それ以外の場合はあまり快く思わないケースも想定されます。親族以外の場合は雑貨などではなく、消耗品やフード系、もしくはパッケージにプリントされたものを選ぶともらって困ることもないでしょう。世界に一つだけの名入れプレゼントは選ぶ時間も楽しいものです。相手に喜んでもらえるギフトをぜひ見つけてみてください。

ブランドものの名入れプレゼントの選び方

ブランドものの名入れプレゼントが選ばれる理由

出産などの内祝いによく使われるのが名入れのプレゼントです。中でもブランドものは人気があります。名入れのプレゼントはそもそも、名前が入っていることでオリジナリティが高くなり、世界にひとつだけという特別感や優越感を演出してくれるという利点があります。また、名前が入っているということは名前を入れる手間も時間もかかっているということであり、それは贈られた相手にも伝わります。金銭面での問題だけでないプラスアルファを贈ることができるのです。そこにブランドという付加価値をさらにプラスすることで、贈る相手への尊敬や愛情をより強く示すことが可能になります。また、贈る相手の年齢が上であるほどブランドものが好まれるとも言われます。名入れプレゼントの定番は日用品や食品ですが、どちらも高齢の方になるほど家族が少なくなったり小食になったりと量より質を好む方が多くなります。もちろん相手先の家族構成や趣味を吟味した上で選ぶ必要はありますが、年配の方に贈る名入れプレゼントはブランドものにして、大きさや入っているものの量ではなく、より質の良いものを選ぶと失敗しにくいと言えるでしょう。名前の知れた老舗は包み紙だけで安心や信頼も一緒に届けてくれます。また、普段は高価で購入しないという点から目新しさも付随しやすいです。

ブランドものの名入れプレゼントの種類

ブランドものの名入れプレゼントといっても、その種類は多様です。名前を入れてよく贈られるのは出産の内祝いですが、その用途だけに絞ってもさまざまなものが見られます。まず、よく利用されているのが好みに差が少ないお菓子の贈り物です。カステラの老舗やクッキー、焼き菓子の老舗など国内海外問わず有名なブランドがたくさんあり選択肢が広いのが特徴です。また、お菓子に特化したお店だけでなくキャラクターが有名な会社からも多数製品が展開されています。名前はお菓子自体に焼印などで刻む場合もありますが、包装に記載したりメッセージカードと共に封入する方法も見られます。お菓子だけでなくその他の食品や飲料も種類が豊富です。パスタセットなどの麺類、ジュースは賞味期限が長いことも多く重宝されます。梅干しは縁起物とも言われ贈り物の定番です。お祝いの意味を込めて赤飯や鯛にまつわる食品も喜ばれます。日用品も人気があります。例えばタオルや食器類は有名です。食器類は好みがあるため相手先の趣味や家族構成をよく知る場合に好んで使われる傾向にありますが、タオルは複数あっても困りにくいため気軽に贈る方も多いです。名前は日用品自体に入れるのではなく別個で封入する形が使いやすく人気があります。近年では人気ブランドのハンドクリームなどケア商品でも名入れで贈れるものが存在します。

ブランドものの名入れプレゼント選びのポイント

贈り物であれば何でもそうですが、ブランドものかつ名入れという付加価値のついたプレゼントであっても相手に喜ばれなければあまりいいものとは言えません。相手の暮らし方や好みに合ったものを贈ることが大切です。例えば、出産の内祝いであれば相手先は次のようなタイプに分けられます。まずは両親や兄弟などの近しい親族があります。親族の場合は不満を抱かれることは少ないでしょうが、心を込めた贈り物をすべき相手です。趣味や嗜好を知っていることも多いため、相手の好みそうな贈り物をすることが望まれます。兄弟で同年代の子どもがいる場合を除いて、子どもに合わせたポップなものよりも実用的なものや質のいいものが適しています。次に親戚や知人友人です。それほど親しくない場合でも贈りやすいのが消えものです。記念品や雑貨などは趣味に合わなくとも処分しにくく持てあましてしまいがちです。代わりにお菓子やグルメなどで、かつ高価すぎず気に病みにくいものが選ばれています。また、親しい友人などで気を付けたいのは相手が独身かどうか、子どもがいるかどうかです。独身であればペアものやファンシーなものは避けた方がいいとされています。子どもがいる場合、ファミリーなので日用品も食品も喜んでもらいやすいです。気遣いが必要なのが既婚で子どもがいない家庭です。子どものアピールは控えめにするのが無難です。名入れの仕方についても商品やラベルに書き込まれるタイプではなくメッセージカード程度のものがいいでしょう。連名でいただきものをした会社や知り合いであれば詰め合わせでの内祝いが便利です。グループで分けることを前提にしているため個包装のものがよく、好みが異なることも考えて複数種の味が入っているものが良いでしょう。このように贈る相手はさまざまです。全員に喜ばれやすい無難なものを選ぶ方法もありますが、贈り分けるという手法もよく取られます。出産内祝いでは主役は生まれた子どもですが、贈り物をもらうのはあくまでも相手です。相手の状況をよく考えたプレゼントにする必要があります。

ご近所から出産祝いをもらったときの出産内祝い

贈るタイミングを間違えないことが重要

都会のマンションで暮らしていると、近所の人にはあいさつくらいしか行わないことも多いかもしれません。しかし地域によっては、近所づきあいを割とまめに行っているエリアもまだまだたくさんあります。例えば出産した時に近所の人から出産祝いを受け取ることもあるでしょう。もし出産祝いを受け取ったのであれば、やはりお返しとして出産内祝いをすることになります。この時重要なのは、いつまでに贈るかという点です。通常出産内祝いは、出産祝いを受け取ってから1、2カ月後といわれています。赤ちゃんが生まれて徐々に一緒の暮らしに慣れ始めたころ、落ち着いた時期で問題ないでしょう。近所づきあいをするにあたって、しっかりとマナーを守っておかないと後々関係がこじれることもあるので注意が必要です。しかし中には初めての赤ちゃんで慣れないことが多く、お世話にいっぱいいっぱいで気が付いたら先ほど紹介した1、2カ月が過ぎてしまっていたということもあります。そのような場合でも出産内祝いは送るようにしましょう。そして手紙もしくはメッセージカードを使って、遅くなって申し訳ありませんといった陳謝のメッセージを加えれば、それほど相手も不快には感じないはずです。その他にも赤ちゃんの最近の様子なども伝えるとほほえましい文面となります。このような手紙ですが、期日通りに贈る場合でも、添えると喜ばれるのでおすすめです。近所ではあまりないかもしれませんが、中にはかなり立派なお祝いの品物をくれる人もいるかもしれません。そのような時には、内祝いとは別にお礼状を用意するのがマナーであることも忘れないようにしましょう。ちなみにお礼状は、内祝い品が届く少し前を見計らうのがおすすめです。

予算はどのくらいが相場になるか

出産内祝いを近所に配るにあたって、多くの家庭で問題になるのはどの程度の値段の商品を渡せばいいかという点です。一般的に出産内祝いの場合、半返しといいます。これは出産祝いとしていただいた品物の価格の半分程度を指します。これをベースにして商品選びをすれば、失礼には当たらないでしょう。もしも立派なお祝いの品物を受け取ってしまった場合には、半返しでも家計的に厳しくなるかもしれません。赤ちゃんが生まれると、これから出ていくお金もどうしても多くなるはずです。そのような場合にはいただいた品物の価格の3分の1程度のものでも問題にはならないでしょう。中には、せっかくいただいた商品の値段をあれこれ詮索するのは失礼ではないかと抵抗がある人もいるかもしれません。一見するとお金のことをいろいろと探るのは失礼なように見えます。しかしお互いに気持ちよく品物のやり取りをするためには必要な情報ですから、マナー違反にはなりません。近所の人が何人かグループになって、お金を出し合って出産祝いをくれることもあるでしょう。その場合でもお祝いをくれた人それぞれに出産内祝いを出すのが一般的です。この時、まずグループ全体でくれたギフトの値段をチェックして、それの半額を出します。それをメンバーで頭割りにして、1人当たりの予算を決めるのがセオリーです。この場合、金額は1人当たり少なくなるので、プチギフトのような簡単なものを贈るようにするといいでしょう。

出産内祝いはどのような品物を贈るのがベストか

近所への出産内祝いの具体的な商品のチョイスに悩んでいる夫婦は多いです。その場合には、内祝いの中でもオーソドックスなものから選ぶのがおすすめです。近所にはいろいろなタイプの人がいるので、万人に喜ばれるプレゼントとなると定番のものが無難です。例えば消えものは比較的選びやすいです。具体的にはお菓子やお茶のようなものはあって困るようなものではないですし、いずれ食べたり飲んだりすればなくなりますから、部屋の中でかさばるような心配もありません。その他には日常生活で使用する洗剤なども昔からの定番のプレゼントです。贈り物を出すにあたって、タブーとされるものがいくつかあります。代表的なのは縁が切れることを意味する刃物や割れる恐れのある食器のようなものです。しかし今ではそれほどタブーではなくなっていますから、あまり気にする必要はありません。ただし近所で年配の人がいて出産祝いを出してくれた際には、少し慎重になった方がいいかもしれません。もし心配であれば、先ほど紹介したメッセージカードの中でなぜその品物を選んだのか、簡単に説明しておくといいでしょう。例えば割れやすいグラスを贈るのであれば、毎年子供の誕生日にこのグラスでお祝いしていただけたら嬉しいです、といったコメントをつければ、相手も喜んでくれるでしょう。近所の場合、手渡しをすることもあるでしょうがその時は紙袋や風呂敷など、品物をくるんでいるアイテムは外して差し出すようにします。あくまでも紙袋などは品物に傷や汚れをつけないためのものだからです。

上司への出産内祝いは何にすればいいのか

出産内祝いで上司に贈るとタブーなものとは

上司とコミュニケーションがうまくとれている職場の場合、プライベートなことでも内々でお祝いすることが多くあります。中には上司から出産祝いを頂くこともあるでしょう。出産内祝いを贈る相手が上司となると、自分たちよりも年上のケースがほとんどであり、そうなると相手は人生経験が豊富ですから、冠婚葬祭のマナーなどもしっかり理解していることが多くなります。贈り物の中にはタブーとされているものもいくつかあり、うっかりそのようなものを渡してしまうと、かえって相手の心証を悪くしてしまうことも考えられます。では、どのようなものは贈らない方がいいのでしょうか。例として挙げられるのは、肌着や靴下です。いずれも老若男女どのような方でも必要とするものですし、洋服のようにサイズにあまりこだわる必要がないため、贈られた相手は重宝するだろうと思いがちです。しかし、日常生活において欠かせないものを贈るということは、肌着を購入するのにも困っているほど生活が追い込まれているという意味を指し示してしまう恐れもあるので注意が必要です。ほかには、包丁などの刃物もおめでたいギフトとしてはふさわしくありません。刃物は縁を切るという意味合いがあって、マナー違反です。ただし、刃物については近年その解釈も変わりつつあります。未来を切り開くというポジティブな意味合いを込めてプレゼントするケースも増えてきています。それでも年上相手に贈るギフトとしては、選ばないようにした方が無難です。

仕事で使えそうなものをプレゼントするのはおすすめ

上司への出産内祝いで何を贈ればいいか困っている人もいるでしょう。その場合無難なのは、仕事で使用できるアイテムです。ビジネス上の関係ですから、仕事で使用するものを渡せば相手も困ることはありません。自分たちの職種をベースにして考え、贈り物をチョイスしてみるのもおすすめです。例えば営業職の場合、いろいろな人と名刺交換をする機会があります。そのため、名刺入れは欠かせないビジネスアイテムです。また営業で外回りをする場合、車は交通の足として欠かせないことがほとんどです。このような場合には、キーケースをプレゼントすれば上司も喜んでくれる可能性が高くなります。筆記用具などは職種に関係なくあって困るものではないため、万年筆などを出産内祝いとして渡してみるのも良いでしょう。万年筆のように自分ではなかなか購入しないちょっと高級なものを渡すと喜ばれることが多くなります。ただし出産内祝いはお祝いのお返しとなります。そのため通常、いただいた物や金額の3割から半分程度の品物を贈ります。高級なものをいただいた場合は、ワンランク上の万年筆やキーケースを贈ると良いでしょう。ただしこのようなビジネスグッズでも、人によってはマイナスに受け取るケースもありますから注意しなければなりません。例えば履物は踏みつける、ベルトは腹を据え仕事に精進してほしいといった意味をはらむことがあり、筆記用具も人によってはもっと精勤しなさいという意味合いに受け取る可能性があります。このような誤解を避けるためには、メッセージカードを入れておくのがポイントです。失礼かもしれませんがぜひとも使っていただきたい、といった一言を添えれば、悪い気にはならない人が大半です。

事前にリサーチして商品選びをしてみよう

上司と良好な関係を結んでいるのであれば、日ごろいろいろと会話をする機会に恵まれます。その中で得られた情報をベースにして、喜んでもらえそうなものを探すのも手です。例えば休日の時に何をしているか、趣味は何かなどを聞いたことがあれば、それに関連するものをギフトにするといいでしょう。自分のために選んでくれたという印象を深く結びつけることができ、より一層感激してくれるようになります。また、よく仕事終わりなどにお酒を飲む人であれば、ビールグラスやワイングラスなどお酒関係のグッズを渡すのもおすすめです。お酒好きの方なら分かる人も多いでしょうが、ビールはやはりキンキンに冷えたものの方がおいしいものです。そこで最近では自宅でも冷えたビールが飲めるサーバーなども出ています。このようなものを渡してみるといいでしょう。もし多忙を極めていて疲れているのであれば、ボディケアグッズを贈るのも一つの選択肢です。入浴剤やマッサージグッズなどをプレゼントすると、部下が自分の体のことを気遣ってくれていると相手が理解してくれるようになります。ただし、体に塗るようなものはアレルギーなど敏感肌の方にはお勧めできません。そのため、事前にそれとなくリサーチしておくことが大切です。家族で楽しくつまめるようなお菓子を渡すのも有効です。有名なブランドのお菓子を渡せば、上司はもちろんのことそのご家族の方にも喜ばれるようになります。もし甘いものが苦手な家庭であれば、佃煮やお漬物のセットなどがおすすめです。

親戚へ出産内祝いを贈る場合の注意点とマナー

親戚への出産内祝いで注意すべきポイント

赤ちゃんの誕生は、幼い頃から成長を見守ってきた親戚にとっても大きな喜びです。お祝いをいただいたら出産内祝いを贈るのがマナーですが、親しい間柄だからこそ、注意すべきポイントがあります。親戚に出産内祝いを贈る場合、最初にすべきなのは両家のしきたりを確認することです。お祝いやお返しについては、地域や家によって考え方や習慣が異なることも少なくありません。金額はもちろん、内祝いはしないと親族間で決まっている場合もあるので注意する必要があります。内祝いに関するルールについては、必ずご両親に確認しておくことが大切です。出産内祝いはいただいたお祝いの3分の1から半返しが基本です。年長者には3分の1、年若なら半返しを目安に出産内祝いを贈るようにします。相場はあくまで目安なので、金額にこだわる必要はありません。身内の場合は、相場よりも喜びを分かち合うことを大切にするのがポイントになります。赤ちゃんの様子が分かる写真などを添えるのもおすすめです。年長者のお祝いには、赤ちゃんの誕生を喜ぶ気持ちはもちろん、若い夫婦を支援する意味が込められています。小さい頃からかわいがってくれた親戚から高額のお祝いをいただいた場合、返し過ぎは気持ちを無視することになり、むしろ失礼になってしまうため注意が必要です。高額のお祝いをいただいたときは、無理のない範囲で内祝いを贈ります。事前にご両親に相談するのもよい方法です。

親戚に喜ばれる出産内祝いとは

特に取り決めがない場合には、親戚への出産内祝いは相場を参考に家族構成や好みを考えて選ぶのがポイントです。年配の方は、冠婚葬祭の経験も豊富でお返しをもらうことも多く、タオルや食器などの定番ギフトは余っている可能性もあります。洗剤などの消耗品や調味料、焼き菓子など日持ちのする食品などがおすすめです。ご夫婦だけや、ひとり暮らしの方には食品を贈ると喜ばれますが、小分けされたものや密封容器に入ったものを選ぶなどの配慮も必要になります。好きなものを選べることから幅広い年代で人気の高いカタログギフトですが、年配の方の中にはカタログから商品を選んだり、ハガキなどで申し込んだりするのが負担だと言う方も少なくありません。相手の方の環境を考えることも重要なポイントになります。若い方やひとり暮らしの方には、自分では買わないちょっと高級なタオルや銘菓の詰め合わせなどが人気です。有名店のレトルト食品やドレッシングなども喜ばれます。年下の親戚には実用的なプリペイドカードもおすすめです。お子さんのいるご家庭に出産内祝いを贈る場合には、お子さんの年齢に合わせて工夫することが大切です。小さいお子さんがいるご家庭には、いくらあっても困らないタオルやゼリー、ジュースなどがおすすめです。食べ盛りのお子さんには、ハンバーグなどボリューム感のあるレトルト食品なども喜ばれます。お子さんのいるご家庭に限りませんが、食品を贈るのであればアレルギーについて事前に確認しておくことが大切です。好みが分からない親戚には、定番の消えものギフトやカタログギフトが無難です。今後もお付き合いすることを考えて、失礼のないよう心掛けましょう。

親戚への出産内祝いで守りたいマナー

親戚から出産祝いをいただいたら、電話でよいのでなるべく早くお礼の連絡をします。その後、お宮参りから遅くとも2カ月までに出産祝いを贈るのがマナーです。一般的には配送がよいとされていますが、近しい間柄では持参するのもよいでしょう。のしの表書きは内祝とし、水引は蝶結びを選びます。その下に赤ちゃんの名前だけを記します。赤ちゃんの命名披露となるので、のしは必ずかけてください。幸せのおすそ分けである内祝いには、控えめな印象のある内のしがおすすめです。親戚への出産内祝いでは、赤ちゃんの名前を入れた名入れギフトも人気があります。ただし、名入れギフトは好みが分かれるのも事実です。名入れギフトは、カステラなどのお菓子や食品など消えものにするのが確実です。出産内祝いとして現金を贈るのは失礼にあたります。商品券やギフトカードはマナー違反ではありませんが、相手の方に金額がはっきりと分かってしまいます。そういった場合は好きなものが選べて金額の分からないカタログギフトが最適です。近年では赤ちゃんが生まれてから結婚式を行うカップルも増えています。結婚祝いと出産祝いをまとめていただいた場合には、内祝いもまとめて問題ありません。結婚祝いとしていただいたなら結婚内祝い、出産祝いなら出産内祝いとして贈ります。どちらにするかによって、水引が違ってくるため注意が必要です。結婚内祝いの場合には、何度繰り返してもおめでたい出産と異なり、水引は結び切りとなります。いずれの場合でも、近況を記したメッセージを添えるのがマナーです。赤ちゃんと一緒の写真をつけるのも喜ばれます。

両親にも出産内祝いを贈ろう

両親への出産内祝いは必要か

出産をするとさまざまな方からお祝いをいただきます。会社関係、友人関係、またご近所や親戚など、いただく方は多岐にわたります。その中で一番近しい両親からもお祝いをいただくことがあるでしょう。お返しはいらないと念押しされ高額なギフトやお金をいただくケースも多々あります。それでも自分を大切に育ててくれ、孫が誕生してからもお世話になるであろう両親には心をこめて出産内祝いを贈りたいと思う方は多いのではないでしょうか。内祝いには身内の喜びを分かち合ってください、という意味もあります。両親が身内であることは当たり前ですが、喜びをぜひとも共有してもらえるようギフトを贈りたいものです。贈る時期としては産後約1カ月前後で行うお宮参りのときがベストです。遅くても生後2カ月までに赤ちゃんの名前で贈ります。何度繰り返してもよいお祝いごとなので、のしにはほどけてもくりかえし結べる紅白蝶結びの水引を使います。水引の上に内祝いと記載し、水引の下には赤ちゃんの名前を書きます。当て字などで漢字が読みにくい場合はフリガナをつけると親切です。事前にお返しはいらないと言われている場合では、のしなしでギフトを贈る場合もあります。かわいい赤ちゃんを見てもらうために手渡しをするのが理想ですが、遠方などで手渡しができない場合はできるだけメッセージカードを添え感謝の気持ちを伝えましょう。写真入りのメッセージカードを作成してもらえる業者もあるので、ギフトと合わせて検討してみるといいでしょう。

どんな出産内祝いが喜ばれるのか

気持ちのこもった出産内祝いはきっとどんなものでも喜んでもらえることでしょう。最近は出生時の赤ちゃんの体重と同じ重さを詰めたお米のギフトが人気です。パッケージに名前や写真を入れることができるオリジナル商品もあります。また他の方には少し躊躇してしまう赤ちゃんの写真入りのアイテムも、孫の誕生を心待ちにしていた両親なら喜ばれます。他には赤ちゃんの名前を入れられる名入れギフトもオリジナル感があり人気です。世代を問わず好まれるカステラをはじめ、おせんべいやクッキー、マカロンなどの焼き菓子、ジュースや梅干しなどバラエティに富んだギフトに対応しています。お酒好きの方には赤ちゃんの名前がラベルに入ったワインや日本酒などもいいでしょう。また上質なタオルは実用的で好みを問いませんし、高級なお肉などの食品類はなかなか自分で購入する機会がない場合は喜ばれます。日本のよき風習である正統派の内祝いとしてお祝い事に欠かせないお赤飯も注目を集めています。しかし、どうしても品物が選べない場合は、最近ではカタログギフトが充実しています。食品や雑貨などの実用品はもちろん、宿泊やエステなど体験型のギフトもあります。品物ではなくぜいたくな空間で食事をしてもらいたい、好きなお宿でゆっくりとした時間をプレゼントしたいという方におすすめです。都合がいい日程や好きなレストランや宿泊先を選べるので、両親が自由に選べるという楽しさも贈れます。予算別やジャンル別など今はさまざまなカタログギフトがあるので、好みに応じて贈れるのも魅力です。

両親へ出産内祝いを贈るときの注意点

出産内祝いの相場はいただいた金額の半分から3分の1と言われていますが、高額な金額をいただいた場合に厳密に半額分のお返しをするとかえって気を遣ったり双方の負担になりかねません。また3分の1以下でも失礼にはあたりませんので気持ちのこもったものを贈りましょう。逆にいただいた金額以上のお返しをしてしまうと失礼にあたります。もらって喜んでもらえるものを贈るのが他のギフト同様出産内祝いでも大前提です。日頃から頻繁にお付き合いがあれば事前に好みをリサーチしておくといいでしょう。遠方にいる方などで好みが曖昧でわからない場合は定番のギフトを贈るのが無難です。出産後はなにかと慌ただしく時間が過ぎていくものです。妊娠中からある程度贈るものをピックアップしておくのがおすすめです。また贈り物のマナーとして、目上の方に靴下などの足に着用するものを贈るのはタブーとされています。相手を踏みつける、という意味にとらえられてしまうからです。文房具類は一生懸命に励みなさいという意味で、衣類も生活に困っているという意味にとられるので避けた方がよいでしょう。また弔事を連想する日本茶や縁を断ち切る刃物類を贈答品として倦厭する地域もあります。祝砂糖やおまんじゅうを贈る地方やのしのかけ方も多少異なるところもあります。義両親への出産内祝いの際には、地域により慣習があるので配偶者へ確認しておくと安心です。近年ギフトの種類が増え、選ぶ側も自由でオリジナリティあふれる選択ができるようになっています。実用性のない個性的なギフトは、もらった側も置き場所や処分などに困るので、両親のライフスタイルを想像しながら選ぶのがポイントです。

0120-820-688