出産内祝いki-rei TOP > 出産内祝い・コラム > 出産内祝いにもマナーがある?贈る相手によって変わる返礼品

出産内祝いにもマナーがある?贈る相手によって変わる返礼品

出産内祝いのマナーと準備期間 友人に贈る出産内祝い 職場の同僚に贈る出産内祝い

出産内祝いのマナーと準備期間

我が子の誕生をさまざまな形でお祝いしてくれた方々へ感謝の気持ちをお返しする出産内祝いは、出産後2ヵ月の間を目途に贈るのが普通です。出産祝いは一般的にお七夜からお宮参りまでの間に贈られてくるので、お宮参りが終わったタイミングで贈ることができるように準備しておいた方がいいでしょう。もちろん、産後の肥立ちが悪い場合や地域独自の風習や慣習がある場合はこの限りではありません。出産祝いをもらったらまず取り急ぎ電話やメールでお礼を伝えて、その後、お返しをする方のリストを作成してギフト選定をします。出産内祝いにかける金額は、お祝いをいただいた金額の半分、3分の1が常識であると言われています。リストには、名前や住所とともに頂いた金額を記入しておくと後で苦労することがありません。品物でいただいた際には、ネットなどでおおよその市価を調べて記入しておくようにしましょう。お返しは、郵送するのが普通ですので相手方の住所を調べておくことが大切です。お祝いを郵送でいただいた場合には送り状などで住所を知ることができますが、直接手渡しや人づてにいただいた際には、本人に悟られないように友人などのつてから住所を調べておきましょう。連名で高価な物をいただくことがありますが、お返しは個人個人となるので全員の情報を調べておくことが大切です。内祝いにメッセージカードを添えたり、カタログから品物を選んだりする際には、早目の準備が必要です。赤ちゃん中心の生活になると思うように時間が取れないことも頭に入れておきましょう。赤ちゃんの名前を入れたお菓子やグッズなどをお返しにする場合には、名入れや制作に思わぬ時間を要する場合もあります。オーダーから完成までの所要日数をあらかじめ調べておいてタイミングがずれることのないように発注することを心がけましょう。

友人に贈る出産内祝い

赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方へのお返しは、贈ってくれた方の関係性や立場によって贈るポイントが異なってきます。親しい友人へのお返しでは、感謝の心を伝えつつも親しみが感じられる物を贈りたいものです。お返しの金額は基本として半額~3分の1くらいと相場が決まっていますが、あくまでも目安であるので、金額にとらわれず感謝の気持ちを持って贈りましょう。長い間同じグループでつきあってきた仲間などには個人で差が出ないように留意することも大切です。選ぶのに困ってしまったら、全員同じ物を贈っても特に差し支えはないでしょう。友人から贈られる出産祝いは、現金よりもベビー服やおもちゃなどの品物であることが多くなることも考えられます。実際の金額がわからなくてもおおよその市場価格からお返しに妥当な金額を算出しておきましょう。親しい友人の場合は、好みや趣味、嗜好などがよくわかっているため、日常の生活で使える生活用品や雑貨などを選ぶこともできます。消耗品や数があっても困らない物を選ぶのもおすすめです。赤ちゃんの写真入りの絵皿や写真立てなど、日常的に使用するにも飾るにも困ってしまうような物は場合によっては控えた方がいいでしょう。赤ちゃんの名前の正式な披露の場も兼ねているので、のしに赤ちゃんの名前を書くのは忘れないようにします。フェイスタオルや化粧ポーチ、バスグッズなど女性らしい温かみのある物も喜ばれるでしょう。

職場の同僚に贈る出産内祝い

プライベートのおつきあいはあまりない職場の先輩や同僚へのお返しは、社会人としてのマナーが問われるものとなるため、友人とはまた違った気遣いが必要となります。また、同じ職場の同僚であっても上司や先輩と部下では対応を変えなければなりません。ここでも目安は頂いた額の半分から3分の1ほどになりますが、目上の方に対しては少なめの3分の1程度を返すことになるでしょう。部下や後輩には多めに返すことが望ましいともされています。贈答の基本的マナーとして、贈られた物以上の返礼をするのは失礼という暗黙の了解事項があるため、いくらお世話になっている上司の方でも行き過ぎた返礼をしないように留意しましょう。職場の上司や同僚から個人名でお祝いをいただいた場合には、会社ではなく自宅宛てに品物を送付するのがマナーです。部署や出先会社などからグループ連名でいただいた際には、職場宛てに届けるようにします。人数が多い場合には漏れなく全員に行き渡るような数量を準備することも忘れないようにしましょう。個分けできるもの、食べたり使ったりしてなくなってしまう物などがおすすめです。里帰り出産をしたのであれば、珍しいご当地銘菓なども喜ばれることでしょう。一方、上司や同僚などの個人に贈る際には、調味料や洗剤などもらっても困らない物、日常的に消費できる物が相手に負担をかけることもないためおすすめと言えます。赤ちゃんの名前入りのグッズは、もらっても困るという人も多いので、それでもオリジナリティを出したい場合には、赤ちゃんの生年月日や誕生時の体重などの数字にちなんだ物を贈るのもいいでしょう。どうしても赤ちゃんの名前を付けたい時にはラベルにしてワインやお米などに添えれば、消耗品として残ることもなく喜んでもらえる可能性が高いと言えます。